ここから本文です

投稿コメント一覧 (167コメント)

  • 2017/09/14 11:13

    【特集】“有機EL関連”新章―見えた「主役テーマ復帰」と有望株 <株探トップ特集>より抜粋

    ●製造装置と部材で群を抜く日本メーカー
     有機ELは韓国勢の後塵を拝しているというイメージが強いが、それは有機ELディスプレーの量産に成功しているのが現状ではサムスンとLGの2社に限られているからだ。製造装置 や関連部材ではむしろ日本メーカーの競争力は群を抜いている。
     関連株としては前述した銘柄の他に、有機ELを含むFPD製造装置および材料開発用実験システムを手掛けるアルバック <6728> やイオン注入装置を製造する日新電機 <6641> 、光学ガラスの大手で有機EL露光装置向けに石英が好調なオハラ <5218> 、有機EL用に静電容量方式タッチパネルを展開する日本写真印刷 <7915> 、有機EL向けプラズマ・エッチング装置を手掛けるワイエイシイホールディングス <6298> 、薄膜塗布プロセス技術で優位性を持ち、高効率・高演色の有機EL照明を開発するタツモ <6266> [JQ]などが有力。
     さらに、関連部材では、発光体、電子輸送材、正孔輸送材、正孔注入材を一括供給できる出光興産 <5019> を筆頭に、有機ELパネル向けに、モバイル特性で強みを持つ円偏光板を納入する住友化学 <4005> 、有機EL向けにITO(酸化インジウムスズ)膜を手掛ける倉元製作所 <5216> [JQ]やジオマテック <6907> [JQ]、有機EL材料の開発を進め“有機ELビジネス推進本部”を新設しているケミプロ化成 <4960> [東証2]、有機EL向け高性能水分除去シートを展開するダイニック <3551> などに活躍余地がありそうだ。

  • 固定資産売却に伴う上方修正はまだー??
    適時開示なんだから”速やかに”開示をお願いします!

  • 昔から企業体質がブラックだよね。
    情報格差を利用して、契約時だけいい言葉並べてさ。
    PCデポも同じようなことやってたけど…
    こういう企業は長い目で見れば淘汰されてくよ。

  • 2017/08/16 14:43

    今日はしぼんでしまったけど、
    板が厚くなってきたことが何より嬉しい変化です。
    反転攻勢のタイミングなので、300円超はまず固いと見てます!
    倉元ガンバレ!!

  • 2017/08/16 08:12

    小職は三重工場売却に伴う特別利益計上で
    近いうちに業績予想修正してくれることに期待したいです!
    譲渡価格の想定が純資産の3割ですからね!最終利益2.0億超では…☆彡

  • capitolさん!援護ありがとうございます。
    エビデンスも付けずに間違いだと指摘されて、
    更には素人扱いされて困ってました(笑)

    murakami-kojinさんへの回答の補足になりますが、
    コストの計上の仕方一つで、売上が増えて赤字になるパターンはいくらでもありますよ。
    スカラ単体が減益でもこれまでの剰余金の蓄積があるので増配は可能です。
    ちなみに、昨日のリリースを拝見すると、準備金から剰余金に振り替えていますね。
    連結の数値しか載っていないので分かりませんが、単体では剰余金を食いつぶし気味なんでしょう。

  • 2017/08/15 00:38

    前期比較すれば、ソフトブレーンの連結化で大幅に増収増益ですが、
    中身を精査するとスカラ単体では微増収の大幅減益という結果です。
    創業者や従業員の退職金を控除すると、4Qの営業赤字は免れても予算未達の大幅減益に変わりありません。

    今期はソフトブレーンの株式評価益が出てこないので、本日終値でPER(予想)21倍弱なので、
    クラウド事業者として割安ではないことと、やはりECやデジタルギフトの新事業は薄利多売なので、
    売上成長は期待できますが、利益は当分薄利もしくは赤字を覚悟しないといけないと思われます。

    唯一、毎期増配の姿勢は素晴らしいんだけど、これはある程度読めた話なので!
    親会社が子会社におんぶされている現状を見ると、当分株価は軟調に推移すると思われます。
    皆さんが仰るソフトブレーンという成長企業をコントロールすることが一番の成長への近道だと思います。

  • No.842

    強く売りたい

    今日が売り時だろうね!

    2017/08/14 14:32

    今日が売り時だろうね!

  • 2017/08/13 22:32

    今まで子会社や事業譲渡、リストラ等々、
    言い出したらキリがない程、苦しい大変な時期を過ごしてきたからね。
    ようやく利益が出るところまでスリム化した感じだよね。
    有機ELテレビとの関連性はどこまであるか分からないけど、
    業績も株価も反転攻勢といきたいところですね!ガンバレ!!

  • ソフトブレーン株急落で減損リスクが出てきたね。
    早い段階で落としてしまった方が後々楽だけど…
    あと、事業面での協業もない状況で売上の2ケタ成長が難しいことと、
    利益率がすごく落ちてきているので、株価的には厳しい状況が続くと思う。
    極端な話、500円台割るような株価に戻ってもおかしくないと思う。

  • 修正までいかないが特益だからね!
    明日全体が重い中で光って欲しいね!

  • 不採算事業の撤退はポジティブニュースですよ!

  • いい動きになってきましたね!
    誰かも書かれてましたが、まだ時価総額25億程度なので、
    タイムリーなIR次第では倍近くは十分あり得ると思います。
    ボリュームのある売り板が散見されるようになると更に勢いのある上昇になります。

  • ソフトブレーンの買収失敗について、誰が責任取るのかと思ってましたが、
    この創業者二人ということなのかな。退任と言いつつ顧問って肩書きで残るあたりが
    未練がましいし、本当に体制が変わるのか疑問に感じますけどね。
    しかし、こんなIRばかりで、たまには新サービス開発のリリースでも出して欲しいね。
    結局、M&Aに頼って自前で開発する能力ありませんって感じなんだろうな。

  • ずっと放置してますが、まぁよく下げましたね。
    会社の内容は決して悪くないと思うので、
    ボトルネックはやはりIRかと…創意工夫が足りないとこうなる。
    いい加減仕事してくださいよ!!

  • 2017/05/27 23:03

    有機EL関連で倉元とよく名前を並べる
    平田機工(6258)の記事が下記の通り日経新聞に載っていました。

    平田機工はエンジニアリングの会社なので参考情報にしかなりませんが、
    有機EL装置の製造でフル稼働状態が続いており、売上・利益共に過去最高を更新中。
    倉元にとっても少なからず追い風の状況になってきていると思います。

    シャープは8Kの方向で勝負すると発表がありましたが、
    その他の電機メーカーは有機ELの方向らしく、まだニュースで株価が乱高下するシーンが多いと思いますが、
    息の長いテーマになると思うので今は仕込み場だと考えています。

    【2017/5/26付 日経新聞より抜粋】
    最高益4.0に挑む(下)守りから攻めへ ためた112兆円 生かす時

    財務を多少傷めても攻める企業も出ている。熊本市の生産設備メーカー、平田機工には自動車やスマートフォン関連メーカーの訪問が絶えない。足元で増産を急ぐのは次世代ディスプレーの本命とされる有機ELの製造に使う装置だ。

     昨年増設した施設は「フル稼働状態」(平田雄一郎社長)。有利子負債は260億円と1年で5割増えた。財務の健全性を示す自己資本比率は31%に下がったが、今期も過去最高の22億円を投じ、最高益を狙う。

  • 業績に関する悪材料を出尽くした上、AI関連子会社との連携や
    今回のコールセンター向けターゲットデータ抽出サービスの開始等、
    ポジティブな材料に後押しされチャートもいい上昇トレンドになってきましたね。
    時価総額が24億弱と安く、注目されると一気に吹き上げる気がします。

  • 新興企業でマーケットを作っている会社なので、
    一番大事なのはトップラインの伸びです。
    直近の買収案件はこの1Qにフル寄与していないので、
    売上のコンセンサスは達成できると思いますよ。
    どちらかという利益が達成できるか心配です。

  • 仰る通りですね。
    IR資料も見せ方が悪く誰に何を訴えたいのか分からず、IRの力の無さを感じました。
    表現次第ではこの株価の下落はだいぶ抑えられたと思ってます。

  • 2017/04/10 20:27

    まだ3日目でしょ!
    板がスカスカなんで値動き荒いですが、
    EC関連の成長株なので、じっとしてれば上がると思いますよ。

本文はここまでです このページの先頭へ