ここから本文です

投稿コメント一覧 (27コメント)

  • >>No. 304530

    そう、この人の自慢げな顔と真逆な暗~い顔は見たくない。

  • >>No. 303590

    そう、こういう時にはベンチで仏頂面するんじゃなくて、すぐ抗議にベンチから飛び出す。それが選手への鼓舞にもなるし、次からの審判へのプレッシャーにもなる。そして、試合後には「あれはないよな~」と選手の味方をする。これが良い監督だと思う。
    しかし、現実の工藤監督は逆で、この方の言うようにベンチでは「なにやってんだよ~」みたいな仏頂面。そのくせ、試合後には選手に「○○君」と君付けでいかにも良い人ぶって、褒めるかよっぽどじゃないと悪く言わない。これ偽善者じゃないかな?

  • 自民党国対委員長らは、こんな参考人招致をしても言った言わないの無駄な作業だとか新しい事実は出て来ないとか言っているが、そんなことはないだろう。世間の風をまったく読めていない。自民党は自分で自分の首を絞めてるってことに気づいてない。今日のようにすべて知らない、記憶にないという発言を繰り返してる限り、まだまだ支持率は落ちていくことに気づいていない。野党にとっては、これもある意味好都合かもしれない。

    そして今後も、臨時国会も拒否、和泉氏らの証人喚問も拒否し続けることが政権崩壊のプロセスになるということに気づいてない。前川氏がこれだけ証言しているのだから、否定するには国会で氏の前で証言するしかない。結局、自民党がそれを出来ないのはクロだということがばれるからだろう。

    ばれて内閣が潰れる、ないしは自民党が崩壊するよりはまだ黙っているほうが生存確率が高いと思っているのだろう。

  • >>No. 243441

    その通りだと思いますね。ネット上で工作員が民進を徹底的に叩いていることから、自民が一番恐れてるのは本当は民進党でしょうね。人材の優秀さでいったら2世3世の勉強の出来ない自民党の比ではないでしょう。だから安倍氏はじめ自民党員は必要以上に民進党を攻撃するのでしょう。

    小池氏の最大の欠点は政治家に必須な政策論がないことです。細かいアイデアレベルはよく出るようですが。それと、基本的に彼女の国家観は保守ですよね。自民党と実質はあまり変わりはないということです。政策論がないということは、即ち、ただ”敵”に打ち勝って天下をとることしか考えてないということです。天下をとることが彼女の目的です。あと、もうすでにこの大勝で垣間見えていますが、彼女には独裁者の気質が見えます。気に入らない質問があるともろに態度に出ます。今話題の安倍氏とよく似ています。東京の天下を取った今後は彼女の政治家としての行政能力を含む本質がよく見えてくると思います。国政に行きつくまでに馬脚を現すのではないかと思っています。

    そうなると、結局最大与党の自民党に対抗できるのは、能力的にも人材的にも民進党しかなくなるのではないでしょうか。勿論、過去の大きな失敗を活かせればという条件付きでですが。あとは、国民へのアピールと、国民が流行りの風ではダメだと気付くことが条件でしょうね。

  • >>No. 213195

    私もまったく同じ感想ですが、もうこの人は人格的にも能力的にも常人よりかなり劣る人間だと思ってまして、テレビにこの人が出ると音声を消して目も背けるようにしています(笑)。怒るだけ損と思うようにしています。一刻も早くこの人が表から消え去るのを願うのみです。

  • 経歴と入省時までは優秀だったのかもしれませんね。しかし、入省後30年もバカ殿扱いされて頭が錆びてしまった典型的キャリア官僚症候群ですね。ほとんどのキャリア官僚がこの病気に罹患します。もったいない話です。民間に行って鍛えられればこうはならないんでしょうが。

  • >>No. 6007

    それは単に彼女がコミュニケーション不全症(ほんとの彼女の性格は内向的)であることと、プライドが超高いだけだと思います。プライドが高い理由は私には思い当たりませんが(頭が良いわけでもないし美人って訳でもない)。

  • >>No. 39209

    それは、王さんが自分と同じ経歴(高卒、高い素材)を好むからだと見ます。今の監督をコーチ経験もないのにいきなり起用したのもそうでしょう。王さんの場合はその思いというかこだわりが強すぎると思います。もう少しバランスのとれた公平なドラフトなり人事をしないといくら金を使っても常勝球団にはならないでしょう。これは企業でも一緒です。

  • ただ一点だけ、球団に言いたい。なぜ、工藤氏を複数年契約にしたのか?昨年大逆転での優勝逃しの責もあったのに、1年続投ならともかく、複数年になぜしたのか?その理由を球団に是非聞きたい。育成に長所があると見るならそれは監督という職ではないだろう。
    この球団は金があることに変に胡坐をかいて、複数年契約を大盤振る舞いしすぎだ。それが選手を徐々に淡泊にしていることに気が付かないのか?
    再度監督の複数年契約について聞く。これは本人からの申し出がない限り辞めさせられないのか?契約内容をぜひ知りたい。監督の能力がないと分かってもこれからの数年低迷チームで良しとするのか?それならばファンのことをどう考るのか? この球団の考え方に強い疑義を持つ。

  • まったく同感。この人は能力的にも性格的にも監督に向いてない。このような人と複数年契約を結んだ球団の考えが理解出来ない。

  • >>No. 1449

    人間関係軽視というより、私は、彼女は個人対個人のコミュニケーション不全症だと見ています。大勢の前でのパーフォーマンスは出来るのですが。だから、横浜市長にも1対1では謝罪が出来ない。宮城県知事にも謝罪したとか聞いたことがありません。
    それからトランプ氏より狡猾というより、彼女は何か性格がかなり屈折してますね。多分思春期の辛酸がかなり影響していると見ています。表情とか目のやり方をみているとかなり複雑なコンプレックスを抱えているように見えます。

  • >>No. 293514

    私も同じ気持です。ほとんど現有勢力のままでいけば、優勝はおろかAクラス維持がいいところではないかと思うようになってきました。来季まで大谷のいる日ハムと楽天が優位、それにホークスとロッテが絡むという展開になるような感じがしています・・

  • >>No. 38844

    松坂はもうすでに彼であって彼ではないのでしょう。つまり、松坂はとりわけお金に関わる自分の人生はすでに自分の意志では決められなくなっていると思います。稀な特性を持つ有名大卒の配偶者との格差婚が彼の人生を決めてしまったともいえます。彼が故障をせず成功が続いていれば問題はなかったのでしょうが。彼を見ていると可哀想だとも思うし哀れささえ感じます。たった一回の判断が及ぼした影響は果てしなく大きい。

  • >>No. 37

    私には、テレビで見る工藤監督の顔は、一ファンの顔というより、この人の深い性格を表しているようにも感じます。ある偉人の格言「男40にして顔に責任を持て」ではありませんが、私には自虐的にも見えるし、何か人を子馬鹿にしたような上から目線の顔にも見えます。それが責任のない一ファンの顔にも見えるのかもしれませんが・・。自分の指揮しているチームのしかも部下である選手のプレーに対してトップがそんな顔をしたらいけません。もっと直接的に怒ったりしたほうがまだマシだと思います。
    新人時代の城島捕手の時に打たれた時にも時折そんな顔をしていたし、実際打たれるようなボールを投げて平然と教育的指導と言ったこともありました。私はその時からこの人の性格に違和感を持っています。野球の監督という人の上に立ち選手を鼓舞するという役割には合わない人ではないかと。采配という能力の問題とはまた別の人間性という意味でも疑問符を打ちます。

  • この試合を観てて感じました。工藤監督と緒方監督って似てるなと。頑固で打つ手が遅い。今年のハムとホークスの試合を見せられたようで、これじゃやっぱり勝てないなと思いました。来季も監督の進化がなかったらハムには勝てないだろうと思うほど監督の差を感じた試合でした。これを克服するには采配差を圧倒的に補うだけの補強と選手の頑張りしかないでしょう。

  • さすがに世渡り上手な方だと思いました。早速方針転換ですね。そりゃ、いまのうちに安倍氏、IOC、森氏と仲良くしておいたほうがいいですよね。都民の世論よりもこれから少しでも長く知事を続け将来を狙うにはそのほうがいいですから。
    今回の反省点。(森氏、石原氏への)私怨で政治をしてはいけません。確かにこの二人は誰が見ても悪です。でも今回は方法を誤りました。今回、嫌というほど思い知らされたことでしょう。原理・原則論から言ってIOCという国際機関、つまり国家間で決まったことはまず動かせません。
    今回はボート会場を動かすという方法に出るのではなく、最初から今の会場のコストを徹底的に見直せばよかったのです。これは戦略ミスです。実際、結局そうなりそうですから。それともう一つは、村井知事の打算もあったと思いますが、今回のことはちゃんと彼に謝っておくことです。派手なデモンストレーションをさせ、期待も持たせたわけですから。あなたは人間関係が苦手なようですが、それをしておかないと都合のいい人をその時だけ利用するという「政界渡り鳥」との批判がまた出ると思います。

  • >>No. 287136

    >>うんざりならファンやめたら?
    その言い方はないと思う。多くの人は監督一人のためにファンをやってる訳ではない。チームや選手達のファンである人のほうが圧倒的に多いはず。だから(チームを勝たしてやれない)監督の批判をすることがいけないという理由が解らない。みんな意見を言い合っての掲示板だと思う。

  • そもそも祐太がナンパしなければ今回の事件はなかった。すべてはそこから始まっている。女性も結果的には性交渉に応じているために、合意ともとれる形になり高額の示談金もあって高畑側弁護士のあのコメントも認めざるを得なかった。もちろん裁判になれば難しい裁判になる可能性もあった。だから早急な示談に持っていったのだろう。高畑側もナンパしたのは祐太の方だから示談を望んだ。これが最初から女性に誘われていれば裁判まで行ったかもしれない。いずれにしても今回は、祐太の”悪行”から発した事案であるため高畑側の方が大きなイメージダウンを被ることになった。

  • この件は鹿児島がどうのこうのという問題ではないのでしょう。つまり、官邸筋の意向をNHK会長が受けてやってるに過ぎないのだと思います。再来年は維新150年の節目で長州出身の総理がそれを大きく取り上げたい意向でその一環としての今のNHKの”役割”があるのでしょう。総理の本音は、できればまた長州でやりたいがいくらなんでも昨年花燃ゆをやってることと長州にはもう描けるような人がいない、ということでまたまた鹿児島の西郷になったのだと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ