ここから本文です

投稿コメント一覧 (465コメント)

  • >>No. 1050

    トヨタの手先かと…、思っていましたが。

  • >>No. 268

    (訂正)
    簡潔で分かりやすいIRですね。そのまま、読めばよいのではないでしょう。

    簡潔で分かりやすいIRですね。そのまま、読めばよいのではないでしょうか。

  • >>No. 259

    簡潔で分かりやすいIRですね。そのまま、読めばよいのではないでしょう。

  • 「2009年10月」。

    結果として、帝人の自縄自縛です

  • SBの「戦略」だったのか、帝人の「戦略」だったのか…。

  • 細胞培養センター開設 再生医療で澁谷工業
    2018/02/07 02:01
     澁谷工業(金沢市)は金沢市内で、再生医療に用いる細胞を培養する施設を開設した。同社によると、機械メーカーが医療用の細胞培養を行うのは世界で初めてという。細胞培養の効率化、迅速化を進め、再生医療の普及と低価格化につなげる。
     開設された「シブヤ細胞培養加工センター」は、金沢市北陽台2丁目の澁谷工業RPシステム森本工場内にある。ロボット細胞培養システムなどを備える「細胞調製室」や細胞保管室、検査室などがあり、投資額は約7億円。厚生労働省が1月23日付で「特定細胞加工物製造」を許可した。
     センターでは、人の骨髄液から採取した「骨髄間葉系」と呼ばれる幹細胞を培養し、山口大に提供する。山口大は、患者の幹細胞を使って肝硬変を治療する肝臓再生医療(ABMi療法)を行っており、澁谷工業の装置を使って5年前から、患者の幹細胞を培養して治療に使っている。今後はセンターで培養作業を手掛ける。
     培養により、患者から採取する骨髄液が少量で済み、患者の身体的負担を軽減できる。同社の細胞培養機器は、大掛かりなクリーンルームや無菌エリアを設ける必要がなく、費用を抑えることができるという。センターはそのモデルルームとしての役割も果たし、細胞培養について全国の機関からの受託を目指す。

  • (追伸)
    かつ、ふか~いんです。

  • なにをわかっていっているのか、わからないでいっているのか…。
    SBと京大のつきあいは、なが~いんですよ。我々より、はるかになが~いんです。

  • 2Q。黒字化の見通しが、見えればラッキー。

  • 「帝人と契約したことは開発資金獲得のため仕方ない事だと思う否定はしません」

    プラス「信用」。

  • 新薬承認申請(NDA) 
    医薬品承認事項変更申請(sNDA) 
    生物製剤承認申請(BLA)
    生物製剤承認一部変更申請(sBLA) 
    簡略承認申請(ANDA)
    あと「21世紀」とか…

    FDAには、たくさんの「早期制度」があるようですから。
    「すべてに申請している」(IR)
    ひょっとしたら、ひょっとして…。

  • 「ウィズ」の悪さ、じゃないですか。

  • 医療強化へ新生産棟 澁谷工業、人工透析装置を増産
    2017/12/26 01:52
     澁谷工業(金沢市)は、医療機器事業の生産体制を強化する。同市若宮2丁目の医療機器製造工場に、新たに4階建ての建屋を建設し、海外を中心に受注が増えている人工透析装置の増産を図る。来年7月の着工、2019年3月の完成を目指す。5年後をめどに医療機器事業の売り上げを現在の2倍の200億円程度に高める方針である。

    脂肪幹細胞で欠けた骨治療 澁谷工業と金大が共同研究
    2017/12/08 03:03
     澁谷工業(金沢市)は、脂肪の幹細胞を使って骨の細胞を作り、骨の欠損治療に役立てるため、金大と共同研究に乗り出した。事故や加齢などで欠けた骨を人工骨で補うのではなく、生体に由来する幹細胞を活用することで治療後の人体への影響を抑える。来年夏ごろの動物実験を経て、将来的に、ヒトの整形外科や歯科分野での導入を目指す。
     澁谷工業と金大は11月、共同研究に関する契約を締結した。
     澁谷工業によると、骨の欠損治療は一般的に、人工骨や凍結保存された他人の骨を移植する方法で行われているが、骨の強度がもろかったり、アレルギーや感染症を引き起こしたりする課題が指摘されている。
     金大医薬保健研究域医学系整形外科学分野の土屋弘行教授らは、脂肪の幹細胞を基に平面状の骨の細胞シートを作製している。ただ、治療に活用するには立体的な3次元構造を持つ骨の作製が求められていた。
     澁谷工業は、再生医療用のバイオ3Dプリンターなど、無菌環境下で細胞の塊を培養して立体的な体内組織をつくる技術を持つ。
     土屋教授の基礎研究と同社の製造技術を組み合わせれば、3次元構造を持つ骨の作製などができると判断し、双方が共同研究に合意した。既に実施した検討実験では、脂肪の幹細胞から、新しい骨をつくる働きを持つ「骨芽(こつが)細胞」の塊の作製に成功したという。
     共同研究では、実験室レベルの微細な骨の細胞シートに澁谷工業の製造技術を活用し、多様な骨芽細胞の塊をつくる手順を確立する方針である。骨の欠損部分に粒状の骨の細胞を重ね、埋めるように補修する案も描いている

    「北國新聞」

  • Clioの株は、すべて三菱に売りました。共同研究は、活きています。

  • ①ライセンスアウト
    ②muse細胞

    の順かな…。どちらも清藤さんとかが、矢面にはいませんから、うまくいくでしょう。

  • 細胞塊 短時間で量産 バイオ3Dプリンター 県内企業など開発 2017.12.27

    県は26日、うるま市の沖縄バイオ産業振興センターに、あらゆる身体組織をつくる能力を持つ細胞塊を立体的に形成する「細胞塊積層装置(バイオ3Dプリンター)」を設置した。同日、バイオ3Dプリンターの試作開発に携わったプロジェクトリーダーで、沖縄工業高等専門学校発のベンチャー企業・フルステムの千葉俊明社長による概要説明があり、細胞塊を層のように積み重ねていく「積層」の作業が公開された。無菌状態かつ従来より6倍の速さで積層することによって大量生産が可能になり、産業化への一歩となる。
    今回開発されたバイオ3Dプリンターは、大量培養した細胞を集め(細胞塊)、人体組織を修復する再生医療への使用が可能な大きさに立体的に形成する。形成された細胞塊は人体に移植して、体内で新たに組織を再生する。12月初旬に動物実験を行っており、細胞塊が周辺組織の働きとは無関係に増殖する「腫瘍化」が起きていないか、無菌化の状態を保っているか経過を見ている状態という。

    千葉社長は「これまでは細胞塊の質や大きさが均一でなかったりした。今回の開発が実用化につながる」と意気込んだ。

    バイオ3Dプリンターは、県が先端医療産業の拠点地を目指し2015年度から進めていた事業で、沖縄高専をはじめ澁谷工業(石川県)、佐賀大学、再生医療ベンチャーのサイフューズ(東京)と連携し、開発製造を進めてきた。(琉球新報)

本文はここまでです このページの先頭へ