ここから本文です

投稿コメント一覧 (2コメント)

  • 2016/09/24 13:32

    あちゃー

    大和証券の試算によれば、TOPIX型の買い入れ比率が従来の42%から70%に上昇する一方、日経平均型は同54%から28%に、JPX日経400型は同4%から2%に減少する見込み。これに伴い、銀行や保険、電気機器、電力・ガス、輸送用機器、情報・通信などを中心に需給インパクトが好転するという。

    個別銘柄では、関西電<9503.T>、三菱自<7211
    .T>、三菱UFJ<8306.T>、みずほ<8411.T>、りそな<8308
    .T>などの需給好転が見込まれる一方、ファーストリテ<9983.T>、アドバンテス <6857.T>、ユニー・ファミマ <8028.T>、コナミHD <9766.T>、日立建機 <6305.T>などは需給インパクトが低下するとした。

  • No.61511

    様子見

    いつか来た道

    2014/07/19 17:56

    アトラクションの予算と従業員を削減し、長蛇の列ができるほど明らかに
    多すぎる入場者を受け入れてれば収益も高くなるだろう。
    このことは間違いなくサービスの低下につながり、過酷な労働を強いられる
    従業員からはブラック企業だと声も出ている。

    そのうち某牛丼チェーンのように、一部のアトラクションがパワーアップ工事中と
    表示され閉鎖されるかも・・・。

本文はここまでです このページの先頭へ