ここから本文です

投稿コメント一覧 (319コメント)

  • >>No. 3791

    確かに日本の家庭は食事支度時間長いかもね^^;
    知ってる範囲で英米でもそんなに凝った料理しないし^^;

    家庭でこのくらい作っているのって、イタリアくらいでしょうか?!
    その代りマンマのご飯は最高!!って賛美は凄いと思う。

    仕事してても昼休みが長いせいもありますが、マンマのご飯食べに家に戻るんですものねw

    日本より欧米の男性の方がずっとママ好きでマザコン気味だと思うw
    まあ家族愛も強いですよね、仲良し家族多い。

    台湾ではあまりお料理褒めないんですか?^^;
    ご主人のご実家だけ?

    お母さんが「デキる女」だとすっかりそれになれて陶然と思ってしまい、
    本人は何もしないくせに、彼女や奥さんに平気で自分の母親と比較してダメ出ししてそうだよね^^;

    あとご主人やちびちゃんのタイプは、特性から、「想像力」が弱いと言う可能性があります。
    普通の人の「思いやり」って、想像力が基本にありますから。

    相手がどう思うか、この料理を作るためにどんな準備を、どんな思いでしたかを想像するが、難しい人も確かにいます。

    思いやりがないのではなく、想像力が欠如しているために、相手の気持ちが分からないので、
    素直に聞くのであれば、一つ一つ説明して上げるのも手ではありますが、
    大抵は拒絶されるんだろうな^^;

    とりあえず別の成人と一緒に暮らすのは面倒くさい~~と思うことしかりな今日この頃です(笑)

    お世話をさせられるのはもちろん面倒ですし、そうでなくてもタダ生活パターンやリズムを合わせるのだけでも面倒に感じます^^;

    も、無理かも(笑)

  • >>No. 3790

    並ばなきゃ受けれないスタジオメニューって^^;
    面倒くさいですね(笑)

    体験に行っても多分、良い所ばかり魅せられるので、あまり変わらなかったかもですよ^^;

    週末はロステレコム杯のTV、ライスト、Twitter観戦でもう疲れた~~^^
    美し過ぎ、素晴らし過ぎ、可愛すぎ、ロシアの羽生さん愛も凄くて、
    もう~~お腹いっぱいな感じ^^

    その上、ピョンチャン後も現役続行宣言!!
    今がMAXとは思わない、オリンピック後に4回転アクセルに挑戦したい!!
    って、嬉し過ぎる(涙

    プラス先に拒食症で引退しちゃったユリア・リプニツカヤ元選手が、
    ロシアの放送でコメンテーターをやっていて!!
    リプちゃんは羽生さんの大ファンで有名でしたが、解説も他の選手にもとても暖かい者だったのですが、
    羽生さんには、
    「彼のようなレジェンドに解説はいらない」
    「エキジビションであろうがYuzuruは全力で表現しようとする」
    「彼はフィギュアスケートの神」
    もう泣けちゃうでしょ~~涙

    ロシアのファンが、日本語で「ユヅル!オリンピックシーズンに大勝利を!」の横断幕を掲げ、
    ハンガリーのファンは千羽鶴ならぬ千羽スワンを折って来て、会場でファンに配っていたそうで、
    世界中のファンの羽生さん愛に涙。

    その上エキジビションの写真撮影の可愛かったこと!!

    も~~ダメです、バッタリ^^;

    TVの視聴率も凄かった様で、
    14.5%、瞬間最高24.5%ですって(*_*)

  • >>No. 3785

    育った環境で培われた「味覚」は、後ではなかなか変更できないのかもしれませんね。
    これは絶対男性の方が柔軟性がなく、凝り固まっていると思います。

    女性は意外に色々な味覚や食事を受け入れ身に付けることが出来るのに、
    海外で「和食が食べたいよぉ~~」と泣いているのは男性ばかり。
    女性はたいてい逞しく現地の飯でやっているw

    日本でも東北、関東、関西、九州方面出身の人の味覚は異なり、
    もちろん家庭環境や時代でも異なるわけで、
    それは多分一生ついて回りますね。

    どちらかを正として他を排除、ってのはどだい無理な話で(それをしたらほぼモラハラです^^;)、
    双方を尊重して家庭に取り込むしかないと思います。

    なので国際結婚の様に地域が離れていれば、更にそうなると思うので、
    お互いの美味しいと思う味が違っているのは至極当然だと思いますよ。

    どっちが正しい?!と悩むこと自体、特に意味はないと思います(笑)

    とは言え、片方の好みがもう一方にとって苦痛であるならば(たとえば化学調味料てんこ盛りとか^^;)、
    もう一方の人は妥協するか、自分で別に作るしかないでしょう。

    自然食系であればそう言うのが入っていないし、調味料も少な目と思いますので、後で好きなように足して貰うことは出来るので、害が少ないと思いますが(笑)

    聞いた話で、ドイツに行った日本人が、
    「いつも食事がパンと肉とじゃがいもなので疲れる^^;」
    とこぼしており、

    一方日本に来ているドイツ人が、毎日「シャケ弁当」を食べているので不思議に思い、「なぜ毎日シャケ弁当なのか?」と聞いてみると、
    「日本人は毎日違うものを食べるので疲れる^^;」とこぼしていたそうです(爆

  • >>No. 3785

    昨日もバチバチッ!!と2匹ほど闇に葬った模様?(笑)

    今までは蚊がぷい~~~んと飛んでくると、「うわあああ~~くるなああ~~」となっていたのが、
    「ふっふっふっ。。。来たなぁ~~~~ww」と、ラケットを構えて獲物を狙っているかのようにww

    昨日のは香ばしい臭いが^^;
    娘などは目が良いので亡きがらを見つけて捨ててるけど、私は何所に行ったんだか、全然分からないときが多いです^^;

    たまに網目にくっ付いたまま絶命、って時に見れるけど^^;


    もう、母性本能で動いていたとしか思えない程、私も動けなくなっていますよ^^;
    ただ、
    「飯は用意しなくてはならない!」
    「子らが路頭に迷わないようにしなくては!!」
    ってところで頑張れるだけ(笑)

    他の面ではもう、「自分でやってくれる??」って感じですww

    私が守らねば・母乳あげなければ・世話をしなければ、
    確実に命が失われる!
    と言うときに母親はMaxかそれ以上の能力を発揮するのかも(笑)

    だから成人であって自分ですべて出来るはずの人のお世話何てもう無理w
    そりゃ一緒に生活で協力して来て、共に年を取ってきた人であればいいでしょうけど、
    再婚すろとしたら、いきなり余所のおっさん or お爺さんのお世話は無理ですww

  • >>No. 3786

    あらっ入会しちゃったんですか?!^^;
    月1万円とか払って、何回行ってもいいってやつ?!^^;

    都度会員とかではなくて??
    (入会はするが利用する時に都度使用料を払い、月会費や年会費はない)

    私もわずか一ヶ月くらいで退会したことがありますよ、ジム^^;
    コナミだったかな?(笑)

    マシントレーニングはいつも人は一杯だし、
    トレーナーは少なくて痒いところに手が届かない^^;
    結局放置でしょ~^^;

    私は運動は好きですが、それは競技やバレエなどが好きなのであって、
    ジムのマシントレーニング、筋トレというのは、その競技をより良くするための地道な下準備であって、
    その下準備自体を目的としたり、それだけで楽しむのは無理です(爆

    その地道な努力が、いつか競技のレベルアップに通じると思えば、頑張れますが、トレーニング自体別に楽しくもないでしょ(笑)

    トレーニング自体が好きで楽しいから通う、なんて言うのは、ボディービルの人とか、M系、耐久系が好きな人としか思えません(爆

    大分前にそれに気づいたので、もうスポクラ入会はしてませんw
    バレエ習ったり、バレーボールやバドミントンやトランポリンしたり、体操教室に行ったりはしてますけどねw

    体操教室は筋トレの時間もありますが、実用的な技能も教えてくれるので、
    先生の補助が軽く入るとはいえ、バック転なんかが出来るようになるので、かなり楽しいです^^

    関節の可動域の狭まった部分を改善するには、専門指導が必要ですから、
    整形外科のリハビリか、整体か、鍼灸院&整体が適しています。
    スポクラではリハビリ的な事はやってくれないと思いますよ~^^;

  • >>No. 3781

    定型の人と同じことを自閉夫に期待していたら、
    そりゃ~~病みますよね^^;

    なんで?どうして?だらけでしょうから^^
    特性を理解すると、病まなくて済むんじゃないかと思うんですが。

    濃度の違いはあるし、誰にでもある特性ですけど、やはり遺伝していくものなので、
    ご主人と似てる。。と感じられるのは自然だと思います^

    結構高学歴なお仕事に付いている方にも多いですよね。

    確かに期待しないことは身を守るかもしれません。

    特性理解があり、当人に著しい問題行動等がなければ、なんとか一緒にやって行けるのではないでしょうか。
    良い所も沢山あると思いますし。

  • >>No. 3780

    ○マゾン等でフツーにありました^^
    お店で買うよりはちょっと高いかもしれませんが^^;

    蚊取りラケットの研究サイト(笑)で調べて見たら、どうも一番電圧の高い奴みたいです(笑)
    「電撃」って名前でしたが。

    物凄い音がしますね!
    バチバチ!!っとw

    すでに娘の部屋に取られているので、もう一本買わないと^_^;

    しかし、何度か仕留めているのに、まだ蚊が飛んでるって。。^^;
    一体何匹入って来てるんでしょうね^^;

    いつだか、5連発でバチバチっ!!っとなったことがありましたが、
    そのくらい蚊が血を狙って漂っているんでしょうか大汗

    50にもなると気ばかり焦っても、身体が付いて来ませんよ~~(笑)
    それに母は、子供の訴えが大きなモチベーションとなって突き動かされていますから、
    子供からの切実な要求がなくなると、やる気が起きない、自分自身や家事の事だと、緊急性がない感じで、動けませんよね(笑)

    出産前の体重ってどのくらいだったか。。忘却の彼方(笑)
    多分50キロピッタリ位だったと思うけどw

    中年太りと言うのは、加齢で弱って来ている内臓を保護するために、
    身体が自然にお腹周りや身体に脂肪を蓄える働きですから、
    理にかなっているんですよ(笑)

    だから若いころのレベルに戻そうとするのは身体にも良くありません。
    自然に逆らっていますから。

    もちろんメタボの診断や、血液検査で、生活習慣病リスクがあれば、
    減量や食事メニューの見直しが必要ですが、
    中高年には脂肪が必要なんですよ(笑)

    骨折後の可動域が狭くなっているのは、リハビリになると思うんですが、
    整形外科に行けばリハビリが定期的に受けられるはずです。

    そこで患部を温めたり、回してもらって、徐々に可動域を戻す、ってリハビリを受けると良いと思います。

    鍼灸院でも同様にやってくれますが、保険が効かない部分があるので少し割高になってしまいますね。

    病院でもリハビリも、回数制限はあるみたいですが。

    私も全然上がらなくなっていた肩は、整形外科のリハビリではなく、
    鍼灸院の治療でほぼ戻りましたけどね。
    洗濯物も干せないくらいだったのがウソの様。

    その鍼灸院のモットーは、「心地いいことは身体に良い」なので、ひたすら気持ち良くリラックスできる施術なのでとっても良いです^^
    整体・リハビリ的なところはちょっと痛いですけどね

  • ついに買いました、蚊取りラケット‼️‼️

    このバヤイは中国製が良い‼️という事で、日本語説明書すら付いていない直輸入ぽいヤツを選びました。

    わかささんに教わった様に、近くにラケット置き待機。
    横になってぷいーーんと来た時に、顔の近くにラケットを構え、スイッチオン‼️

    直ぐにバチッ‼️‼️っと言うすごい音がして、仕留められた模様‼️

    電気を点けて見れば、シーツに絶命した蚊が落ちている‼️

    凄い、こんなに直ぐに簡単に取れるなんて‼️

    本当に蚊には一年中悩まされていたので、
    良いものを教えて頂き本当にありがとうございました🙇💕💕

  • >>No. 3776

    >最近発達障害についての報道番組多いですね。
    BSでハンクっていう学習障害のドラマやってたし
    今日のあさイチもそうでした。

    認知が広がることは良いですね^^
    英米だと、「自閉症です」の一言で何も説明が要らないくらい、一般の人に知れ渡っているのですが、
    学校でも身近にいたり、授業であるんでしょうかね?
    何処で教わるんだろうと、毎回不思議なんですよね。

    映画「Rain Man」でも、一般の人からフツーに、「彼は高機能だね(high-functioned)」なんて台詞が出て来るので驚くw

    英米の人と話すと、子供が自閉症と言うと、
    「天才肌だね!」「将来はアーティストか、建築家かな?!」
    「カメラ・アイを持っているのね?!」
    「(彼・彼女の)好きな事と、嫌いな事を教えてね」
    等々、スラスラと出て来るんですよね。

    あ~大学からアメリカに留学してそのまま結婚して仕事している同級生も、
    同じことを言っていましたから、
    成人になってからもそう言う機会があるのかな。

    これは日本も大いに見習うべきだと思うのですが。
    欧米では自閉症は、「脳タイプの違い」と捉えられていますから、
    その子に合った教育・訓練をして、
    結果大きな発明をして事業を起こす人も多いからでしょうか。

    >何もない人っているの?って思っちゃうんですが。。。

    実は誰にでもある特性です、なので「自閉症スペクトラム」と言われているんですよ~^^
    誰にでもあって、濃い・薄いの間でグラデーションの様になっていて、
    支援が必要な濃さの場合に「障害」として支援を受ける、ってことなんですね^^

  • >>No. 3776

    こんにちは^^

    確かにジャネット・リンさんが愛くるしかった札幌オリンピックの頃には想像がつかなかったですね^^;
    技術はもちろん、容姿・スタイル的にも^^;

    それが今や、両面で海外選手を凌駕する選手が現れるとは。。^^;
    ビックリです。

    羽生さんを筆頭に、荒川静香さん、真央ちゃんもフィギュア選手としては背が高く、スタイル抜群。
    今現役では本郷理華選手など、もちろんハーフと言うこともありますが、どこに出しても一番目立つスタイルと美貌です^^
    真凛ちゃんもしかりですね~今時の子供たちは本当にスタイルが良い^^

    そう言えば長男も将来なりたい職業、
    「コンビニの店員」って^^;

    そうちびちゃんの体験の様に、棚に商品をきっちり並べる、は、この子達の得意とするところw
    スーパーの陳列係はかなり特性に合っています。

    でも接客はダメね~~^^;
    全てをこなすコンビニ店員はハードル高し^^;

    体験ではやっぱり食べ物を貰えるか否かはポイント高しww
    ちびちゃんもアイス貰えたんですね、良かったですね^^

    受動喫煙防止法、大いにやって欲しいです。

    本当にうちも、喫煙マナーと言うものを理解しない人やご家庭とは自然と縁遠くなりますね^^;
    やっぱりちょっとカテゴリーが違うと言うか、
    元ヤンのようなご家庭が多いようで^^;

    高学歴高教養や富裕層のご家庭には少ないでしょうね。
    密集した都心のオフィスで仕事をする体験をしない方もそうかも。

    喫煙者でも嫌煙の人の前では決して吸わない、喫煙場所以外・密閉空間で吸わない、
    吸わない人が居たら禁煙席に行く、子供のいる所では絶対に吸わない、
    などマナーを心得てる方は全然OKです。

    友人にも喫煙者はいますし、姉もそうですけど、
    上記守っているので、喫煙者と言うことを忘れています(笑)

  • >>No. 3772

    職場体験ありますよね~~^^
    中学だとまあまあさわり程度で、そんなにトラウマになることはないと思いますよ~^^

    娘の高校のは、かなり本格的にバイトする感覚で、しっかり働かされるw
    娘は店主さんがやさしい海鮮居酒屋さんに行くことになり、
    片付けやお掃除をしっかりやって気に入られ、本当にバイトにおいで、と誘われたそうですw(交通費支給^^)
    賄がこだわりの海鮮やさんだけあって、素材も良く物凄く美味しかったらしいので、結構ラッキー^^

    あるせいとは菓子メーカーの○永工場に行ったのですが、相当に朝から晩までガッツリ働かされてクタクタになったそう。

    タダ働きのブラックバイトじゃねえの~~~?!ってなっていたら、最終日に、市販されていない限定盤のお菓子をたくさん頂いて、ホクホクしていたそうです^^

    ちびちゃんも楽しい体験になると良いですね^^

  • >>No. 3771

    世俗でないと言えば言えますが、いつまでもぼ~~~っと夢見る乙女の夢子ちゃんだった気がします^^;
    本当に現実感なかったですもの。

    BCR流行ってましたね~^^
    ピンクレディーもフォークブームも存じておりますw

    うちも姉が居たので、同じような道を辿ったかもしれませんね^^
    ただ得意分野が違ったので、自然と別の方向になりましたが。

    バレー部に入ってはいけない?!な、なぜ?!
    同じ部に妹がいるのは嫌だから?!汗

    うちは姉は陸上だったか?
    私はずっとバレーボール部ですが、そう言えば年の離れた姉妹なので、小さいうち位は大人と子供で、余り被る所はありませんでした。

    姉は美大に行きましたが、私はそこまでの画力はなく、語学方面へ。

    ちびちゃん、誰もやっていないことに挑戦はスバラシイ^^
    でもやっぱり吹奏楽に戻るのねw

    ピアノの習得もスポーツも人それぞれで、
    フィギュアなどオリンピック選手の方はもれなく3~5歳くらいでフィギュア始めていますが、
    かと言ってそれくらいの幼少期に始めた子が全て上手くなるわけではないw

    フィギュアのキャリアが全く違うのに、後から入った娘があっという間に追い抜いてしまった子達も多々いますw
    やはり個人の才能とやる気によるんじゃないかな~~^^

    ラインスタンプ、結構あれ好きですよw
    私は使いこなせませんが、娘のスタンプのセレクトが秀逸で、
    返答として少し外したスタンプを送って来たりが良くあって、それだけで爆笑してしまうこともありますw
    それもやはりセンスの光る所だと思います。

  • >>No. 3770

    学食のうどんww
    そんなエピソードがあったとは^^

    いつも最高の素材のお食事を召し上がられている皇太子殿下には、
    衝撃だったのかもですねww

    シンプルな美味しさというのか^^
    若干の化学調味料も含まれていたり^^;
    帰りにも寄られたって、本当に美味しかったのですね^^

    コンバースのロゴ入りバッシュもダメだったでしょうね^^;
    まあ登下校は革靴指定だったかもしれないですね^^;

    普通の高校でもそうでしたし、
    うちの高校は、と言うかうちの県の公立高校は、校則がユルいんです(笑)
    昔の学生運動の名残なのかもねw
    未だに公立校で制服を定めていない所もあるんですよ。
    学生運動で制服廃止~~~!!自由を与えろ!!って生徒が頑張ったんだと思います^^
    昔の高校生はパワーがハンパないですよね^^;

    我々はそのアツい学生運動世代の後世代で、冷めてる世代?とか言われてた気がしますw

    日本は皇族は神聖化されているので(タイなどもそうですね)、普通の人間の日常活動を表に出しちゃいけないようなところがありますが、
    ヨーロッパなどの王族は単に支配階級を戦って勝ち取ったファミリーの末裔ってだけであって、あくまで人間。

    豪族の親玉って程度で、セキュリティー上の問題だけで、あくまでフツーの人間と思われているので、特に問題ないのだと思います。
    英国王室だって王子も軍隊に入れば前線にも行く。
    エリザベス女王も庶民と一緒に空襲に耐えていた。

    だから皆ロイヤルファミリーの事を気軽に話題にするし、けなす時はけなすけど、
    とても親しみを持っていて、
    実はあちらのホテルなどには、女王やロイヤルファミリーの写真が飾られていたりする^^
    そう言う愛国心なんですよね^^

    おねいちんさんも、遊びまわっているのではなくて、しっかりダンスも上達していて、素晴らしく表現されているのですね!!
    好きな道に突っ走って欲しいですね、若いうちに^^
    打ち込めるものがあるのは幸せな事だと思います^^

  • >>No. 3767

    そうそうマジソンバッグ♪

    私も愛用しておりました^^
    教科書と体操服(部活用で毎日必要)に運動靴も入って、とっても重宝していました^^
    それにアイビーソックスとバッシュ(バスケットシューズ)が定番でした^^

    マジソンバッグは大好きで、今でも欲しいです^^;
    ACEさん、復刻版出してくれないかな~~即買いなのになあ^^;

    そういえば皇太子殿下も同年代ですが、やはり皆と同じマジソンバッグが欲しかったそうです。

    しかし皇族は、特定のメーカーやロゴの入った物は使ってはいけないのだそうです。
    それでACEに依頼して、ロゴマークなしのマジソンバッグを特注で作って貰ったのだそうで^^

    ロゴなしのタダの紺色のマジソンバッグを嬉しそうに持って登下校されている皇太子殿下の写真がTVで紹介されていました^^
    かなり使い込んであったので、一つだけ作って貰ったのを、大事にずっと使われていたのかもしれませんね^^

  • >>No. 3767

    お~伴奏も^^
    ピアノが役立っていますね^^

    こればかりは急に初めても全然ものにならないんで、
    強制的にでも親にやらせてもらいたかったなあ(-_-;)
    羨ましいです。

    それをするのも彼氏さんの影響?!
    伴奏するカッコいい姿を見て欲しくて?^^

    お母さんにしゃべらなくても、本当に普通の女子してるじゃないですか~~^^
    外見も何も気にせずなんてことは全くなく^^
    良かったですね^^

    まあLINEでコミュニケーションが取れているなら、ちびちゃんは本当に普通なんだと思います。
    会話にならない子も確かにいますからね(^^ゞ

    そう言う子はやっぱり会話と言うよりはツイッターみたいに淡々と投稿するようになっちゃうから^^;

    中学校の時は具体的異性に恋心も全くなかったです^^
    マンガの主人公だとか、日本の歌手なら尾崎紀世彦さん(当時25歳くらい)がとても好きで、
    あとは映画ではビヨルン・アンドレセンとか、
    洋楽ならデビッド・ボウイにマーク・ボラン(T-Rex)、
    マンガならエドガーですから、
    およそ現実世界とはかけ離れておりました^^;

    高校行ったら本格的に洋楽からロックに突入、
    クイーンのメンバーに憧れたりして、友人も軽音楽部の子とか、
    そっち方面に暴走していましたねえw

    お父さんの浴衣のコメント何じゃw
    ご自分が買ったものではないの??ww

    とにかくちびちゃんに青春が来て良かったです^^

  • >>No. 3762

    ローラー洗濯機は、シャツなどを絞る時は、ボタンが縦に入ってしまって割れないように、気を付けないといけなかったですね^^;

    その後に、洗濯機の横に脱水機が付いている二層式のが出て、
    それから全自動になりましたよね^^
    うちも共働きだったので、割とすぐ全自動の洗濯機になったかも。

    保温機能付炊飯器ですね、これはあんまり記憶になくて。
    帰ったらご飯が炊飯器に残っているってのがあんまりなくて、
    残りはお茶わんやどんぶり等にとってあって、
    炊飯器はいつも空になっていたような。

    スゴイ高い電気がまで炊くなら、多分お釜や鉄鍋で直火で炊いた方が美味しいんじゃないでしょうか?
    その手間暇を省くためと言っても、それは高すぎるような^^;

    手で炊くと言ったって、ちょっと時間を見たり、音を聞いて火加減を調整するだけですからねえ^^;
    玄米食に目覚めた時に散々鉄鍋で炊いたので、それはもう気にならなくなってしまいましたね^^
    家にいる間に炊くのであれば手でも十分。

    今うちではタイ米を食べているのですが、これがまあ便利なお米でして、
    漬け置き要らずで、いきなり早焚きメニューで、計20分くらいでふっくらご飯が炊けてしまうのです(笑)

    なので朝焚き始めても、帰って来てからでも十分間に合って、炊きたてご飯が食べられるので、今はこの作戦ですw

    タイ米は日本の白米よりも、穀物の香りが高くて美味しいです。
    水を少なめにすると所謂タイカレーについてくるご飯になりますが、
    水を日本の白米並みにすると、白米並みのふっくら感に焚けるんですよ~^^

    お蔵入りだった浴衣を着れて良かったですね^^
    ちびちゃん、彼氏さんありなのね(*_*)
    彼氏さんに浴衣姿見せたかったのね~~順当に女子してるではありませんか^^

    自分など中学生の時には男子とつきあうなんて無縁でしたから、凄いですよ~^^

    中学生の時はマンガ(ポーの一族とか)やら洋楽やらに憧れる夢見る女子過ぎて、同年代の男の子なんて全く対象外でしたね(笑)

  • >>No. 3763

    すごい、ちびちゃん!!
    携帯での画像処理、やっぱり上達してたんですねえ~^^

    それに写真のチョイスもVery Goodではありませんか^^
    センスもやっぱり良いんですね^^

    うちの息子みたいに、何も言わず、でもちゃ~~んと準備してたんですね~~憎いね~~^^

    若者はやっぱりPCや携帯操作の呑みこみがものすごく速いので、何がしかのスキルは絶対上達してるんですね!!

    年賀状なども最近は娘に一任w
    乗せたい写真をいくつか指定すると、それらを組み合わせ加工して、綺麗な年賀状をあっ!!と言う間に作ってくれるw

    ここ数年は羽生さまのおさしんでの年賀状ですw
    今年は羽生さんのEX、ノッテステラータ(The Swan)のハイドロのシーンで作ってもらったんですよ~~^^

    中高生ってなんつっても友達としゃべるのが一番楽しい時期ですから、親はちと寂しいところはありますが、
    離れているのではなくてちゃんとつながって居ますから^^

    私も隠れて電話や立ち話や、翌日学校で会うのに、延々とタイムリミットまであれやこれやお喋りしていたな~と、懐かしく思い出します^^

    うちはま~母一人子二人だけなので、ご両親揃ってるご家庭よりは、母子の会話は多いかもしれませんが、
    母子のつながりは切れませんから大丈夫です^^

  • >>No. 3759

    うちは要は実家でして、プチ2世帯住宅風になっています。
    昔は下は親、上は子供達って感じで、
    風呂は一個だけど、トイレは台所はそれぞれにあって、2回の方にはちっちゃい冷蔵庫が置いてあります。

    これは所謂「お一人様」用冷蔵庫で、もう30年くらい前の物ではないかしら^^;

    先日水がダダ漏れになっていて、いよいよ壊れたか?!
    と思ったら、
    なぜだか冷蔵庫のスイッチが「切」になっていて、全部溶けてきただけだった^^;
    ONにしたら順調に動き出し、また使ってます^^;

    確かに古い家電は電気を喰うんでしょうね^^;
    しかし中古の冷蔵庫だって3万何がしは掛かるしね~~^^;

    台湾では水は貴重品なんですね^^;
    なれたら大丈夫なのでしょうが、やっぱり歯磨きやお風呂も水、大丈夫なの?!と思ってしまいますね^^;

    しかし外食で水道水使っているのでは、元も子もないですね^^;

    台湾のご主人のご実家の生活は、何やらキャンプ生活の様です(^^ゞ
    キャンプの時は水道から水を自由に、って訳には行かないので、
    かなり水節約の生活をしますんで、そんな感じです^^
    特にバイクツーリングのキャンプなどはそうです。

    台湾はエコな生活だったんですね。
    まあ昭和30年代位までの、3種の神器が出てくる前の日本もそんな感じだったかも。

    ローラーの付いた洗濯機が出てきたときは衝撃でしたものw
    これで大きなシーツなどを手で(全身で)絞る必要がなくなったとw

    あの時代は女性は働くと言うよりは、全部手作業の家事をこなすだけでも、大変な重労働だったでしょう^^;
    水道はあったにしても、起きたらまずお湯をたくさん沸かしてジャーに。
    (お茶や家族の顔洗い用)。

    ガスはさすがにあったので、お釜に付けておいたお米に火をつけて焚き、
    味噌汁作りにおかず作り。
    ご飯が炊けたら弁当作り。
    家人が出払ったら、食器片付けに掃除(はたき、ほうき、ぞうきんがけ)、
    洗濯(手洗い)、物干し台に上げて干し。
    昼を食べたら、洗濯物の取り込み・たたみ・しまい、
    夕飯の買い出しや子供の迎え、医者回りとか。

    自分の子供時代の事を思い起こすに、水道とガスは会ったけど、今はものすごく便利になったものです^^

    ご主人是非無農薬野菜栽培方向に行ってほしいですねw

  • >>No. 3758

    なるほど~蚊の出る季節前ですか、道理で見ないと思った^^;

    うちは1年中蚊が出るので、蚊取り線香は欠かせず、冬場に調達するのが大変^^;

    ラケット、来年は絶対ゲットしよう!!
    ネットで売ってるかな?!

    最近やっていたのはThe Iceかな?~真央ちゃん主演の。
    あと歌舞伎とフィギュアの融合の演劇もやっていましたよね。
    やっぱり見た目重視の競技なので、外見の美しさは欠かせないんですよね^^;

    確かになんだかんだ言っても、ちゃんと学校に行き宿題をしているのですから、
    良しとしましょうw
    方法に拘る必要はないのかも。

    私も今でも物事の順番(優先順位)がしっちゃかめっちゃかで、自分の好きな物、やり易いのからやって行くので、
    きっちりした人からみたらもう有り得ない!ってなるかも^^;

    そんなところからももう他の成人と共同生活する気になれません(笑)
    他人に合わせるのって疲れる(笑)

  • >>No. 3754

    素手で蚊は取れません^^;
    スピードが違い過ぎます^^;

    ラケット、ホームセンターで見たことがないんですよ~^^;
    目に入らないだけかもですが。

    蚊取り線香焚かなくて良いのは絶対ありがたい!
    家で炊くのは天然菊花線香とかですから、殺傷力がない感じですし^^;

    蚊帳、懐かしいですね~~昔は付き物でしたけど。
    蚊帳と蚊取りラケット!!
    イイなそれ!!
    まずはラケット見つけなくっちゃw

    あちらの水道の水は、調理にも飲料にも使えないんですね?!
    じゃあ水を買って来なくてはならない?!
    歯磨きや洗顔、お風呂は??^^;

    冷房が入っていない、冷蔵庫に入れなければ、食品はすぐ腐りますよね^^;
    確かにいったん離れてしまうと、適応するのは大変です。
    生まれ育ったところは、戻るだけなので意外と楽かもですね。

    うちは冷蔵庫#2がいよいよダメっぽくて、水漏れしまくりで^^;
    買わないとダメかな~~高いんですよね~冷蔵庫^^;
    トホホ^^;

本文はここまでです このページの先頭へ