ここから本文です

投稿コメント一覧 (1903コメント)

  • 人間ドックの健康診断に行ってきました。定期的に通っている病院ですが診察を受ける科が違えば一年ぶりに会うスタッフばかり、年配のベテランスタッフは退職などで居なくなっていました。個人病院に引き抜きあるいは転職することもあるようですね。

    ちょうど医師たちも同じようなメニュー?で診察科を回っていましたので健康診断をしていたようです。聞き漏れる雑談にちょっと気になることが「他の先生達がなかなか来ないんですよ。」という診察科のスタッフの問いにたぶん科長クラスの医師が「みんな忙しいからね。」と気を使っての回答に意外とこんな場面が先生と呼ばれる職種に間違った常識を植え付けているかもしれないなぁと感じていました。

    先生と呼ばれると何故かプライドが高くなかなか自分を低くみることが出来なくなりそれが間違った方向になることは昨今の国会答弁でもありますね。

    数日前に知り合いが頭痛が酷くて勤め先を途中で抜けて病院に行って検査を受けてまた職場に戻り片頭痛ということで7000円支払ったという話をして翌日、出勤しないので探してみれば部屋で脳梗塞で亡くなっていたという話を聞きまして思い込み診断をした悪い例に当たったようです。

    こんな事例が身近にありましたので健康診断で得られるものは決して間違いがないものと思っています。だからと言って受けなくても良いとは次元が違います。

    ノアはブレーキ部品を研磨仕上げしますか?と尋ねられ、密度の細かいブラストで仕上げるのか聞きませんでしたが仕上げの悪いブラストはかえって錆を助長させますので新品部品に交換して下さいと2年前にもブラスト仕上げをお願いして数か月後にまた引きずりしましたので今のところ新品交換の方が安心です。

  • ノアのリアブレーキ(パーキングブレーキ)が再度引きずり症状が出ましてたぶんワイヤーケーブルの外皮に亀裂が入っているかパーキングのドラムブレーキの摺動部の動きが悪いのかまたは、両方が微妙に影響し合っているかのいずれだと思うのですが下に潜って確認が必要なことなので近所の整備工場へ頼みました。

    ディーラーはあくまでも予約整備だそうで携帯ショップ同様融通が利かないですね。作業の腕時計のバンドが切れかかり1000円の時計バンドのみの交換より素直に2000円で時計本体を交換しました。日付が文字盤の傷により見えにくくなるので日付はデジタルで表示されるアナログモデルを選んだのですがデジタル、アナログ時計調整など細かな調整と全く使うことが無いだろうストップウオッチ機能などの設定は取り扱い説明書をよく読んで記憶しておかないと使えないので買ってみて一瞬失敗したかなという感じです。

    国有地が相場より安価に売られてしまったことに注目が集められてしまっていますが国有地に産廃ゴミと思われるものが埋められていた深さから察して重機で埋められてしまっていることも問題ですね。管理責任の所在を問わなけれならない事例です。いろいろ推理が生まれますね。

  • 部屋で使っているインバーター式の蛍光灯が突然消えたということでシーリングライトを買いに行きました。展示品はリモコン調光器も備えてあって使い勝手を確認できました。光の色合いも比較出来ましたので総合点で国産品が一番ということで価格は6畳仕様で6千円で高めでしたがそれを買い求めました。数年前までは一万円を超えていましたので安くなりました。まだまだ発展途上の感がありますので国産品といえども保証書はしっかり保管した方が良いですね。

    蛍光灯はLEDに代わると言われていますが昔ながらのグロー管(点灯管)使用の蛍光灯はインバーター式の蛍光灯より耐久性があり今でも市販品があるところを見れば相応のニーズがあるようです。

    エンジンのスパークプラグの耐久性が高まったのはポイント式点火からコイル検知式点火になったことが大きいですね。昔のポイント式のバイクや汎用エンジンの火花を見ればその大きさに驚きこれが電極の摩耗を高めているのだろうと感じています。また、舗装道路を含め車環境が良くなったことも関係していると思われます。いつの間にか乗用車の泥よけは無くなりました。

    猫の部屋を掃除機で掃除をする時にそれまではおよそ半年ごとに掃除機のモーターがダメになり更新を余儀なくされていましたが猫砂の成分ベントナイトが吸湿性がありエアブロー程度では掃除機のフィルター掃除ということにならず水洗いが一番効果的ということを知り実践して今のところ一年以上フィルター水洗いで掃除機を使い続けているのでその効果は高いと思っています。

    こちらの農道は非舗装道路の走行がありますので半年に一度はエアクリーナー掃除をしているのですがそれでもエアクリーナー詰まりの影響があるものと思っています。田んぼに滅多に行かない乗用車は頻繁なエアークリーナー清掃やプラグ交換は無いです。

    エアクリーナー詰まり→エンジンクランクからエアを吸い込もうとする。→オイル霧の混合気を吸い込み燃焼→エア吸い込み不足からくる不完全燃焼気味とオイル霧と相まってカーボン形成→電極の摩耗を助長するの構図と思われます。台所にある鍋の洗いが不充分でなべ底に黒い箇所があるとその箇所から穴あきになりやすいのはカーボンが付着した部分は相対的に温度が高温になりやすい故に穴あきになるのと一緒です。

    タクさんハイゼットはその通りです。軽トラも乗用車並みに進化していますね。

  • 今日の日中はマイナス2℃程度までしか上がらず真冬日でした。

    また、地吹雪も激しくスキー場は閑散としていましたので早目にスキー場から戻り水抜き剤を入れたハイゼット軽トラのエンジンの掛かりが改善されていないので点火プラグを抜いて確認すれば要プラグ交換状態の電極でしたが電極へのヤスリ掛けと隙間調整で再度組付けをすればアイドリングも安定しましたのでこれで様子をみることにします。

    それにしてもプラグ交換でも今の車は面倒ですね。いつの間にか軽トラもコイル付きプラグキャップになっていましてこの寒さの中でプラグキャップに接続しているコネクターを外す時にピキッという音と共にコネクターロックが壊れてしまいとりあえずビニールテープで固定しました。熱にさらされる箇所なので劣化が進んでいたのかもです。間もなく車検なのでその時に替えてもらいます。

    当初荷台にあるボルト固定のフタからプラグにいけると思えば車体左側についてあるカバーを外さないとプラグ交換が出来ない構造でした。内装クリップで止められているので外す時に壊れるかなと覚悟すればこちらは壊れることなくプラスチック部品は極寒時でも軟らかさを失わない素材を使っていることが大切ですね。

    この時期はよく車のボンネットを開けた時に支える棒を格納するプラスチックのクランプが壊れます。

    浦臼町に立ち寄る件、了解です。大学時代の同級生にその町の出身の人がいました。

  • パソコンのセキュリティソフトをフリーソフトから製品版に替えてポップアップの宣伝のたびにキーボード操作が鈍くなってイライラ感が増していたのが無くなり快適となっています。

    息抜きが毎度のことながら長くなっています。くまさん今年は申告が早くなりそうですね。何とか今月中に申告終了を目標にしていますがなかなか計画通りにいきませんね。

    三寒四温の感じで春になりそうですが今日は最高気温は2℃程度でした。今年の冬は0℃前後の日が多く普段の足に使っている軽トラのエンジンのかかりが良くないので燃料タンクに水抜き剤を入れて様子を見ています。

    スキーに頻繁に行っていた時は、毎年冬前に燃料タンクに水抜き剤を入れていたのですが最近は忘れた頃に入れる程度です。

    地域に農業機械を積極的に改良、改造する人がいることは心強いですね。現代農業誌見ていました。私の生まれ故郷の近くの町ですね。

    玄米検査の情報ありがとうございます。現行の検査は流通業者のために行っているようなものですからね。

  • 昨年のこの時期に普段使っているPCがいつでも壊れても良いように用意していたノートパソコンを久し振りに電源を入れてみれば バックアップの事項が相当数溜まっていたようで半日程度再起動の繰り返しをしていました。

    息子に医療費控除の計算を入力してもらいブルーツースで繋げているプリンターはバックアップの過程でマッチングが悪くなり定番の?デバイス削除をして再認識追加で認識するようになりました。スマホを使うようになって車のナビなどにハンドフリー設定にしてバッテリー交換した時などはブルーツースのマッチングが悪くなることが 多いのでこの手法を使えばかなりの確率で復活しますね。

    国税庁の確定申告のHPは年々充実が図られていますね。と言ってもまだ医療費控除の項目しか確認していませんが

    通信環境はくまさん言われる通り最後は大手が回りの業者に対抗して値下げをすることが多いですね。長男はドコモにネット環境を一本化しました。

    実習制度は国内の農業に携わる次世代にも必要だと思います。我が家もゆくゆくは国内外を問わずに実習生の受け入れが出来る環境にしたいと思っています。

  • 決算をまとめています。

    この時期によく来るのが新興宗教の勧誘や電話でのセールス、一服しているときにお宅の電気料金やすくなります。の電話が来ましたので電話じゃわからないのでパンフレットを送っての旨を伝えたところFAXなら送れますと言うのでFAXなら不鮮明の時や発信元がわからないことが多いのでPDFでメール添付で送って下さいと送られたPDFを見ればかなりマユツバものの会社だろうと感じました。

    後でネット検索すれば評価の良くない会社のようでした。電力自由化と言われていますが電柱に関する事項には法的解釈が存在しているようで独占、寡占状態は変わらないようですね。電力自由化は国民向けのリップサービスかな?

    この前手伝いに行った安比スキー場には火力自家発電所が併設されていまして営業時間内に運転されていました。農家の秋にレンタルされることが多い発電機同様、通年利用しない電気は自家発電が有利のような気がします。

    建設現場などの出口には車のタイヤの汚れを落とす装置が設けられていますね。農家に徹底させるのは難しいのですが遅かれ早かれ規制がかかりそうな事項ですね。

    この時期、高速道路を走行すれば公団のパトロールカーがトラックの泥除けやチェーンフックに掛けてあるタイヤチェーンから落下する雪塊を除去している光景をよく見ます。暖気の時はそれほど問題が無いのですが真冬日になるとこれがスリップ事故を誘発することがあるので大切な作業です。

  • なかなか進まない決算をしています。

    NTTの光コラボ事業の勧誘の電話がまた来まして、ネット専用に光ファイバーの回線を引き込みはしていますが電話は長期停電になれば使えなくなる光電話にしていないので電話料金が安くなるとかはどうでもいい感じなのですが一生懸命説明しているねぇちゃんの話をこの前買ったブルーツースのイヤホンセットで聞いていました。

    結局、我が家の場合は全くのメリットが無い状態でしたので丁重にお断りをしました。スマホ時代に固定電話はどうなの?でした。もっと発展的なIOTの利用で秋の乾燥機の稼働状況や田んぼの水位確認など利用できないかなと考えていたのですがとにかく新規契約を取りたいのが見え見えのセールストークに需要があるのか疑問でした。

    くまさん帯広の件、私はそれでOKです。また、千歳空港到着口で待合わせとしましょうか?

  • 終日真冬日で最高気温はマイナス5℃程度でした。この時期の真冬日でここまで下がるのは珍しいのですが寒暖の差が激しい天気は今年も続く感じです。

    昨日は、秋田市のイベントでスキーインストラクターとして仕事をしていました。出先でもらう報酬はいろいろなスタイルがあるのですが最近気になるのが領収(書)と領収(証)の違いです。簿記を習った頃は領収証と習ったのですが最近は領収書と書かれた場面を目にすることが多くなり、こちらの方が正しいのかなと思うこともしばしばあります。

    たぶんパソコンなどで自分で作成することが多くなりその流れなんでしょうね。市販されている綴られた伝票形式のものは皆、領収証ですから印紙を貼ることを考えればこちらが妥当なんでしょう。

    昨年、3月末に所得税の修正申告をしたときに今ではコンビニでの支払いが可能となってコンビニで支払いしたのですが、領収証には収入印紙の貼り付けがあり印紙を貼らなくても良い領収証があることが周知されていないことを実感しました。

    ちなみに店舗を構えない農家の場合も収入印紙の貼り付けは要らないのですが、商慣習から「5万円を超える領収証は張るのが常識だろう。」と指摘されるのが嫌なので一応割印しています。

  • 決算をしています。

    稲作農家への規制は畜産農家のし尿処理の厳格化のように厳しくなるものと考えた方が良いですね。とりあえず考えるのは代搔き後の汚泥水の排水かと思っています。また、機械のエンジンが排ガス規制になっているかなど考えたらきりがないのですが規制は掛かるものと考えておくべきですね。

  • なかなか進まない決算を進めています。役所の職員でさえ予算書を作るのは大変とこぼしていますので年に一度の作業の我々は毎度のことながら集中力を失っています。

    同時にこの時期は別会計の団体の会計もやってエクセルでやっているのですがバージョンアップが勝手に行われているので今までやっていた機能があっちこっちに隠れてしまいそのたびにヘルプ機能で探してしまうので時には手計算の方が早いかなと思うこともしばしばです。

    中国ツアーには本土からインストラクター同行のツアーがありスキー場の従業員食堂は施設で働く人達の福利厚生施設なので部外者以外使えなかったのですが親会社が中国系の会社になった影響か本土ツアーのインストラクターが堂々と利用しているので違和感がありました。

    施設のバックヤードですので会社の理念や行動規範、ヒヤリハッと事例が掲示されているのである意味従業員の共有空間でもあります。インストラクターは団体スキーの引率者でマナーを重視しなければならないのですがなかなかその徹底がなされていない中国人インストラクターはしばしリフト乗車時のマナーの悪さによって混雑を助長させています。このあたりがどう改善される興味があるところです。スキースクールには一応外国人向けのスタッフが数名居るのですがこれが増えてくるのかな?

    もう、安比は中国人ツアーなしのスキー場はあり得ない感じなのでニセコと同じ感じになる予感です。今のところ滑走時の衝突事故は無いようですが懸念される事項なので心配です。

    法人化はこちらでも産直で売り上げを伸ばした農家などで一時期節税対策や厚生年金加入などで増えた時期がありましたが今では市販されている米自体の品質が上がったことと、もう日本全国米に関しては「まずい米」自体無くなってしまった感じで高値の米は売れない時代ですので法人化を休眠状態にしたり、法人を解散したりしています。私も規模拡大しなければ法人化は考えたのですが農地購入の規模拡大では法人化のメリットは全くないです。

    以前は安比の従業員食堂で提供される米はやはり岩手の米という感じでしたが今回は秋田と全く変わらない品質でした。

  • 安比のスキーの仕事から帰ってきました。

    噂には聞いていた中国人のスキー客は平日のスキー客のほぼ8~9割を占める感じでゲレンデで聞こえる言語は中国語ばかりでした。地元の人が良く利用していた日帰り温泉でも入浴客がほぼ中国人でしてもうこの中国人なしの安比スキー場はあり得ない感じでした。

    スキー場関係者の話では今年から急に増えたそうで新たな安全サービス向上を考えていかなければならないと言っていました。

    安比スキー場は各施設間の無料シャトルバスが夜10時まで運行しているのですが乗客はほぼ中国人でして本当に日本にいるのかの錯覚に陥ることもしばしばでした。

    もしかして日本のレジャー産業はこのような形態を現実に受け入れる必要がある感じですね。真新しいスーツケースばかりを携行している客層にそのパワーの底力を感じていました。

    帯広の国際農機展の件、私も行くつもりでいます。ただ宿が取れるかですね。最悪、周辺地域の宿も覚悟でいます。

  • 安比の二日目です。詳細を書き込むにはキーボードでなければうまくいかないので後ほどです。

  • 知り合いから安比のスキースクールの手伝いをお願いされて間もなく出発します。

    親会社リクルートから始まった安比スキー場はダイエー、加森観光と親会社が変わり今では中国資本の親会社となっています。

    製造業が中国進出している間に中国が大国になってしまったのですね。

    申告は集中が一番大切ですね。一応今月末までに申告をしたいと思いますがなかなか思い通りにはいかないです。

  • 北陸では大雪ですがこちらは寒いだけになっています。

    決算作業でパソコンへの打ち込みをしていました。当地の玉ねぎへの取り組みは農水関係の補助金は米だけでは交付対象にならない傾向があるのでその対策でもあります。

    今回の補正予算ではことごとく米エリアは対象外となったようで補助金ありきの考えではいけないのですが用水路、排水路整備は少しでも農家負担が少ない方が有利です。

    やれる範囲での取り組みなので今のところ気持ちには余裕があるのですが実際は大変なことも多いだろうと思っています。

  • 寒波が来ているようですがこちらはそれほど積雪となっていません。スローペースの事務処理をしています。

    おみさんから電話がありドローンのメーカーとしてやられるようですね。今のところラジヘリ業者が税込み700円/10aの単価で作業をしてもらっているのでドローン導入とはいかないのですがこれから周りの農家環境が変わればドローン導入もあるかもしれないのでいろいろ情報を集めていこうと思います。

  • 今週は秋田市の某小学校のスキー教室があるのでスキースクールは忙しかったです。

    スキー教室はグループで行われるのでどうしてもそのグループの下のレベルに合わせて進められるのでいろいろな親心があるのでしょう。それにしても入試がある小学校ですのでリフト乗車時の会話では知識の高さに驚かされます。スキー技術を説明しても普通は良く理解出来ないのですがきちんと理解してやっている姿に感心していました。

    たぶん将来は相応の道に進んでいくタイプと思われますが出来るだけ地元に残って地域を担ってもらいたいと思う反面、都会に出てたくさんの人のために生きることも大切です。

    くまさん燃料タンクはラジエータ修理業者さんでやってもらえることが多いですよ。職人技が必要な分野ですね。

    タクさん子育て世代はそれ自体が大変です。いろいろ考え方があるのですがつくづく親の鏡、子供の鏡の言葉の意味合いを感じるようになりました。こだわりと偏見は紙一重というときもありますが子育てを通じての親の会などで中庸意識はある程度の共通理解が作られるものかなと思っています。

  • 地元国際交流協会のメイン行事の料理つくり交流会を行いました。

    今では全国区の国際教養大学の学生6名に参加してもらい料理の種類が豊富となり有意義な一日となりました。

    学生の送迎は少々大変でしたが結果良ければすべてよしですので満足です。国際教養大学は授業のすべてを英語で行い3年生は海外留学が必須の大学で県立大学でありながら地元の人は2000人いる学生の中でも極少数で大学のレベルランキングでも上位に占める大学でもあります。

    この大学設立には右往左往ありまして当時の学長の熱い思いが今日に至っているものと思います。県議会では地元学生が殆ど入学しない(できない)大学に県が関与するのは如何なものかと「恩おくり」の精神とは違う視線の意見が幾度と出せれてしまいそのたびに地方の課題はそこに住む人々の認識が大切と感じています。

    今回はフィンランド、フランス、イギリス、ギリシャ、フィリピンの学生達と話をすることが出来良かったです。北欧の就職難はいまだに変わらずのようでした。

  • 日中の会合に行った帰りに車のリアタイヤから異音がかすかに聞こえるので降りてホイルからディスクローターに触れてみたところ異常高温となっていましてブレーキパットの引きずりかホイルベアリングかのどちらかだろうと小屋に戻ってタイヤを外して確認すればパーキングブレーキのワイヤーの戻りが良くなくこの低温でケーブル内の水分が凍っている感じなのでケーブルをホットガンで温めてもしかしてキャリパー内も水分が凍って戻りが悪いかもしれないと解氷スプレーが無かったのでとりあえず水道水を当ててからパーツクリーナーでキャリパー内を洗い10km程度走行して高温にならないことを確認して一安心です。

    今日は日中は晴天でしたが気温がプラス1℃程度までしか上がらず日陰の圧雪は溶けないままでした。

    Indyさん紹介のGYAOを見ましたよ。数年前まではよく見ていたのですがドキュメント番組で興味深い番組が少なくなり疎遠となっていましたが今では地方では見られないキー局のテレビ放映の番組も見られるようになったんですね。

    クボタもなかなかやりますね。牽引作業機中心のアメリカでは日本と違う作業条件でいろいろ大変だろうなという感じですね。日本の建機や車のように丈夫で長持ちという方向に農業機械が進化してもらえばと思うのですが、日本ではその必要性に迫られている農家は少数派なので何ともですね。

    話は変わり、日産リーフのテレビコマーシャルに当地の博物館前のバージョンがあります。よく見れば反対側駐車だし屋根軒下に駐車するスペースはこのCMのために作られたものです。雪国では屋根の軒下に車を駐車するのは屋根からの落雪があり大変危険です。

  • 昨夜の会合の後の帰り道、北海道やスキー場がある高地でしかみられない踏む雪がキュッキュッと鳴る現象が起きていまし外気温の変化を見ていたら昨日の夕方から先ほどまでマイナス10℃を下回っていたようです。

    正月は暖冬気味でしたがこのところ低温ですので古いスタッドレスタイヤを装着してしている軽トラックは空気圧を2割程度落として使っています。

    田んぼの小屋に野良猫が居るのですが昨年までは湯たんぽを用意したりしてこの手間が大変なので今年は昨年の11月頃から米ぬかを煎った「米ぬかきな粉」を猫カリカリに混ぜて与えています。うるち米よりモチ米の米ぬかの方が香ばしく仕上がるのでこちらに三温糖を混ぜて作っています。最近のガス台は安全装置の関係で乾煎りがし難いのですが料理のベシャメルソース(ホワイトソース)を作る要領でひたすら低温で少量ずつ作っています。

    野良猫の鼻風邪はなかなか治らず薬の投与も簡単ではないので昨年までは湯たんぽでしたが今年は発想をかえてラジオ番組でやっている米ぬか健康法を参考にして猫に与えています。効果は大きく鼻風邪で鼻飛びさせる猫は少なくなっています。人間の世界でも腸内環境と健康が密接な関係にあると注目を浴びていますね。

    くまさん麦踏みがうまくいったようですね。こちらでもそうなんですがなかなか農家は自分のスタイルを変えないというか新たなやり方には取組をしないことが多いですね。

    創意、工夫は満ち足りた環境では生まれないとことが多いので見かたをかえれば満ち足りた状態なのかな?とこちらのJAが農家の所得向上に向けて玉ねぎの乾燥調製を行うことになりましてこれに賛同している農家は10名程度です。ただ、儲かると判ればすぐ取り組みを実行する地域でもありますので先進の自分は少々プレッシャーを感じています。

本文はここまでです このページの先頭へ