ここから本文です

投稿コメント一覧 (3865コメント)

  • >>No. 26730

    ある日、突然

     昔、こんな歌がありましたねえ。

     男女のグループでしたけれど、名前が出そうで出ません。

     まあ、いいや。

     この前、ある人の体験を聴きましてね、

     ある日、突然、胸に違和感を覚えて、それがどんどんとひどくなって、

     あちこち検査をしてもらってもわからない、結局は、手術までして、ようやくその病名が解ったそうですが、

     そうこうしているときに、今度は膝の方に激痛が起こって、

     それもどんどんとひどくなって、それも、けっこう厄介な病気で、

     今は、なんとか、その治療薬も見つけてもらって、仕事もできるようになり、回復には向かっているということだったのですがね。

     つまり、

     ある日、突然、起きるものは起きる、ってことですよね。

     朝ドラでも、まさか、この自分たちが住んでいるところに、爆撃なんてしてくるとは思えなかったと思います。

     また、そのうちに、来るぞ来るぞと言われている東南海地震とかでもね、

     ある日、突然、来るときは来るわけですものね。

     そりゃ、もう、ようしゃなく、たいへんなことになると思われます。

     明日は我が身、って言葉がこのごろ、なんか、ほんとにそうだなあ、なんてことも思います。

     朝、たいてい自分が先に起きるわけですが、

     よめが、寝ぼけた顔をして起きて、降りてくる、階段の足音を聞くと、

     うむ、今日も生きとったなあ、みたいなね、ほっとする気持ちがあります。

     自分か、よめか、ある日、突然、どちらかが絶対になんとか、なるのだろうと思います。

     まさか、ふたりとも、100歳まで元気ってこともないでしょうからね。

     そんなことばっかり思っているわけでもないのですけれどね。

  • >>No. 26729

    庭の水菜

     どんどんと大きくなって、中央花壇いっぱいに茂ってきましたね。

     すでに、収穫もしていますし、昨日などは、お客さんにちょん切ってレジ袋いっぱいあげました。

     新鮮で、みずみずしくて、柔らかで、なんともその黄緑というか、色がいいですよね。

     種を蒔きさえすれば、2カ月も経たないうちに、こういうことになるのですね。

     1ミリにも満たない種が、りっぱな野菜に変身しております。

     土と水と鶏糞の栄養でしょうけれど、不思議ですよねえ。

     これをみんな獲ってしまうと、次はやっぱり、ブロッコリーですかね。

     さてと、

     まず、自分の心を決める。ってことですよね。

     一念を定める、ともいいますが、

     目的観を持って進むということですね。

     何のために生きるのか、ってところに繋がります。

     残された、日々を、どう過ごすのか。これですね。

     未来は、今にしかない。

     今が、未来をつくる。

     この一瞬、一瞬が、未来そのものなんですよねえ。

     ほぼ、毎日のように、娘たちが、孫の写真をラインで送ってくれます。

     どんどんと大きくなってますよねえ。

     いちばん、ちっちゃいのも、11月が来れば、2歳になるんですものねえ。

     テレビの前で踊っている動画とか来ますね。

     この前、やっとこさ立てたと思っていたのにねえ。

  • >>No. 26728

    寒いと思えば

     昨日の新聞配達、寒かったです。薄いジャンパーではもうダメでしたね。

     で、昨日、よめに、ダウンだしておいてよと、頼んでおきまして、

     今朝はさっそく、それを着て、出発しました。

     いい感じですね。あったかいです。

     寒いと思えば、寒くないように、対策をすればいいわけですよね。

     別に、どうってことはないわけですよね。

     それを、やせ我慢とかしているから、風邪をひいたりするわけですね。

     あまりにあたりまえのことですけれど。

     タブレットのケース、注文しました。

     ネットでその機種ようのケースを検索していますと、まあ、いっぱい出てきて、

     最初、1600円ぐらいのにしようかなと思っていたのですが、500円ぐらいのでも、別に同じようで、まあ、安いのでいいか、なんてね。でも送料共で1000円でした。

     また、コンビニ振込みを選びまして、さっそく、リニューアルしたコンビニで振り込んできました。

     色もいろいろと迷ったのですが、黒か茶色かなあ、なんてね、でも結局はオレンジにしました。

     まあ、これまた、書くほどのことでもなさそうなんですけれどね。

     で、到着まで、ちょっと楽しみってことですね。

     まず、自分が変わる。

     この頃、これがテーマですね。

     一番先に、自分こそが変わらなければならないのだ、ってね。

     まあ、いろんなテーマがありますけれど、ひとつひとつ、しっかりと、受け止めていきたいですね。

     11月、人生の、何か、重要な月かもしれませんね。

  • >>No. 26726

    新しいタブレット

     ジェイコムさんのタブレットが壊れて、というか、気泡のようなものができて、

     それがどんどんと広がって、そこから光だして、具合が悪くなって、

     直してもらえないかという感じで、電話をしてもなかなか通じないので、

     会社にまで行きましたら、スマホを勧めてくれた人に会いましてね、

     新しいタブレットが、無料で提供できます、ということで、

     でもまあ、設定に行くので、サポート料として、月々500円が半年要ります。

     つまり、3000円で、新しいタブレットが手に入る。

     食いつきましたですね。

     で、昨日、設定をしてもらいまして、使えるようになったということでした。

     やはり、少し時が経てば、ずいぶんと進化しているのだなあ、なんてね。性能もよくなっているようです。

     驚いたのは、自分のスマホや家のケーブルテレビと連動してくれて、

     ケーブルテレビの録画したものや、スマホの写真関係が、そのタブレットで見れるのですよねえ。

     いろいろと教えてもらって、キーボードの設定の仕方とかね。

     まあ、サポート料も値打ちありましたですね。

     これを、しっかりと活用したいと思います。

     ケースもおごってやろうかと考えたりしています。

     これもまた、ひとつのターニングポイントになればいいかな、なんてね。

  • >>No. 26725

    たとえば

     道を歩いていて、いきなり後ろから、車ではねられたとします。

     朝からゲンが悪いこと言うなって感じですが、

     そのときにはね、きっと、意識はあると思うのですよね。

     いきなり、眠ってしまったような、何もわからないってことはなさそうな気もします。

     あれ、どうしたんやろ、自分は、大丈夫か、みたいなね。

     まあ、気絶したとか、意識を失ったとか、何も覚えていないとか、

     それは、目覚めたときの記憶なのかもしれませんけれどね。

     たとえば、7歳のときの自分、20歳のときの自分、40歳のとき、そして、現在と。

     肉体的、細胞的には、この年月であれば、すべてが入れ替わっているそうですよね。

     でも、そこに流れる意識は、まちがいなく、自分自身だと認識している自分ですものね。

     なぜ、自分が自分だと思えるのでしょうかね。

     考えれば不思議な気もします。

  • >>No. 26724

    今日は

     配達もなかったので、まるまる8時間寝て、
     
     それから、朝からガレージの飛んで行った、波板を買いに行ったり、トラックを借りて運んだり、

     午前中は、ずっと作業をしていて、若いころのように、身軽じゃないし、脚立作業も、よめが支えてくれたりするのですが、なかなか我ながらどんくさくて、危なっかしくて、じじいやなあ、なんて思いましたねえ。

     しかも、タッピングビスとドリルビスを勘違いして買ってきて、ふうふうと苦労しましたけれどね。

     とりあえずは、下から見たら、なんとかなりました。

     昼ご飯を食べて、昼寝もして、夜も用事とかありましてね、

     ルーティンワークにとりかかったのが、まあその用事が終わってからになりましてね、

     そして、ようやく、今さっき、すべてが終わったところでした。

     今までなら、もう、いいや、なんて、すぐに投げ出していたのですが、まあ、頑張ろうってね、

     すべての項目に〇を付けることができましたね。

     この最後の項目のトピ更新も、これでとりあえず、〇ですものね。

     まあ、明日も、用事が多いですが、細かな時間を無駄にしないように、やっつけていきたいと思います。

     きっとその先に、何かが見えてくると思えますからね。

     そんなこんなですね。

  • >>No. 26723

    久しぶりに

     北斗七星が、くっきりと見ることができました。

     北の方の空を見上げただけで、探すことなく、ひしゃくの形が浮かびました。

     北極星の位置を改めて、確認して、あれ、あんなに上だったのか、なんて思いましたね。

     ちょっと下の星を、あれだなあ、なんて思っていたのでしたね。

     空気は冷たくなってきましたけれど、やはり、澄んできたということでしょうね。

     稲刈りも半分以上終わり、いよいよ秋ですよね。

     まだ、紅葉はこれからですけれどね。

     なかなか忙しくて、旅行のだんどりが付きかねているのですが、

     紅葉のいい季節に一泊行きたいと思っております。

     蟹もいいですよね。

  • >>No. 2154

    おはようございます

     周りの田圃では、今、稲刈り真っ最中ってところですね。

     よめは、稲の花粉っていうか、もみ殻の粉? に弱いっていうか、花粉症みたいになってますね。

     ぐっと涼しくなってきました。

     こちらは紅葉はまだまだですけれどね。

     庭の水菜とか大きくなりまして、湯豆腐で食べたら柔らかくておいしかったです。

     このテキストリームも、12月でおしまいだそうですね。

     そのときは、ブログに移ろうかな、なんてことも思ったりしています。

  • >>No. 26721

    車に関して

     あれこれと、どうすべえか、なんて思案していたのですが、

     今の状況はですね。

     ライフの車検が完了しました。ネクステージってところで車検やってもらいました。

     なかなか、親切というか、丁寧だったと思います。

     7万円未満でいけました。無料のオイル券とかあれこれ付録も付けてくれましたしね。

     ということで、ライフは次の車検までは、乗ることに決定ですね。

     次に、フィットの方ですが、台風で物置が倒れてきて、ボンネットの辺りが少しへこんでしまったのですが、

     昨日、ホンダに修理に出しました。

     免責5万円は出さなくてはならないのですが、見積もりは25万近くかかりましてね、それは、全部保険で出るそうです。

     ということで、まあ、きれいに治れば、査定が高くなるってことなんですけれどね。

     でもまあ、どうやら、フィット君に乗り続けそうですねえ。

     プリウスにまだ未練はあるのですが、まあ、いいか、って感じもします。

     なんていうのか、久しぶりの物欲にちょっと、心が騒いだな、なんてそんな感じでした。

     新聞配達、肝心なことは、あわてたらあかん! これですね。

     ゆっくり、じっくり、1軒、1軒、これですね。

  • >>No. 26720

    そこでじっと我慢する

     そんなことの訓練をしています。

     どういうことかというと、たとえば、読書をしていて、もう、ページを閉じたいな、なんて思ったときに、

     とにかく、この章が終了するまでは、1ページ、1ページ、1行、1行、じっと我慢して読んでしまう、

     って感じですね。

     この一節を書き写したいと思えば、途中で、嫌になっても、最後まで1行、1行、1文字、1文字、うんうんと言いながら書写するってことですね。

     どこかに行こうと思えば、思っただけで、めんどうになるのですが、いやいやと、車に乗って、エンジンをかけて出発するってことですね。

     眠くなっても我慢。

     喉が渇いてきても、何か食べたくなっても我慢。

     とにかく、目の前の課題をひとつ、終わらせるまでは、まず、それに集中するってことですね。

     まあ、いい感じになってきているわけですが、

     なんとか、その感覚を持続していきたいと思っとります。

     しかし、涼しさを越えて、ちと寒くなってきましたね。

     配達の時は、とうとう手袋をしました。軍手状のやつですけれどね。

     もうすぐ、ダウンの出番でしょうねえ。

     寒いの嫌ですねえ。

  • >>No. 26719

    おはようございます

     はい、万年筆には、なぜか、そそられますよね。

     机の引き出しには、たくさんの筆記具に混じって、万年筆も何本もあります。

     外国で買ったペリカン、じいさんにもらったパーカー、大昔のセーラーとかはじめ、事務用の軸の長いやつとか、ダイソーのとか、ね、

     でも、どれも、いまいちっていうか、

     結局、ダイソーのゲルボールペンが一番って思っているんですけれどね。

     本屋さんで、万年筆特集みたいな雑誌があれば、やっぱり見てしまいますよねえ。

  • >>No. 26715

    夢を考えていました

     自分は、何のために、こうして今、生きているのだろう。

     ってことですよね。

     とりあえずは、元気で、不自由なく暮らせています。

     眼も見えますし、耳も聞こえます。指先も思うように動かせますしね。

     まあ、多少にぶくはなってきておりますけれど。

     未来に思いを馳せていました。

     目標は、12年後の、2030年としました。

     77歳になっています。セブンティセブンですよね。

     そのときに、どうなっているのか。

     まずは、生き延びなければなりません。

     それには、ある程度の、健康管理も必要でしょう。

     運動とか、体力づくりもね。

     いや、そんなことではなくて、

     その未来は、今、この瞬間にあるってことですよね。

     今、のこの1秒、1秒が、未来をつくっているってことですものね。

     そう、過去は仕方がないです。

     今からつながる未来があるばかりですよね。

     よく、だから、あの時、やっとけばよかったんや、なんてえらそうに言う人もいますけれど、

     そんなことは、まさに不毛っていうやつですよね。無意味だと思います。

     今、何をするかです。

  • >>No. 26712

    庭の水菜

     9月の9日に、2ミリ程度のかわいい双葉を出した、庭の水菜ですけれど。

     そうか、それから、1カ月と少しで、昨日は、晩ご飯の湯豆腐のなかに、入っておりました。

     しゃきしゃき感はあまりなくて、でも柔らかくて、おいしかったですね。

     いっしょに植えた白菜もけっこう大きくなっております。

     まだまだ、いっぱい生えておりますのでね、つぎつぎと収穫していけますね。

     それが、終われば、やっぱり、ブロッコリーですかね。

     チューリップとか植えてもいいなあとか、思ったり、やっぱり食べられるものがいいかなとか。

     今朝の星はきれいでしたねえ。

     そして、そろそろ手袋が欲しいなと思いました。

     寒くなるのも、このぐらいで、ストップしておいてもらいたいものです。

     さあ、今日も一日、頑張ろうっと。

  • >>No. 26713

    えーと、

     こういうとき、世間一般で、よく言われるのが、

     もう、うんざりだ。

     ってやつだと思います。

     まあ、この次は、スルーになりますけれどね。

  • >>No. 26711

    アクアスキュータムの万年筆

     テレビでのCMをちらっと見ていたのでしょうね。

     いつものように、イオンの本屋さんをうろうろしていると、モノマスターって雑誌に目が留まりました。

     創刊号だからでしょうか、金色のペン先の万年筆が付録についてます。

     こういうのに弱いのですよね。

     何年か前にも、東京で、万年筆の付録付きの雑誌を買って、そのときは、万年筆ははーちゃんにあげてしまったのですけれどね。

     で、さっそく、えいって、買いました。カクノとかいう万年筆もいいなあ、なんて思っていたのですが、それは、1000円ほどしていましたものね。

     それが、本代と共で、980円也ですものねえ。

     で、いつものソファーでうれしがりのように、箱をばらして、ノートと万熱筆を出し、

     インクカートリッジも差し込んで、説明書の裏に試し書きをしたりしておりましたね。

     やっぱり、ボールペンとは違う、微妙な柔らかさがいいですね。

     家に帰ってから、本格的に、日々表などに書き込んでいますと、ゲルボールペンの黒と同じ感じの色調で、いい感じでしたけれど、書き写しの文章に入りますと、ときどき、かすれたりしましたね。

     で、やっぱり、5本108円の、メイドインインドのゲルボールペンのほうが、わたしにはいいかもですね。

     そして、肝心の雑誌の方ですが、まあ、世界のブランド品みたいなのが、載っていて、

     革靴でも10万円以上、ワイシャツでも3万円とかねえ、話になりませんでしたね。

     そんなこんなでした。

  • >>No. 26708

    まず、自分を納得させる

     それが大事なことなのでしょうね。

     自分自身が納得できなくて、どうして他人を納得させることができるのか、ってことですよね。

     自分が解らないものを人に説明できるわけがない。

     自分は、結局、自分の思ったことしか書けません。

     自分が、そうだったのかと、心底思ったことしか書けそうにありません。

     自分自身が行ったこと、実際にやってみたこと、そして、その時に思ったこと、それがどうだったのか、

     そういうことしか書けないのですよね。

     日常ですよね。

     ちょっとしたことの積み重ねです。

     思いもかけない、縁というか、次々と、遭遇することもあります。

     うまくいくこともあれば、うまくいかないこともある。

     間が悪いってことは、多いですが、時には、なんとラッキーなってこともありますよね。

     そして、日々は驚くほど速く過ぎ去っていくわけですよね。

     そんなこんなですね。

  • >>No. 26709

    だから、勝手にやってろと思っていてくださいませ。

  • >>No. 26707

    ルーティンワーク

     と自分では呼んでいるのですが、

     毎日、幾つかのやるべきことがありまして、

     スムースにいけばいいのですが、何か、トラブルがあったりすると、その日のうちに終わるのがけっこうしんどくなるときもあるのですが、

     とにかく、今日まで、無事に続けてくることができました。

     すると、なんちゅうか、今日は、ほんとに、なんか、ひとつ殻が破れたような、

     そんな感じがしたのですよね。

     次から次へと、思ったことが現実になるというか、

     それをしようと思えば、どんどんと、それが、片付いていくというのか、

     思いが現実になるって感じですかね。

     そして、ああ、こういうことを書けばいいのだ、なんてね。

     そして、ひとつ踏み出せば、思いがけないいいこともありましたしね。

     そして、また、明日が楽しみになります。

     明日は、どうしてくれようか、って感じですよね。

     地道な、繰り返し、これってなかなかバカにできません。

     とにかく、こつこつと続けるってことは、たいしたことみたいですよ。

  • >>No. 26706

    さてさてと

     2,3日、暑かったのですが、今日は秋らしい気温でしたね。

     曇り時々雨、時々晴れ、ややこしい天気でした。
     
     庭の、水菜と白菜はけっこう大きくなってきています。

     元気に育っているのもあれば、それなりのものもありまして、同じ種でも違うのだなあ、なんてことも思いますね。

     今日は、よめのライフを車検に持って行きました。この前のところですね。

     わたしのフィットの後をよめのライフが着いてきましたね。

     バックミラーで見る走っているライフはまだまだきれいで、まだ、いけるなと思いましたね。

     おねえさんに手続きをして、

     そして、また、展示車をうろうろと見て回って、また、プリウスに乗り込みました。

     今回は、いいんじゃないの、なんて思ってしまいましたねえ。

     この前は、窓が狭くて、とてもじゃないけれど、この車の運転は難しいな、なんて思ったのですが、

     今日は、そんなことは少しも思いませんでしたね。どういうことでしょうかねえ。ややこしいですねえ。

     前は、ライフを運転していて、今日はフィットを運転していたからでしょうかね。

     まあ、とにかく、なるようになるでしょう。うむ。

  • >>No. 26705

    いつものことですけれど、

     ほんとに、日々は猛烈なスピードで流れていきますよねえ。

     10月に入ったと思ったら、もうすでに9日目です。明日には10日になります。

     たちまち、もうお正月でしょうね。

     そして、言うてる間に、東京オリンピックも、迎えて、

     さらには、大阪万博なんてのも、開催されることでしょう。

     なんか、バクーってのが、出てきたみたいですけれどね。

     そして、自分も、65歳から、なんて思っていたのが、もう、あと1月と20日ほどで、66歳になってしまうのですよね。

     貴重な日々が、どんどんと、過ぎていきます。

     まさに、両手にもった砂粒がさらさらと指の間から落ちていくようですね。

     そして、掌に何もなくなったときが、まあ、この世の、終了ってことでしょうかね。

     生老病死。これが、まあ、執筆のテーマでもあるわけですけれどね。

     もっともっと勉強しなくちゃと思います。

     ばらばらの知識を、ある程度、統一しなければ、なんてことも思います。

     まま、ゆっくりとね。

本文はここまでです このページの先頭へ