ここから本文です

投稿コメント一覧 (294コメント)

  • 前略

    サファリには、昼前に到着。

    高地ゆえに、陽射しは強いが、爽やかである。


    早速、ホテルにチェックイン。

    昼食を済ませて、15時30分より夕刻までサファリ周遊となった。

    大地に立つと言うイメージである。


    2017年10月22日撮影:サファリ到着


    世界

    つづく。

  • 前略

    日本から乗り継ぎ21時間、流石にケニアは遠い。

    赤道直下と言え、高地のせいか昼は27〜28度前後、夜は15度あたりか、割と爽やかである。

    今日は、サファリへ行く。

    誠に、楽しい旅行である。


    2017年10月22日撮影:宿泊ホテルより。

    世界


    つづく。

  • 前略

    今日の羽田は、木曜日の割には混雑している。

    皆さま、何方の国へ行くので有ろうか。

    先程、寿司屋さんで夕食も済ませ、これよりチックインである。

    4Fの回転寿司であるが、値段もともかく問題ない味である。

    大トロとコハダ、えんがわあたりが美味しかった。


    今回お初のエミレーツ航空であるが、乗り継ぎで1日がかりの旅の始まりである。

    旅は道連れ世は情けであるが、楽しい旅となろう。

    お気楽に生きるも、なかなか大変である。

    世界

    つづく。

  • >>No. 1376

    前略

    2年ぶりの金沢であるが、初めての金沢の方々もいる訳で、市内観光に大いに盛り上がった。

    幸いにも、天候もまさに旅行日和である。

    午前中は、茶屋街、近江町市場、兼六園などお馴染みの観光コースである。

    何度も来ているので今更如何の斯うのはないが、旅は楽しいものである。


    稀に、人生は楽しむものなどと、ヨレヨレ爺いになって如何にもわかった様な事を語る者もいるが、その程度の事は、今時の高校生でも語る事。


    若い者ならともかく、自分一人しか見えない、誠にお淋しい発言である。

    もっとも、此れが理解出来ればもう少し良き人生を歩む事も出来様。

    金箔ソフトは、891円。
    金箔代が500円ぐらいで有ろうか。

    2017年10月17日撮影:金箔ソフト・金沢茶屋街


    世界

    つづく。

  • >>No. 1374

    前略

    今日は、寒いかと思いやや厚着で来たが、流石に高山市内は寒い。


    この雨に、通りは少なめの様であるが両脇のお店の中は、外国人観光客で満ち溢れている。

    最近は何処もそうであるが、7割が中国人観光客と言う印象である。


    爆買いはともかく、結構大量に買い込んでいる中国人観光客もいる訳で、今や日本の観光地を支えている事には、間違えは無かろう。

    彼方此方のお店の試食品で、結構満腹感になる。

    この寒さに、味噌屋さんの無料味噌汁に、人の山である。

    今日の昼食は、味の与平のステーキコースの様である。

    2017年10月16日撮影:高山市内


    世界

    つづく。


    世界


    つづく。

  • 前略

    3泊4日のセミナー講師も無事終了。

    久々の講師に、流石に此れは疲れた。

    今回は、まったく新しいプログラムと言う事で、相当に勉強したのであるが、この世界は手を抜けば抜けるが、入れ込めばきりのない世界である。


    ついつい入れ込んでしまった訳で、睡眠時間3〜4時間では、疲労困憊である。

    そこに、ホテルのベッドがイマイチで、どうも高反発は身体に合わない。

    食事は特に問題ないが、ホテルでの夕食など早々に退散して、外での食事であった。

    若い頃は、ホテル泊まりなど、結構ご機嫌であったが、今はそれなりに講釈など垂れている訳で、よく考えるならば、ただの贅沢病なので有ろう。


    其れでも、ともかく無事終了して、ほっとしている訳である。

    何でも、評価は講師4人中トップの評価の様で、当たり前とは言え、当たり前なのである。

    明日は、高山・金沢の国内旅行。

    まあ、此れも良かろうである。

    遅れていた庭のキノコも、漸くもっこりである。


    2017年10月11日撮影: 庭のキノコ


    世界


    つづく。

  • >>No. 1368

    前略

    紫式部と言えば源氏物語であるが、この季節その紫式部の紫の実が、眩く輝いている。

    名前の由来は、まさに源氏物語筆者の紫式部であるが、秋を飾る誠に美しい草木である。

    我が家の庭にも、もう数十年前からこの季節を彩る草木として移植されているが、今は大昔から存在している雰囲気である。

    何事も、30年ぐらいがその存在の証明なので有ろう。

    そう言えば、その道30年と言う台詞があるが、取り敢えずその道を極めるには30年ぐらいの年月が必要なので有ろう。

    誤ってもその道を極めているには程遠いが、仕事は間違いなくその道40年余り続いている。

    ある意味、業界のレジェンドなので有ろうか。

    多少世間様も、納得しているので有ろう。

    そんな事は全然頭にもなかったが、チョロっとそんな感じを得る1日であった。

    まあ、たまには予測しない良い事もある。


    2017年10月9日撮影:紫式部


    世界


    つづく。

  • 前略

    いよいよ、秋の訪れを感じる今日この頃であるが、諸行事多忙なのか、ゆっくりと過ごすと言う雰囲気ではない。

    今週は、3泊4日のセミナー講師、来週は国内旅行。
    そして、20日よりは海外である。

    その合間に、チョイと仕事の混合である。

    良くも悪くも、ただ今日も生きるとの感覚で有ろうか。

    元々が、気の向くまま生きて来た人生ならばの結果では有ろうが、所詮小さな脳みそで考えた、人生観宇宙観など、たわいも無い事で有ろう。

    まあ、悟りなど程遠い世界ではあるが、現在の世界にたわいも無い虚像観など必要無しなのである。

    ただ今日も、生きるで良かろう。

    実りの秋、やはり葡萄が良い。


    2017年10月8日撮影:シャインマスカット

    世界


    つづく。

  • 前略

    3連休の始まりではあるが、今日は身内の法事となった。

    昼前に、お寺さんへ集合し法要のあとは簡単な会食会であった。

    久しぶりに親戚一同であるが、皆様お元気で何よりである。

    またには、お寺さんでの先祖の供養も良いもので、あらためてそのルーツを知るところとなる。

    自分のDNAも、何処まで遡るので有ろうか。

    ふと、そんな事を考える時間であった。

    明日は、お天気も完全回復の様で、秋の一日を楽しみたいところである。

    2017年10月7日撮影:お寺さんにて法事。


    世界


    つづく。

  • 前略

    今週は、12日からのセミナー資料作りの為、夕刻からの予定はすべてキャンセルし、毎夜その準備で忙しい。

    今日も、早々5時には帰宅。

    夕食を挟んで、4時間程専念したが、どうも上手く進まない。

    すばり能力の限界なので有ろうが、頭の中も蓄積疲労なので有ろう。

    糖分補給に、メロン、梨、葡萄、林檎など代わる代わるに食べながらの資料作りであるが、只々腹が膨れるばかりである。


    それでもこの季節のフルーツは美味しい訳で、これまた満足である。

    何でも、最近はこのフルーツを主食としている方々もいる様ではあるが納得出来る。


    少なくも、本格的調理の必要もなく、ゴミも少ない。

    ここに美味しい肉や魚が有れば、問題無いのかも知れない。


    お試しに、そんな食生活も良かろう。


    2017年10月4日撮影:色づき始めたドウダンツツジ
    (別宅)


    世界


    つづく。

  • 前略

    国内政治情勢は、ウダウダしている様であるが、今のところこれも直接は影響はなし。

    周辺の選挙関係者はバタバタしているが、本人は顔出しはしているものの、はっきり申せばこれも特に影響なしである。

    もっとも、先生方にとっては、メイン職を失うか得るかの水際である。

    裏話は色々とあるが、まあ、そんなもので有ろう。

    今日は、朝から良い事があったので、昼食はうな重とした。

    流石に鰻4切れは、満足である。

    色々言っても、これが幸福で有ろう。


    2017年10月4日撮影:本日の鰻重

    世界

    つづく。

  • 前略

    週末は、プライベイトゴルフに夕刻からは友人との飲み会との結構多忙であった。

    もっとも、来週12日からの15日までセミナー講師の依頼があり、休日返上でその資料作りで手一杯である。

    この程度のセミナー講師など、若い方々に任せれば良い訳であるが、どうしてもと言われれば、つい受けて仕舞う浅はかさである。

    お陰で、今週はこのセミナー資料作りに専念するしかあるまい。

    そこに、今週はまたまたビックな仕事も入り、右往左往となっている。

    忙しいとは、こんな事を言うので有ろう。


    暇な奴には、仕事は頼むなとは言うが、仕事が無いから暇なのでは有ろうが、ろくな仕事も出来ないから暇なので有ろう。

    まあ、そう言う事で有ろう。

    2017年7月1日撮影:シカゴ


    世界


    つづく。

  • 前略

    昨日は、100名ぐらいのチャリティーコンペであった。

    9月2日以来の久々のゴルフであったが、スコアもまずまずであったが、残念ながら入賞とはならず、チャリティー資金の3万円程寄付をした。

    其れでも、合計100万程の寄付が集まった様である。

    何でも、視覚障害者団体への寄付金となる様で、まあ此れも良かろうである。

    もしも、自分や身内に視覚障害に問題があるならば、これは重大な問題で有ろう。

    今日の幸いを、僅かばかりの社会奉仕である。

    自分さえ良ければが社会風潮の様ではあるが、恵まれたと感じるならば、これはお返しで良かろう。

    税金のアップも良かろうが、そんな教育がもう少し必要で有ろう。

    もっとも、その教育機関に携わる方々がどうかと言うと、割とケチが多いのも事実である。

    この季節、ゴルフ場も客入りは少ない。

    2017年9月27日撮影:暇なゴルフ場


    世界

    つづく。

  • >>No. 1358

    前略

    昨日は、お彼岸のお墓参りとなった。

    お盆以来であったが、除草剤が効いているのか、我が家の墓地の周りは概ね草もなく綺麗である。

    其れでもホウキ等を使い一応は整え、水に線香や花などを手向けた。

    一年に3〜4度ではあるが、お墓での先祖様の供養ではある。

    宗教宗派は違えども、先祖様を大切にする事は、当たり前のお話で、あの世が近くなったので有ろうか、その重要性をあらためて知るところとなるものである。


    今世の自分の力など知れたもので、見えざる手が働いているので有ろう。


    2017年9月24日撮影:彼岸花


    世界


    つづく。

  • 前略

    目的は定かではないが、変態の部類に入るかはともかく、いつまでたったも婆あの尻を追う色ボケ者もいる。

    この辺りの投稿欄でも、こりもせずまたまた別ハンで登場しては、しつこく迫る○○こ爺いもいる訳で、誠に目出度いを通り越し、哀れ爺いとなる。

    有り余る時間と、能無し銭なし投稿者の象徴でもあるが、虚しく終わる努力と感謝では、自己幸福の世界を虚像構築するしか無かろう。

    其れでも、本人は解脱の世界に到達しているかの錯覚妄想の世界に生きているのだから、此れも間違いなく幸福者で有ろう。

    つまりは、努力も感謝も修行も要らず、自己の脳味噌に幸福幻想妄想剤を投入するか、脳味噌が腐れば感覚麻痺となり、その問題解決となる。

    まさにその道の末期症状であるが、病人と思えば優しくしてやるも良かろう。

    施設に入る資金がないので有ろうか。

    もっとも、こんな老人はその手の施設でも、迷惑老人では有ろう。

    まあ、投稿欄が最後の世界で有ろう。

    皆で追い込むも良いが、末期患者には優しくするも良かろう。

    やはり、その優しさも求めるならば、投稿欄でのNH自己への優しさ演出より、素直に施設に行くが良かろう。

    この辺りの投稿欄で見かける、介護施設関係者に相談するが良かろう。

    2016年8月28日撮影:チェコ(リトミシュル)


    世界


    つづく。

  • 前略

    このところ、株式市場も回復の様で20000円越しである。

    かつては、デイトレの時代もあった訳で、今となっては良き思い出の日々が蘇る。

    元々が仕手戦が取り組みジャンルであり、これぞ株の世界などと、自負していた。

    2000年辺りは、CSKやTDK、光通信がなど日々の主な取り組みであったが、一銘柄取引金額で1000〜1500万で取り組んでいた。

    特に光通信やCSKは、デイトレ・日々100万単位の利益出しで、友人に胸を張っていた訳である。

    最多は21連勝であった。

    もっとも、その連勝記録も終わりの日は訪れる訳で、その光通信で精算となった。

    幸いにも、トータルでは利益であったが、此れは大きな損失となった。

    あのまま行っていたならば、また人生も変わっていたので有ろう。

    その教訓から、その後は一銘柄取引を5〜600万とした。

    最近、上昇が見られる任天堂(7974)であるが、一時の2万円台から4万円台に回復。
    かつては、6万台の取り組みであった。


    当面、この辺りが山で有ろうが、未だ未だ期待も出来様。

    もっとも、ソフトバンク(9984)と言う訳には行くまい。

    この辺りの投稿欄で、細かい儲け話など誠に哀れなお話である。


    画像:平成19年11日30日・任天堂(7974)デイトレ(細かい儲け)。


    世界

    つづく。

  • 前略

    このところ、ミサイルだの解散だの政治話題は華々しい訳で、日々ニュースに事欠かない情勢となっている。

    話題としては誠に豊かであるが、本人には直接関係もないお話で、はっきり申せば他人事である。


    ちょいっと若い頃ならば、あれこれと物申したで有ろうが、今、興味の順位を付けるならば下の方となる。

    隣の家に、ミサイルでも着弾すれば、此れは大ごとになるでは有ろうが、そんな事態を発生予測もしてはいない訳である。

    もっとも、日本国民(沖縄を除く)の中でミサイルが隣の家に着弾するなとど、有事に備えている国民は稀で有ろう。

    国内政治動向ですら、今話題の補助金問題すら、直接関係している国民もまさに稀で有ろう。

    年老いても未だ政治が如何の斯うの、語る者もいる。

    まあ、それが趣味とは思われるが、誠に関心する。

    我が家のこのところの話題は、今日の夕飯(いるかいないか)と妻の世間話と孫の話ぐらいである。

    ミサイルや選挙のお話など全く無い。

    まさに、平和日本の象徴である。


    2016年6月27日撮影:ハワイ・ワイキキ花火


    世界


    つづく。

  • 前略

    今週は、昨夜の会議ぐらいで、仕事はそこそこであるが、割と余裕である。

    先週は、やや夏の疲れが蓄積されていたせいか、やや軟調な気分が続いていたが今週は体調も回復、絶好調とは言えないが、概ね良好な展開である。

    本日は、夕刻5時には帰宅。

    得意のカレー作りとなった。

    2時間程煮込んでから、其処から仕上げであるが、どうも酸味が強い。

    赤ワインの入れ過ぎであろうが、イマイチである。

    ちょいと他のスパイスを混ぜてみたが、此れもイマイチ。

    どうも何時もの納得の味とならない。
    一晩寝かせ、明日再度調整で良かろう。

    体調で味の基準も変わるもので、此方も調整が必要で有ろう。

    何事も、先ずは体調管理が原点となるもので、微妙におかしい時は、やはり体調不十分なので有ろう。

    秋の夜長は、良き音楽でも聴くが良い。

    ジャズも良かろうが、やはり宗教曲か最高である。



    7月2日撮影:インドカレー(シカゴ・ヒルトンホテル)


    世界


    つづく。

  • 前略

    誰でも、追い詰められとその冷静さを失い、益々誤った方向に進む場合が多い。

    素直に誤りを認め、反省懺悔すれば良いものを、稀に多少知恵のある者は、またまたつまらぬ自己保護論理を並べ、誤った心を誤魔化そうとする訳であるが、そうは問屋が卸さないもので、結局はドツボに落ちて行くものである。

    その自己保護論理であるが、此れが所詮自己都合の良い脳内循環故、酸欠となる。

    そして、その酸欠が脳内を腐らせ、心まで腐らせる結果となり、終焉を迎える訳である。

    そんな者に限り、またまた娑婆のお邪魔虫となる訳で、○○につける薬はないとなる。

    もっとも、投稿欄では無視リスト入れば良いだけの事で、相手にしなければ良い。

    暇に任せてかまってなどと言うが、その甘い心が、腐れ菌の感染となる場合がある。

    もっとも、それに関わる者が、既に腐れ菌に侵されている場合もある。

    何事も、早期発見早期治療が大切である。

    たとえ手遅れでも、その救いは一に反省、二に反省、三に懺悔で、そんな者も幸福に成ろう。


    十分に、注意したいところである。



    2017年8月8日撮影:琵琶湖花火大会。


    世界


    つづく。

  • 前略

    パーティ料理はともかく、個人的に選択する昼食などは、寿司(刺身を含む)、鰻、ステーキ、焼肉、豚カツ辺りで有ろうか。

    この中で、長年にわたり通っていた昼食メインのステーキ屋さんが閉業したのは誠に残念で、このところステーキ屋さんに行く回数が減っている。

    もっとも、週に2日ぐらいは手作りおにぎり持参である。

    そのおにぎりの具であるが、梅、紫蘇のみ、ネギおかか辺りが好みである。

    ちなみに今週の昼食は、寿司屋2日豚カツ屋1日であった。

    物欲だ精神欲だと言っても、先ず食欲なのである。

    今日は、夕食は妻と二人で寿司屋との予定であったが、午後からの雨に気が向かず、家での夕食とのなった。

    この季節は、夕顔とミョウガの味噌汁である。

    其処に、焼き魚(鮪の粕漬け)に茄子の煮付け、胡瓜とミョウガのサラダと松前漬け。

    誠に、秋らしい夕食であった。

    このところ、家での夕食はお魚メインの傾向である。

    明日も、雨の様である。

    特に予定もなし。

    まあ、温泉休日も良かろう。

    気が向けば、夕食は焼肉も良い。


    2017年8月15日撮影:京都天壇桂店・一本はらみ


    世界

    つづく。

本文はここまでです このページの先頭へ