ここから本文です

投稿コメント一覧 (1708コメント)

  • >>No. 9473

    >おもてなししてどうするねんww

    「おもてなし」とは、別名「土下座外交」と言いますw

    「トランプさん、円高簡便して下さいよ~
    あっ、そうだ! ゴルフしましょう、ゴルフ!」

    ・・・っていう、日本が誇る最終兵器ですw

    というか真面目な話、これが一番効果有りそうでしょw^^

  • ドル円くんの運命は!?

    「日米為替大戦!」の、はじまり、はじまりw

    ※只今エネルギーを蓄えておりますので、もう暫くお待ち下さい^^

  • ついでなので
    もう一個おまけ。

    「巨大なレンジ」って言われても今一ピンと来ない

    ・・・と思われる方がいると思いますので、
    移動平均線を使ってご説明します。

    移動平均線の数値は

    21期間×12ヶ月=252日移動平均線です。

    つまり、年足の21期間移動平均線です。

    画像ご覧下さい。

    ずーと、MAの下で下降トレンドだったものが
    今はMAを挟んで行ったり来たりしているでしょ。

    この21MAと言うのは「レンジ」になると
    「MAを挟んで波が行ったり来たり」するのです。

    まぁ21BB入れている人は良くご存知だと思います^^

    と言う事で、年足のMAの状態から判断しても今はレンジなのです。

    さて、多少チャート読める方なら
    このチャートは上へ行く可能性が高いと判断する方が多いと思いますが
    果たして上手く行くのかですね。

    なんせあの上にはアメリカ様がいるんですよw

    う~ん・・・かなり微妙ですねw^^

  • それでは過去のドル円チャートで
    あの黄色の丸が付いている箇所が
    本当にどこにも無いのか確認してみましょう。

    画像をご覧下さい。

    黄色のシグナルが出ている箇所は一箇所も有りません。
    つまりドル円は今まで一度も経験した事のない領域に入っているのです。

    年始に「平均ボラ」の話しましたよね?

    ドル円の「平均ボラ」は約20円位あるので気を付けて下さい・・・と言う話です。
    そしてもしかしたら「過去最低ボラ」を更新する可能性もあると言う話。

    当然何時までもこの狭いボラの範囲内にはいれませんので
    いつかどちらかに噴きます。

    しかし上には「米政府」が居て、逆に下には「日本政府」が要るので
    そう簡単にはいきません。

    両政府にとってはこの狭い範囲で行ったり来たりしてくれるのが
    一番良い訳です。

    と言う事で、ヘタをすると収束のブレイク以降もトレンドレスな
    グダグダした相場が続いてしまう可能性があり
    勢い良く上に上がれば「おーっ!」って感じになりますが
    グダグダしたら「あー、やっぱりね」っていう
    がっかりな感じな訳ですw

    まぁ取り合えず、今の状ドル円の状態は
    「過去誰一人経験した事のない状態」なのだと言う事だけ
    覚えておいて下さい^^

    まぁ上がるか下がるかは分かりませんが
    取り合えずワクワクしながら楽しみましょう^^

  • 今回は久々にFXネタです。

    最近うちの板見られた新しい方は、
    「この板一体何の板なんだろう・・・」と思われると思いますが
    「一応」為替板ですw

    20回に1回位為替の話しますww

    ・・・と言う事で、今回は多分誰も気が付いていないであろう
    ネタを書きます^^

    今回は、
    「2年間見たかったドル円チャートがやっとみれました!」と
    ・・・という話^^

    ドル円は巨大なレンジになり収束して動かなくなる。

    ・・・って話は以前から板で言っていたと思います。

    これだけ米国は利上げしているのに
    結局ドル円は8月も動かなかったでしょ^^

    つまり「チャートに全て支配」されているんです。

    でなければ私の予想なんて当たる訳ないのでw

    実は今、ドル円は360円の固定相場からのドル円至上
    始めての「巨大なレンジ」と「価格の収束」が
    起きているのです。

    貼り付けたドル円の月足画像をご覧下さい。

    下に表示してあるインジはオリジナルのインジで
    ボラが低下すると緑色の丸が付き、更に低下すると黄色の丸が付きます。

    8月のロウソク足の下に黄色の丸が付いているでしょ^^

    これを2年前に予想して、ずーと待っていたんですw

    続く・・・

  • 今回も英語ネタです^^

    皆さん「オクラ」ってご存知ですか?

    まぁ日本人なら大概知ってますよねw^^

    それでは「オクラ」って「英語」なのは知ってましたか?

    これ日本語ではないんです。

    日本語では元々この植物を「ネリ」と呼んでたんです。

    この「ネリ」の英語名が「okra(オクラ)」なんですw

    「皆さん「ネリ」ってご存知ですか?」
    ・・・って聞かれたら殆どの方「知らない」って答えるでしょ^^;

    つまり、日本人は日本語知らないんですw

    「日本人なら大概知っている」・・・って思っているのは実は日本語ではなく
    「英語」の「okra(オクラ)」って事ですね^^;

    まぁ確かに「オクラ」って言葉、めっちゃ日本語ぽいけどw^^

  • 前回の投稿の一部訂正です^^

    前回、

    「HERMES(エルメス)」・・・・「H」いらねーだろ!

    ・・・と言う投稿をしたのですが、

    この「HERMES(エルメス)」は、元はフランス語なんですが
    英語でも「HERMES(エルメス)」と発音すると思っていたら
    実は英語では「HERMES(エルメス)」と発音しないらしいんです。

    何と英語では「HERMES」を「ヘーミーズ」って言うみたいです。

    これなら「He(へ)」なんで一貫性あってまったく問題ないですw^^

    こういう英語も同じだとうと勝手に思っていて
    実は違うって言葉、結構日本語に多いんですよね。

    同じ例ではないのですが、
    例えば「ドイツ」とかの国名でも
    英語では「ドイツ」ではなく「Germany(ジャーマニー)」と呼ぶわけで、
    本当は皆分かり易く英語で統一すればいいのに・・・って個人的には
    思っているんですが、この辺も過去の「支配国」の歴史が絡んでいる訳です。

    「ドイツ」は、オランダ語で「Duitsland」ですし、
    ドイツ語での正式名称は
    「Bundesrepublik Deutschland(ブンデスレプブリーク・ドイチュラント)」
    通称「Deutschland(ドイチュラント)」なので、
    本来「ドイツ」と呼ぶほうが合っている訳です。

    所がこの後覇権国が「英国&米国」になり
    「ドイツ」の事を、
    「Federal Republic of Germany(フェデラル・リパブリク・オヴ・ジャーマニ)」と
    呼び出した訳です。

    「Germany」とはラテン語の「Germania(ゲルマニア:ゲルマン人の地)」と言う意味で
    英語も「ドイツ」って呼んでくれれば何も問題なかったのですが
    おまけにこの英語が世界の標準語になってしまったために
    こんな感じで言葉が増えてしまった訳です。

    ちなみに、
    「ドイツ」の由来は、オランダ語の「Duits」が起源と言われているので
    実は日本語の「ドイツ」は一番元の言葉に忠実なんです^^

  • >>No. 9462

    こんにちは。

    >長期投資に何をしようと考えまして債券はどうかなと思ったけど

    遊びで最小単位で一度試されては如何ですか?
    人によって合ってる合ってないがあると思いますので
    もしかしたらシドさんに合っているかもしれませんので^^


    >仮想通貨も見送りで。

    ビットコインまた下がってきましたね。
    今揉み合っている箇所下抜けると結構下がりそうですね^^;


    >ランド円も新興国通貨ではメジャーですが、上値重いので長期投資には不向きかなと。

    今回新興国通貨のなかでは、
    ランド円と一部の通貨だけ安値更新せずに最後まで耐えてますが
    基本的には長期的に下値を切り下げている通貨ですので
    一定期間揉み合ったあとは下の段に下げてくると思います。

    今回はリセッション懸念で下げているみたいですが
    新興国通貨はどれもこれもドル金利の影響が大きいですので
    全てアメリカ次第と言う感じでしょうか^^

  • この地図は「英語話者が他言語に熟練するまでの時間」を示した地図です。

    日本語は「Category V*」。

    「More than 88 weeks」つまり最低でも「88週間以上」学習しないと
    身に着けるのは不可能とされる英語を話す人達に取っては
    日本語はまさに「悪夢の言語」と言える訳です。

    であるならば、逆を考えれば
    「日本人」が「英語」を身に着けるのは同じ様に大変だとも言えます。

    実際殆どの日本人はあれだけ長い時間学校で英語勉強しているのに
    まったく英語身についていませんのでw

    確かに言語としては英語は一番簡単ですが、それでも一貫性に欠ける部分が沢山あるので
    個人的には1から「世界標準語」を作って貰いたい。

    例えば「過去形」1つ取っただけでも

    (1)動詞には「ed」を付ける。
    (2)語尾が「e」で終わっていた場合「d」だけを付ける。
    (3)語尾が「子音+y」で終わっていた場合「y」を「i」に変えて「ed」を付ける。
    (4)語尾が「短母音+子音」で終わっていた場合「子音」を重ねてから「ed」を付ける。
    (語尾が「子音+子音」で終わっていた場合は「ed」を付ける。)

    ・・・とまったく一貫性がなく全部文字の後ろに「ed」付けたら
    過去形にしろよ! ・・・と言いたくなる訳ですw

    まぁ言語の一貫性のなさを日本人が言うと
    「お前が言うな!」と確実に怒られると思いますがw

    日本語という超一貫性のない糞言語からしたら
    英語の一貫性の無さは確かに可愛いものなのですが
    それでもダメなものはダメな訳です。

    例えば、

    「night(夜)」などの「ナイト」

    発音しないなら「gh」初めから付けるなよ!
    ・・・と言いたいw

    「HERMES(エルメス)」・・・・「H」いらねーだろ!

    Why Englishman people!!

    ・・・って思う訳ですw^^

    この言語を初めに作った人間は一体何考えて
    こんな一貫性のないもの作ったのかと、ほんと理解に苦しむ。

    「プログラム言語」は何十種類も有りますが
    あやふやな言語など1つも存在しません。

    そんな言語あったらコンピューター動きませんのでw

    つー事で、誰か「理系」の人に「一貫性」のある
    誰でも数週間で簡単に覚えられる「世界標準語」を作って貰いたい。

    その簡単な言語を世界中で覚えれば皆楽なんじゃないですかね^^

  • >>No. 9459

    >という事は、米中貿易戦争は米国の勝利だと?

    まぁ今の所負ける理由がないですので^^

    但しこれ以上長引くと中国に輸出したい米国の農家や企業が
    騒ぎ出すので、トランプさんにとってはこれが一番不味いので
    適当な所で折り合い付けるのではないでしょうか。

    >貿易戦争も米朝会談も中間選挙に向けてのアピールですかね?

    半分はそうですね。
    只貿易赤字を何とかしたいと言うのは確かだと思います。

    というか「貿易赤字」というより「財政赤字」つまり「借金」を
    何とかしたいんでしょうね。

    というかトランプさんは至ったってまともですよw
    借金膨らませ続けて要る方が頭おかしい^^;

  • 前の投稿で「債券」の話が少し出たので、
    今回もそれにちなんだ「英語」ネタでいきたいと思います^^

    今回は「Google翻訳」もうちょっとどうにかならんのか・・・
    というお話。


    「良かったです」「良かったですね」「良かったの」の区別を
    Google翻訳は理解できない。

    全て「It was good」になってしまう。

    おまけに「良かったじゃん」とかで翻訳すると
    「Was it good?」と疑問文になってしまう。

    横浜の人間は全て疑問文になってしまうw

    逆に「Was it good?」を日本語に変換すると
    「良かったです?」になってしまう。

    なんやねん「良かったです?」ってw
    「です」の直ぐ後ろに「?」付けるなと言いたい^^

    「良かった」は、自分が自分に言っている。
    「良かったです」は、自分が誰かに何かを言われ言っている。
    「良かったの」は、自分が誰かに何かの最終判断を聞いている。

    確かに分かりづらい。

    このように日本語は標準語ですら翻訳不可能なので
    方言など入れたらもう大変な事になる。

    博多弁の「良かと」を翻訳すると「Good-bye(さようなら)」と翻訳されるw
    熊本弁の「良かばい」を翻訳すると「Good bond(良い債券)」と翻訳されるw

    外国人がGoogle翻訳を使用して日本語を覚えようとしても
    これじゃまず無理w

    外国人「なぜ彼らは私の質問に「良い債券」と答えたのだろう???」

    ・・・となってしまうw

    つまり熊本弁の「良かばい」は「ジャンク債」ではないという事ですので
    皆さん、覚えておきましょうw^^

  • >>No. 9454

    >債券投資ってやった事無いのですが、手堅いですか?

    株でも為替でも商品でも債権でも
    多少の個別差はあっても基本的には皆同じだと思います。

    ちゃんと勉強して実際に練習しないと
    「手堅い」はまず無理ですw

    あと債権の場合はやはり金利動向が重要になりますので
    他の投資に比べるとファンダ寄りかも知れないですね^^

  • >>No. 9453

    >年金制度崩壊とか言われますが、GPIFの運用が上手ければ良いのでは?

    仰る通りですが、只それって

    「相場は怖いと言われますが、負けなければ良いのでは?」

    に近いかもw

    確かに、上手ければ良いんですが・・・

    う~ん、どうですかね^^;

    上手い気がまったくしないんですがw

    まぁ昔のように通信教育で株覚えた人間に年金運用させてたなんて
    アホな事は今はしてないでしょうが、
    只過去は株でも為替でもド素人集団の集まりでしたからね、
    どれだけ改善されているのか微妙です。

    例えばこれは株ではなく為替の話なんですが
    ドル円100円割れまで下がって居た時に為替介入してたじゃないですか。

    あの下落中幾ら介入しても上昇しないので
    証券会社の人達呼んでチャートのどこで介入すれば上がるのか
    聞いてたりしてたんですw

    そんなチャートもまともに読めないような集まりだったので
    あり得ない所で為替介入しまくって
    逆にヘッジファンドに叩かれ
    高値でしこってしまいあんなにドル円は下落してしまったんです。

    ですので初めの方は「バカなのか!」って所で介入してたけど
    100円割れてからは結構チャートの良い所で
    介入するようになったでしょw^^

    証券会社や銀行の人達に教えて貰ってやっと理解したんだと思います。
    ほんとアホ過ぎる^^;

    話ずれたので年金運用の話に戻すと
    まぁ今はある程度ちゃんとした人達に任せていると思うので
    大丈夫だとは思いますが
    後は金額がでかいので、どこにどれ位の配分で投資するかですね。

    一定の資金を越えてしまうと投資方法がまったく違いますので。

    なぜなら自分の資金でレートが動いてしまうからです。

    ですので例えばBNFさんのように凄く利益を出している投資家に
    運用を任せれば良いような気もしますが
    そういう訳にも行かないんです。

    BNFさんの投資法は基本、一時的に大きく乖離した株の逆張りですが、
    年金の額だと運用資金ぶち込んだ途端に自分の資金で元に戻ってしまいますw
    ですので年金などの大きな額の運用はこれだと不味い訳です^^;

    今は日米共に株高なので問題ないですが
    これが下がった時ですね。

    この時にどれ位利益を出せるのかが年金運用者の腕の見せ所だと思います。
    まぁ最低でもインデックス以上は利益上げて欲しいですね^^;

  • >>No. 9448

    こんにちは。

    >ところで米国債って中国がかなり握ってますが、
    これは長期的には株と同じと考えて良いのでしょうか?

    お金の投資先として
    世界で一番の安全資産である米国債を買っているんだと思いますので
    「投資先」と言う面では株と同じと考えて良いのではないでしょうか。

    但し中国の場合日本と少し違うのは
    元々日本の場合は米国に買わされていたと言う側面が大きかった訳でが
    中国の場合は米国への影響力を拡大させる為に
    米国債を買っているという側面もある訳です。

    「米国債売るぞ!」と政治のカードにしたい訳です^^

    まぁでもこれはオバマさんの様な人になら効きますが
    トランプさんの様な「遣ったらやり返す」人には通用しません。

    お互いが制裁を加えていくと
    最終的は軍事力の強い方が勝ちますので。

  • >>No. 9446

    こんばんは。

    >それが反転するとしたら、世界経済も衰退するとの事では?

    その考え方で問題無いと思います。
    ドルが基軸通貨であり世界がドルを決済に使用している以上
    米国が傾けば世界経済も傾きます。


    >長期上昇トレンドが完全に崩れたら、空売りで攻めるだけですが。

    まぁ米株に引っ張られて下落した物を売った方が
    安全かもしれないですね。

    なんせ米株はインチキなのでw^^

    昔だったら「日経平均売りましょう」と言ったと思うのですが、
    日経平均も年金と日銀のせいでインチキになっちゃたので
    もうほんとどこの国も株価操作や為替操作で
    中国がインチキだって批判できなくなっちゃいましたねw


    >そういえば、はっきりとチャートは見てないけど安全資産と言われる金がイマイチ人気無いみたいな…

    金どんどん下がってます。
    皆金売って株やドルを買っているんです。

    というか金元々高すぎたので丁度良いんじゃないですかね^^

    一応2011年の終り頃がら下げっぱなしですが
    下がったと言っても長期チャート見てもらえれば分かると思いますが
    正直まだまだ高すぎです。

    今丁度、長期上昇トレンドの押し目になるか
    直近安値切り下げてもう一段下げるかの瀬戸際ですね。

    チャート的には結構良い押し目部分ですが
    まぁ好景気続くなら更に下落する可能性も有りますね。

    米国の過去最長の景気拡大局面は
    1991年4月から2001年3月までの10年間が過去最長でして
    でっ、今回の好景気が始まったのが
    2009年7月から始まり先月で9年目と過去2番目の長さなんです。

    残り11ヶ月(2019年7月)までリセッション入りせず好景気が続けば
    米国史上最大の景気拡大局面になります。

    まぁ、選挙を考えるとどうせ日本は安倍さんが勝って、
    米国もトランプさんが勝つと思うので、
    そう考えるとこのまま行ってもおかしくはないですけどね。

    まぁ只これからガンガン投資して行こうって局面ではないですw
    寧ろ何時終わってもおかしくない最後のババ抜き局面と
    見た方が良いですね。

    あと、今回のこの好景気が
    天井をつけて下落する理由が何になるのかが
    一番気になりますねw

    また「○○ショック」って名前付きそうだしw^^

  • >>No. 9442

    現在の資本主義社会は、
    借金をして将来入るであろう利益を前借りして
    信用創造やローンなどにより
    実際の何倍ものレバレッジをかけて経済成長している為に
    経済のロジック上「景気サイクル」からは絶対に逃れられないのです。

    現在の行き過ぎた米景気は減税によるもので
    この減税とは本来国に入るはずのお金が減った事を意味します。

    税収が減ったのであれば減ったなりの事をすれば良いのですが
    そうはせず使う分は同じです。

    つまりこの差額分が国債と言う形の「借金」になるのです。

    この「借金」が増えると「利息」の支払いも増える訳で
    米金利を上げるという事はこの「利息の損失」が増大すると言う事です。

    この「利息の損失」が減税して経済成長して得た「税収」を上回った時に
    問題が生じるのです。(※大分簡略化して話しています)

    簡単に例えると、
    八百屋さんが借金をしてりんごを200円で仕入れて
    それを150円で販売しているようなもので
    常に50円の負債が積みあがっている訳です。

    国の借金がりんごの仕入れ価格だとすると
    経済成長などのGDPなどが販売価格なんです。

    借金より経済成長の方が大きければ借金は減り続け何れなくなり、
    経済成長より借金の方が大きければ借金は増え続けるのです。

    米国も日本もこのツケを何れ払う時がきます。
    もしくは強引に踏み倒すかですねw

    但し、国や企業や一般の人間は不景気になれば全員損失を被りますが
    私達トレーダーは世界で唯一
    不景気側の下落局面を利益に変えられますので
    まぁ上手く波に乗って利益を上げて下さい。

    但し余り欲張らないように。
    欲張ると必ず退場しますのでw^^

  • >>No. 9442

    >長期的にドル円は円安だと思うのですが(米国が制御不能になって)、先進国クロス円も同様でしょうか?

    サイクルによりリンクしたりリンクしなかったりでしょうね。
    もう昔のように完全にリンクすると考えないほうが良いと思います。

    多分通貨別に個別で判断した方がいいですね。

    まず今がどういう状態なのかと言うと
    現状では金利面だけみると円は円高方向にしか動きません。

    既にマイナス金利ですので金利だけで判断すれば
    これ以上通貨安には出来ないのです。

    もし通貨安になるとすれば以前からお話している通り
    意図しない日本売りです。
    つまり悪いインフレですね。

    と言う事で、仮に日銀がテーパリングを行なうまで
    「円」は金利面で円安で固定だとして、
    現在は米金利が上がっている為にドルが買われ、
    ドル円が上昇している訳です。

    そして米金利が上がっている為に
    リスクを承知で高金利の新興国に投資していたドルが
    米国に戻って来ている為に、新興国が通貨安になっている訳です。

    新興国は通貨安を避ける為に金利を利上げしますが
    金利を利上げすれば、国の借金の利息の支払いが嵩み増税を行なわなければならず
    更に民間の借り入れも減少する為に不景気になってしまいますので、
    金利を上げたくてもこれ以上金利を上げる事が出来ません。
    それにより悪いインフレが発生し、更に悪い状態になるのです。

    そしてそれらのお金が
    世界中からどんどん米国に戻って来ているので米国は金余りになり、
    その浮いた金が株式市場に流れたので、株が史上最高値になっているのです。

    但しこれは永遠には続きません。
    何れ「景気サイクルの逆転」により米景気はリセッション入りします。

    米金利の上昇は米国の息の根を何れ止める可能性があり
    ですのでトランプさんが嫌がっているんです。

    続く・・・

  • >>No. 9442

    >日本とイスラムの関係はどうなのでしょう?

    国単位では石油等以外ではそれ程関係性がないので問題有りませんし、
    日本国内では今の所はイスラム教徒の人数が少ないので良好だと思います。

    宗教でも人種でも人数が少なければ「環境が急激に変化しない」ので
    マイノリティ側が「マジョリティ側が作った環境」に合わせて
    「変化」して行くので問題ない訳です。

    これが急激に人数が増えると、
    その人達によりその地域の「環境」が変化する為に
    それまでそこに暮らしてきた人間との問題が発生するのです。

    単純に
    「環境を変えられたくない元々そこに住んでいた人間」と
    「環境を自分達の都合の良いように変えたい後から来た人間」
    との争いが起こると言う事です。

    但しイスラム教の場合は
    「イスラム法」と「国内法」の問題が有りますので
    「神の法」を優先するのか「人の法」を優先するのか
    何れ問題になると思います。

    この話は長くなるのでまたいつか。


    >仮想通貨って歴史が浅いから、新興国みたいな感じで投資というより投機になるのでしょうか?

    暗号通貨は何れ電子マネーのような扱いになって生き残るとは思いますが
    それが今ある仮想通貨なのかは分かりませんので
    そういう意味では投資と投機の半々なのではないでしょうか。

    続く・・・

  • >>No. 9437

    >その時、全脳のリアルタイムシミュレーションが
    可能になっていれば人の思考パターンが解明できます。

    夢があっていいですね^^

    相場の世界も今後AI化がどんどん進むと思いますが
    AIが進化しすぎて人間とまったく同じになってしまい
    AIが「プロスペクト理論」に嵌り「損り出来ない」
    ・・・とかなったら笑うんだけどw^^

    真面目な話するとAI化が進んでも
    「AI」vs「AI」になってしまい、
    コンピューター将棋同士の戦いみたいな感じで
    結局振り出しに戻りそうな気がします。

    有効なのは一番初めの
    「AI」vs「人間」の時だけかもしれないですね。

    この辺も実際どうなるのか楽しみです^^

本文はここまでです このページの先頭へ