ここから本文です

投稿コメント一覧 (111コメント)

  • 【今週の展望と戦略】

    長らく低迷のゴールドに上昇の兆しがありました。ドル安のため銅やゴールドなどのドル建て商品価格に割安感が出たためと思います。資源価格が上昇すればオセアニア通貨も一段高になります。貿易摩擦問題はすぐには解決しないと思いますので押したところは押し目買いで対応。

    ※投資は自己責任で。

  • 【今週の展望と戦略】

    今週の狙いはもうずっと毎週同じことの繰り返しもなぜそうなのかを別の角度からファンダやテクニカル抜きで説明したいと思います。

    ドル円の高値続き、ポン円の大荒れが続いていますが人間心理(ミセスワタナベ心理)としてはこういった異常事態ともいえるトレードの環境に疲れた時は必ず回帰現象ともいえる本来のコツコツ通貨に戻ると思います。それがこのオセアニア通貨。

    上がらなくても下がらない傾向を好むミセスワタナベ。ポジショントレーダーに先回りして先週に引き続き仕込みたいと思います。ちなみに長期用に仕込んだ建玉は普段トレードする建玉と混在しないようにできれば長期用口座で管理することをお勧めします。(何かの拍子に誤って決済しないようにするためです)

    ※投資は自己責任で。

  • 【補足@霊によるFX手法】

    霊に見せるチャートは複数枚の時間足もいろいろあれば霊は混乱しますので霊に見せるチャートはできるだけシンプルにドル円のチャート1枚がベター、デイトレならば15分足。霊専用のチャートとして常に1枚だけ同じところに表示。

    準備としてはそれだけです。なお注意すべき点は私が時々失敗するのは霊が相場が上がるといっても大体が最終のNY時間が多い、途中に上下のブレがあると人間側がトレードの夢中になってついつい霊の言ったことを忘れることがしばしば、後の祭りになってしまいますのでメモしておくなりしておいたほうがベター。

    ※なお最初のうちは霊側の霊も慣れるまで多少時間がかかるため外れたとしてもおおらかな態度で。霊も一生懸命やってますので覚えるまで時間がかかります。博打の才能はあっても現代のFXは初めてなのでコツコツ教育。そのうちに霊⇒式神的存在になります。

  • 【悪徳ともいえるFX(宗教)が許される理由】

    FXは負けることが多く、金銭を失うこと、健康被害、一家離散などなど負の側面が多い他のギャンブルと同様に負の側面が多いものです。すべてを失ってから神も仏もないものかと言っても元へは戻りません。

    (1)神や仏は本人をできれば助けたいとは思ってますがこれは霊界ルールがあって勝手に助けることはできない。例外的に手出しをできるのは先祖霊や悪霊および動物霊。しかし当たり外れがあって当てにできない。

    (2)神や仏は見守るだけの存在かといえばけっしてそうでもないのである。FXには健康被害や破産の憂き目に遭ってもそれ以上に大きなメリットがあってこれは前回話した通り。

    (3)以上が悪徳ともいえるFX(宗教)がこの世に存在することが許される理由である。なのでもしも本人がFXで苦境に陥っている場合は神や仏の手を借りることができないが代わりに先祖霊の助けを借りることができる。先祖霊も7代も遡れば一人くらいは博打の得意な霊がいるものなので、今の苦境を一人で悩まずにそういった霊の助けを借りることをお勧めします。

    (4)祈る方向は神様や仏ではなくて先祖霊の方向に意識を向ける。ほとんどの人は「神様~助けてくれ~」ですがそれは大きな方向違いというもの、正しくは「先祖様、助けてくれ~」です。そして先祖霊をお呼びしたらすぐにでもFXの基礎を霊に覚えこませる作業が必要(実はここが大変、霊をお呼びしたら全部解決できると思ったら大きな間違い、博打の才能があっても現代のFXの知識がなければ霊も動きようがない)。複雑なテクニカルは知らないのでチャートを霊に見せて日足チャートの上方向なのか下方向かできるだけシンプルにする。ちなみに個人的な例でいえばテクニカルは複雑すぎてわからないとのことだったので夢解釈によって為しえました。通常の夢解釈とは異なり相場用の夢解釈に書き換え、上がるときはこの夢を登場させ、下がるときはこの夢を登場させという具合に一つ一つ定義付け作業を行いました。

    (5)FXも霊との二人三脚で行えば楽しいFXにもなります。先祖霊を教育することによって本人が寝ていても相場が儲かりそうなときは就寝中でも起こしてくれたりと目覚まし代わりにもなります。ぜひぜひお試しあれ。結論としては、霊ではなくて一人の人間が身近にいると思って常に意識を向けることが肝要。

  • 【今週の展望と戦略】

    アメリカ中間選挙に向けて引き続き買い姿勢です。マーケットは貿易摩擦ネタで売りに傾いて織り込みつつありますが現実的には難しいものがあります。織り込む必要のないものを一気に織り込んだだけにその反動は今後少しづつ出て来るとは思いますがこれは長期目線のため今後の戦略として温存します。

    ただオージー通貨などは過度に織り込み済みのため徐々にその反動は出てくると思います。今週も引き続き押し目買いで。なお、ゾーンとしてとらえた場合でも今の水準は仕込みゾーン。

    ※投資は自己責任で。

  • 【ポジポジ病対策】

    今日は究極の荒業ともいえるポジポジ病対策を本読者限定で紹介します。これまでポジポジ病に関する投稿を繰り返してきましたがいまいちパンチ力に欠ける、そういった念をキャッチしました。本当にそうなのか疑問疑惑の念です。ポジポジ病対策は奮闘努力せよと言ってまいりましたがこの奮闘努力に偽りはありません。継続は力、頑張ってくださいませ。

    本題に戻りますと、究極のポジポジ病対策は(これは私自身が既に行っているものであり実証済み)それはFXはFXであってFXでなし、それは何かと言われればそれは〇〇です。どうぞ〇〇に当てはまるものを読者自身が探し出し究極のポジポジ病と言われる依存症を完治させてください。ポジポジ病はいわば依存症のようなものですから、依存症を抱えた状態でマイルールを守れと言っても無理な相談。逆に言えばポジポジ病を完治してFXに対峙するときはFXはあなたに幸せを持ち込むものと断言します。

    ※ちなみにポジポジ病を完治しFXから足を洗う方法もありますが、それはあまりお勧めではありません、なぜならそれはFXの良さというものを同時に捨ててしまうことにもなりかねます。また小枚数でFXを楽しむという方法もありますがそれでは時間の無駄というものでもあります。人生の貴重な時間をFXに費やすほど馬鹿らしいものはありません。FXにかかわるならやはりその時間を費やしただけの見返りは頂きたいもの。

    もう一度繰り返し起きます。
    それはFXはFXであってFXでなし、それは何かと言われればそれは〇〇です。FXはFXのようであってもFXではない。FXでなければ依存症はなくなりポジポジ病も同時に消えてなくなります。

  • 【今週の展望と戦略】

    日経平均も年初来高値目前となってきました。10月買って3月に売るともいわれてますのでこのまま個人投資家の勢いは徐々に増してくると思います。アメリカ株も10年も上げ続けているためヒンデンブルグオーメンの点灯と一部では騒いでますが暴落直前はなおさら上げも急ピッチに行くと思います。オセアニア通貨も戻しドル円は壁と言われた113円を突破寸前です。貿易通商協議で相応の押しが考えられますが売りが逆に狙われやすいので押したところは押し目買い。

    全体的に底上げムードがあって、暴落直前は素人参加者が多くはなるというものの、暴落に対するストップを置きさえすれば怖いものはありません。月曜日のNYタイム~火曜日の午前中に安値を拾って買い方針です。

    銘柄はご随意に、中国指数、オセアニア通貨、ドル円などなど。

    ※投資は自己責任で、買いの場合はストップは忘れずに設定しましょう。

  • 【今週の展望と戦略】

    先週に引き続き押し目買いというよりも年内仕込み時という場面を迎えています。仕込み銘柄はご随意に。

    ※「人の行く裏に道あり花の山」(投資は自己責任で)

  • 【スケベの源泉】

    先週までの話をまとめますとFXはルールで勝てるというのは教科書でも耳タコ、ルールは誰でも持ってるがルールは破られる、ルールを破るのはスケベ、一旦破ったらルールはなし崩しに破られる、スケベは意志によるスケベと本能によるスケベがあるとお話ししました。そしてそのスケベにかかわるのは悪魔、その悪魔の力を弱めてくださるのは個人の力でなく神様の力。どういったときに神様の力が頂けるかはそれは個人がルールに戻ろうルールに戻ろうと奮闘努力した時。

    相場においてここまで上がったのだからそろそろ下がるだろう、どうやってもこれ以上上がるはずはない、上がってもたかが知れている、なのでSを打つ。この値ごろ感からくるのがスケベ心です。しかし一度のスケベは実際に行動を起こしたためこの行動がルールにおける行動よりも頻繁に発生するとスケベ心による行動が習慣化してしまい、一方でルールによる行動はいまだ習慣化せず。結果は火を見るよりも明らか。値ごろ感トレーダーの誕生です。その他のスケベとしてはもうちょっとで取り返せる、もうちょっとでプラテンだ、この「もうちょっともうちょっと」思う心もまたルール破りの片棒を担いでいます。「もうちょっと」という心が生じたらPCやスマホを閉じて「寝る」を心がけしたいものです。

    急にスケベ心を抑えることは難しいと思いますので、まずは奮闘努力しましょう、そのためには来週の目標はまずはルールによる行動をスケベによる行動よりも多くしましょう。

    なお奮闘努力によって神様が悪魔の力を一時的に弱めてくださっても臭い匂いは元からというようにそのスケベの源泉を知る必要があります。スケベ心の発生の源泉は睡眠不足、栄養不足、これらによって生活が乱れ不規則生活になれば生命の存続が危ぶまれ、そして生命の存続が難しくなったそれら人間のとるべき行動は軽度においては自らの力の誇示からくる他者排撃行動や、本人が消滅しても次の種に委ねる、いわゆる種の保存にあります。これがスケベの源泉です。従い予期せぬスケベ心の発生を抑える第一歩は生活規則の安定です。

    ああ、惟神霊幸倍坐世。

  • 【今週の展望と戦略】

    ドルへの回帰が続き、今月は今年2回目の株安。押し目買いというよりも年内仕込み時という場面を迎えています。仕込み銘柄はご随意に。

    ※「人の行く裏に道あり花の山」(投資は自己責任で)

  • 【破戒僧とスケベL】

    昨日は人間が奮闘努力をした結果この奮闘努力と引き換えに人間を守護している霊が同じく人間に取り憑いている悪魔の力を一時的に弱めてFXで勝てる場面を紹介しましたが、同じ勝つなら一時的なものでなくマイルールに応用して恒久的な勝ち組に入って頂きたいものです。その努力の方法をいかに紹介します。

    戒律を守れない破戒僧はスケベを働いたため生臭坊主に堕したように、マイルールを守れないトレーダーはスケベL(もしくはスケベS)を繰り返すことによりポジポジ病に堕し、結果負け組に近づきます。スケベというのは数回はうまくいっても何回かのスケべを繰り返しているうちに必ず高額な代償を支払われます。これは上級トレーダーも同じです。本来のマイルールにはない変わったことを行えばその変わったことに対する経験不足により対応が後手後手になって大きな損失を出します。戒めるべきは値ごろ感からくるスケベL(もしくはスケベS)。

    もちろんそのスケベの背後には自らに内在する悪魔が関わっています。そうした悪魔の力を弱めてもらうには奮闘努力が必要ですがその努力とは普段のトレードにおいて時々襲ってくるスケベを黙認するか、それともスケベを排除するかの意志を持つか。守護霊を注目しているのは人間の意志です。黙認しているといつまでたってもポジポジ病から抜けられずFXにおいては負け組の破戒僧トレーダー。

    但しスケベを排除しようと意志をもって人間のこの意志が本物であるかどうかを守護霊は試していますので簡単には悪魔の力を弱めてはくださらない。何度失敗しても立ち上がり徹底してスケベを改心しようと行動で示すことにより、守護霊が許可を出したときに初めてスケベの元である悪魔が排除されマイルールに基づいたトレードが可能になってきます。

    ※なおスケベには二種類あって本能によるスケベは神様/守護霊も認めていますが、意志に基づくスケベは霊界ルールには反しています。それゆえ意志に基づくスケベを排除しようと奮闘努力するところにより神様/守護霊は喜ばれポジポジ病は完治します。初めは本能によるポジポジ病でも、いいやいいやと放置すれば、やがては意志に基づくポジポジ病に変化します。

  • 【奮闘努力】

    先週はこの奮闘努力が霊界においては大切であるということを述べましたが、なにゆえそうなのかはさておいて(これを述べると煩雑になるため省略)、今週は具体例を挙げます。誰でも聖杯探しをした経験があると思います。結論から言えば聖杯探しはいくらやっても無駄ですが、しかし霊界からこの様子を眺めればその聖杯探しで頑張っているときは本人が奮闘努力中なので一時的であるにはせよFXでの成績が良くなる場合があります。

    この時の状況を霊視しますと、人間には悪魔が数人、先祖霊や善霊が数人取り憑いていますが、大雑把に言うとFXで失敗するのは悪魔のなせる技(疑心暗鬼にさせたり偽情報を吹き込む)一方で善霊側も助けたいのですが良き情報を語っても本人の判別能力がないため疑心暗鬼が拡大していく。結果はしっちゃかめっちゃかになって乱れていく。

    但しここに本人が奮闘努力の姿勢があるとその努力に相応して守護霊が一時的に悪魔の力を弱めてもらえるように神様に直訴することができる。本当は神様も助けたいのだが本人が何もしないのにかかわらず無償で助けることができない(←実はこの部分が霊界ルールでもあり天機漏らすべからずの重要事項)

    つまり奮闘努力と引き換えに悪魔の力を神様によって弱めてもらえる、悪魔の力が弱まれば、本人にとっては善霊が吹き込む良き情報に包まれますので自然と勝つことができます。但し勝ったあとに本人が慢心すれば守護の力が弱まり逆に悪魔の力が息を吹き返して元の木阿弥になって、また負けが続きます。

    要は勝った時にいかに鼻高や慢心を抑え込むことができるかが守護の力のリピートを呼び込めるかの(悪魔の力を弱めることができるかの)カギになります。勝った金額を語ったりポジコールをこれ見よがしに公開するのは悪魔の力が復活しますので守護霊軍団からすればやってほしくない行為の一つかと。(今日はここまで)

  • 【今週の展望と戦略】

    先週に引き続きオセアニア通貨と金の押し目買い。

    ※「人の行く裏に道あり花の山」(投資は自己責任で)

  • 【霊界ルールで勝つ】

    FXはルールで勝つとは耳タコですが、ただ結論から言えば一般的にルールで勝つのは本能に逆らう行動のため不可能です。人間には感情がありますのでこの一瞬の感情の隙をつかれたときにルール破りが発生。あとはなし崩しにルールが破られます。

    かつて宗教界も戒律とかで戒めがありましたが結果は「破戒僧」を生み出しただけで人間は本能には勝てません。悪しき習慣を改めようとして良き習慣を取り入れようとしても24時間の中では必ず静寂の瞬間が訪れます。その静寂になった一瞬のスキをついてルールは破られる、薬物患者が薬物を止められないのと同じです。ポジポジ患者はポジポジが止められないのです。(止めがたいというほうが正しい)

    ただ霊界には霊界ルールというのがあって、霊界ルールに従えば現実におけるルールもまた破られることはありません。今日は天機もらすべからずの一端を本掲示板読者限定で公開します。それは「奮闘努力」この4文字につきます。ルールを守ろうとしての奮闘努力があれば神様はその努力の過程を見てOKサインを出すという条件付きでいままでそのルールを破ってきた直接の原因を取り除いてくれます。

    破戒僧が途中でルールを守りたくてもなぜ破壊を繰り返すかは、僧の意図目的と神様の意図目的と合致しないためです。

  • 【ドル高政策】

    H ttp://www.28tyoukitousi.com/article/446145475.html

    上の記事は2017年1月の古い記事ですが、しかしこの記事にあるように2018年はドル高が進行していますので多少は参考になると思います。金やオージー円の買いは余裕のまた更なる余裕の遊び金が良いと思います。ちなみに金を買うということは高額のマイナススワップが付くので要注意。オージー円は今のところマイナススワップには至ってないので長期投資には有利。但しドル高が今後も続けば80円割れもあり得ますのでドブに捨てたつもりのお金で投資です。

    ※投資だけは自己責任で。FXは余裕資金でがFX業者のうたい文句ですが、その余裕資金でのトレードしたつもりが多少の変動でわーわー言うのは余裕でもなんでもない生活資金を賭けているようなものです。余裕資金とは本当にゼロになってもよいと思えるほどのそんな資金でFXをお楽しみくださいませ。

  • 【今週の展望と戦略】

    アメリカのインフレ懸念も徐々に後退し(長期金利の頭打ち)これにより長らく低迷を続けていた金にようやく上昇の兆しが表れました。と同時にオージー円などの通貨も日足で底打ちサインが点灯。ただ底打ちからの上昇は今始まったばかりで飛びつきの高値追いするにはまだ早く押し目買いを推奨します。金とオージー円の買いに妙味あり。

    ※投資は自己責任で。

  • 【今週の展望と戦略】

    お盆休みも先週の16日で終了し本邦機関投資家も戻ってきて来週からはまともな相場になってきそうです。先週金曜日に早くもその兆しが表れたのか、クロス円が全般に上昇。オージー円は先週月曜日の始値で窓下げスタート、それを金曜日でほぼ埋めた模様。週足では下ヒゲ陽線となっており先々週週足終値とほぼ面合わせの80円90銭。このラインを明確に超えていくようなら試し買いも一考の余地ありそう。買いでの参入価格や下値ストップロスは適当なところで。利益確定目標も同様に適当なところで、底練り状態なので乗り遅れたとしてもまた下がってきます。月曜日からの一週間はすべてに関し適当にトレードしてください。

    ただ適当適当とは言え背景にあるのはここ数か月続いた結果の欧州通貨の売り飽き気分、ドル円の買い疲れ感をベースにしてのトレードです。

    ※相場は自己責任で。

  • 【FXによるトータルでの負けの原因Part3】

    まずはポジポジ病を修正してください。ポジポジ病がある限りどんな手法を使おうともすべては無に帰してしまうし、ポジポジ病では損切りできても損切り貧乏になります。ポジポジ病はまた資金を減らしていきますのでせっかくルールを作ってもすべては無に帰してしまいます。

    逆にポジポジ病さえなくなれば手法は適当な手法でも勝てます。FX以外に時間もたっぷりと出来、兼業でもヒマすぎるくらいヒマになり自由時間もたくさん出来、寝る時間もたっぷりです。個人的に今のこのように投稿をカキコする時間もあり、デモではないかと誤解されるくらい普段もヒマヒマでFX以外の趣味に時間をかけることができます。先代の師匠がいつも言ってたことに「とにかく寝ろ!!」です。投資においては寝ることが一番大事です。寝ることにより体力低下も防ぐことができ判断ミスも少なくなります。そのためにはポジポジ病は大敵です。ポジポジ病のままでは寝ることもかなわず年がら年中トレードになり(専業以外の人では)いずれは破綻をきたします。

    ※ポジポジ病がどうしても治らない人への治療法。ポジポジの原因は自分の中にいる逆神の囁きともいわれています。逆神に対抗するにはエントリーの際にはもう一人の自分を作り上げ、もう一人の自分が「ちょっと待て!!、そのポジの根拠は? なぜ今エントリーする? ルールはどこに行った? テクニカルに合致? ルールを破ればなし崩しに破る!!」などと自分の横で小言を言うもう一人の自分を想定してみてください。あら不思議、たとえていえばギリシャの哲学者ソクラテスのそばに常に付き添っていたダイモンのような存在があなたも持てるかもしれません。

    ※ダイモンとは?
    H ttps://kotobank.jp/word/ダイモン-92094

  • 【今週の展望と戦略】

    メインとなる大口のファンド勢は夏休みをとっているため一時的にトレードはお休みです。(東京市場も実需筋が休みに入っているため流動性が無くなり)短期投機筋が横行しています。

  • 【FXによるトータルでの負けの原因Part2】

    毎回負けシリーズを投稿してて恐縮ですが今週はまた角度を変えて伝えたいと思います。もう皆さんも耳タコと思いますので深堀りはしませんが。

    ・ポジポジ病   (負けをすぐに取り返そうとするのでポジポジする)
    ・ルールを守らない(負けをすぐに取り返そうとするのでルールを守らない)
    ・損切りできない (負けをすぐに取り返そうとするので損切りできない)
    ・資金管理

    頭ではわかっているのに実行できないのは上記に上げたことはすべて本能が管轄しているからです。本能には勝てません。禁酒、禁煙、ギャンブル依存症。これらも本能が管轄しているので守ることができません。どうすれば勝てるようになるのかはそれはこれら悪習慣に対抗する良き習慣を持つことで、FXに嵌って負け続けている人はFX中心の生活になっていると思いますのでFXから距離を置くという意味で別の習慣を持ちましょう。たとえば自分が楽しいと思えるもの、旅行、グルメ、何でも構いません、何もない人は友達との会話でもよいし、絵の才能ある人はお絵かきでもよいですし、とにかくFX以外の夢中になることを探し、脳の中に占めるFXの割合を徐々に減らすようにしてみてください。禁酒、禁煙、ギャンブル依存症の治療と同じやり方です。

    そうした良き習慣を持つことによって、FX脳が改善されれば、ポジポジ回数も少しずつ減っていき自然と勝てるようになります。FX自体レバレッジ取引ですので小枚数でチマチマやるようなゲームではありません。ポジポジ回数を減らす、少し枚数を増やしてみる、などで効率の良いFX人生を満喫できると思います。

    ※投資は自己責任で。

本文はここまでです このページの先頭へ