ここから本文です

投稿コメント一覧 (3550コメント)

  • >>No. 26372

    おふとんのなか

     小さなアンカを抱き枕といっしょに抱いて寝ているのですが、なんともあったかくて、

     よし、起きろ、はよ、起きろ、それ、起きろ、と掛け声ばかりなのですが、

     窓の外は、真っ暗で、ヒュー、なんて木枯らしの音が聞こえます。

     えいっと、ふとんを蹴っ飛ばして、起きます。アンカのコンセントプラグを抜きます。

     階下に降りて、思い切ってパジャマを脱ぎます。上半身素っ裸です。ぶるっと。

     まあ、服さえ来てしまえば、もう、どうってことありませんね。

     いざ、出発です。

  • >>No. 26371

    お祝いの続き

     大阪府下のイオンに行きました。道がよくなっているので、30分ちょっきりで到着です。

     そこのステーキ屋さんで、ランチのワイルドステーキってのをよめといただきましたです。

     けっこう固かったですが、まあ、おいしかったですね。

     大きな本屋さんをうろうろとして、こないに大量の本があるのになあ、なんてね。

     来年こそは、ここに自分の本が山積みされているのだと、妄想しましたねえ。

  • >>No. 26370

    ありがとうございます

     受賞云々よりも、とにかく送ったというやれやれ感が捨てがたいですね。

     うわー、もうあかんぞ、というのを諦めないでよかったという感じですよねえ。

     ちょっと方向性がおかしいですけれど。

  • >>No. 2067

    こんばんは 寒いです。

    水栽培、調べてみると、サボテンや多肉もできるみたいです。

    ビンなんていくらでもありますものね。鉢植えよりお手軽でいいかもしれません。

    今日、今年最後の文学賞、太宰治賞に、無事投函することができました。

    やれやれです。今年は目標通り、5つの賞に送れました。

    結果は、すっとこですが、まあ、懲りずに来年も、頑張りますです。

  • >>No. 26368

    ふうっと

     9日、土曜日に、7時間かけまして、一気に36枚書き上げて、脱稿しました。

     10日、日曜日、配達後、ひたすら推敲、プリントアウトして、無事、中央郵便局から発送できましたです。

     そして、今年の目標、5編は、すべて達成いたしました。

     まあ、結果はともなわないのですけれどね。

     でも、その調子で、ぎりまで待たずに、とっとと書けよ、ってことですよねえ。

     来年は、どうしてくれようかなあ。しっかりと計画を立てましょう。

     今日は、郵便局の帰り、いつものテーブル席で、缶コーヒープレミアムと豆大福でひとりお祝いしました。

  • >>No. 26367

    えーと

     >宇宙の広大と無辺を眺め・・
     及びもつかぬ膨大な時間と空間と距離にただただ圧倒される。

     眺めるんじゃなくて、自分の心が、宇宙そのものになってしまうっていう感覚ですね。

     まま、そんな感じですから。

  • >>No. 26365

    イオンのソファーで

     よめを待っているときに、ふと閃きました。

     大きな心で、すべてを包み込む。

     しょうもないことに、ひっかからない。むかっとしない。おっと思わない。

     何があっても受け止める。

     すべては、考えたら、小さなことだ。それが完全な悪でない限り、全部受け止めたらいいのだ。

     何もこばまず、はい、喜んでと、何もかも包み込めばいいのだ。

     大きな大きな心、それは、大海であり、大宇宙だ。

     そして、そのとき、心というものは消滅するのではないのか。

     なんてね。

  • >>No. 26364

    絶対に雨が降っている

     雨の落ちる音が絶対にしているぞ、と思って、眼を覚まして、覚悟を決めて、窓の外を見れば、

     スーパームーンが輝いていて、

     あんだけ、月が見えているのなら、どう考えても雨じゃないなあ、
     
     とほっとしたり。

     耳までおかしくなっているのでしょうかねえ。

  • >>No. 26363

    どきどきして目を覚ます

     いまだに、工事監督をしていたころの夢をみたりします。

     下請けに任せておいたら、でたらめな仕事をしてさっさと帰ってしまって、

     えらいこっちゃとあわてているような夢ですね。

     なんで、しっかりと説明をしておかなかったのだろう、みたいなね。

     任せっぱなしにしていたのではなかったのかとか、反省をしきりにしたり、

     で、あ、夢か、と思うわけですね。

  • >>No. 26362

    近所の山々

     スーパーの奥にでんと控えている山々も、いい感じになってきました。

     ところどころに、真っ赤な塊も見えましてね、ほんとに、いいところに住んでいるなあ、なんてことを思います。

     そういえば、今朝は西の空低くに、大きな満月が出ていましたですね。

     そして、いいお天気でした。小春日和ってやつですね。

     公園のベンチなどで、日差しの中にいると、その温かさがうれしいですね。

     さてと、メモにあれこれと書き綴っています。

     それを順番に執筆しましょう。もう、もたもたしてられませんですね。

     一気に脱稿までいきましょうかね。

  • >>No. 26360

    kaiquuさん

     いらっしゃいませ。
     
     はい、陰ながらお祈りしております。いいところにいくといいですね。

     ふむ、すごい、経歴をお持ちなんですね。

     わたしは、志は、決して小さくないつもりなんですけれど、まあ、それを言ったらおしめえよ、なんてね。

     はい、また、気が向いたら、いつでも来てくださいよ。お待ちしておりますです。

  • >>No. 26358

    八朔さん

     いろいろとありがとうございます。

  • >>No. 26356

    誕生日2日目

     昨日は、気合が入ってしまって、昼寝をするのを時間がもったいないと思って、寝なかったのですが、

     夕方になると、ほんとに、エネルギーが切れてしまった感じで、

     ぼうっとしていましたねえ。

     読書も、テレビの録画を観るのも、なんだか、しんどくなって、何もすることなく、でも寝ることもできずに、

     それこそ、時間の無駄遣いをしてしまいましたね。

     やっぱり、昼食のあとは少し寝るのが正解ですね。

     今日は、反省して、1時間20分ほど寝ました。はい、いい感じです。

  • >>No. 2065

    こんにちは

     水栽培、今日は、流しの下の棚を開けてのぞいてみると、根が3、4センチほど、芽も4,5センチほど伸びていましたので、

     明るいところに移しました。

     スマホで撮影しましたけれど、ラインのように、簡単に写真が送れたらいいのですが。

     観葉植物、かつていっぱい並べてましたよ。

     天井まで届くようなアレカヤシとか、クワズイモとか、

     そうか、それから、興味は、サボテン、多肉に移って行ったようですね。

     今は、スピーカーの上のサンスベリアぐらいですね。

     こちらは、まだまだ雪はないです。

  • >>No. 26355

    旧市街

     では、けっこうイチョウの街路樹がありましてね。

     今、まさに、真っ黄色です。

     歩道に落ち葉が敷き詰めたようになっていたりして、

     はい、きれいです。

     でも、掃除する人はたいへんでしょうね。

  • >>No. 26354

    インド製のボールペン

     前にも書いたような気がするんですが、忘れました。

     ダイソーで売っている5本入ったゲルインクボールペン。

     書き出すと、すぐに、かすれてくるんですよね。

     でも、ここで、なんじゃこれ、と捨ててしまわないで、ペンを斜めにして、紙にしつこくペン先を走らせていますと、

     50回ぐらい左右にこすりつけたあたりから、急に、復活してきて、

     そのあとは、最後まですらすらと非常に書き味の良い状態で使うことができますよ。

     わたしの愛用品です。うむ。

     おためしあれ。

  • >>No. 26353

    今何かをしていて

     常に次に何をするかを考えるようにしています。

     はい、今日からの努力目標ですね。

     今やっていることが終わったと同時に次にやることを始めるわけです。

     つまり、ぼうっとしている時間を消滅させるってことですね。

     無理臭いですねえ。

  • >>No. 26351

    うめさん

     お誕生日おめでとう、ありがとうございます。

     はい、けっこう、一気にがたがたしておりますです。

     今夜は、よめは、ケーキはだめだから、赤飯とタイのあらだきで、お祝いしてくれるそうです。

     3歳と0歳の孫からは動画で、おじーしゃんおたんじょうびありがとー、なぜかありがとーでしたけれど、
     ラインで届きましたですね。

     まま、幸せ者です。うむうむ。

     はい、なんとか、頑張って投函しようと思っとります。

     また、懐かしい曲のプレゼントありがとうございました。

     あのドラマで、木村佳乃さん、まあ、かわいかったこと。そんなの思い出しました。

     ちょっと調べたら、もう20年も前ですか。うーむ。

  • >>No. 26349

    ふむ

     そんだけ。

     そやね。いうことなし。

  • >>No. 26347

    用水路

     近所の用水路には、幅1メートルほどの水路の両側に1メートルほどの側道とでもいうのでしょうか、細い道といえば道がついていたのですが、そこには、自然にか、誰かが植えたのかもしれませんが、あじさいやイチジクやザクロなどの木をはじめ、勢いよく茂っている雑草で覆われておりましたです。

     それが、最近、それらの草木がきれいに撤去されて、土もいくらか削られて、あれっと思っていると型枠が設置されて、あっと言う間にコンクリートで舗装されてしまいました。

     なんともすっきりとして、これなら、ここを歩いて近道にもなりそうなほどですが、あまりに人工的にすっきりし過ぎて、なんか、いいような悪いような、変な気分になりましたですね。

     用水路ではなく、小さな河川も両側がきれいにコンクリートで固められていて、かつての土の土手とかすっかり様変わりしているところもありますね。

     新しい4車線の道路には街路樹は一本もありません。中央分離帯も、ひたすらコンクリートで固めてあります。
     歩道もしっかりと全面タイルで覆われていて、花壇的な余裕もないですね。

     そこへつながる古い道路には街路樹が続いているのですけれどね。

本文はここまでです このページの先頭へ