ここから本文です

投稿コメント一覧 (3224コメント)

  • >>No. 365329

    > 君は、無能野党による安倍政権への恣意的で且つ見当違いなモリカケ質疑を支持していたのでは?

    公私混同の無節操な政治を追及はしたが、追及が甘く何も進展しなかった。
    それどころか、安倍政権は疑惑の中心人物を恩賞人事で国税庁長官にまで抜擢した。
    画策に動いたと言う疑惑の羽生田も、前以上の自民党の要職に就いて居る。
    まるで野党を嘲笑して居るかの横柄さ。
    モリカケ質疑を支持はしておったが、あまりにも不甲斐なく野党の存在価値がないということ。

  • >>No. 365308

    > >> 私の勝手な言い分ですが、現在野党は、日本地図の上に有りません・・。
    > > 意味不明だね。

    意味が分からなくもない。
    国防に対する危機感が殆ど無いのだから、国民の為の政党とは言えない。
    細かい事で与党と政策論争の真似事をし、国会を空転させるて居るだけ。
    安倍政権に対する公私混同の追及の仕方も曖昧だし、殆ど存在価値が無い。

  • >>No. 4064

    > 両陛下 譲位後は園遊会欠席へ

    退位したら公式行事への出席は慎んで当然。
    但し、皇太子夫妻主催の園遊会では招待されても躊躇する者が多いのではないか。
    其れでなくても園遊会は大した意味が無く、税金と労力の無駄に思う。

  • >>No. 4074

    > 自国主導にさせないための、占領憲法だよね、気が付いたの、(*^O^*)

    気が付くも気が付かないも無い。
    最初から憲法は改正すべきと言って居る。
    いったい如何いう神経をしているのか分からない。

  • >>No. 4072

    > 創憲して、占領政策から早く抜け出しましょうね、(*^O^*)

    米国の協力を得るにしても、自国の防衛は自国主導でありたい。
    でなければ独立国の意味が無い。

  • >>No. 4069

    > 憲法改正論者なんだね、それは結構、(*^O^*)

    社会状況や考え方は変化するのだから、憲法も改正すべき条項が生じて当然。
    色んな事を網羅して居る憲法に、不都合な条文が出て来るのは仕方ない。
    より良い社会を目指す者は改正論者と言うより、良識ある国民と言う方が適当に思う。
    寧ろ憲法だから不変でなけれならないと思う方が不条理で、憲法妄執論者と呼ぶべき。

  • >>No. 365033

    > 最と真剣に投稿して下さいね。

    すべて真剣に考え、そうしたほうが社会の為になると思って投稿して居る。
    読む側の真剣さや謙虚さが無いか、固定観念が強すぎるから、投稿内容が理解できなのだろう。

  • >>No. 4068

    > 憲法は時限立法では無いので施工年数を改正の根拠とするのは矛盾。
    >その代表的なのが第一章と9条という事。
     施工年数を改正の根拠と言うなら、全文が改正の対象と考えるべき。

    取るに足りない事とは思うが、70年以上も経過すると、社会情勢が変わり不適合な条文も出て来る。
    其のままで良い条文と変えなければならない条文があって当然。
    憲法に限らず柔軟に考える事が肝要。

  • >>No. 365025

    > 掲示板効果?
    そんな物が有ると思ってるの?
    幼いね。

    効果は少ないかもしれないが、真剣な投稿にはいろんな考えに触れられる。
    投稿内容や読者次第だが、良い考えが広がることを期待する。
    青臭いとか幼いと思われるが、純粋により良い社会を考えるのことは重要に思う。

  • >>No. 4066

    主張内容から憲法9条に言及するのは矛盾。
    貴方は憲法第一章の矛盾を述べてる筈です。
    憲法第一章の削除には大賛成です。

    現代社会に於いて、戦後70年以上も無改正のままの憲法の不適合性を指摘したもので、その代表的なのが第一章と9条という事。
    現実的でないと言う点で、双方とも改正する必要があり、併記した事が矛盾とは考えない。

  • >>No. 4063

    > 皇族の血筋を根拠に敬愛すると言う事なら、血筋と言う形式を国民は敬愛すると言う事で有ってその敬愛も形式に過ぎない。

    当にそのとおり。
    世襲であるから、子孫の人格には関係なく形式的に国民の象徴として居るだけ。
    敗戦当時は米軍が統治し易いように、権利を与えず国民の象徴として遺した。
    それはそれで成果があり戦後も特に大きな問題無く、民主主義国に移行しつつあった。
    しかし、民主主義が定着するに従って、自由や基本的人権による平等社会との矛盾を生じた。
    合理的社会にする為には、憲法改正は当然の流れである事を国民は理解しなければならない。
    戦後70年以上も経過すると、憲法の矛盾点は9条も含め、種々の面で顕著になってきた。

  • >>No. 4061

    > 普通の国民を多くの国民が慕う必然性が有りません。
    天皇は神聖にして侵すべからず。
    と強制的に慕わせる。
    そう言う物です。

    戦後間も無くはともかくとして、いまとなっても強制的に慕わせておるから反感を持つ国民も多い。
    アンケートでも採れば実態は把握出来るが、皇室に対する調査はタブー視されて居るから、相変わらず国民総意の象徴という事になって居る。
    普通の国民になっても皇室としての血筋は明らかであるから、心ある国民はその英断で今まで以上に敬愛するようになり、歴史上も末永く名を遺すであろう。

  • >>No. 4058

    > 同等の権利を得たいなら、天皇、皇室と言う権利を捨て去るしか無い。
    普通の国民に成ります宣言が必要。

    人間天皇を宣言した事は、普通の国民であると言ったのと同じ。
    憲法で国民の象徴と規定し、特別扱いされて居る事を否定したものであり、タブーを犯した重大な政治的発言であったが、政府や国民の勝手な歴史偏重がその意を無視したように思う。
    本来なら開かれた皇室として、より多くの国民にもっと慕われたであろうにと、残念である。

  • >>No. 4057

    憲法を改正すれば違反ではない。
    現実にそぐわない憲法は国民の同意により変えるべき。
    政府は国民の安全を真剣に考えるなら、もっと積極的に国民を説得すべき。
    良識ある国民なら憲法改正の必要性を理解出来る。

  • >>No. 364764

    > それは辺野古の海岸には軍港を併設できるからです。

    軍港を併設できた方が強力な基地になり、市街地の辺野古からも離れられ一石二鳥。
    米軍とはいえ、強固な同盟国の基地が我国にある事により、抑止的防衛力に繋がる。
    危険な状況に置かれて居る我が国の安全を確保する為に、不都合はないように思うが。

  • >>No. 364724

    > 海兵隊基地に「防衛力」は有りません。

    強力な攻撃力は最大の抑止力で、日本の防衛に貢献。
    兵法の常識。
    憲法9条は敗戦時、我が国を侵略国と見なして創られた。
    今もそれを遵守して居るのは、まるで抑止力が無く、先制攻撃されたら万事休す。
    国民の安全を真剣に考えたら、憲法改正は必至。

  • >>No. 364697

    > >どうするか、ボールは翁長の手にあるんだよ!

    普天間は危険すぎるから、日米で長年検討した結果辺野古移設に決まり、当時の沖縄知事も了解し工事を開始した。
    防衛力を損なわずに沖縄県民の安全を考慮した上での日米間の国際的決定事を、翁長が政治利用し、其の種の仲間と反対運動を起こしたのであり、世界一危険な地域の基地を残存させた。
    事故の責任は県民を扇動した翁長が負うべきで、政府や米軍を責めるのは筋違い。
    我が国も慰安婦問題で日韓の政府間で結着したことを、新大統領の下で蒸し返えされ、韓国の愚かさに呆れて居るが、それ以上の危険を伴う愚行を沖縄で起こされて居る。
    政府が毅然とした態度を示さない限り、普天間周辺の危機は無くならず、我が国の信用と、米軍の士気も著しく低下し、沖縄のみならず日本全体が危機に曝される事になる。

  • >>No. 4055

    > 国民の象徴だから、一般国民の持つ権利は全て奪われている、(*^O^*)

    象徴たる天皇が一般国民の持つ権利も無いとは、余りにも形式だけを重んじた非合理な制度。
    天皇と国民双方にとって人権無視も甚だしく、即刻改正すべき。
    天皇も真に皇室を尊重している国民に敬われた方が、象徴と思わない国民を憲法で縛るよりははるかに喜ぶであろう。
    皇族も国民と同等の権利を有し、子孫だから敬うと言う血筋至上主義の国民に私的に崇められる分には、異議を唱える者は居らないであろう。

  • >>No. 364474

    > 最高裁 官房機密費一部公開命令

    官房機密費はいわゆる裏金であり、全面的に廃止すべき。
    防衛に対する機密は護る必要性があるから、防衛費に含めばよい。
    闇政治は弊害があり、必要な経費は全て公開するのが開かれた政治。
    政党助成金や調査通信費・秘書経費等も含め、高額な議員報酬や贅沢な議員宿舎と、全て議員が自分達で決めるから、やりたい放題。
    だから好待遇目当ての金権政治家が集まり、国民よりも己が優先の歪んだ社会になる。
    議員が自発的に改める事はあり得ず、野党も核心を突いた追及はしなく、議員の報酬や定数削減には触れようとしない。
    唯一共産党だけは政党助成金を辞退し良識があるように見えるが、国民を護る政策がまるで無く、無防備では非現実的すぎ政党としてはとても認められない。
    国民が別途チェック機関を設けなければならない程、政治は劣悪化して居る。
    国民は基本的な議員制度から見直さなければ、弛んだ政治は改善出来ない。

  • >>No. 4053

    > 自分の転居先を下見しないという日本人は居ないだろう、脳足りん以外には、(*^O^*)
    隠居するに、自分の都合でするものだが、天皇陛下はそうは行かないのが困ったもんだね、(*^O^*)

    下見をする事でなく、その意図を問題にしただけ。
    投稿の意味も理解出来ず、無暗に非難するのは愚か過ぎる。
    全て国民の税金で賄われて居るのだから、国民を基準に考えて当然。
    生前退位も含め、自己中心か国民中心に考えての事かは論議のあるところ。
    しかし長い間自身を特殊な人間と見なして居ったようだから、己の為の下見と考える。

本文はここまでです このページの先頭へ