ここから本文です

投稿コメント一覧 (1656コメント)

  • 皆さん、こんにちは。

    本日、東京の青梅市で40.8度が出ました。
    東京で40度を越えたのは観測史上初めてです。

    板でも何度か書いてますが、私は冬生まれで
    暑いの大嫌いなので、ほんと勘弁して欲しい^^;

    あと、
    最近「夏は暑くないと」とか「暑いの大好き」なんていう人
    流石に少なくなってきたw

    暑いの大好きって言っても絶対クーラー回してそうだしw
    というか40度は流石に無理だと思うw


    あと個人的には、
    昨年イランで出た「観測史上最高気温 53.7度」を
    今年越えるのか注目しています。

    それと面白いのが、実はこの気温上昇と
    まったく逆の動きをしている場所があります。

    それは「南極大陸」です。

    今年の6月末に「地球の最低気温」を更新しました。
    その温度は何と「-94度」。

    つまり現在の地球は「最高気温」と「最低気温」を同時に更新しているんです。

    ・・・・ほんとやめてw

    以前から何度も言ってますが
    「米国」と「中国」が「京都議定書」守らないで勝手な事ばかりやってるんで
    こんな事になるねんw

    経済の発展も良いけど、
    温暖化が進むと今回の大雨の災害などにも影響を及ぼすので
    もう少しルールを守って欲しいですね。

    日本がイランのように53.7度とかなったらほんとやなので^^;

  • >>No. 9358

    >その日のうちに 督促状が送られてきました。
    ちゃんと払ってるわ!ってか、なんで納付期限日前に送ってくるんじゃ~

    お役所仕事で縦割りなんで、
    適当なんですw

    あとその督促状って実はお役人には
    すごーく意味あるんですよ^^

    実は税金って、
    3、5、6、7年(条件による)の時効があるんです。

    この期間を経過したら国や地方自治体は「税金の徴収権」を失ってしまうんです。

    しかし、これを止める方法があるんです。
    それが「督促状」ですw

    国税庁「第73条関係 時効の中断および停止」
    https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kihon/tsusoku/07/02/73.htm

    国や地方自治体は督促状を送ることにより時効が中断され、
    それまで経過した時効の年月が全てリセットされて、
    督促状を送った日から新たな時効が進行するんです。

    ですので兎に角確認なしに
    縦割りで督促状だけは先に送ってくる訳ですw

    税金払ってようが払ってなかろうが
    兎に角送っとけという感じw

    ほんと税金の無駄^^;

  • >>No. 9357

    >サッカーの本田圭佑が言ってたけど、早く地震予知の技術を上げる事に国を挙げて力を
    入れたらとの発言でしたがどうなのでしょう?

    地震予知技術の向上は良いと思いまが
    只亡くなっている多くの理由は地震予知が遅いからでは有りませんので、
    地震予知早くした所でそれ程効果があるとは思えません。

    亡くなる最大の理由は、
    「想像力(危機意識)の無さ」と「思い込み(想定を越えた時)」です。

    ですので「災害発生前の準備」と「災害発生後の行動」が
    生死を分けます。

    まぁ基本的には「臆病な人間の方が生き残りやすい」と思います。
    FXと完全に同じですね^^

    ですので「地震予知技術の向上」も
    同時に行なえればそれはベストですが、予算に限りがあるのでしたら
    プライオリティを考えて、費用対効果の高い部分に
    資金と時間を使用するべきだと思います。


    PS

    「想像力(危機意識)の無さ」はまさにこんな感じ。

    幾ら危険を早く知らせる技術が発達しても
    それを聞き入れて行動しなければ意味が有りません。

    「どうせ大した事ないだろ・・・」と思って逃げない人間が
    「想定(思い込み)を越えた時」に亡くなるのです。

    「生き残る」と言う意味で、相場となんら変わりません。


    「再三の退避勧告を無視してキャンプ続行」
    ttps://www.youtube.com/watch?v=t2EJnHHE4xc

  • >>No. 9357

    >大規模な地震や西日本豪雨とか災害が多発してますが、比較的安全な住居って例えばどんなものでしょうか?

    まぁ安全だけを考えれば、
    海や川や山の直ぐ近くではない
    海抜ゼロメートル地帯より高い平坦な場所が
    一番安全だと思います^^

    結局、水と土と建物が危険な訳ですから
    それらが来ない場所が一番安全です。

    但し地割れで落ちてしまうのだけは、
    もうどこでも起きてしまうので諦めましょうw^^

    あと、そういう安全な場所というのは
    普段の生活には不便で
    見晴らしも良くない場合が多い訳です。

    海や山の近くのような危険な場所ほど普段は便利で
    見晴らしも良い訳です。

    全て良いと言う訳には行きませんので、
    バランスが問題ですね。

    あと地震の場合、日本に居る限りは
    どこに居ても避けられません。

    以前、過去日本で起きた地震の発生地域の地図を見た事があるのですが
    日本全国どこでも大きい地震が発生していました^^;



    >南海トラフ地震の対策とか進んでるのでしょうか?

    大したことしてないと思いますよw
    というか学者さんの地震予知なんてまったく当たりませんのでw

    私が小さい頃一番言われてたのが「富士山が爆発し関東大震災が起こる」でした。

    これはサイクル的に割り出した予知ですが、
    この間、
    地震学者が何も言っていなかった「東日本」と「西日本」では大地震が発生しましたが
    地震学者が言っていた「関東」の地震だけは起きませんでした。
    (※只、いつかは起こると思います)

    まぁ、地震学者のレベルはこの程度ですw

    日本地図上でサイコロ振った方がまだ当たると思います^^

    続く・・・

  • それと私が最後に確認した「ASIMO」の動画は
    福島第一原発内に入り込み作業できるように
    ハイハイの機能やら瓦礫回避の機能やらのテストをしていた動画で、
    今回もしNHKの報道が正しいのであれば、
    それを一旦諦めたと言う事ですね。

    一応ホンダはヒューマノイドロボ開発チームは
    存続させるとコメントを出しているので、
    ロボット開発はそのままで、「ASIMO」自体を見直すんだと思います。

    まぁあのまま開発続けていてもお遊びレベルのものしか作れないので
    一から考え直した方がいいと思います。

    国に軍事費から資金を出してもらい
    企業間の垣根を越えて世界中から優秀な知恵を入れないと
    まずまともなものが出来ないと思います。


    それと未だに「二足歩行」が必要ないとかいう
    議論が出ていますが、
    どうしてどちらか一方だけと考えるのか
    ほんとアホ過ぎますw

    別に「タイヤ」のロボットと「二足歩行」のロボット
    「両方」作ればいいだけなのにと思ってしまいます^^

    平らな地面なら「タイヤ形式」のロボットが良い訳だですし、
    多少の起伏がある場所なら「キャタピラ形式」のロボットが良い訳ですし、
    山など登るとすれば「足」があるロボットが良い訳ですし、
    もっと言うなら何故「二足歩行」に拘っているのかと言う部分もあります。

    「4足」だろうが「5足」だろうがムカデのように「百足」だろうが
    用途毎に作れば良いだけですので。

    木にも登れるし、水の中も移動できる。

    当然人の代わりとして作るロボットなら2足がベストです。
    それは現在の全てのインフラは人間の2足に合う様になっている為です。

    自転車やバイクも乗れるし電車にも乗れる。
    二足の足があると言う事は今人間が操作出来る全て乗り物を操れる。

    二足なら階段を上れるので人間と同じ居住区で活動が出来る訳で
    だってキャタピラ付いているロボット電車に乗ってたら邪魔でしょw

    つまり用途に合わせて色々なタイプの
    「多様性のあるロボット」が必要なのだと言う事。

    ほんと「二足歩行」が必要ないとか言っている人間は
    想像力が完全に低下していると思います。

    これが年配の人間が言っているならまだ良いけど
    若い人間が言っていたりするので、手に負えないw

    人間は「想像力」が一番大事。
    先の事を「想像」出来ないと死んでしまうので。

    まぁこの辺は相場も同じですね^^


  • 皆さん、こんにちは。

    今回は、ホンダの「ASIMO」のお話^^

    NHKがホンダが「ASIMO」の開発を取り止めて、
    開発チームを解散したと報道したようです。

    でもホンダ側はこの件を否定してるみたいです。

    どっちやねんw^^;

    まぁどちらにしても「ASIMO」の開発者では
    続けていてもダメだと思います。

    どういう事なのかと言うと
    以前「ASIMO」の動画を板に貼りましたが
    その動画で「ASIMO」は、
    3人に「オレンジ」「お茶」「コーラ」とか
    同時に言われた時に複数の事を認識出来る・・・と言うシーンが有りました。
    (※飲み物の種類は忘れたので適当)

    これ見た時に「ダメだこりゃ」と思ったのですが
    これの何がそんなに問題なのかと言うと
    「プライオリティ」の判断基準がおかしいと言う事です。

    つまり「ASIMO」はまだ「人間が出来る事」を何も出来ないのに
    「人間が出来きない事」を遣らそうと研究して時間を費やしている。

    だから原発の災害時にも何の役にも立たない。

    「ASIMO」の研究者が3つの注文を同時に認識させるのに
    時間を費用を費やしている間に
    ボストン・ダイナミクスが開発したロボットの
    アトラスは物を所定の位置に運び、バク転を行なっても
    倒れない程のバランス感覚を手に入れている。

    多分「ASIMO」では横から蹴り倒したら
    簡単に倒れてしまうと思う。

    正直「ロボット」は一企業に任せるのではなく
    国家プロジェクトとして研究するべき。

    各社バラバラに遣っているのがそもそもダメ。

    日本は軍事費はGDPの1%しか使用していないのだから
    軍事費名義で税金の一部を回しても良いと思う。

    ボストン・ダイナミクスとか使える企業は
    外国人だろうとなんだろうと全て買収して
    企業の垣根を全て取っ払って
    今のようなお遊びレベルでなく
    真面目にロボットの研究のした方が良いと思います。

    そもそもあの蹴っても倒れないロボットは元々日本人が開発していたもので
    それをGoogleが買収し一気に世界に広まった技術ですし、
    そこだけ取っても如何に日本の官僚や企業が無能集団なのか分かります。
    (※ちなみに「ボストン・ダイナミクス社」はソフトバンクグループが買収しました。
    孫さん流石動きが早いw)

    続く・・・

  • >>No. 9351

    こんにちは。

    >平成から元号が変わるのは、相場に影響あるでしょうか?

    マインド的には多少あるかも知れませんが
    実質的には特にないと思います。

    役所などで「元号」が使われている書類など
    そんなのは全て作り直しになりますが
    それが経済効果があるかと言うと、税金を無駄遣いするだけで
    大した効果有りません。

    「元号」で書かれているまだ使える書類を全てゴミにして
    税金でまた作り直すだけですのでw

    というかほんと役所の書類
    いい加減全て西暦に統一して欲しいです^^;

    書くときに今が何年なのかも忘れてしまうし、
    天皇陛下が変わる度に全ての書類無駄になるし。

    というよりもっと言うなら「マイナンバー制度」にしたんだから
    役所の「住民票」やら「戸籍謄本」やら「印鑑証明」やら
    その他全ていい加減破棄して欲しい。

    あんな紙1枚の為に300円も400円も取られた上に
    税金で役人雇っているのほんと無駄です^^;

  • >>No. 9344

    >インチキなので(笑)

    ほんとこれw^^;

    最近色々と忙しくってFXとか殆ど見てなかったのですが
    それでもNYダウの200日線だけ気になって
    定期的に確認してたんです。

    結局今回も200日線で反発してインチキぷりを存分に発揮w
    気にするだけ時間の無駄でしたw

    見た感じ落ちそうなんですけどね・・・
    200日線近づくと途端に怪しげな力が働くんですよねwww

    あっ、そうそう。
    なんでNYダウ気にしているのかと言うと
    このチャート(※画像参照)が気になっていて
    これドル円とNYダウの比較図なんですが
    途中からトランプのインチキパワーが発動し
    ドル円とめっちゃ乖離しているんです。

    これNYダウが下がるかドル円が上がるかして
    乖離幅縮めないのだろうか・・・
    ・・・と気になってまして、そんでワザワザチェックしてたんです。

    なんかこのチャート見ただけで
    「ドル円は上げさせん!」「NYダウは下げさせん!」という
    トランプのインチキ具合が分かるw

  • >>No. 9337

    次に「ユーロ」のポジ見ると
    これも大分投げて改善してきたので
    あと少しだけ残っていますが、今までドル円の上昇に貢献した
    「ユーロ(ユロル)」の投げは、今後はそれ程見込めない状況ですね。

    つまり偏りがなくなって「動けない」という感じw

    ドル円は今はまだ上昇の勢いがありますが、これが止まった時ですよね。

    ドル円の日足も週足もストキャスは既に高値圏ですので
    月足に主役が移行出来なければ動きが止まり週足の調整が始まります。

    逆に月足を描き出せば「円ショート」にまだ余裕が有りますので
    三角持合の上限でドル円ショートした人の損切り利用して
    多少伸びるかも知れません。

    まぁ形的には悪くないと思います^^

  • >>No. 9337

    こんばんは。

    >米中貿易戦争が始まりましたが、どうなるでしょうか?

    どうなんですかね。
    まぁトランプさんの気分次第なんじゃないですかねw^^

    NYダウ下がらないうちはトランプさん誰からも責められませんので
    暫くはやりたい放題でしょうね。

    一応「NYダウ」と「上海株」を見ると
    「NYダウ」は堅調で「上海株」は少し下がっているんで、

    多分米国と中国が貿易戦争をしたら
    中国が不利と市場は見ているんでしょうね。

    あとは米中間選挙までは株価下げさせないだろう・・・と
    読んでいるんだと思います。


    それとドル円の超短期の話だと「円ショート」が少し増えて来ましたが
    まだ「円ショート」の投げが発生して暴落するような
    水準ではないので、もう少し余裕がありそうです。

    続く・・・

  • >>No. 9336

    ですのでこの「分からない状態」を「上に行く」とか「下に行く」とか
    「分かった」と思い込んではダメなんです。

    今は「上に行く状態」
    今は「下に行く状態」
    今は「分からない状態」

    の3つに分類する必要があると言う事ですね^^

    でっ、私は
    この「分からない状態になる」と言うのが数年前から「分かってた」んです。
    ややこしいw

    この「スクイーズ」は、スクイーズが「発生する前」に
    チャートの形からある程度分かるんです^^


    それと「一目の雲の捻れの部分」に青色の「下降雲」出て来ましたよね。

    これも以前「何れ月足に下降雲が出現する」と何度か板でお話していますが、
    私はこれが「レンジ雲」になるのではないかと思っていて
    「レンジ雲」と言うのは私が勝手に作った造語で、
    つまり短い期間で「上昇雲」と「下降雲」が交互に出てきて、
    その雲を挟んでレートが上下に行ったり来たりし
    レンジ状態になる事を指すのですが、
    やはりこの可能性は考えておいた方がいいのではないかと思うです。


    もう1つ画像をご覧下さい。

    画面に出ている矩形は、
    年足のロウソク足で、赤が陽線、青が陰線です。

    4年間陽線で上昇し、3年間陰線で下落です。

    今年も今現在陰線中で、あと少しで陽線化します。

    もし2012年からの4年間の陽線を上昇波と捉えるなら、
    今は押し目の最中と言う事になり、
    高値越えを試す展開になるのですが、
    果たして現在のネタでそれが出来るのか?
    ・・・と言う部分ですね。

    寧ろ貿易戦争とか
    ネガティブネタの方が多い位ですしw

    2017年の安値を今年既に下抜いていますので
    直近4年の状況だけみれば
    現在の状況では下降トレンド継続中なんです。

    この下降トレンドを払拭するには
    2017年の年足の高値の118.610円を上抜けしなければならず
    それには同水準にあるBB+3σをブレイクしないといけないのです。

    当然+3σまで来た場合現在既に50%のストキャスが
    天井圏まできますので、そこで売り圧力が発生します。

    今のドル円に果たしてそれが出来るのかですね^^
    出来ないのであれば再び下がりレンジです。

    ぱっと見、チャートの形は悪くないんですけどね。

    これが月足でなければ上昇と言っちゃうんですが
    如何せん国策の影響が大きい月足なので
    中々難しい所ですね。

    まぁドル円はそんな感じです^^

  • >>No. 9336

    こんばんは。

    >それはそうと、ドル円の今後、どう思われます?
    >2015年からの月足レジライン抜けている?と思うんですが、まぁ今月まだ終わってないので

    今皆さんが気にされているのは、
    三角持合の上限のブレイクだと思うのですが
    確かにこのブレイクも重要なのですが
    基本的には、数年前からお話している状況と
    まだ変わりません。

    つまり月足レベルの「巨大なスクイーズ中」と言う事です。

    画像ご覧下さい。

    ドル円の月足に
    「一目均衡表の雲」と「21BB」と「ストキャス」を表示してあります。

    黄色の矢印の箇所の一目均衡表の雲の捻れ部分有りますよね。
    あそこが大雑把な中心部分です。

    21BBの中央線(ミッドバンド)もあの辺にあるでしょ。
    「ストキャス」も50%の中央値です。

    つまりドル円はあの辺りを挟んで上下に行ったり来たりしているんです。

    今はBB3σの付近の赤の横線の範囲がストレスなく移動出来る箇所。

    このBBの範囲が時間が経つに連れてどんどん狭まって来ますので
    限界まで達した時に上か下かのどちらかにブレイクします。

    まぁこのブレイクでトレンドが出るかどうかも
    個人的には怪しいと思っているんですがw

    と言うのもこのサイズのチャートだと政治的な国策と言う物が
    やはり関わってきて、多分この辺りの価格水準は
    米国に取っても日本に取っても非常に居心地が良いと思うんです。

    とは言え、その価格にずーと止まっている訳にも行きませんので、
    結局何時かはどちらかに動くのですが、
    でもそれが何時でどっちに行くのか良く分からないんですw

    まぁこれも、
    「巨大なレンジになった後、どうなるのか分からない」
    と前から板に書いている通りです。

    只最終的に諸々考えた場合「上」に行くのではないかと。

    それと「分からない」と言うのは「何が何だか分からない」と言う意味ではなく、
    「売り方」と「買い方」の「力が拮抗」している「分からない状態」だという事です。

    チャートの状態は
    「売り」「買い」「分からない」の3つに分類しなければならず、
    この「分からない状態」の部分を他の言い方で言うなら
    「休み」とか「待ち」などと呼ぶ訳です。

    逆に「売り」「買い」の力が拮抗しているからこそ
    「スクイーズ」が発生しているんです。

    続く・・・

  • 少し古いネタですが
    日本政府は操縦士なしの「空飛ぶクルマ」を2020年代の実用化に向けて
    協議会を立ち上げるみたいです。

    つーか、3月にはもう経産省が発表してたのに
    まだやってなかったのかいw
    遅すぎ^^;

    「空飛ぶクルマ」
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28315180Z10C18A3EE8000/
    https://response.jp/article/2018/03/27/307722.html

    「年内を目標に協議会を立ち上げ」
    ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm33498064

    まぁこれはこれで良いとして、以前も書きましたが
    「トンボ」のような「手」や「足」のある「垂直離着」可能な
    空を飛ぶ乗り物作った方が良いと思っているんだけど。

    誰も提案しないのだろうか・・・。

    災害を考えたら
    地面がぐちゃぐちゃになっている可能性が高いんだから
    地面が平らでないと離着出来ないとか
    使い勝手悪すぎる。

    「手」や「足」が付いていた方が
    瓦礫もどかせるし、何処でも離着出来るし
    絶対便利だと思うんだけど。

    まぁ形状は色々あって良いと思うけど
    「蜘蛛」みたいに8本位手足付けてドローンぽいのでも良い気がする。

    現在日本は他国から買ってきた
    災害時の車両を何台か持っているんですが、
    数が少ない上に使い勝手が悪すぎる気がします。

    というかこれだけ毎年毎年災害起きているんだから
    そういうのは自国で予算取って作った方が良いと思う。

    そうすればそれを他国にも売れるし、災害国を助ける時の救助にも使える。
    税金はこういう本当に必要な部分に使って欲しい。

  • 皆さん、こんにちは。

    前の投稿で「中国国家」の話が少し出たので、
    今回は「中国国歌」について書きたいと思います^^

    この「中国国歌」と言うのは「抗日」の歌です。

    1949年に中国共産党によって中華人民共和国が出来ました。

    当然この時はまだ国歌も有りませんので
    1935年に作られた抗日映画「風雲児女」の主題歌「義勇軍進行曲(行進曲)」を
    「仮の国家」として制定したのです。

    その抗日の歌が今も「中国国歌」なのです。

    ttps://www.youtube.com/watch?v=CMD7fx0rgH0

    「敵の砲火を押しのけて」の「敵」とは日本人の事。

    そしてこの歌には、もう少し面白いエピソードがあります。

    この抗日映画「風雲児女」の主題歌「義勇軍進行曲(行進曲)」の作曲者は
    雲南省昆明市出身のニエ耳(ニエ・アル)と言う人物。
    このニエ・アルは1933年当時では非合法だった共産党に入党します。

    警察はニエ・アルを逮捕する為に動き出すが
    共産党がニエ・アルを日本経由でソ連に逃亡させる計画を立てました。

    出発直前ニエ・アルは
    制作中の抗日宣伝映画の「風雲児女」の主題歌は、
    「日本についたらすぐに書いて楽譜を送る」・・・と約束し、
    そして郵送されてきたのが後の中国国歌となる「義勇軍行進曲」なのです。

    その後ニエ・アルは、
    1935年7月に神奈川県海岸で友人と遊泳中に行方不明になり、
    その後遺体で発見されます。

    彼が何者かによって殺されたのか、それとも只の事故なのかは分かりません。
    (※事故死との見方が一般的)

    ・・・・

    以上が、中国国家の出来た経緯です。

    そして現在の日本はこの抗日国歌を
    日本人の税金で維持されている日本の学校で
    中国人が歌っているという、何ともシュールな状態な訳ですw

    自国で歌うなら別に問題ないですが、
    流石に税金投入している日本の学校でこれを歌わせるのは
    個人的にはどうかと思いますね^^;

    それ以前にこんなもんに何百億円も税金投入しているから
    幾ら増税しても足りないねんw

  • >>No. 9328

    日本人の殆どの方は
    「国」と「人種」をほぼイコールと考えていると思いますが
    例えば日本人のサッカー代表選手が全員
    「日本国籍を持った黒人選手」になった時、
    どれ位「国」と言うものが意味があるのか非常に微妙ですね。

    その時に「日本はサッカー強い、日本人は優秀」と
    果たして言えるのか?

    今の状態で進むなら何れはその時が来ると思います。

    まぁ只これは今現在の価値観で話しているので
    きっとそうなった場合は
    それが普通の状態になっていると思います^^

  • >>No. 9328

    つまり全部の人種が混ざって
    別々の国の場所に住んでいるだけになる訳です。

    当然その時には感覚や価値観も変化しているはずなので
    これが当たり前の状態になっていると思います。

    と言う事で、中国が覇権を取っても別の国が覇権を取っても
    グローバル化を続けている限り、
    何れは世界中ごちゃ混ぜになると思われるので、
    まぁ「国」という意味合いが今とは違ってくるのかも知れません。

    ちなみに中国のある一部も不法移民のアフリカ人達に
    占拠されているようですw

    日本の場合はもっと酷く宮崎県えびの市にある私立高校は
    生徒の9割が中国人留学生です。

    https://www.nhk.or.jp/d-navi/izon/page/180425.html
    http://netgeek.biz/archives/117371

    この学校、中国人留学生が167人で、日本人の生徒はたった16人。
    留学生を受け入れると国から1人あたり20万円の地方交付税がもらえ、
    日本の国税が300憶円以上使われています。

    そして日本人の税金をかけたこの学校では「中国国家」が歌われている。
    おまけに殆どの日本人は「中国国家」の意味を理解していません。

    これも私が前から危惧している「人口問題」の1つです。

    日本人が少なくなって生徒数が減ると
    学校が国から補助金を貰えなくなるので
    兎に角何人だろうと人数分だけ確保して国から金を引っ張ろうとする訳です^^;

    最近やっとメディアが騒ぎだしましたが
    この手の問題はもう何十年も前から起きていて
    皆「人口問題」って経済の事だけだと思っているので
    事の重要さが殆どの方ちゃんと理解出来ていないんです。

    例えば「チベット」や「北海道」に中国人が増えると言う事は、
    縄文人の遺伝子の「ハプログループD(Y染色体)」の消滅を意味します。

    遺伝子に付いて話すとまた説明が長くなるので
    また別の機会にお話しますが、
    「人口問題」とはその国の人間の消滅を意味するんです。

    ですので、中国が覇者になったときに、
    日本にいる日本人は果たして日本人なのかの方が問題で
    もうどこの国が覇者になっても、そうなってしまっては
    良いか悪いかは別として
    余り意味がないのではないかと思います。

    続く・・・

  • >>No. 9328

    >でも、中国が覇権国になったらどうなるのでしょう?

    最初は問題続出だと思いますが
    最終的にはそれほど変わらないと思います。

    何故かと言うと人間は環境に順応して変化してしまうからです。

    これは幾つかの見方に分類しないとダメで
    例えば「国」としてみた場合、
    自分が他国より格下の場合は好き勝手できますが
    自分がトップになって世界を引っ張って行こうとした場合は
    好き勝手出来なくなり、必然的にちゃんとするように
    「環境(状況)」が「国」を変えてしまうのです。

    例えば「上海オリンピック」の時に
    それまであったスラム街の整備や農村部と都市部の差別の緩和など
    他国から見られたら恥ずかしい部分を
    中国は沢山改善しました。

    これは今の日本も同じで「東京オリンピック」に向けて
    他国を意識して色々と見えない部分を改善しています。

    次に「人種」としてみた場合、「グローバル化」を行なうと
    周りの影響に常にさられて自分の行動を変化させるので、
    最終的にはどれもこれも同じ様になってしまいます。

    中国人はこんな感じ、日本人はこんな感じ、アメリカ人はこんな感じ
    ・・・というのは、何れ薄れて同じ様になっていくと思います。

    今「中国系アメリカ人」とか「フランス系ドイツ人」とか居ますよね?

    それでは「中国系アメリカ人」と「フランス系ドイツ人」が結婚して
    生まれた子供は一体何人なのか?

    ・・・って話です。

    勿論米国とかで生まれれば「国籍」はアメリカ人ですが
    「人種(遺伝子)」という側面からみたら、既にもう何人なのか分からない訳です。

    これが今度世界中で起こると思います。

    例えば、平昌五輪の時のフィギュアスケートのアメリカ代表は
    14名のうち7名がアジア系でした。

    オリンピックやワールドカップなど今世界中で「国」対「国」で
    分かれて戦っていますが、これも何れどれ位意味があるのか疑問です。

    海外の陸上選手なんてもう殆ど黒人ですし、
    何れ世界中でこれと同じ事が起こる可能性が高い訳です。

    卓球とかなら
    中国系日本人選手 vs 中国系アメリカ人選手 とか

    サッカーとかなら
    ドイツ系日本人選手 vs ドイツ系アメリカ人選手 とか

    これもまだ○○系と言えている内はいいですが
    その次の世代では○○系と○○系が結婚するので
    何々系かすら分かりません。

    続く・・・

  • もう1個おまけ^^

    「欲しくなる驚きロボット10種」
    ttps://www.youtube.com/watch?v=HL95jcuXHpQ

  • そう言えば
    2020年東京オリンピック開催に向けて作ると言っていた
    動く「ガンダム」って話、どうなったんだろw

    すっかり忘れてたw

    全然話聞かないけど、企画倒れで終了なのだろうか^^;

    まさか「動くガンダム」って
    お台場にある「実物大ユニコーンガンダム」の事じゃないよなw

    う~ん、2020年じゃないし、
    確かにパーツ類は動いてはいるけど
    流石にあれで「動くガンダム」って言うのは
    言いすぎだと思うんだけど。

    せめて「歩くガンダム」位作ってくれないと
    今時、動くロボットなんて結構あるわけで
    「立っているだけ」と言うのは流石にないわ。

    ボトムズレベルのサイズで良いんで
    動くアニメのロボット早く見てみたい^^



    (※「h」外して有ります)

    「人が乗れる変形ロボ J-deite RIDE がすごすぎる!」
    ttps://www.youtube.com/watch?v=A5pRl_x_KSk

    「巨大ヒューマノイドの前進歩行 」
    ttps://www.youtube.com/watch?v=KAVOmMNq8HI

    「巨大ロボ「MONONOFU」 群馬の町工場が6年がかりで完成」
    ttps://www.youtube.com/watch?v=tFrwwZrZgGs

    「【ガチで凄い】これが世界の最新ロボットだ2」
    ttps://www.youtube.com/watch?v=ozoj1jRbf2g

    「【ガチで凄い】これが世界の最新ロボットだ3」
    ttps://www.youtube.com/watch?v=rmA6LIB6oe0

  • >>No. 9324

    >大林組以外にも将来的に有望な企業ってありますか?

    有望な企業という訳ではないのですが
    この手のアニメ系ネタだと、
    前田建設という会社がありまして
    この会社に

    「前田建設ファンタジー営業部」

    ・・・という部署があるんです。

    この会社、名前の通り建設会社なのですが
    この「ファンタジー営業部」と言う部署が取り扱っている内容が

    「マジンガーZの格納庫」は作る事は可能なのか?
    もし可能な場合、建設費は幾らで、期間はどれ位かかるのか?

    ・・・とかそう言うのなんですw

    それ以外にも
    「銀河鉄道999の高架橋」とか
    「機動戦士ガンダム地下連邦軍軍事基地ジャブローを創ろう!」とか
    そんな事やっている会社ですw^^

    前は細かい図面とか建設費とか全部サイトに載ってたんですが
    今サイトみたら何か纏めて書籍出したらしく
    現在は載ってませんでした^^


    「前田建設」
    https://www.maeda.co.jp/

    「前田建設ファンタジー営業部」
    https://www.maeda.co.jp/fantasy/


    あと「マジンガーZの格納庫」は「としまえん」に提案したみたいですねw
    「2020年東京オリンピック開催を目指し」って書かれてますが
    2015/04/01の記事なんで、結局どうなったのか分かりません^^

    https://markezine.jp/release/detail/486837

本文はここまでです このページの先頭へ