ここから本文です

投稿コメント一覧 (323コメント)

  • 投稿したとたんにこれや。
    売り専・・・・・・、あかんて。(泣)

  • おはようございます。
    今日もあやしい動きですね。
    株数取ってくるような動きです。
    いよいよ明日は3月31日。
    物件売却代金の入金予定日。
    決算報告書への記載義務が発生し否が応でも公表されることになります。
    盤石の財務体質になるのは明白な事実。
    そして指数組み入れされていることも事実。
    さらに、来期も支配店舗数が増える事も事実。
    その加算で増収になることも事実。
    そして売上額よりも利益余剰金が多くなることも事実。
    この事実の積み重ねは一転に集約されることでしょう。
    先は高く、極めて高い。
    其処までは山あり谷あり渓谷あり。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • よくご存じでらっしゃる。
    ここのアビリティーを考えれば当然の答えが待っています。
    今日の気配値の動きは果たして。
    後は果報は寝て待てです。
    先は高くそして長いです。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • なにやらおかしな動きです。
    動静注目です。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • おはようございます。
    まさにその通りです。
    140円台を過剰で取りに来るかもとは感じていましたが。
    先が長いからこそじっくり基盤固めをすると思います。
    さて、これからの安い所はじっくり仕込みです。
    先は高いだけにまだまだ長いです。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • 失礼しました。
    近づくのは75日移動平均線です。
    訂正です。

  • おはようございます。
    膠着状態ですね。
    微動だにせず、25日線接近中です。
    来週には3移動平均線収束し機は熟して来ます。
    前回の業績発表は仮検定みたいなものなので実数値を改定しませんでいたが財務基盤は超一流企業の仲間入りです。
    JAM本体の活躍もさることながら子会社、孫会社がどういった成果を上げてくるのか非常に注目です。
    株式交換でM&Aも視野に入れての展開期待大です。
    この3年で大きく体質改善を図り会社発表通り内部留保を十分に行い次へのステップ準備は万端ではないでしょうか。
    それにつけて株価は依然低迷。
    5億株のうち70%強が不動株。後の30%弱が市場に出回ってる売買可能株。
    実質15,000万株弱が移動可能株。
    その内、約4000万株が四季報列記株主。
    現値155円は70億〜80億の経常益出す企業の株価と比較してどうでしょうか。
    来期は利益余剰金が売上を超える金額となります。
    これだけの優良企業を市場はどういった評価をするかは歴然です。
    指数入りも決まり配当はいつでも可能となれば後は貸借銘柄への移行と市場変更。
    発行されてる株数を考えると貸借は最低ほしいところ。
    100億円の経常益も視野に入る銘柄です。
    もう時間の問題です。
    頂上までを100とするなら今は2合目を目指している途中。
    先は高くそして道のりは山あり谷ありで長いです。
    まだまだ寒い日も続きます。
    慌てず、騒がず・・・。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • 久しぶりの投稿です。
    3月末の株主登録の準備段階でしょう。
    巻き戻しの始まりかもですね。
    山の頂上は高いです。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • おはようございます。
    先週再帰還しました。
    あの急落時は2度目の大慌てさせられましたが何とか元の株数近くまではいれました。
    さて、今後どうなるかですがいたって安心感があります。
    業績資料確認し、復配の件は肯定も否定もしていません。
    しかも石橋をたたくかのように財務指数は全く手を出さず決算に全て持って行っています。
    そしてグループ案件をワザとのように周りに投下しています。
    今回、すべての転換処理をした件は孫会社まで傘下に入れた手法を更に効率よく取得する手段とも受け取れます。
    総資産来期、その次の期には何処まで大きくなり利益額もどこまで伸ばしていくのか楽しみです。
    復配はいつでもできます。
    しかも3~5円は無理なくです。
    やはり株価のステージは今期決算から来期にかけて大きく階段を上ることでしょう。
    先は長く、そして高い。
    其処までの道のりは山あり谷あり渓谷もあり。
    焦らず、騒がず。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • こんばんわ。
    久しぶりの投稿になったのも下限セフティーネットに引っかかり全て売却決済になっていたので。
    随分と急な動きになりました。
    業績発表があり少しは下げるのかもとは感じていましたがまさか2日間で此処まで突っ込むとは思いもよりませんでした。
    復配もくろんでいた方が多数という事なのでしょうか。
    それとも何か別の要因でしょうか。
    何とも言えないです。
    社債の転換はありましたがグループ内整備の為と思っていますし株を手放す訳はなく、手放した時点でグループ内の内部留保政策は崩れるはず。
    そんなことを創業会長はするわけありません。
    だとすると今回の下げは今までの此処の決算後のパターンという事。
    では、外れた資金をどこで入れるか。
    そこを楽しみに下限じっくり待っていきます。
    その間、何処かで遊んでましょうか。
    とにかく下限を確認したら一気に入れます。
    それまで・・・。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • 今日は山場が早そうです。
    さて、どうでますか。
    休養はもう少し必要かと思いますが。
    回りが許してくれなさそうですね。
    とにかく、先は長くて高い・・・・・。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • じっくり構えてますね。
    いつでももっていける素晴らしく大きな資金です。
    焦らず騒がず。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • さてこれからどうでしょうか。
    10時半前後からに注目ですね。
    空は晴れてどこまでも青い。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • 想定以上の市場評価のようです。
    懸案案件も消え物件急増といよいよ期待の復配ですね。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • おはようございます。
    またまた驚かせる唐突なIR。
    それも超大型。
    いままでの懸案事項の噴出です。
    さて、ここからがIR発表以降今朝まで精査していたことです。
    一番の懸案。
    株価希薄化に関しては財務体質の強化と安定株主を前面に出してること。
    負の面が出る第三者割当の資本注入による救済ではない。
    2番目の懸案大株主への説明。
    これだけの大仕事、事前通知で周到にやり取りがされていたどうかですが手放す情報公示がなさそうであること。
    上記2点が大きなポイント。
    その他にもありますが此処が抑えられていないと株価は保てないです。
    今回のIRによって自己資本比率が急上昇。資本準備金が100億円弱増加すること。
    復配をした場合の還元率(自社グループへ)が80%近くになること。
    今後の出店攻勢への財務基盤がしっかりしたことにより外部調達(銀行、その他手法M&A含む)を使いやすくしたこと。
    上記を考慮し継続と決断しました。
    市場がどう評価するか分かりませんが、一部上場企業が全ての信用を失うような自社グループを毀損させることはしないと思います。
    さて、市場はどう見るか。
    開場は2時間後です。
    やはり山あり谷あり。
    先は長くとてつもなく高いと信じます。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • 昨日お伝えしていますが、もういつでも堰を切りそうです。
    時間軸の中で焦らしを待ってるだけです。
    神経戦に入ってます。
    頂上は高いだけに時間もかかり山あり谷あり。渓谷もあります。
    焦らず騒がず。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • あの記事で場の相は焦りが見えますね。
    慌てず騒がず・・・。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • いよいよ堰を切っての大津波が来そうです。
    上か下か。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • おはようございます。
    新年、明けましておめでとうございます。
    今日も含めて太平洋側は穏やかな日和に恵まれてます。
    この季節はどうしてもこういった気候になりますね。
    私も雪国生まれなのでこの季節の特徴は十分知っています。
    なかなか公平にならないのは歯がゆいものです。
    さて、開場している国もありドイツ他またN.YCFD順調な滑り出しです。
    昨年の1月大発会後の大暴落は今のところ感じれない状況のようです。
    昨年、此処を持ち越し。
    持ち越しを嫌った売りをこなし3円プラスで終了。
    非常に相場は強いのではないのでしょうか。
    昨年12月に今後を占うIRを連発。
    今年から更なる飛躍を想像させる展開で締めてくれました。
    現在の株価の状況はあるべき株価へ修正が始まったばかりと思います。
    市場の注目度もかなり増しています。
    売買も順調です。
    この株を手にしたい機関も出始めて来るのではないかなと思います。
    あとはどう親会社を含めこの会社が市場に対して答えを出していくかという事でしょう。
    まだまだ初動と思い安い所は買い増し。
    そして山あり谷あり遥かな高みを目指してゆっくりと。
    先は長いです。
    まっ、じっくり行きましょう。

  • おはようございます。
    皆さん、本年度はお世話になりました。
    この会社と巡り合ったことは私の投資人生において集大成となることと思っています。
    特にこの所の株価動静、会社公開情報、業績向上の変化は初めての体験となっています。
    そして確信したことは確実に「市場との対話」をし始め「会社イメージの払拭」を意図し「上場企業として独立ち」を急激に印象付けてる点です。
    今回の子会社、孫会社化を短期間で推進させたことはその一手だと思います。
    わたくしの予想していた軌跡を遥かに凌ぐ躍進です。
    早々にクリアーする株価位置は通り抜け意味ある株価へと切り上げて行くことでしょう。
    先は長いと言っていましたがその長さが短くなったのは確かではないかと思います。
    この3年で何処まで成長してくれるのか楽しみでなりません。
    先ずは貸借銘柄早く移行してほしいものです。
    配当はもういつでも出来ます。
    内部留保を十分に収益基盤をいち早く100億に。
    そんな会社になってほしいです。
    まだまだ山あり谷あり。
    まっ、じっくり行きましょう。

本文はここまでです このページの先頭へ