ここから本文です

投稿コメント一覧 (3768コメント)

  • >>No. 26600

    地球儀

     ずっと前から、欲しいなと思っていた地球儀をやっとゲットしました。

     あちこちの文房具店などに行ったのですが、前はあったような気がしたのですが、置いていなくて、

     結局は、アマゾンで発注しましたね。

     先ほど、こんこんとドアがノックされて、届きました。

     高さは40センチほどで、球の直径は26センチのなかなかご立派な地球儀でした。

     パソコンの横の、紅茶やコーヒーの瓶の前に置いています。

     付録で、日本地図も付いて来ましてね、この部屋には、既にそれを貼る壁が開いていなくて、

     仕方なく、板に貼り付けて、その板の上部にネジくぎを打って、本棚にひっかけるようにしました。

     いい感じですよ。

     これで、今まで、地図帳を開いて、観ていたのですが、さっと見ることができますね。

     くるくる回す地球儀。

     でも、ほんとの地球は、色分けもしていないし、もちろん国境もなければ、国名もないわけです。

     陸地と海があるばかりなんですよねえ。

  • >>No. 26599

    腕時計

     直径、3、4センチぐらいでしょうね。

     まあ、中には、四角いのもあるかもしれませんが、だいたいは円形ですね。

     時を示す針があって、文字盤か、それが解る表示の印があります。

     ようは、今、何時か分ればいいわけですよね。

     それだけの、しばりがあるわけですが、まあ、そのデザインの豊富なこと、驚くばかりです。

     中にはほんとに、ほれぼれするようなのもありますよねえ。

     かっけー! ってやつですよねえ。

     ドレミだけで、無数の曲があるように、無限のデザインですよねえ。

     そして、また、それぞれ、好みの時計を腕にはめているわけですね。

     まったく同じ時計をしている人に会うこともまずありませんものね。

  • >>No. 26598

    一瞬

     常にスマホを持ち歩いているわけですけれどね。

     この前、ものすごくきれいな夕焼けに出遭いましてね、

     思わず、これだ、今だ、ってスマホで写真を撮りましたです。

     水田にその燃えている雲の真っ赤が映って、ダブルの美しさでしたね。

     しかも、一羽の鳥も飛んでいます。

     ほんとに、もう、あと5分も早過ぎたり、後であれば、だめでしたよね。

     はーちゃんにも、思わずラインで送ってしまいましたです。

     スマホってほんとに、いいなと思います。

  • >>No. 26597

    この頃のマイブーム

     最近の口癖は、ちょっと江戸っ子ふうに、「いけねえ!」と言うことですね。

     何か失敗したり、失念したりすると、「こいつぁは、いけねえ!」

     配達の時に雨なんかが降り出したら、「いけねえ!」

     誰かが何かをしてくれようとしたら、「そいつぁは、いけねえ!」

     まあ、どうでもいいんですけれどね。

  • >>No. 26596

    田植えの頃

     近所の、田圃が軒並み田植えが終わって、若々しい苗が水田に一面に並んでいます。

     カエルもげこげこと元気です。

     いつも、この時期に思うことは、その地面のまっ平らさですよねえ。

     50メートル四方はありそうな水田が、まさに水準器のように、狂いなくぴたりと水面が収まっているんですよね。

     それらが、わずかな段差があったりしても、いくつも連なっています。

     ちょっと斜めになったりしていたら、片方に水が溜まってしまって、片方は乾いてしまったりするでしょうにね。

     山の方の、棚田なんてのは、あれはすごい技術でしょうねえ。

     また、用水路が張り巡らされていて、それも微妙な高低差があって、ちゃんとその水田にまで、引き込むんですよねえ。

     ほんとに、つくづくと、感動してしまいます。

  • >>No. 2128

    はい、遠いんです。

     兵庫県のちょうど真ん中あたりで、和歌山からは、高速で2時間半ほどかかりますね。

     近くに水分かれ公園ってのがありましてね、

     日本の背骨、中央分水嶺のいちばん低いところらしいです。

     公園の中の、幅1,5メートルぐらいの疎水が、左右に分かれているのですが、

     左側は、由良川となって、日本海へ、

     右側は、加古川となって瀬戸内海へ。

     たとえば、メダカの兄弟なんてのが、うっかりここへ流れてきて、左右に分かれてしまえば、

     もう絶対会えないでしょうねえ。

     すごいなあ、なんて思いましたですね。

  • >>No. 26595

    同窓会

     5年ぶりに、65歳ということで、同窓会に行ってきました。

     何十年ぶりという友人にも会うことができました。頭が斎藤さんみたいになってましたけれどね。

     また、既に、83際になられた数学の先生と、話す機会がありまして、

     まだまだ、働いていると、あれこれ説明されたのには頭がさがりましたですね。

     しゃっきっとしていましたですね。

     先生の半分ほどはすでにお亡くなりになり、残念なことに、同窓生のなかでも、友人の名前が何人か見受けられました。

     前回、まだ、はーちゃんは中学生で、そうか、はーちゃんの時の同窓会だったんだなと、

     それが、今は、大学生ですものね。

     妹子ちゃんも結婚式をしたところだったと思います。

     5年という歳月も大きいですね。

     次回は、70歳の時、この時こそ、なんとか実証を示していたいですよね。

     頑張って出席せねばね。

  • >>No. 26594

    追加

     そのマイクロSDカードは、2000円ほどでした。

     これが、言いたかった。はい。

  • >>No. 26593

    スマホに

     写真をどんどんと溜め込んでいましてね、

     去年に買った、32GのマイクロSDカードってのが、まだ、大丈夫なのかと、

     それを取り出しまして、パソコンで見てみました。

     500円ぐらいで買った、4種類ぐらいのカードに対応できるホルダーがありますのでね、

     そこに突っ込んだのですが、

     改めて思ったことは、そのマイクロカードの小ささですよねえ。

     軽くて頼りなくて、指先にちょんと乗ります。噛み砕けば、えいと呑み込めそうです。スパイ映画にありそうですが。

     驚いたことに、まだまだ、余裕はありました。1500枚で、5Gほどの使用でした。

     これは、7000枚ぐらいは楽勝で行けそうだと、そのくらいにまた、見てみようと思いましたね。

     しかし、なんちゅうテクノロジーでしょうかねえ。

     かつて、32Gのハードディスクなんて、何十万円もしましたものねえ。

     いや、ハードディスク1Gの98が100万円でしたよねえ。古い話ですが。

  • >>No. 26592

    いらっしゃいませ

     ありがとうございます。

     朝ドラで、先生は、リアリティが大事だみたいなことを言ってましたけれど、

     実際にやってみる、体験してみるってのは、

     これは、やっぱり、最強でしょうね。

     もちろん想像力も大事ですが、そのためにも、体験は必要でしょうね。

  • >>No. 26590

    砂糖菓子

     砂糖で作ったお菓子を、熱湯の中に浸ける。

     たちまちに崩れていくような、そんな感じで、夢の記憶がぼろぼろと崩れて消えていきます。

     なんか、ほんとに大切なことをしていたような、すごい大事なことを懸命にやっていたような、

     そんな雰囲気だけが残ったりするのですが、何もかもが、忘れ去ってしまうのですよね。

     なんとももどかしい感じがします。

     その夢の中では、すばらしい恋愛的なものもあったかもしれません。

     なんか、断片が残っているような気がするのですが、その切れ切れもたちまち消えてしまうのですねえ。

     で、眼が覚めてしまうととっても残念な感じが残るわけですね。

     ああ、夢を覚えている方法なんてないですかね。

  • >>No. 26589

    繁華街

     神戸の三宮、生田神社裏のあたりにホテルを取ったのですけれどね。

     いつものように、朝は5時ぐらいに眼が覚めまして、

     よめはグーグー寝ていますので、仕方がないので、ひとり散歩に出ました。

     神戸ではまさに、いちばんの繁華街ってところでしょうかね。

     通りは、人も見えず、がらんとしていて、カラスとハトと、大量のゴミ袋が道にはみ出していました。

     ビール瓶、缶、ウイスキーや焼酎の瓶とか山盛りでしたね。

     そして、そこに、ゴミ収集車がやってきて、ゴム手袋をはめたお兄さんたちが黙々と集めて行きましたですね。

     一軒のお店の前の、玄関の階段のところに、おねえさんがひとり、座って、スマホで何か盛んにしゃべっていましたですね。

     早朝、昼、夜、深夜、さまざまに表情を変えるのでしょうね。

     そして、自分は、なぜか、早朝にもここにいたってことでしたね。

  • >>No. 26588

    梅雨入り

     昨日の夕方から、まあ、今日は一日中、飽きもせずによく降っています。

     いよいよ梅雨ですねえ。

     配達には、なかなか悩ましい季節ではありますけれど、まあ、しゃあないですね。

     配達をしていて、たまに、眼に付くのが、売物件とか、貸店舗とか、住宅の門扉や、お店のシャッターなどに看板が掲げられていたりするのですが、

     なんだか、同じ家が、数年も経たずして、売りに出されたり、店舗の方も、隣の店はずっとやっているのに、そのお店だけが、何度も替わったりしているんですねえ。

     買った家を出るなんて、そうとうのことがないとあり得ないと思うのですけれどねえ。

     何があったんだろうなあ、なんてこともつい思ってしまいますよね。

     それと、空き家になって、どんどんとぼろぼろになっていく家も幾つも眼に付きます。

     草ぼうぼうになっていたり、壁がはがれてきたりねえ。

     まあ、他人事でもないですよね。

     自分の家も、関東にいる娘たちは、もう、絶対に戻っては来ないでしょうからねえ。

     まあ、自然に任せるしかないですかね。

  • >>No. 26587

    墓参り

     何年ぶりでしょうかね。

     久しぶりに訪れましたね。

     自分の家の墓石には、去年亡くなった自分の兄と、少し離れたところのよめの実家の墓石には、同じく去年亡くなったよめの母親の名前が刻んでありましたね。

     わたしは、雨が降っていなければ、と用意していた、サックスを持ち出しまして、

     母よと、月の砂漠と、海ゆかばを吹きましたです。

     それが、どうしたってことですけれどね、まあ、自己満足ですけれどね。

     兄よ、元気でやっとるかい、なんてね。

     ばあさんにも、兄さんと出くわしたかい、なんてね。

     墓参り、たまには、いいかな、なんて思いましたですね。

  • >>No. 2126

    こんばんは

     この前、久しぶりにお墓参り、ちょっと遠いんですね。

     それに行ってきて、

     帰りに神戸で1泊しました。

     三宮の生田神社の近くのホテル、いちばん賑やかなところですね。

     ステーキハウスとか、あれこれと迷ったのですが、結局、南京町で中華料理を食べました。

     次の日には、神戸どうぶつ王国、ってのに行きまして、

     カンガルー、うさぎ、カピバラとか触ってきました。

     バードパフォーマンスショーなんてのは、なかなか面白かったですね。

     スタッフさんの立っているすぐ前の席に座っていたので、もうタカとかが、頭にとびかかられる感じで大迫力でした。

     ユーチューブとかでも、見れますよ。

     こちらでは、明後日ぐらいから梅雨入りですね。雨はいやですね。

  • >>No. 26586

    バードパフォーマンスショー

     なんてのを、観てきました。

     神戸どうぶつ王国のなかの、細長い広大な温室が舞台ですね。

     そこには、中央に長方形の熱帯睡蓮の池がありまして、それは、美しいさまざまな色の睡蓮の花が咲いていましたね。

     ピンク、紫、青、それらのグラデュエーション、ほんとにきれいでした。

     そして、池の中には、グッピーのような熱帯魚がうじょうじょいましたね。

     さて、ショーの方ですけれど、わたしたちは、長方形の縦の奥に座りました。

     ちょうど、その席のすぐ後ろにスタッフの人が立つのですね。

     さて、いきなり、対面から、大きなタカの一種の猛禽類が、地上2、30センチの超低空飛行でしゅーんと接近してきますと、

     まさに、自分の頭にとびかかるような感じで、わたしのすぐ後ろに立っていたスタッフの手にとまりましたねえ。

     それをまた、スマホの動画で、うまく撮ることができました。よこに座っていたよめの、ひえー! こわいよー、なんて声も入ってますねえ。

     すぐ、娘たちに送りましたけれどね。

     そのあと、みみずくとか、インコとか、オウムとかも、同じように、飛び交うわけですけれどね。

     オウムなんて、池に落ちそうな感じでひっしでばたばた、やっとこさ、こっちに到着って感じで面白かったですね。

     はい、いいもの見せてもらいました。

  • >>No. 26585

    小旅行

     水分れ公園っていう近畿地方の分水嶺に近いところの墓参りに行って来まして、

     神戸の生田神社の近くのいちばん賑やかな辺りのホテルに一泊。

     三宮や南京町をうろうろしたり、

     次の日には、神戸動物王国に行ってきました。

     その帰りに、神戸のイケアに寄って、足が棒になるほど歩いたり、

     また、高速を降りてからモールに寄ったりもして、

     あれこれと、いろんなことを観てきましたですね。

     また、ぼちぼちと書いていきたいと思いますです。

  • >>No. 26584

    いらっしゃいませ

     まだ、はたと気が付けば、今年はどこにも応募していないんですよねえ。

     なんちゅうか、情熱が失せたちゅうか、ちょっとちがうかもですが、

     なんかが、落ちてくるのを待っているような、そんな感じですかね。

     有名作家になるのとは、また、ちょっとちがうのですけれどね、

     でも、ある思いはありますのですよ。

     また、気が向いたら、覗いてくださいませ。

     ありがとうございます。

  • >>No. 26582

    らせん階段

     のことが書かれてありました。

     たとえば、50階、100階建てのビルなどにらせん階段とかがあった場合、

     真上から見ていたら、人はただ同じところをぐるぐると回っているだけに見えるでしょうと。

     でも、横から見たら、1段1段確実に上がってはいるんですよ。

     みたいなね。

     同じところをぐるぐる。

     でも、ひょっとしたら、くだっているのかもしれませんですよね。

     まあ、昇るか降りるかしかないわけですけれどね。

     問題は、その建物が、果して何階建てなのか、また、その屋上まで上がれば、

     それでいいのか、ってところですかね。

     ただ、同じところをぐるぐるにひっかかってしまったというところですね。

  • >>No. 26581

    ひとつの計画

     もうすぐ、久しぶりに墓参りに行きます。

     けっこう遠方になるのですが、去年亡くなった、よめの母親、自分の兄との、

     初めての墓参りとなります。

     また、墓前で、サックスを吹こうかなあ、なんて思ったりして。

     どうやろねえ。

     帰りは、神戸で1泊の予定です。

     生田神社の近くのホテルが取れて、

     付近にはステーキハウスがどっさり、

     ちょっと張り込んで、神戸牛、目の前で焼いてもらいましょうかね。

     なにか、刺激になりますかね。

本文はここまでです このページの先頭へ