ここから本文です

投稿コメント一覧 (215コメント)

  • 買えないとなると余計に欲しくなるナ

  • 日本サード・パーティはエヌビディア関連銘柄の大本命銘柄と言えるのではないだろうか。日本サード・パーティは外資系企業をメインに保守点検受託事業やIT研修事業などを手掛けている。他にもロボット関連のアプリケーション開発やAI事業なども手掛けておりロボット関連銘柄・AI関連銘柄としても注目される銘柄だ。

    日本サード・パーティがエヌビディア関連銘柄の本命株とみられるようになったきっかけは2016年11月1日にエヌビディアとディープラーニング用スーパーコンピュータ向けに総括サポート契約を締結したことが最大の理由だ。これにより、AI関連銘柄としての存在感もさらに高まった格好だ。

    日本サード・パーティは時価総額の規模も小さく、値動き妙味という観点でも非常に面白い。日本サード・パーティをエヌビディア関連銘柄の本命株とみる見方があるのも頷ける。

  • 10,000円 超えると早そうですね。

  • 執筆や翻訳、組版といった多岐にわたる業務を一元化した総合管理システムを手掛けているクレステック <7812> [JQ]や、ログバー(東京都渋谷区)が開発したウエアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」のレンタルを行うビジョン <9416> にも注目。NICTと組んで拡声器で話すと外国語訳の音声が出る「メガホンヤク」を開発したパナソニックや、病院で医師と外国人患者がタブレット端末をはさんで会話できるシステムを試作した富士通 <6702> なども関連銘柄といえよう。

  • ↑ また、NTTドコモ <9437> やパナソニック <6752> 、フュートレック <2468> [東証2]などが出資するみらい翻訳(東京都渋谷区)は、NICTと共同でNMTエンジンを開発し、11月から企業向け翻訳アプリケーションサービスを開始する。

  • 完全“自動翻訳”時代がやって来る! 商業化レース加速と関連株 <株探トップ特集>

    h ttps://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201710050563

  • ノーベル賞
    医学 10/2 発表 免疫治療・DNAメチル化・カプサイシン受容体 
    科学 10/4 発表 ゲノム編集・DNAマイクロアレイ・リチュウムイオン

  • 画像処理に使用されるパソコン用ビデオカードの価格が上昇しているようだ。仮想通貨の利用者拡大を背景に、仮想通貨のマイニング用途での使用が増えているという。ビデオカードはAIのディープラーニングにも活用されている。ビデオカード大手としては米AMDや米エヌビディアなどが挙げられる。ビデオカードの好調を受け、関連銘柄へ物色が向かう展開が期待される。
    (アナリスト 村山大知)

    <2488>日本サード {エヌビディアと総括サポート契約}
    <3565>アセンテック {エヌビディアとパートナー契約}
    <3694>オプティム {スーパーコンピュータ「Jetson」と連携}
    <2468>フュートレック {エヌビディアのパートナー企業に認定}
    <9474>ゼンリン {AIを生かしたHDマップ整備で共同研究}

    ※この記事は、無料のスマートフォンアプリ「FISCO」に先行配信された記事を転載したものです。

  • No.88

    買いたい

    NVIDIA 銘柄に注目 …

    2017/08/26 07:56

    NVIDIA 銘柄に注目

    エヌビディアは米ナスダックに上場する銘柄だが、今めきめきと注目度を上げており日本株市場にも大きな影響を与えている。

    音声認識システムを手掛け、音声認識関連銘柄として本命視されるフュートレックもエヌビディア関連銘柄の一角である。フュートレックもエヌビディアの「NVIDIA Inception プログラム」のパートナー企業に認定されている企業。音声認識システムとAI、自動運転技術は相性が良いし、もしかするとエヌビディア関連としてだけではなくAI関連・自動運転関連のダークホースになる。

  • ゲームから自動運転へ 米エヌビディアの半導体展開力
    パソコンゲーム用に使われてきた画像処理半導体(GPU)が、自動車の自動運転向けにも用途を広げつつある。新たな需要への期待を背景に、GPUで世界首位の米エヌビディア(NVIDIA)の株価は2年間で約8倍に上昇した。米テスラ、独アウディ、トヨタ自動車など大手自動車メーカーが相次ぎ採用するなど、エヌビディアのGPUは自動運転技術の開発に不可欠のデバイスになってきた。

    リアルタイムでゲーム画面を描画するGPUは、現実の光景をリアルタイムで認識するコンピューター用にも向いていることが分かってきた。そこで自動運転を目指す自動車メーカーがこぞってGPUを採用することになった。

    GPUはリアルタイムの画像認識だけでなく、コンピューターが自ら学ぶディープラーニング(深層学習)にも使われる。GPUを組み込んだスーパーコンピューターに、膨大な数の自動車や人間の写真を読み込ませて、人工知能(AI)に車や人間と識別する方法を学ばせる。ディープラーニングの作業も、単純ながらも膨大な計算をこなさなければいけないという点ではグラフィックス処理と似ている。GPUが得意とする領域だ。

    自動運転の実験では、車載コンピューターと、車が集めた画像データから学習するスーパーコンピューターの両方にGPUが使われることが多い。

    工作機械のファナックが2016年秋にエヌビディアと提携を発表したように、自動運転以外でもGPUの活用は広がっている。「医療の画像診断や防犯でも採用されている。AIが入るあらゆる分野でGPUの需要が拡大すると期待している」と大崎氏は話す。

     ゲーム用半導体が自動運転やAIで採用されるようになったのは偶然ではない。エヌビディアが大学や研究所などに向けて科学技術用のGPUを発売したのは06年。株式市場がGPUの大きな可能性に気がついたのはここ1~2年だが、エヌビディアの経営陣は10年前から、GPUがAIや自動運転を担う未来を構想し、種をまいてきた。

     エヌビディアの現在の売り上げの大半はまだゲーム用やCG(コンピューターグラフィックス)制作のパソコン向けだ。AIや自動運転が成長分野だという認識が広がる中で、米インテルなど大手半導体メーカーも本格的に参入し、これから競争は激しくなる。エヌビディアがまいた種を収穫できるか、これからが正念場になる。

    AIが入るあらゆる分野で需要が拡大

  • No.44

    強く買いたい

    NVIDIA ソロソロかな?

    2017/08/24 10:38

    NVIDIA ソロソロかな?

  • 悪材料が有る訳ではなく、地合いに乗じて悪徳外資が、今までの損を取り戻そうと必死になっているだけ。日々の値動きに怯えているのではなく、もう少し長いスパンで投資する事が大切でしょう。

  • 多少の含み損が増えても、全く心配していません。

    NVIDIA   AI   IoT   自動運転・・・・関係する材料が豊富です。

    これらの技術が開花寸前です。

  • 「米国勢が日本語対応に手間取っている内に」とLINEは、スピーカー端末「ウェーブ」に韓国勢の開発したAI「クローバー」を搭載。

    日本語対応に長けたAIスピーカーを、米国勢に提供できる会社は何処かな?

  • 皆様は「エヌビディア(NVIDIA)」という米国企業はご存知だろうか。

    エヌビディアは米ナスダックに上場する銘柄だが、今めきめきと注目度を上げており日本株市場にも大きな影響を与える可能性を持つ。

    と、いうのも最近の日本株式市場でも大注目のテーマである「人工知能(AI)関連」・「自動運転関連」の分野において、エヌビディアは中核をなす存在だからだ。日本株市場でもエヌビディア関連銘柄というテーマ株が注目されつつある。

    音声認識システムを手掛け、音声認識関連銘柄として本命視されるフュートレックもエヌビディアの本命銘柄の一角である。フュートレックもエヌビディアの「NVIDIA Inception プログラム」のパートナー企業に認定されている企業。音声認識システムとAI、自動運転技術は相性が良いと思うし、もしかするとエヌビディア関連としてだけではなくAI関連・自動運転関連のダークホースになるかもしれない、と個人的には注目している。

  • トヨタ NTT KIROBO illi petoco 音えんぴつ アビテル U・feel Visionary クアルコム iFLYTEK ・・・etc

    材料が豊富すぎて、期末の業績予想が出来ないとは、なんと素晴らしい会社だ。控えめでも業績予想を発表したら、凄い事になりそうです。

    小型ウェアラブル翻訳機、自動運転車、ロボット、フィンテック、IoT、AIスピーカー、カーナビ、ドローン、5G ・・・と、これから花が咲く分野の商材が盛り沢山でワクワクします。

    夢が広がり途方もない期末の業績予想を妄想するが、現実に変わるのはすぐソコです。ただ急騰は、イナゴや増担に繋がるので、目立たぬ様にシッカリ上げて貰いたい。

    1枚でも多く持って、ある日突然やって来る「期末の業績予想」の発表を待ちましょう。

  • ●日本でも急速普及期に向けカウントダウン

     いうまでもなく、株式市場でも強力な物色テーマとしてスポットが当たる公算が大きい。市場関係者によると「AIスピーカーは音声認識装置の日本語版がまだ立ち上がっていない関係で、国内ではまだ半信半疑的なムードもあるが、米国では既にフィーバー的な人気となっている。

    今後、グーグルのAIスピーカーの日本発売を皮切りに、アマゾンやアップル製品などの日本上陸が相次いで予想されるだけに、日本での大ブームも時間の問題だろう。関連銘柄は今が仕込み場ではないか」(国内ネット証券アナリスト)という。

    また、「このAIスピーカーがヒットするのは子供と高齢者との親和性が高い点が挙げられる。子供は日常の会話の延長線上にAIの存在があっても、ごく普通に受け入れられるし、高齢者にしてもキーボードに不慣れな人の割合が多く、言葉でコンピューターを操作できるのであれば、この上ない利便性を感じるはず。幅広い世代のニーズと合致することは、大ヒット商品につながる重要な要素」(同)と指摘する。

  • 5/31 株探

    米グーグルのAIスピーカー「グーグルホーム」の日本発売や米アップルによる「シリ」を載せたAIスピーカーの開発が噂されており、「アマゾン・エコー」包囲網が意識されるなかで、音声認識装置を手掛けるフュートレック <2468> なども押さえておきたい銘柄でしょう。


  • 2017/6/7  日経朝刊1面トップ記事

    「5G」通信、23年に全国で 携帯大手がIoT加速

    フュートレツクの出番が、益々増えてきますね。

    矢張り産業革命の時代に入りました。

本文はここまでです このページの先頭へ