ここから本文です

投稿コメント一覧 (187コメント)

  • ◆「教師続けられるのは金持ちの子だけ」


    朝鮮学校元教諭が衝撃告白 年金掛け金2億円超滞納問題



    び上がらせた。報道後、学園幹部は情報を漏らした〝犯人〟捜しに躍起になる一方、給与から保険料が天引きされたはずの教職員らは一様に沈黙を守っている。

    そんな中、朝鮮学校の元教諭が取材に応じ、「朝鮮学校で教師を続けられるのは金持ちの子供だけ…」と苦しい内情を暴露した。

    〝犯人〟捜しを優先

     「突然取材に訪れた産経新聞記者が大阪朝鮮学園理事長に面談を求め、『不在である』と伝えたところ、『取材拒否ですか』と吐き捨てて帰った」

     産経新聞が2月10日付朝刊で、大阪朝鮮学園が日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)へ納付すべき社会保険料を2億円以上滞納していると報じた直後のこと。

    関係者によると、学園関係者内では、取材に訪れた担当記者を非常識極まりない「悪者」に仕立てた情報が出回った。

     担当記者は今回の滞納問題で大阪朝鮮学園を取材したことは確かだが、そのときに学園関係者に対して前記のような非礼な言動をはたらいたことは一切ない。

     社会保険の掛け金は、学校法人と教職員が折半で負担し、学校法人がまとめて私学事業団に支払うことが義務付けられている。だが、学園側は掛け金の滞納を繰り返し、平成24年度以降はほとんど支払わない状況が続いている。

    教職員の給料から天引きされたはずの掛け金の使途も、学園側が取材に応じないこともあって不明のままだ。

     にもかかわらず、報道後に学園幹部らが取り組んだのは、滞納の解消に向けた話し合いでなく、情報を漏洩(ろうえい)させた〝犯人〟の特定作業だったという。

     学園関係者は「学園は取材した記者の経歴を調べたり、保険料滞納問題に言及した幹部会議の出席者の確認を進めたりしている。順番が違う気もするが…」と首をかしげた。

  • 産経は「最も悪質な反動新聞」


     箝口令(かんこうれい)がいっそう強化され、関係者が一様に口を閉ざす中、大阪府に住む元教諭の男性が2月下旬、詳細な経歴などを伏せる条件で産経新聞の取材に応じた。

     待ち合わせ場所はあるホテルの喫茶店。「産経と接触するところを見つかったら大変なことになる。組織の中では『最も悪質な反動新聞』ですからね」と苦笑いを浮かべ、周囲の視界から遮られた角の席に座った。

     男性は朝鮮学校の経営状況について「給料の未払いや遅配はここ数年の話ではない。もっと以前から頻繁にあった」と切り出すと、経営難に陥った背景について語り始めた。

     「以前は各学校が独立採算で運営されていた。生徒や寄付金を多く集め、収入の多い学校は教師にもしっかりと給料を支払うことができるため、トップは必死になって金を集めた」

     長年続いた独立採算制に〝限界〟が訪れたのが15年ほど前のこと。学校ごとの給与格差が問題視され、一律に給料を支払う仕組みに変更されたという。

    男性はこれを「運営の〝共産主義化〟」と表現した上で、「各学校の幹部が金集めの意欲を失った。

    収入減に伴って教師の待遇は悪化し、人材流出による授業の質の低下がさらに生徒数を減少させる、という悪循環に陥った」と解説した。

     朝鮮学校をとりまく環境は近年、さらに悪化している。

    大阪府では平成22年、当時の橋下徹知事(現大阪市長)が朝鮮総連の学校運営への関与を問題視し、府が23年度以降、一時は年間2億円以上にのぼっていた補助金の交付を取りやめたためだ。

     男性は「今教師をやって生活していけるのは、裕福な商工人の子供ぐらいしかいない。親の援助を受けて生活する教師ばかりが学校に残っている状況です」と嘆いた。

  • 「総連が経営改善阻む」

    大阪府私学・大学課によると、府内の朝鮮学校に通う児童・生徒数は26年5月現在で1345人。ここ5年間で約400人減少した。ジリ貧の苦境の中で、抜本的な経営改革は進まないのか。

    朝鮮学校問題に詳しい関西大の李英和(ヨンファ)教授は「学校の統廃合を進め、学校跡地を売却すればすぐにでも経営状況を改善させることは可能だ。本当は学校側もそうしたいと思っているが、朝鮮総連が認めないために進められない」と指摘する。

    学校跡地の処分に際し、総連側が求めるのは「上納金」だという。李教授は「総連としては、資産売却分をそのまま朝鮮学校の経営改善に充てるのではなく、大部分を吸い上げて北朝鮮に送金したい。

    しかし、政府による対北制裁の送金規制が残っているため時機を見計らっている」と分析。「総連の経営支配から独立しなければ、抜本的な改革を進めることはできない」と言い切る。


    複雑…「子供に罪ない」

    総連が朝鮮学校を実質的に支配する仕組みには、学外の支援者らも複雑な思いを抱えている。

    大阪朝鮮学園は府などを相手取り、大阪地裁に補助金の支給再開を求める訴えを起こし係争中だが、学園側の弁護団に加わる男性弁護士もその一人だ。

    「外部の人間として学校問題に干渉するような発言は公にできないが、内々の席では改革に向けた厳しい意見も伝えている」と明かし、こう付け加えた。

     「子供たちのために朝鮮学校の支援は今後も続けていく。しかし、総連からの業務依頼には一切応じるつもりはない」

     当事者の誰もが不満や危機感を抱きながら固く口を閉ざす朝鮮学校問題は、追及が困難を極める。今回取材に応じた関係者が共通して口にしたのは、「子供に罪はない」という言葉だった。

     児童・生徒のことを第一に考え、「総連支配から脱却し、経営・教育内容を正常化させよう」と声を上げる教育者はいつの日か現れるのだろうか。

    「子供に罪はない」と言って地方自治体が朝鮮学校に補助金を出すが、その殆どを総聯が持っていって仕舞う。北朝鮮から総聯には金を送れと矢のように督促が来る。


    どこかの県のように1億円以上国民の税金から補助を与え、北朝鮮の延命に手を貸しているが、知らないなら実体を全く調査していないことになる。

    もし知っていて荷担しているなら、拉致協力者として当然重罪に処すべきだろう。

  • ◆総連トップ次男、正恩政権「密使」 本国送金・秘密資金運用も担う




     ■家宅捜索で判明

     北朝鮮産マツタケを不正輸入したとして京都府警などが在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長宅を関係先として家宅捜索した事件に絡み、許氏の次男(50)が、許氏と金正恩(キム・ジョンウン)政権をつなぐ「密使役」だった可能性が高いことが28日、関係者への取材で分かった。

    次男は日朝間を往来し、送金管理も担っていたとみられ、捜査の進展次第では、本国と朝鮮総連間の指示命令や資金ルートに影響を与えそうだ。

     府警などは26日の許議長宅への捜索前、昨年5月にも都内にある次男の自宅や、次男が役員を務める朝鮮総連傘下の貿易会社などを捜索していた。

     公安関係者によると、次男の事務室からは正恩政権に宛て作成された多数の朝鮮総連の内部書類が押収された。

    秘匿すべき組織運営について詳述した資料も少なくなく、工作機関225局トップに宛て、組織の逼迫(ひっぱく)した財政事情を赤裸々に記しながらも、本国への事業支援継続を誓った秘密報告書も見つかったという。

     許議長は再入国禁止が昨年解除されるまでの約8年間、訪朝できなかった。次男は傘下企業の役員の肩書で頻繁に訪朝していたほか、第三国にも自由に出国できる立場にあり、公安当局は、父に代わって本国にひそかに組織の現状を報告し、指示を受け取る役割を任されていたとみている。

     日朝間の資金運用に触れた文書もあり、正恩政権に上納する秘密資金の運用も担っていた可能性が高い。輸出入禁止で外貨ルートが絶たれる中、関連企業が農水産物の中国産偽装に手を染め始めたとみられ、府警などは組織的な関与について捜査している。

     今回の捜査は、隠された正恩政権-許体制間の指示・報告系統や外貨ルートの遮断につながり、正恩政権に拉致再調査の進展を迫る圧力となる可能性がある。

     朝鮮総連関係者によると、漏洩(ろうえい)すると不都合な資料が多数押収されたことを許指導部は深刻視。「秘密保持に重大な欠陥がある」として昨年9月、関係した事務室を中央本部に移転させたという。朝鮮総連は「産経新聞の取材には応じられない」としている。

  • 朝鮮総連、制裁逃れに資金持参 


    正恩氏指示を受け農業機器製造の資金4500万円集める



     在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の指示を受け、北朝鮮向けの農業用揚水ポンプ1500台分の資金として傘下団体から約4500万円を集めていたことが3日、分かった。

    複数の日朝関係者が明らかにした。北朝鮮に送金した上で、現地の企業がポンプを製造、調達することを検討している。

    北朝鮮への輸出入を全面禁止する日本政府独自の経済制裁に抵触するのを避ける対応で、制裁をすり抜けようとする実態が浮き彫りになった。

     関係者によると、金第1書記は1月、「今年は農業、畜産、水産業を3大軸とする。食糧問題を解決すべきだ」として朝鮮総連に対し協力を指示した。

    これを受け、総連の許宗萬(ホ・ジョンマン)議長は同月、ポンプを北朝鮮に送るための資金を供出するよう総連職員や傘下企業に求めた。

    職員や商工業者の中には、2月分の給料から割当資金が天引きされたケースがあったという。

     朝鮮総連幹部らは、北朝鮮の金日成(キム・イルソン)主席誕生記念日「太陽節」(4月15日)に合わせ訪朝する予定だ。

    その際にポンプの購入資金を北朝鮮に直接持ち込み、北朝鮮と総連傘下企業との合弁会社「金剛原動機」(元山(ウォンサン)市)に製造させることを検討している。

    同社は、経済産業省から大量破壊兵器の開発懸念が払拭されない外国企業としてリストアップされている。

  • 長男は“裏”人事、次男は秘密資金運用…


    北朝鮮模した許氏一家「支配」、捜査が直撃



    許宗萬一家の組織内の役割

     北朝鮮産マツタケ不正輸入事件をめぐる捜査が、許宗萬(ホ・ジョンマン)議長一家による在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)「支配」を浮かび上がらせた。許議長は、表立たない役職のまま、長男に人事、次男には資金運用の実権を握らせていたとされる。

    世襲を続ける本国の合わせ鏡のような体制。許議長の自宅まで捜索が入った今回の捜査が一家の権勢を揺るがすことになるのか。

    “誤算”の始まり

     昨年9月、8年ぶりの訪朝に当たり、許議長は組織員から盛大な見送りを受けた。その少し前、目立たないように出国した関係者の動向を公安当局が注視していた。議長の妻と長男(53)、次男だ。

     日朝関係者は「一家そろって金正恩(キム・ジョンウン)第1書記に面会し忠誠を誓うのが目的だった」と説明する。だが、金第1書記は足の手術もあり、結局、面会できなかった。“誤算”はこのとき、始まったのかもしれない。

     それ以前にも次男は捜索された貿易会社役員の肩書で頻繁に日朝間を往来していた。「密使役」を担っていたとみられ、報告対象は、正恩政権で朝鮮総連を管轄する工作機関225局の康寛周(カン・グァンジュ)局長。だが、彼は一家の訪朝を見届けた直後に死亡する。一家は最大の後ろ盾を失った。

    まるで車の両輪


     次男は傘下の青年組織のトップなどを務めたが、現在の役職は都内支部の副委員長にすぎない。

    公安関係者は「本国や海外を自由に行き来させるため、わざと本部の要職に就けなかったのだろう」とみる。

    代わりに日朝交易を担う企業運営を任され、正恩政権に上納する資金運用に携わっていたとみられている。

     長男は人事、次男はカネと、息子を車の両輪にした許一家「支配」体制を築いたことになる。父が描いた人事を長男がまとめ、「密使」として次男が本国の承認を得る-。

    組織の私物化に道を開くトライアングルが完成したかに見えた。

    組織内でも不満

     「歴代議長が息子に権力を譲れなかったのを見てきたからだろう。目につきにくい形で息子たちに権力を与えた」と朝鮮総連関係者は言う。

    だが、満を持した訪朝でも「代を継いだ忠誠」に対する最高指導者の承認を得る機会を逸した。

  • 移民とは別の問題???




            なぜ??    なぜ??




    在日韓国朝鮮人が「強制連行」を今も主張する理由は何なの?




      終戦以前に日本にいなかった在日は永住資格はもらえない?



    一方で朝鮮総連がさまざまな建物を「外交機関に準ずる機関」の関連施設であるとして固定資産税の減免措置を受けてきたことは事実です。

    <略>


    「在日韓国朝鮮人は元祖・移民なのか?」という問題です。まず在日韓国朝鮮人を定義します。在日韓国人は「韓国籍と日本の特別永住資格を持つ在日朝鮮人」、在日朝鮮人は「朝鮮籍か北朝鮮国籍と日本の特別永住資格を持つ在日朝鮮人」とします。


     まず在日韓国朝鮮人(以下、在日)は「移民」か? これは結論から言うと「移民」ですよね。戦争難民であろうが経済移民であろうが目的には関係なく移民なんでしょう。


    では、在日は「合法移民」か? これは違いますよね。ですから在日は「不法移民」と呼ぶべきです。でも、在日38万人は「日本の特別永住資格」を持っていますよね。そう持っています。でも本来持てるはずのない在日がなぜ「日本の特別永住資格」を持っているのか。不思議です。



     パチンコマルハンの会長韓昌祐は、戦後出稼ぎのために密航し、特別永住資格を得たと証言しています。「密航者が特別永住資格」を得る方法は、買うか成りすますか?偽造するか? いずれにせよ「非合法」であることは明白です。

    このことが実は、在日の中で行われている「在日は強制連行されたというウソ」の原因なんですね。実際問題、在日自身が「在日1世は密入国者」ということぐらいは知っているでしょうが、それは「特別永住資格の不正取得」を認めることになるから絶対にできないのでしょう。

      
    在日韓国人は、日本政府がほうっておいても「韓国政府が在日の韓国国民化」をおこなうと思います。ですから最初にあったSAPIOの記事で「在日朝鮮人・韓国人の問題は移民とは別の問題」という石原さんの指摘は、あながち的外れもないようです。2016年、在日韓国人の韓国への強制帰国命令もあるかもしれませんよ!


    在日1世の皆様。こんな船で対馬海峡を・・・・ ↓

  • 「差別を助長するから報道しない」という無用な配慮が


    在日韓国朝鮮人を増長させ、無法者にしているのではないの?

    クリスマス直前の「国連・安全保障理事会」で、北朝鮮による
    人権侵害に対して初の公式会合を開かれ、欧米 などが「国際刑
    事裁判所に付託すべきだ」と主張した.

    北朝鮮は金正恩と朝鮮労働党(共産党)による一党独裁国家で
    あり、一部の特権階級をのぞけば、北朝鮮国民のほとんどが「収
    容所の囚人」と言われ、人権侵害がたびたび問題になる「滅ぶべ
    き忌まわしいファシスト国家」ですよね。

    今頃は、朝鮮総連や朝鮮学校の関係者は「高飛び」の準備を始め
    ているのでしょうかね? しかしまあ、北朝鮮関係者からは「犯
    罪の臭い」しかしないのはなぜなんでしょうか? 

    まずは「広島弁護士会」のマヌケな声明。そして、TBSによる
    「在日関係者はすぐに逃げるニダ!」という警戒警報をご覧あれ!

    広島弁護士会の(舩木孝和会長)が10日、広島県環境県民局長と
    広島市教育委員会教育長あてに 「朝鮮学園の補助金支給停止状態
    を改めることを求める声明」を発表した。
    (朝鮮新報 2014.12.24)

    「朝鮮新報」は朝鮮総連の機関紙です。残念なことに「弁護士会」
    と呼ばれる集団に共産党系や在日韓国朝鮮人系が増えているのは事
    実であり、つい先日までは共産党に担がれて都知事選に出た候補者
    は「日本弁護士連合会の前会長」だったりしたわけです。

    最近では、戦後の混乱期に、日本共産党と朝鮮総連の前身機関が、
    日本の警察や役場を襲撃した事件なども明らかになってきています。
    「弁護士会=日本共産党=朝鮮総連」はきわめて親密な関係のよう
    ですね。

  • 「もし日本なかりせば」 (もし日本がなかったならば) 

    日本の存在しない世界を想像してみたらよい。
    もし日本なかりせば、

    ヨーロッパとアメリカが世界の工業国を支配していただろう。
    欧米が基準と価格を決め、欧米だけにしか作れない製品を買
    うために、世界中の国はその価格を押しつけられていただろ
    う。

    また、日本と日本のサクセス・ストーリーがなければ、
    東アジア諸周は模範にすべきものがなかっただろう。
    ヨーロッパが開発・完成させた産業分野では、
    自分たちは太刀打ちできないと信じ続けただろう。
    東アジアでは高度な産業は無理だった。
    せいぜい質の劣る模造品を作るのが開の山だった。

    したがって西側が懸念するような「虎」も「竜」も、
    すなわち急成長を遂げたアジアの新興工業経済地域も存在
    しなかっただろう。

    東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したの
    は日本である。

    そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の
    世界各国も驚くような成功を遂げた。

    東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることはなくな
    った。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、
    実際にそれを証明してみせた。

     
    もし日本なかりせば、世界はまったく違う様相を呈してい
    たであろう。

    富める国はますます富み、貧しい南側はますます貧しくな
    っていたと言っても過言ではない。

    北側のヨーロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。
    マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、
    それを富める工業国の言い値で売り続けていたであろう。

     マレーシアのマハティール首相 ↓

  • 正しい認識が、必ずしも勝つとはかぎりません!!






           巧みな操作とプレゼン方法次第では、






               うそ・捏造も勝者になりえるのです!!






          あなたは、むなしく正義の涙を流すタイプですか??





    戦時における軍隊の将兵の性の処理は以下に分類されます。

    A.前線の近くの都市に売春婦の街を作る。売春婦は現地女性。

    B.軍が民間の置屋を同行させ、前線よりやや後方の兵站部隊のあたりに設置する。

    C.売春婦が勝手に軍部隊の駐屯地に群がる

    このうち、A,Bは現地でのレイプ防止の性格を持ちます。戦時中の日本軍の場合は主にBでした。

    その中には日本と朝鮮の女性たちがいたといいます。この形は朝鮮戦争でも引き継がれ、昭和27年(1952年)にソウルの三箇所と江稜の一箇所に収容された慰安婦は全部で89名という公式報道がされています。その年に慰安所を訪れた兵士の総数は24万4千名あまりとされています。慰安婦問題を口にする韓国が同じことをやっているわけですからおかしな話です。

    米国の場合はAのタイプで朝鮮戦争が始まったとき、横浜、大阪、小倉の三箇所に日本人女性の慰安婦を集めた米軍管理の「センター」を設置しています。米軍が昭和20年に日本に上陸したときもRAA協会という特殊慰安施設協会を設置し、1360人の女性が採用されています。

    問題なのはA,B,Cのシステムを持たない国の軍隊です。ソ連です。ですから、大東亜戦争の末期に満州へ攻め込んだソ連兵は女性をレイプしまくったのです。これは「給与」みたいなものだったといいます。あまりにもひどいので、ソ連軍将校が止めにはいると「給与」の支給妨害にも相当し、将校のほうが銃殺されることがあったそうです。


    こうした事実にもかかわらず、韓国人は「従軍慰安婦賠償」と言って賠償を求めてきます。現代からみれば当時の置屋についても健全ではなく映ります。当時の時代背景を隠し、自分たちがやったことも隠し、当時と現代のギャップを利用し、日本人に贖罪意識を植え込み、カネをむしりとうろうとしているということです。これに同調している政治家や団体がいます。マスコミも真実は語りません。

  • 河野洋平はこれを声を出して10回以上読め!





    併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達

    一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。
    一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請るの他、惨禍を招く原因となる。
    一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。
    一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。
    一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。
    一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。
    一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。
    一、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。
    一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。
    一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。
    一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。
    一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。
    一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。
    一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。
    一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。
    一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、呼出には決して応じてはならない。

    河野洋平はこれを声を出して10回以上読め!

  • 終戦後の朝鮮人の横暴は目に余るものであった。

    東京のど真ん中、銀座の交番に於いてさえ、朝鮮人を注意した巡査が複数の朝鮮人の襲撃を受け裸にされ警棒を尻に突っ込まれると言う乱暴を受けた。

    当時の日本警察は拳銃の携帯が許されておらず、朝鮮人の横暴を止められなかった為、政府はマッカーサーに請願した。

    これを受けて述べたのが、マッカーサーの
    「朝鮮人は戦勝国ではない第三者だ」と言う三国人発言である。

    1950年にGHQは日本占領を終結し、解放し、実質的に戦後は終わったとされています。

    その際に朝鮮人は日本籍を剥奪され、韓国籍として朝鮮に帰れと命令しました。
    不要の朝鮮学校と民団総連も廃止し解散請求しました。

    すると在日朝鮮人は、なにを履き違えたか
    「我々は戦勝国民であり日本を統治する立場だ」と叫びだし、革命を叫んで、公共施設の不法占拠し火炎瓶や武器で武装して決起したのです。

    警察も拳銃で対抗し射殺された人もでました

    警察では対処できなくなり、GHQは軍隊の動員をして戦後初の戒厳令を敷いて朝鮮人による暴動を平定しました。

    この戦後初の戒厳令(正確には非常事態宣言)が敷かれた朝鮮人動乱(阪神教育事件)事件は、日本の歴史からスッポリ抜けています。

    死人も出ている事件なのに、日本の教科書には掲載されたことはありません。(日本各地で勃発しました、栃木や浅草などは戦場状態です)

    逆に朝鮮民族学校の教科書には差別と弾圧として掲載され教育されています。
    勿論、被害者側としてであり、立ち上がったのは国籍条項と朝鮮民族学校の廃校に対する
    抗議としてであると述べています。

    下の漫画は、代表的な左翼漫画“はだしのゲン”の一こま。
    “お前ら六等国民は、座るんじゃねエ! さあー、たて!
    俺たち二等国民がすわるんだあー!“

  • 本音と建前が違っていてどこが悪いのか??  はっ!!





    「状況が緊迫しているとの判断」 






    2013.12.30 14:01

    韓国軍、国防省に事前報告せず銃弾支援要請


     韓国国防省幹部は30日、国会答弁で、南スーダンで国連平和維持活動(PKO)に参加する韓国軍の銃弾支援要請について「状況が緊迫しているとの判断」から、現地の部隊長が国防省などに事前報告せず日本の自衛隊に要請したと明らかにした。聯合ニュースが報じた。

     銃弾提供をめぐっては、日本側が韓国軍から直接要請があり緊急性も高かったと説明した一方、韓国側は国連を通じて要請し予備を確保するために借りたと主張し食い違いが出ていたが、緊急性が高かったとの日本側の説明を韓国側が認めた形だ。

     韓国政府が日本への銃弾支援要請や不十分な部隊装備に対する国内批判をかわすため、事実と異なる説明をしていた可能性が高まった。(共同)

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131230/kor13123014060004-n1.htm



    * * *


    「銃弾不足していない」と韓国、批判に配慮か 「予備量確保で借りただけ」
    2013.12.24 12:47

     治安情勢が悪化している南スーダンで、国連平和維持活動(PKO)で展開中の韓国軍に銃弾1万発を日本が提供したことに関し、韓国国防省報道官は24日、「予備量を確保するため臨時で借りたものだ。(銃弾は)不足していない」と語った。

     日本側の説明では、施設を警備する韓国軍に銃弾が不足し、提供がなければ避難民の生命に危険が及ぶ可能性が高いと国連が判断、日本に提供を要請。日本は「緊急の必要性・人道性が極めて高い」とする官房長官談話を出している。韓国国防省の説明は、この状況と矛盾する。

     韓国では、日本の自衛隊の活動領域拡大に批判的な声が強く、韓国軍が必要な銃弾を準備せず自衛隊から提供を受けたことで政府批判が起きる可能性もある。報道官の発言はこうした批判をかわす目的もありそうだ。(共同)

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131224/kor13122412480002-n1.htm


    日本へ謝意表明なし=自衛隊の弾薬支援-韓国

     【ソウル時事】韓国外務省報道官は24日の定例記者会見で、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍への自衛隊の弾薬支援について「追加の防護力を確保する意味で、UNMISSに支援を要請し、UNMISSを通じて支援を受けた。それ以上でも以下でもない」と述べ、謝意表明を含め、日本の支援への評価に言及しなかった。

     弾薬支援が日韓関係の改善にプラスに働くとの見方がある一方で、韓国では集団的自衛権行使を含む日本の「積極的平和主義」を正当化する口実を与えたとの批判もあることを考慮したとみられる。


    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2013122400662


    【国際】韓国隊、電話で「周りは敵だらけ」「小銃弾を貸してほしい」「本当にありがとうございました」★3
    http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1387950704/-100

    敵だらけ韓国隊「ありがとう」…陸自小銃弾提供

     小野寺防衛相は24日、紛争が拡大している南スーダンで活動する陸上自衛隊を指揮する井川賢一1佐とテレビ電話で会談した。

     井川1佐は、陸自が23日に国連を通じて小銃弾1万発を韓国隊に提供した際、韓国隊の隊長から「周りは敵(の反政府勢力)だらけで弾薬が不足している」などと切迫した要請があったことを明らかにした。

     韓国国防省の報道官は24日の記者会見で、派遣部隊の予備弾薬が不足したわけではなく、あくまで緊急事態に備えた措置だと主張。日韓の主張の違いが浮き彫りになっている。

     井川1佐などによると、日本時間の22日未明、ジョングレイ州のボルで活動する韓国隊の隊長から、「ボルの活動拠点内には1万5000人の避難民がいる。敵については北から増援も確認。1万発の小銃弾を貸してほしい」と電話で要請があった。日本側が小銃弾を引き渡したところ、23日夜、韓国隊から「ボルの宿営地と避難民を守るために使う。本当にありがとうございました」と連絡があったという。

    (2013年12月25日09時54分 読売新聞)
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131224-OYT1T01234.htm

  • 反日と嫌韓、どっちがレイシズム???


       なぜ、反日だけが許され続けてきたのか???


    論理の整合性は、どうでもいい!!



                         うそ、捏造も問題ない!!



              うそも方便という言葉があるだろう!!



          倫理的に後進的な人間に対する教育的措置には、必要なんだ!!!




    反日は韓国のアイデンティティと不可分な関係があり、反日と無縁な韓国人はいない、と鄭大均首都大学教授は述べている。

    韓国の過激な反日感情は自然に発生した感情ではない。「反日国家」韓国では、日本は「悪い国」だという情報だけが与えられ、人々が自然に「反日型人間」になるように仕組まれた「反日システム」という社会構造が形成されている。そこから利益を得ている人々(北朝鮮や日韓の左派など)がシステムを維持強化している、と崔碩栄は述べている。

    韓国は世界で最も日本非難論が活発で、韓国マスコミは日本非難なら何でもありで、極端な比喩による感情的論評を書き、反日報道ではデッチ上げなど内容が誤報と分かっても訂正はほとんどない。これは「反日病」だ、と黒田勝弘は述べている。

    韓国にはタリバンのテロと本質的に同じ反日原理主義が根付いている。小中華思想からの日本人への蔑視感情がそのエネルギーの原動力になっている。韓国人の歪んだ歴史認識は、嘘を嘘と認めない彼らの文化から生まれたものであり、理性や論理を超越したところで仮想現実の構築に勤しんでいる。反日という宗教の原理主義が情報テロリズムという形態を取って日本に襲い掛かっている、と西村幸祐は述べている。

    「韓国の常軌を逸した「侮日・卑日」ブーム」は、「「夷」たる日本への根深い蔑視」という「精神的な先祖返り」が背景にある。韓国は、自分たちは精神文化では日本よりはるかに上だと考え、日本人は倫理性が低いので倫理性が高い韓国人が日本人のために「戦犯国家」日本を叱ってやっているのだ、という態度を取っている。

    「2006年秋に韓国の最高指導者の1人から「韓国はもう、中国に逆らえない。だから日本も中国に逆らってはいけない」と厳しい口調で言われた」が、「「自分が中国に服しているのに、そうしない奴がいる」と考える韓国人は、中国人以上に日本に対し不快感を持つ」。

    「韓国では論理の整合性は重要視されません。ケンカする時には相手を攻撃しまくるべきであり、自分の行いがどうであるかは関係ないのです」。「韓国人は中国の朝貢国であったことに誇りを持っている。それを恥ずかしいなどとは思っていない」。韓国は、「「もっとも忠実に中国に仕えることで、世界の安定に大きく寄与してきた」という意識が根強いのです。この場合、「世界」は「中華世界」、つまり「華夷秩序」を指します」、と鈴置高史は述べている。

    韓国人は、日本は格下で「礼・文化を知らない「夷」、野蛮人だと軽んじ」、「そういう連中には、礼を欠こうが、多少だまそうが」、「何を言ってもいい、してもいい、とまた考え始めた」。 韓国は、「日本の植民地支配から脱した」ことに正統性を置いているため、「植民地化以前の「朝貢の時代」も美化して語られがち」、と岡本隆司は述べている。

    韓国は、日本に対して執拗に過去史を追及し「謝罪と反省」を求めてきたが、中国とは1992年の国交正常化以来、首脳会談で過去史が問題になったことはない。中国は朝鮮戦争で北朝鮮を支持して軍事介入した南北分断固定化の元凶であるのに、韓国政府もマスコミも識者も誰も中国の戦争責任、侵略責任を語ろうとはしない。

    「韓国は中国が侵略戦争責任を追及しても応じないと分かっているので黙っているのだ。とすると結果的に日本のように応じると限りなく追及される?」「経済や政治など実利のためには中国と仲良くし、ご機嫌をうかがわなければならないからだ。」と黒田勝弘は述べている。

    韓国は、米中の間で上手に立ちまわって生き残るために、潜在的覇権国である中国には敵対せず、自分だけ「いい子」になり、日本を中国や米国と対立させて、日本を「バック・キャッチャー」(「悪い子」、負担を引き受けざるを得ない国)にして、中国の脅威を日本に向けさせようとしている、と鈴置高史と木村幹は述べている。

    反日とは一種のレイシズムである、と鄭大均首都大学教授は述べている。

    日本の国旗日の丸にションベンをかける韓国の子供。

  • ヘイト=憎悪と差別は関係あるか??







    ヘイト=憎悪、発言と差別とは全く何の関係もありません!!


    犯罪を憎む。
    同時に犯罪者をも憎む。
    犯罪者に嫌悪感を抱く。
    こっれって、国籍・民族にかかわりなく誰でもが持つ
    人間の普遍的感情ですよね。
    差別とはおよそ何の関わり合いも持たないごく自然な
    人間感情かと・・・

    今では犯罪被害者やその家族など被害者親族も裁判では
    検察側に関与して、当該刑事裁判に参加できるように
    なりました。

    しかし、ヘイト=憎悪スピーチ規制法ができると状況は
    一変します。加害者=刑事被告人がもし、在日外国人の
    場合どうなるか・・・

    被害者およびその親族は、裁判で被害者感情を率直に述べる
    ことができましたが・・・
    ”加害者=被告人を極刑に処してほしい。”
    ”加害者=被告人を厳罰に処してほしい。”
    ”被告人を即刻日本から追放してほしい、”
    ”被告人を二度と日本に入ってこれないようにしてほしい。”

    裁判でこんな発言をしようものなら、ヘイトスピーチ規制法
    により、即座に処罰されることになります。
    すなわち、ヘイト=憎悪発言となるからです。



    また、このような裁判内容を報じるマスメディアもすべて規制・

    処罰されます。

    ヘイトスピーチ規制法は中世の暗黒時代のような恐ろしい抑圧
    状態をもたらします。
    そしてそれは必ず拡大適用されることになります。

    オウムは人殺し集団だ!
    アレフはこの町から出ていけ!

    といった地域住民の活動も、ヘイトスピーチとみなされ、
    徹底的な取り締まりと規制の対象となります。
    実に恐ろしい時代がやってくるのです。

    差別でもないのに、”差別”を招くという殺し文句のため・・・

  • 血迷った反日謀略機関




         朝日新聞のダメ押し捏造発覚…




    朝日新聞は、先月の訂正記事で
    吉田証言の虚偽だけを認め、
    元記者の植村隆氏と義母の反日活動家・粱順任
    との関連は否定している・・・

    韓国では、1990年頃から
    「女子挺身隊は慰安婦」という流布が再熱したのは
    「挺対協」(韓国挺身隊問題対策協議会)の共同代表
    尹貞玉の責任が大きい。

    しかし、
    この団体を後押ししていたのが、朝日新聞なのだ・・・

    朝日新聞のダメ押し捏造発覚…
     血迷った反日謀略機関
     http://s.webry.info/sp/dogma.at.webry.info/201408/article_3.html
    (略)

    90年代初め、南鮮では「挺身隊=慰安婦」という
    デマが拡散され、反日感情が急激に高まっていた。
    その火に、朝日新聞が油を注ぎ込んだのである。


    猛威を振った「挺身隊=慰安婦」の
    反日プロパガンダ。
    朝日新聞は居直り特集で
    「問題がクローズアップされた91当時」に
    「両者を混同」したと説明した。
    しかし、それも捏造報道だった。

    8月5日以降、ネット上では、
    これまで半ば埋もれていた朝日の慰安婦捏造記事
    に注目が集まった。

    1984年11月に掲載された長文の海外コラム。
    あの悪名高い故・松井やよりが書いたものだ。
    asahi140759594860444352227.jpg

    「この夜から、
     挺身隊員としての地獄の夜が始まった」
    松井やよりは、そうハッキリ記述している。

    朝日新聞は、居直り特集での“自供”と違い、
    少なくとも8年間に渡って「悪質な流言」を
    バラまき続けたのだ。
    反日パンデミックの様相である。

    84年に朝日新聞が世に送ったインチキ挺身隊員は、
    ノ・スボクというタイ在住の朝鮮女だった。
    南鮮メディアは1921年に“連行”されたと報道するが、そ
    れは挺身隊が誕生するはるか前のことだ。
    もちろん、嘘である。

    そして、ノ・スボクを発掘したのが、
    後に挺対協(南鮮挺身隊問題対策協議会)を
    結成する尹貞玉(ユン・ジュンオク)だった。
    この挺対協ルートで次にネタを貰ったのが、
    植村隆だ。

    「義母との縁戚関係を利用して
     特別な情報を得たことはありませんでした」
    (8月5日付朝日新聞)

    朝日新聞は、社員の供述だけを根拠に、
    そう言い放つ。
    スクープ獲得を栄誉とする報道機関らしい視点だ。
    植村が“証言テープ”を挺対協からゲットしたことは
    記事にもあり、尹貞玉も写真で紹介されている。

    悪名高い故・松井やよりが書いた海外コラム ↓
    彼女によれば日本軍の兵隊はすべて極悪人ですって。
    彼女のお父さんも、中国戦線に一兵士として参加しています。
    しかし彼女によれば、お父さんはクリスチャンだったから
    一人お父さんだけは悪いことをしなかった良い兵隊さんだったのですって。
    こんなバカ女が朝日新聞の編集委員をやっていたのですから・・・

  • 河野洋平はなぜ人前に出てこないのか






    いくらなんでも、そろそろ記者会見ぐらい開いても
    いいのではないでしょうか。

    6月21日に山口市で講演して以来、ほとんど人前に
    出なくなってしまった河野洋平です。

     この間に朝日新聞は大変な状況に追い込まれてしま
    いましたが、お仲間を助けようという気持ちも無いの
    でしょうか。それとも、朝日に梯子をはずされたと思
    っているのでしょうか。

     朝日新聞が誤報を認めようが、謝罪しようが、「河
    野談話」がある限り、慰安婦問題で傷つけられた日本
    の名誉は回復しない-。

    欺瞞に満ちた河野談話の真実・・・
    いまだ談話について言及しない河野洋平・・・

    河野談話の草案を作った3巨悪。
    左から辻本、福島、河野 ↓

  • また韓国人が対馬で仏像ドロボウ!




    韓国人は日本入国禁止にすべき!




    韓国に制裁を行なえ!




    韓国人は自分たちが廃仏した歴史を忘れて日本から盗みます!


        間違った反日教育が韓国人に「泥棒さえ正当化」させる原因に!    


     ちょっと前なんですが、中国で犬を盗んだドロボウたちが、村人にフルボッコにされている映像がネット上にあげられていました。もちろん私は「リンチ」には反対ですが、対馬で相次ぐ「仏像泥棒」に対しては「強硬手段」をとってもよいのではないかとさえ思います。韓国人には「言葉での警告」は効果が期待できませんから。

    韓国(朝鮮)という国家が、中国の歴代王朝の属国の時代、儒教を国教にしていたことを現在の韓国人は知っているのでしょうか?朝鮮半島では高麗の時代から中国の儒教を導入し、李氏朝鮮の時代には「崇儒廃仏」政策を取り、仏教を徹底的に弾圧したんですよ。

    韓国にろくな仏像や経典がないのは何も「倭寇」の責任などではなく、朝鮮人が仏像を破壊し経典を燃やしたんです。そういう「歴史を直視」しないで、日本が大切に保管してきた仏像や経典を盗むなんて! 

    韓国人はほんと「痛い目」に遭わないと理解できないんですね。日本は甘すぎます。日本人は寛容すぎます。韓国人は仏罰に遭うべきです。

      2012年10月8日、対馬の海神神社の国指定の重要文化財「銅造如来立像」、観音寺の長崎県指定有形文化財の「銅造観世音菩薩坐像」が韓国人窃盗団に盗まれ韓国で仏像は確保されたが、現在も日本に返還されていない。

  • 永住外国人への生活保護 


    国の通知が有名無実化 


    大阪府など6都府県が“無視” 


    専門家も「形骸化」指摘



    2014年10月31日


    永住外国人に対する生活保護費の支給をめぐり、要保護者が属する国の

    領事館に保護制度の有無を申請時に照会するよう定めた国の通知が有名

    無実化している。

    大阪、東京など6都府県が、通知を順守していないことが産経新聞の

    取材で判明。通知に法的拘束力はないものの、昭和29年の発出から

    60年が経過し、専門家は「すでに形骸化(けいがいか)している」

    と指摘している。

    厚生労働省も通知の見直しを検討する方針だ。

    国の通知に従っていなかったのは、大阪、東京、滋賀、鳥取、宮崎、

    鹿児島の6都府県。

    生活保護法は、対象を「国民」に限っているが、旧厚生省は昭和

    29年、生活に困窮する外国人についても国民の取り扱いに準じる

    よう通知した。

    通知では、生活保護費の支給手続きとして、市町村などの保護の実

    施機関が在留カードなどの番号を明記した書面を添えて都道府県知

    事に報告

    ▽知事が要保護者が属する国の領事館などに保護制度の有無を照会
    ▽要保護者が領事館などから保護を受けられないことを確認し、結

    果を市町村側に通知する-と定めている。

    厚労省によると、保護は要保護者が属する国が行うのが原則で、

    領事館に保護制度の有無を照会することで保護費の二重支給を防ぐ

    のが通知の目的という。

    だが、実際は保護制度を持つ国はないのが実情で、領事館への照会

    も形式的に行っている都道府県がほとんどだ。中には大阪府などのよ

    うに通知を「無視」しているところもある。

    府によると、記録が残る昭和62年以降、領事館への照会を求めて

    府に提出された府内13市からの報告書類計178件をすべて放置。

    結果も市町村側に通知していなかった。

    府の担当者は対応の不適切さを認めた上で、「どの国の領事館に照

    会しても自国民を保護する制度はなく、次第に照会しなくなってい

    ったと推察される。それが慣例化し、自治体側からの提出書類も放

    置してしまった」と釈明する。

    保護制度に詳しい熊本県立大の石橋敏郎教授(社会福祉法)は
    「生活保護は表向き国民に限りながら、実際は外国人にも支給して

    おり、その矛盾に対する国民への『言い訳』が通知の意味ではないか。
    『過去の遺物』を引きずった形で、手続き自体に意味はない」と指

    摘する。

    厚労省の担当者は「通知が非効率との課題も認識しており、国が一

    括して領事館に照会するような手法も検討したい」としている。

    永住外国人 特別永住者と一般永住者の2種類がある。
    特別永住者は、戦前から日本に住んでいた韓国・朝鮮籍や中国籍

    などの人やその子孫。

    一般永住者は法務大臣が在留期間の長さや配偶者・子供の有無など

    を考慮し許可する。 外国人が永住権を得るには原則10年以上日本

    で暮らす必要がある。法務省の統計では平成24年末現在、一般永

    住者は62万4501人。特別永住者は38万1364人。

  • 【産経/黒田勝弘】靖国には韓国人の英霊も



           韓国は日本と一緒に米中と戦ったというのが歴史的事実 



    極東裁判とも関係ない[12/28]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388239153/-100



    【外信コラム】ソウルからヨボセヨ 韓国人の英霊にも
    2013.12.28 03:05


     1970年代に韓国に語学留学した当時、大学周辺の行きつけの食堂の主人が日本統治時代、満州で日本軍(関東軍)の上等兵だったといい「日本が戦争に勝っていたら自分は今ごろは米国のカリフォルニア州あたりの知事になっていたかもしれない…」とよく冗談を言って笑っていた。

     韓国は安倍晋三首相の靖国神社参拝にまた大騒ぎだが、靖国神社が話題になる度にこのエピソードを思い出す。日本は韓国と戦争したわけではなく、逆に韓国人は日本人と一緒にアメリカや中国と戦ったというのが歴史的事実だ。だから韓国はいわゆるA級戦犯など米中ソなど連合国による極東裁判には関係ない。あの裁判は日本の朝鮮半島支配を裁いたものでもない。

     日本が戦争に負けた後、韓国は日本と一緒だったという過去(協力?)の歴史を懸命に消そうと、すべてを日本による強制だったとする“強制史観”で国民を教育し、今やみんなそう思うようになった。

     靖国神社には日本とともに戦ってくれた台湾の人や韓国人の英霊も多数、祭られている。その中には戦犯として処刑された韓国人の霊も含まれている。安倍首相は参拝に際し彼らにも感謝と慰霊の言葉を発すればもっとよかった。今の韓国が何といおうとそれが日本としての誠意である。(黒田勝弘)

    http://sankei.jp.msn.com/world/news/131228/kor13122803060000-n1.htm


    【日韓】朴一「韓国が靖国参拝に反対するのは日本と独立戦争をしたという虚偽歴史を作りたいから」

本文はここまでです このページの先頭へ