ここから本文です

投稿コメント一覧 (635コメント)

  • 2018/06/20 12:34

    メルカリは、ここの100倍の株価なのに、今日はここの4倍の出来高。

    賑わえば、プロスペクトのテンバガーも可能なんだなと思わせてくれます。

    もっと宣伝して、プロスペクトの知名度を上げてもらいたいですね。

  • 2号議案について・・・

    なにゆえ、発行株数を増やしたいのか?
    株を増やして、何をしたいのか?

    何も知らされないから株主は怒ってるんだと思います。
    昨日?イギリスで説明した内容に含まれているんなら、その報告でいいから、企業が存在している日本の株主に説明をしてほしいものです。

    私たちは陰では応援したいのです。
    ぜひ説明をお願いします!

  • みんなで第2号議案(増資するかも案)と第3号議案(役員選任案)は否決で出しましょう!

    個人株主の議決権行使はこんなときこそ発揮されるべきですね。

  • ここがそうあってほしいですね!

  • 株主を何とも思ってほしいからですね。

    社長あいさつにあるように、「全てのステークスホルダーに最大限の満足を」届けてほしいのです。

    まあ、株主総会までにどうなるかですね。
    期待してます!

  • ほんとうですね。
    同感です!

    皆で否決しましょう!!

  • いまさらですが、今回の決算について、レポートがあったので抜粋転載してみました。
    なかなか安心できる内容ですね。
    詳しくはサイトでご確認ください。

    ------- 以下抜粋転載 -----------

    みんなの株式:
    プロスペクト Research Memo(4):2018年3月期は費用計上により営業損失だが
    内容は問題ない
    ttps://minkabu.jp/news/2118580

    (中略)
    全社では営業損失となったが、各事業セグメントは営業利益を計上している。各事業が黒字にも関わらず全社で営業損失となったのは、全社費用が大幅増となったことによるが、その理由の1つがTPJF子会社化に伴う費用(約500百万円)を全社費用として販売管理費に計上した一方で、負ののれん発生益は特別利益に計上されたためである。またハワイでの不動産投資事業(主にコンドミニアムの開発・販売)においても、諸費用は販管費に計上されるが回収(販売)は営業外収益に計上されるため営業損益を引き下げる要因となった。再生可能エネルギー事業においても、稼働中の発電所1ヶ所(山武東PJ)を売却したが、この売却益も特別利益に計上されているため、営業損益には反映されていない。

    それらの点で、今回の決算結果は特殊(イレギュラー)であり、表面上の数字ほど懸念される内容ではなかった。事実、後に述べるように営業キャッシュ・フローは収入となっており、この点では全く問題のない決算であったと言える。
    (以下略)

    (執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

  • >> 6月28日株主総会は、
    >>カーティスの信任・不信任投票がおこなわれるという認識が、どこまで、
    >> 現経営陣のなかに、そして、個人株主にあるか。

    >現在の株価水準が、後、数週間つづいた場合、
    >カーティスの「役員選任議案」は、
    >個人株主によって、「否決」されることに成るだろうな。

    同感です。
    毎日続くあからさまなここの不自然な相場(板?)の動きから、不信感は募るばかりですね。

    「否決」に賛成です!

  • >>No. 1588165

    3塁鳥谷は大ありですよね。

    では1塁は原口で!

    ロサリオと大山はファームで。
    とくにロサリオは外角が打てるか見極められるようにならないと永遠にこのままですね。

  • 鳥谷連続試合出場断念の前にロサリオを2軍で調整でしょ。

    で、サード鳥谷、ファースト原口or大山が復活や!

  • ありがとうございます!

  • ヤジるというより、下記のような「質問」や「動議」があればいいなと期待します!
    (同じこと書いて申し訳ありません)

    1)こんなばかみたいな安値の株価で不安にさせ、株主の満足度を下げることは、「すべてのステークスホルダーに最大限の満足をお届けするとを目指しています」に反していないのか?この株価を会社はどう思っているのか?
    2)3月期連結決算で経常損失が9.09億円を計上しておきながら、役員賞与引当金が7億円以上あるのはなぜか?今後それに見合うお仕事をしてくださるのか?
    3)100億のキャッシュで何をする予定なのか?

    会社にかなり納得いかないでいます。

  • おっしゃるとおりですね。

    株主総会では、

    1)こんなばかみたいな安値の株価で不安にさせ、株主の満足度を下げることは、「すべてのステークスホルダーに最大限の満足をお届けするとを目指しています」に反していないのか?この株価を会社はどう思っているのか?
    2)3月期連結決算で経常損失が9.09億円を計上しておきながら、役員賞与引当金が7億円以上あるのはなぜか?今後それに見合うお仕事をしてくださるのか?
    3)100億のキャッシュで何をする予定なのか?

    を説明していただかないと、株主の怒りはおさまらないと思います。

  • No.1001

    強く買いたい

    >968さん >957さん …

    2018/05/14 12:37

    >968さん
    >957さん

    素朴な疑問ですが、1000株から100株になったとしたならば、たとえ信用で買っていても、
    端数が出ないから、何の影響もないと思うのですがいかがでしょう。

    まあありえないと思いますが、1000株から300株へ、とかの割り算できない変更があれば、
    端数が出るので、信用期日の繰り上げ等が考えられます。

    しかしながら、東証で売買単位の100株への移行を進めていってるときに、100株1単位
    以外はあり得ないと考えるのが普通でないでしょうか。

    お二人のおっしゃってる意味がよくわかりません。

  • 良好であろうと思われる決算がもうすぐだというのに、出来高増えませんね。
    へんな下降爆弾を警戒してでしょうか。

    私は(私にとっての)おなかいっぱいくらい持っていますので、余裕がありませんが、会社の夏のボーナスが前借りできたら、借りてでも今買いたいです。

    この株価で放置はもったいないなあ、と感じているいまです。

  • なんでこんな株価でうろうろしてるんや・・・

    これだけ出来高少ない中で200万株一気売り、おかしいやろ!
    会社は承諾済みなのか?
    会社ぐるみなのか?

    なんか今日はネガティブに腹がたちました。
    株主総会で、今の株価についての見解を聞いてみたいです。

  • 連休も明けて、今週は、来週の決算発表に向けて、じわじわと60円台になりそうですね。

    来週15日場中決算発表ならば、驚愕良IRとともに、午後ストップ高!
    15日は火曜日なので、来週はえらい楽しいことになりそう。

    と私の頭の中ではそうなっております。実現しますように!

  • 祈りのザビエルさま
    情報をありがとうございます。

    >※昨年の株主総会時の個人株主議決権割合は、80.5%
    >今年度も大差ないでしょう。

    個人株主割合が大きいですね。
    そして、その個人株主の多く(ほとんど?)が、含み損状態ですよね。
    私が行けないので、他人任せで申し訳ないのですが、個人株主として、
    この年初来安値ばかり更新している会社に、「株価対策はしているのか」
    「個人のステークホルダーに、この安い株価についての説明はないのか」
    と質問をぜひお願いしたいです。

    前にも書きましたが、会社の社長挨拶に「全てのステークホルダーに、
    最大限の満足をお届けすることを目指します。」というのは、本気なのか、
    目指しているのか?問いたいですね。
    ぼろ株、低位株として、低い評価は、個人株主は満足していないと感じて
    おります。

  • 会社(プロスペクト本体)や社長は、この株価をどう思ってるんだろうなあ。

    社長挨拶に「私たちは各ステークホルダーの方々と強固な信頼関係を築き、豊かな未来を切り拓いてまいります。」とあるけれど、個人株主はステークホルダーと見なされていないのかもしれないね。

    会社からの何らかの株価対策を期待したい!

  • 少し引いて考えてみよう。

    プロスペクトは、いままで3Qまで赤で4Qで黒字になる企業。
    これは不動産屋だから当然といや当然で普通の優良企業。

    それが、いまは、3Qですでに黒字転換で4Q(本決算)が好決算なのは簡単に予測できる。
    配当4円で、いま53円、つまり配当利回り7.55%。
    さらに社会貢献やスポーツ振興の応援!
    つまりめちゃめちゃ優良企業!

    で、このバカみたいに安い株価。
    正当な評価されれば、どうなるか予想できますよね。
    今買わなくていつ買うの?という気分です。

    もうそろそろ上がり始めると見ています。

本文はここまでです このページの先頭へ