ここから本文です

投稿コメント一覧 (116コメント)

  • 今は買いがよいですが、今の任天堂のような急な動き
    2、3日で10%上げとかになったら私は売りを考えます。

    任天堂は1~2か月以内に下げトレンドに変わると感じます。
    ただ、その前に機関が儲けるためにどこまで踏み上げてくるかはわからないです。

    明らかに高値の株や売り崩されている株は手を出さないほうがおすすめです。
    前にテレ朝に証券のファンドマネージャーの肩書を持つ人が出ていて、
    自分が目にかけた株が10倍になったことを自慢してました。

    こういう連中の意のままに、株が動いていると思っています。

  • 個人の売りが湧いてくるこの高値の今が一番機関にとっては儲け時。
    下げに転じるための公式が「個人の売り<個人の買い」だとすると、
    割高であればあるほど、そう簡単には逆転しない。

    きっと終値で6万超えたら、野村とかがレーティング上げる。
    そしてまた上がる。
    今が天井にみえるなら、天井ではないんでしょうね。

  • 地合いに逆行。7兆手前での空売り誘い。
    そろそろ7兆超えてレーティング上げてくるよ。
    踏み上げ注意です。

    とはいえ、高すぎて買えないですね。

  • 6兆手前の感じと同じですね。
    7兆が天井と思わせて個人投資家の空売りを時間をとりつつ誘う
    個人の空売り量が目標枚数を超えたら野村あたりが突然レーティングを跳ね上げる
    次の日、さらに個人投資家が空売りを入れる
    その後は貸借悪化が外資に知れ渡り、踏みあげて8兆を目指す
    このような行く先が想像できます。

    かのユニクロなんかも野村のレーティング主導で6兆あたりまでもっていったのだから
    いまや外資だけでなく日本の証券会社も本丸だと思ったほうが良いです。

  • 野村とか日本の証券会社がレーティング上げる時って
    個人投資家からみたらすでに割高な時が多くないですか?
    素人っぽい気合い論的な目標株価の理由が書いてあって、
    なんとなくいつも私は長期目線だと下げる気がして売りたくなります。

    でもそれが罠で、
    個人の信用売りが増えると、外資が踏み上げ買いを入れてくる。
    つまり、私には日本の証券会社は個人の売りと外資のつっこみ買いを利用して儲けているように見えます。

    外資はどちらかというと捕まらないことをいいことにインサイダー情報を利用して
    先回りし、好IRと同時にレーティングを上げて、
    個人の買いを誘って、自ら売り逃げる感じに私には見えます。

    いずれにせよ、日本も海外も証券会社は不公平で私にとって邪魔な存在です。
    そして共通するのは、個人の売買の反対側にレーティングが出やすいという点です。
    感じ方は個々だと思いますが、私もこれまで結構負けてきましたのでご参考に。

  • 昨日売り持ち越して今日焼かれた人は今後も損しやすいタイプと思います
    株はほんと理不尽なのでそうわりきるか、やめたほうがいいです

    個人の売りがたまってきたタイミングで、野村証券の鬼畜なレーティング上げ
    昨日はさらに売りを誘っての、本日爆上げ
    個人の売りが次々と湧いてきて、そうなると個人踏み上げ好きの外資が買いをぶつけてきてバブルになってくる

    だいたいこんなパターンかな

  • アメリカのバブルは日本人がそろそろはじけると思っているタイミングでは
    はじけない気がします。

    ちなみに日本株は日本人が売りまくって現金化してしまっている状態のため、このタイミングでの暴落は期待薄です。
    例えば今後理不尽に上昇して、買わざるリスクという言葉が市場でいわれ始めた時に暴落するのではないでしょうか?

    株の上昇と日本人の買いは逆相関があるというデータがあるので、
    暴落をさせるには日本人の買いが必要と考えています。

  • 地合でみることが一番重要です。こういった地合でも強い銘柄は上にいきたいと思っているわけです。レーティングとかコンセンサスで情報をコントロールできない個人は地合と逆行する銘柄を見つけて順張りしないとまず勝てません。

  • 今はキーエンス6861が踏み上げの道半ばでお得ですよ

    任天堂はゴムが伸びてはじけそうな感も少しでてきた
    ここからは下げの可能性も意識しないといけない

  • 任天堂も30000万が天井みたいな感じだったけど、今日は値が飛んだ
    業績とか関係なく吹き上がるのが値嵩の恐ろしさ
    おそらくどこかのファンドが仕掛けているとしか思えないけど、理由はよくわからない
    さわらず天井確認して下げてきたところを売りかぶせするのが確実と思う

  • 上場来高値更新銘柄で50000円手前というこんなわかりやすい水準で下げ転するとは思えないけど

    でもここから2倍で、その後10分の1へ落ちてくるぐらいは想定している

    あげたら下がるのはみな知っている

  • 確かに値嵩がゆえの強さはさすがです
    チャート形や貸借からもまだ天井には見えません
    でも私には買い向かえないので、トレンド反転のサイン待ち
    急上昇後の異常な買いあおり発生や、超好材料が出たら売る予定

  • 不思議なことに株は高値であればあるほど跳ね上がる

    それは個人がより高値を感じて買えなくなるからと思える
    それは個人の現物や信用売りがあふれてくるからと思える

  • 超値がさのここは買いも売りもしないほうがよいですよ

    個人はほぼ機関から株を売買するので、まず逆に動く
    個人投資家の買いのときは海外機関が売りという相関データが物語っているし

    また、適正と思われる株価から上も下も5倍くらい動く
    つまり、理屈ではかてないマネーゲーム 

    超値がさだけど今日は売り意見が多いので、上がる
    そしてこのまま個人が売りホールドなら無理上げしてくる

    それだけと思います

  • 為替差益もあり、先の四半期決算がよくみえてるので、今が大口の絶好の逃げ場になっていそう

    月足でみるとピークを境に対称チャートっぽい

  • 決算がまあまあで、野村のレーティング上げでも終値で頭が抑えられている

    今日は野村とか大人の絶好の売り逃げ場になった可能性もあるね

    次の決算期待できずで下降トレンドかな

  • このタイミングで無理矢理レーティングあげるとか、
    決算の市場コンセンサス上げるとか
    売り方の不安を煽る感じが前回の大暴落ま前に似てる

  • 12月月次と中間決算にむけてもはや買い支えられてない感じ

  • 新興だと素人に売られたくないタイミングで発生するイメージがあります。

    キナ臭いですよね。

  • しまむらがあの月次でうられましたよ。

    セールがあってこの月次はがっかりです。
    売られて当然。

本文はここまでです このページの先頭へ