ここから本文です

投稿コメント一覧 (3392コメント)

  • >>No. 4143

    > 特攻隊で天皇万歳と死んでいった人の事は現天皇はどう思っているんだろか

    天皇夫妻は言われたとおりに行動するだけで、生前退位が精一杯の自己主張であろう。
    それ以外はそつなく行事をこなす事しか考えて居ないと思う。

  • >>No. 4129

    > > 憲法は明らかに間違いで、思想の自由を無視し、天皇の基本的人権も疎外して居る。<
    憲法上は例外規定なので矛盾は無い。

    例外規定のある憲法は戦後の混乱期のみ許される。
    平時に於いては例外をつくっては公平性が損なわれるので憲法は改正すべき。

  • >>No. 4127

    > > 儀式そのもが何の意味も無い。
    > 必要に思う人は私的に有志で行えばよい。
    > 大借金国が貴重な税金を投入してまでする事ではない。<
    > 儀式は有った方が善いですよ。
    正月、卒業式・・精神的にも必要です。
    まあ、あまり経費の掛かる仰々しいものは好かんがな。
    なお、赤字財政の原因は皇室にはない。

    正月、卒業式・・は生活の節目で国民が主体。
    皇室に関する儀式は歴史や文化とは言え皇室だけのもので、崇拝者にとっては大事かもしれないが、そう思わない国民も多い。
    憲法は明らかに間違いで、思想の自由を無視し、天皇の基本的人権も疎外して居る。
    皇室に限らず、未だに形式的な非合理に多くの税金が遣われて居る。
    社会スリムにし、真に国見の為になる事に税金は遣われるべき。

  • >>No. 398599

    > あの麻生だって、朝日もたまには当たるなと申してます。
    法螺ばっかり言ってた麻生がだよ。

    この麻生がまだ副総理で財務大臣を辞めて居ない。
    安倍首相と言い麻生と言い、我が国の政界ナンバー1と2であるからまともな政治が出来る訳が無い。
    早急な政界立て直しが必要であり、更なる世論の盛り上がを切望する。
    政治家を如何に動かすかは国民次第。

  • >>No. 4123

    譲位の儀式は無くても良い
    即位の儀式が有ればその付随でしかない

    儀式そのもが何の意味も無い。
    必要に思う人は私的に有志で行えばよい。
    大借金国が貴重な税金を投入してまでする事ではない。

  • >>No. 397782

    >依頼した
    > 命令した。
    です。

    麻生は安倍より年長者で政治家としても先輩であり、まして自分の弱みを隠す工作を頼むのだから命令は出来ないであろう。
    麻生はあの調子だから、佐川に恩賞人事をちらつかせ、命令したのかもしれない。

  • >>No. 397737

    > 今日の時事放談で藤井さんが、自己判断で「官僚は忖度など絶対にしない」と言っていました。その通りだと思います。官僚が命令もないのに自分の責任で高級官僚の職をかけてまで、高額報酬や高額な退職金、天下りがパーになるようなことをする筈が無い。政治屋がペテン総理の辞める発言で首を守るために圧力をかけ、通常と違った異常に詳しい決裁文書になっただけです。

    これだけ大掛かりな書き換えは、相当上層部の者の指示に依ると考えられる。
    安倍夫人の関わりを隠す必要が一番あるのは安倍首相であり、彼が財務省のトップの麻生大臣に依頼した可能性が高いと推測される。
    そうであるなら、安倍と麻生が二人で口を合わせたような、「佐川の国税庁長官は適材適所の人事」と言った不自然さも納得できる。

  • >>No. 388363

    > 今時録画なんかいくらでも改竄できる。

    当時の聞き込みや画像分析で事実かどうかは確認出来る筈。
    いずれにしてもそんな画像が今頃出て来るのは不自然。

  • >>No. 388336

    > 安倍昭恵夫人の森友講演録画が新たに流出し、安倍氏が籠池氏とは面識がないとウソをついていたことがばれる

    何故今頃流出したのか不可解。
    問題になった時に出てきていたら違う局面になったと思う。
    今からでも安倍夫人の説明が必要なのは明らか。
    安倍夫妻の良識が再度問われて居る。

  • >>No. 4118

    > 昭和が終わったとき
    元号を廃止する良い機会だったかな。

    確かにそうすべきだったが、その気運さえなかった。
    平成が終わるときでも廃止すべきだが、政府は生前退位に右往左往して居る見識の無さ。
    未だに憲法改正の動きも政府・国民共に無く、象徴天皇や元号の非合理は当分続きそう。

  • >>No. 4112

    > 元号は邪魔。

    同感。
    伝統や文化も大切だが、元号は実生活には特に必要としないから、公的な使用は廃止して、趣味趣向の世界で、各々が楽しむのが良い。
    経費は削減出来、煩わしさも無くなり、社会が相当合理的になる。

  • >>No. 384683

    何を以て独立国とするかの相違。
    世界7位の軍事国と言っても、専守防衛の憲法に依り攻撃すべき軍備を持てない。
    専守だけで国の防衛は不可能。
    フランスやスイスに国防を全面的に依存して国が護れるなら、我が国は米国だけで充分だが、現実はそんな訳には行かない。
    他国に全面的に国防を依頼して居る国は、少なくとも軍事面で独立国とは言えない。
    護られている間は良いが、其の条約が無くなる事や反故にされる事もあり得る。
    総じて考え方が楽観的過ぎて、話にならない。

  • >>No. 384581

    > まさか、<中国が米国に負けまいと経済や軍備の拡大>をして「米国相手に戦争でも始める」等と妄想しているんじゃあるまいな?(苦笑)

    戦争に直ぐ結びつけようとするのは、与党の防衛政策に異議を唱える野党の国会質疑そのもの。
    我が国が名実ともに独立国となるには、自前の軍隊を装備するのは当然だが、野党は戦争をする為だと、国防を真剣に考えない。
    中国はアジアでの導権を握ろうと、軍事・経済面に非常に力を入れているのは既定の事実。

  • >>No. 384418

    > <米軍主導の防衛>で有ろうとも、過去70余年日本が対外戦争に巻き込まれなかったのは「厳然たる事実」。
    それは偏に「自衛隊・海保に加え”日米安保条約”が在った」からこそ。
    尚、近年”中国の脅威”が喧伝されているが、習近平は米国の軍事力に止まらず経済力にも対抗しようなどとは露程にも考えていない。

    戦争に巻き込まれなかったのは、日本国が他国の軍事力に頼って居るので、国民が拉致されても、領土を略奪される等不当行為を受けても遺憾の意を表明するだけの弱気の外交に徹した為で、もっと独立国としての主張をしなければならなかった。
    無論日米安保があったからその程度に留まって居ったが、世界情勢の変化によりこれからはどうなるか分からない。
    中国が米国に負けまいと経済や軍備の拡大に執念を燃やしており、当面はアジアに於ける主導権を握ろうとして居るのは明らか。
    其れをそんな事は露程にも考えて居ないとは、他意の在るは発言か余程鈍にしか思えない。

  • >>No. 384263

    >  国立国会図書館のウェブから引用して来た↓のですが、それを「手前勝手の資料」というのでは、あなたの方がこじつけをしていることにならないでしょうか?
    h ttp://www.ndl.go.jp/constitution/gaisetsu/04gaisetsu.html
    >8月24日には、衆議院本会議において賛成421票、反対8票という圧倒的多数で可決され、同日貴族院に送られた。

    貴族院などと昔のことを言って居るが、我が国の国情も世界情勢も大きく変容した。
    憲法が現状に合って居るかどうかが問題で、政府は時代に適合させ国民の安全と平和を護らなければならない。
    米軍主導の防衛では国民が不安になっては当然。

  • >>No. 384262

    > 政府と自民党は「自衛隊は合憲である」と主張していたのであり、今でも自衛隊の活動を止めずに堂々と日々運営しているのですから、「自衛隊は合憲」ということです。
    憲法を変える理由が存在しないことになりますね。

    政府や自民党の合憲論は、憲法の誤りを改正しないで、安易な解釈変更で無理やり現状に合わせた一時凌ぎの危機対策。
    憲法は軍隊を認めないので自衛隊としたが、誰が見ても軍隊である事は明らか。
    曖昧な誤魔化しは止めて、国民的議論を真剣に行い憲法を改正し、独立国として当然の軍隊と明記するべき。

  • >>No. 384025

    > 君、憲法読んだことないの!
    読めば、今のままじゃおかしいってことは小学生でも思うはず!

    小学生で分かる者は少ないと思うが、大人や国会議員まで現実と理想を取り違えている者も少なくない。
    天皇に付いてや9条に関しては常識が有れば矛盾に思う筈だが、未だに戦後制定された憲法を頑なに順守しようする国民が少なからず居るのはなかなか理解し難い。

  • >>No. 383938

    > 法律がある以上、そして、それを変えてない以上、犯罪行為は自動的に決まるでしょ。

    だから時代にそぐわない過去の憲法や法律は改善する必要が在る。
    世の中の実情に合わない過去の遺物の様な気まりが、全て現在に通用する訳が無い。
    社会の判断基準や価値観が全て現代に通用する筈が無い。
    改正すべき点は国民と協議の上、速やかに実施できるよう前向きな議論が必要である。

  • >>No. 383711

    > あんたも「国民の声」を無視したいわけね?
    それから、どこがどう必要なのか、改憲理由を言いな。
    それも述べられてない。

    手前勝手の資料で、国民の声とは聞いて呆れる。
    今のままで国民や国土を護りきれる訳が無い。
    改憲理由は、独立国なら憲法で軍隊は認めるべき。
    他国の思惑次第の防衛などあまりにも無責任すぎる。
    国民の象徴とする天皇が基本的人権も無く、あてがわれた行事をこなす様は全く無意味。
    憲法は改正し、ある程度の資産を分与し、一般国民と同じ人格を与えるべき。

  • >>No. 383676

    > あんた、「法も人が作ったもの」ってホントに考えてるわけ?
    民法専門の人なの?

    まさか法は神が作ったなどと思って居るのではないだろう。
    人でないなら如何して出来たのか聞きたい。

本文はここまでです このページの先頭へ