ここから本文です

投稿コメント一覧 (20372コメント)

  • 温室効果ガス削減目標、期間先送り…COP24
    12/15(土) 13:52配信
    読売新聞

     【カトビツェ(ポーランド南部)=蒔田一彦】2020年以降の温暖化対策を定めた「パリ協定」の実施指針(ルールブック)を決める国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)は最終日の14日に合意できず、15日も協議が続いた。先進国と途上国の対立点の多くは解消されておらず、温室効果ガスの削減目標の設定期間などは、先送りされる方向になった。

     パリ協定は、途上国を含むすべての締約国に、温室効果ガスの削減目標の策定を義務づける一方、目標の設定期間については定めがない。今回の協議では、各国共通で5年間の目標を設定すべきだと主張する国と、10年間を主張する国とが対立し、14日に議長国ポーランドが示した合意案では来年以降に持ち越された。意欲的な目標に順次切り替えるには、10年間は長すぎるとの批判が先進国を中心に出ていた。

  • 今日は、英国ロンドンから、
    1週間前に帰国した学友と会談しました。
    世界の情勢を討議しました。
    中国のIT産業についても、情報を仕入れました。

  • 日本は、法治国家である。

    法律を遵守してこそ、

    自らの権利も主張できるのである。

  • 他者に、インネンをつけて、脅迫したり、

    イジメを重ねる悪い奴は、法律で罰を受けるべきである。

  • この世の中で、悪い奴は、重い罰を受けるべきである。

  • 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
    12/14(金) 11:13配信
    毎日新聞


     神奈川県大井町の東名高速で昨年6月、あおり運転で停車させられたワゴン車が後続のトラックに追突されて夫婦が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(26)=福岡県=の裁判員裁判で、横浜地裁(深沢茂之裁判長)は14日、危険運転致死傷罪の適用を認め、懲役18年(求刑・懲役23年)を言い渡した。

     死亡したのは、静岡市の萩山嘉久さん(当時45歳)と妻友香さん(同39歳)。自動車運転処罰法は危険運転の要件を「重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為」としている。裁判では、停車後の事故に危険運転致死傷罪を適用できるかどうかが、大きな争点となった。

     検察側は、高速道路上では停車させただけで危険として、被告による停車行為は危険運転の要件に該当すると述べた。一方「仮に停車行為を危険運転に含まなくても、停車させるまで繰り返した妨害運転は危険運転に該当する」と主張し、事故は被告の妨害運転が誘発したもので、因果関係は明らかとも述べた。

     危険運転致死傷罪が認められなかった場合に備え、同罪と同じく法定刑の上限が懲役20年の監禁致死傷罪を予備的訴因に追加。東名の事故以外のあおり運転に絡む事件3件についても強要未遂罪などで起訴されており、これらの罪と合わせて懲役23年を求刑した。

     弁護側は事実関係をほぼ認めた上で、「危険運転致死傷罪を適用するには、少なくとも時速20~30キロ程度で妨害運転していたことが必要」とし、停車行為は同罪で処罰できないと主張。停車させてからトラックが追突するまでの約2分間に複数の車が追突を回避していたことを考慮すれば、妨害運転による危険は停車時点で断絶していると述べ、事故との因果関係を否定した。

     監禁致死傷罪についても、夫婦らが脱出するのは不可能ではなかったとして無罪を主張。暴行罪のみ成立するとしていた。

     検察側によると、被告は昨年6月5日、東名下り線で、萩山さん夫婦と長女(17)、次女(13)が乗るワゴン車をあおり運転で停車させ、そこに後続のトラックが衝突。夫婦が死亡、娘2人もけがをしたとされる。【木下翔太郎、国本愛】

  • 私は、青年時代から、常に考えていたことは

    人生とは、

    幸せとは、

    自分は、いかに生きるべきか?

  • ファーウェイ問題で譲歩せず=米商務長官
    12/13(木) 10:19配信
    時事通信

     【ワシントン時事】ロス米商務長官は12日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長のイラン制裁違反容疑に関して、対中貿易協議で譲歩する考えはないとの姿勢を示した。

     トランプ大統領は11日に「交渉カード」にする可能性に言及していたが、ロス長官は慎重な見方を示した。

     中国の同業、中興通訊(ZTE)に4月に科した制裁では、トランプ氏は解除する代わりに貿易協議や北朝鮮問題で譲歩を引き出そうとした。ロス長官は「ZTEの制裁解除はいつでも先例になるわけではない」と述べ、米がファーウェイへの態度を軟化させることはないと強調した。ホワイトハウスで記者団に語った。

     トランプ氏は11日、ロイター通信のインタビューで、対中貿易で成果を得られるならば、ファーウェイ副会長の米国への引き渡しをめぐり司法省の判断に介入も辞さない構えを見せた。

  • 日産、ルノーに不正情報を提供=ゴーン容疑者の解任促す
    12/13(木) 20:32配信
    時事通信

     日産自動車が、提携先のフランス自動車大手ルノーに対し、カルロス・ゴーン容疑者の不正に関する情報を提供したことが13日、明らかになった。日産は先月22日に同容疑者を会長から解任したが、ルノーでは会長兼最高経営責任者(CEO)に留任。不正の証拠を提示することで、足並みをそろえるよう促す狙いがある。

     ルノーはゴーン容疑者の逮捕を受け、日産に対して不正の情報提供を要求。捜査中の事件が絡むため、日産は慎重に対応を検討してきたが、ルノーとの信頼関係を守るためには一定の説明が必要だと判断した。

  • 「生まれながらの本能」 ・・・・ある人の意見

        ↓    ↓

    人間の本能は皆同じだ。しかし、
    その本能を剥き出しにする人と、
    薄い理性の皮で覆っている人とでは
    人間の値打ちに大差が生じる。

  • 人間の本性・・・ある人の意見 ↓

    他人の不幸を見て、自分の幸せを喜び、
    他人の幸せを見て、自分の不幸を悲しむ。
    これ人間の本性なり。

    しかしながら、
    幸・不幸は時と場所と形を違えて
    いつの日か必ず自分にもやって来る。
    全ての人間に平等にやって来る。

  • 資本主義社会は、

    強欲の持ち主が存在するからこそ、

    経済が発展する・・・・という考え方もあります。

  • 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)は、強欲の人です。

    世の中の貧富事情を考えてみれば、

    お金持ちの人は、多くの金満家は、強欲の持ち主です。



  • 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の高額報酬は歯止めがかからない状態だった。ゴーン容疑者が事実上1人で決めていたとされる取締役の報酬総額は、直近2年分で過少記載分を含めると株主総会で決議した上限額を超えていた。会社法違反で立件される可能性もある。関係者からは「いつかお金の問題でつまずくと思っていた」との声も上がる。

     ゴーン容疑者と、側近で前代表取締役のグレゴリー・ケリー容疑者(62)は2015~17年度の報酬を約42億円過少に有価証券報告書に記載したとして、金融商品取引法違反容疑で再逮捕された。

  • 貧乏人は、寒さには、困ります。

  • 寒くなると、

    暖房装置を稼働させたりしますが、

    電気代の事を考えて、

    オフにしたりしています。

  • 寒い、暑いは・・・比較の問題ですが・・・

    いま、当地の気温は5℃ぐらいです。

  • みなさん

    お元気でしょうか。

本文はここまでです このページの先頭へ