ここから本文です

投稿コメント一覧 (235コメント)

  • >>No. 17131

    こんにちは

    意外な言動で目立とうとする癖は治らないようですね。
    これでは2番打者を高い犠牲を払って獲得した球団の意思やファンの期待を逆なでするような不愉快な発言に聞こえます。矢野Cだけでなく他チームにも嫌がられる2番打者を育成する本来の役割を忘れてしまっては困ります。

  • >>No. 17104

    こんにちは

    昨日の台湾Wリーグをちょっとだけ見ました。
    メロメロのSBの投手をリードしていたのは坂本。投手が悪いのか捕手のリードのせいなのか判りませんが、所詮捕手の評価は結果論そして坂本の打撃も成長のかけらなし。
    矢野CはCS放送を見てどんな気持ちなのかなあ。

  • こんにちは

    糸井選手の人的補償は金田投手のようですね。潜在能力を生かせず残念ながら毎度期待外れ
    の印象しかありませんが心機一転頑張ってほしい。
    これで期待の星の流出懸念もなくなったようで一段落です。

  • >>No. 17028

    こんにちは

    鳥谷の年棒はやはり超異常値だったのですね。今やっているゴルフの日本シリーズの優勝賞金は4千万円、このクラスの試合で年間10回勝てる選手はいるんだろうか。
    そもそも松井やイチロークラスの超一流の選手ならいざしらず、競合選手の不在で成行き的な連続試合出場の記録だけが勲章の選手に4億はあまりにも常識をわきまえない大馬鹿査定だったと言わざるを得ません。
    本人も今までどうりチンタラ的にやっていけば大丈夫と自分の実力を顧みず楽観的に考えていたのでしょう。ところが新監督の超変革で事態は急変、高い年棒だけが目立ち引退の危機さえ囁かれるのもそう遠くないように思えます。

  • >>No. 16988

    こんにちは

    球団幹部の発言によると、鳥谷はウチの宝だからプレテクトされるらしい。
    そもそも、戦力外通告せずに来季の契約をしようとする選手は全員球団の宝のはずです。
    ただ鳥谷の場合、実力を反映されないバブル的年棒では宝だったという過去形が相応しいと思います。
    プロテクト戦術は、相手球団との心理戦であり情報戦です。ここはチームファーストの精神でお願いしたいものです。

  • >>No. 16941

    こんにちは

    俊介や大和クラスじゃめでたしめでたしなんでしょうが、そうもいかないようですね。犠牲も大きいと球団幹部の発言があったような気もします。
    球団ファーストの精神で、給料が高く外部での勉強もかねて鳥谷選手がベストでは。

  • >>No. 16821

    こんにちは

    筒井は、星野さんの甥っ子でしたね。そういえば野村元監督も息子をコーチに推薦したり一流のアスリートには身内に甘いところがあるのでしょうか。最も隙だらけの球団の姿勢が元凶なんでしょうが、コーチという商売が責任も軽く旨すぎるところが最大の問題点でしょうね。
    何か探りながらやれという片岡Cの選手への助言は、いかにも素人的な発想で具体的な回答を選手とともに探すのが普通のコーチの役割だと思います。ファームで築いてきた技術を1軍打撃コーチが削り取るのが特技の男に超変革の秋風が吹かないのが不思議です。

  • こんにちは

    片岡の言葉って、そっくり自分への反省の一言に聞こえます。
    コーチの肩書でわからないのがヘッドとチーフです。そして兼務の多さにも意外感がありますが、その点片岡は打撃専任で任務は明瞭です。
    理解に苦しむことを言う前に何とかなりませんか、片岡コーチ殿。

  • >>No. 16803

    こんにちは

    阪神は毎年?マークのドラフト指名がありますね。スカウトの技量と球団として情報戦に弱いということでしょうね。
    糸井選手は、京都府北部の出身で阪神色の濃い地域で本人も熱烈な虎ファンということらしい。当時の日ハムのスカウト氏によると、阪神は鳥谷と筒井を自由役で獲得し地元の即戦力選手を日ハムに譲る形になりました。あれから13年、糸井選手の夢がかないますように阪神球団には頑張っていただきたい。

  • こんにちは

    ドラフトの夢も秋風とともに散ってしまった。
    くじを引くのがいやだと駄々をこねた!まるで敵前逃亡。選手が同じことを言えば即2軍、結果が出るまで少々時間があるのが救いだ。
    何年か前の伊藤のドラ1を連想したが、思い過ごしであってほしい。

  • >>No. 16739

    こんにちは

    選手を叱咤激励するのなら良しとしよう。しかしYさんは正捕手を指名するのは監督であることを認識しているのでしょうか。コーチは、選手の育成と監督の采配の補助に徹してほしい。選手の評価は、コーチの主観的な判断より数字に表れた客観的事実からお願いしたい。リード云々はあくまで結果論、そんな曖昧な視点より出場時の勝率や打力と守備力に評価の原点を置いてほしい。

  • こんにちは

    坂本とゴメス
    気の毒なのは青柳投手です。首を振る回数が異常に多く、素人目にも坂本のリードが良くないのが全国の視聴者にばれてしまった。打力も小宮山、清水と甲乙つけがたく、ドラフト2位の間違いがチームの後半失速に結びつくとは皮肉な巡りあわせです。
    ゴメス5番は首脳陣のミス!他球団では出場機会没収が当然、これも超変革とは考えにくい。

  • >>No. 16678

    こんにちは

    捕手という商売柄?一筋縄ではいかない御仁が多い。野村氏のように監督として成功した実績があれば高く評価されようが、コーチじゃお先真っ暗と思います。監督の足を引っ張る作戦担当としては監督への道は本人の意向とは逆に遠くなりました。
    今シーズンに限ってファンは成績に拘らないと言いながら、最下位となれば話は別で異次元の反応がまっていそうです。監督よりコーチが戦犯探しの対象になることは必死です。
    昨日は何とか勝てたが、ゴメスの評価に疑問が残る。どう見ても打線のくびれと言おうか打てそうに見えないのだが、福留も困っていた表情が選手のしらけムードを象徴しています。

  • >>No. 16647

    こんにちは

    矢野さんの評判が宜しくない。
    評論家時代のは爽やかな語り口の好印象が、現実には意地悪じじいの卵みたいに変身したのが応えているのでしょう。監督とは同期ということらしく正常な上下関係というよりライバル的な関係に発展しやすいこともある。
    作戦担当という大それた役割が空回りした時、ポストKをねらう魂胆かという疑惑も生じやすい。例えば、どこから見ても2流の岡崎や坂本を原口、梅野を無視して優先起用して8月以降の連敗街道を行進するきっかけとなった作戦は、どう見ても反超変革に見えてくるのは私がへそ曲がりのせいなのでしょうか。

  • こんにちは

    勝つには勝ったが、辛勝の原因はベンチの自身のない姿勢と相変わらずの勝負下手だ。
    5回のチャンスに和田流左右病と昨年並みの偽神の復活作戦で相手チームに希望を贈呈した選手交代には賛成できない。
    初回の逆転本塁打に絡んだ荒木のツキを信じられず、後のヤマトもチャンスに凡退、最悪秋山の投手生命にもかかわるドへま代打作戦だったと思います。
    新外人の補強が現実味が増す中、ゴメスの起用にどんな効用を期待するのかも不可解だ。
    灼熱の護摩修行で金本の勝負勘が劇的に良くなればいいが、修行の前に超改革コーチ編に妙薬がありそうだと思いますが。

  • こんにちは

    若手選手の活躍は明るい材料ですが、負けて最下位では価値半減です。
    超改革といっても所詮勝つための一手段であって首脳陣には強いチーム創りを忘れてもらっては困ります。
    データを駆使した緻密な作戦を実施できる広島のコーチ以上の人材確保こそ超変革の前提条件と思えてきます。能無しスコアラーが作った紙切れを持った新米コーチが、ベンチの中をうろついているようではAクラスの壁は高くなるばかりです。

  • こんにちは

    首脳陣に超喝!
    終盤戦での継投失敗で惜しくも敗戦という場面が多すぎる。こんなことが来年も続くのかと思えば金本続投には賛成しかねます。データに裏付けされた緻密な作戦なんてこの首脳陣には縁遠い話かもしれません。護摩修行で勝負勘が良くなるはずもなく、超改革のもと若手選手を抜擢した功績は認めるとしても単なる勘だよりだったと疑いたくなります。
    藤浪も終わり阪神も終わった。

  • >>No. 16560

    こんにちは

    金本監督の超改革路線は説得力あるスローガンだったが、残念ながらトップを支えるコーチ達がお粗末の一言です。1軍スタッフの総入替が最低条件、そしてデータを扱うプロの採用。素人に毛の生えたスコアラーを大胆に見直し、データの収取、整理、活用できるシステム創りから始めてほしい。
    例えば中日の外人対策も他球団に比べ大きく遅れビシエドにカモにされた前半戦、昨日のように自チームの選手の状態さえ把握できず悔しい連敗のオンパレード。
    矢野、片岡、香田の脳みそ空っぽトリオちゃんの首筋あたりに秋風が厳しい季節になりました。

  • こんにちは

    2軍のスタッフにも片岡以下コーチ達に若手を預けるリスクが大きいことが解ってきたのではないでしょうか。
    若手選手が躍動していた姿は今じゃ見る影もなく鬼瓦以下渋い顔のおっさんが目立ちすぎるようです。
    高山選手のような超一流ならいざ知らず経験と自信のない選手は残念ながら新たなコーチ就任を待つしかないようです。

  • こんにちは

    藤浪は入団以降進歩より退化しているようです。昨日の菅野の原口選手への投球を見て藤波との差がいかに大きいかをつくづく思い知らされました。単なる兒玉を力任せに投げる機械に過ぎない藤波投手にエースの道を歩む資格はない。一体この3年間何をしてきたか本人と指導者に聞きたいところです。今年はもう終わったようだから、死球を恐れず内角を攻められるコントロールを身につけるために下半身の強化を来春目指して取り組む以外道はない。

本文はここまでです このページの先頭へ