ここから本文です

投稿コメント一覧 (2421コメント)

  • 何人かは分かってらっしゃるけど、いかにも強そうに見えるのがミソ。
    しかし、ダラダラ下げて突飛高というのは典型的な売りトレンドの特徴。

  • 固体電池で業界標準握れればそりゃ製造する分の数は出るから利益も爆益だろうけど、ここは検査装置でしょ。
    検査装置なんて、工程規模によっちゃ一個あれば充分って事だから、採用されようがされまいが、そりゃ大したことないよってハナシになる。

  • 今ごろになって集めるとか言う人もおるけど、800円台のときにタンマリ買っておけば良かったのに。
    そのころと言われている材料は変わらねえんだからww
    800円台で買っておけば3割高で、スイング投資としちゃ腹いっぱいのリカク水準だけど、ここからの3割高はけっこうキツイよ。

  • まあせいぜいガンバレww
    この動きを俯瞰するなら、どうせ、せいぜいが化学株の出遅れ調整ってだけさ。
    そこにあれこれハナシの尾ひれがついているだけで、基本この会社に目新しい事はそれほど起こっちゃいない。また納まる所に納まる。

  • こりゃいったん3ケタまでふるい落としだな。
    今日が買い相場のスタートなんて投稿もあるが、それどころか、今日の午後からもうすでに調整のスタートだわwww

  • ケーセンなんて余り信用してないんだけど、これ、典型的な踏み上げ化け線で、持続性に疑問ですな。

  • 投稿数が多くて誰もそんな事知るかだろうけど、上方の次の日に、500円から600円目標と書いた。
    これで、目先の天井は形成しましたかねえ。
    まだまだ出来高もあるので、2番天井の可能性も残るけど、そこまでこの会社を信頼するつもりはないww

  • ネットで調べればたちどころに分かる事や、聞きかじった知識しか無いワシのよーなトーシロの言う事を専門的とか、ホメ殺ししても、ダメですよ。
    ワシがトーシロであることは、分かる人には分かってる筈ですから。
    ということで、非難されてもホメられても、これからも気分次第で書いちゃうわけですが、まあ、1500円とか2000円とか極端で悪質な買い煽りがここにあらかた居なくなってしまった現在、実際の所は正直、値上がりを応援する気持ち半分くらいには育っているので、否定的な書き込みでも気を悪くする人が少なくなればいいんですが。
    前も書いたように、ココみたいな老舗の会社と言うのは、イケイケでやってきた新興の会社と違って、昨今の働き方改革などによる経営改善効果というのは一定程度見込め、他にも経営改善余地というのは想像以上にあるとは思ってます。儲かっているときにそういう所に注力すれば、再び500円以下と言う事も無くなるかもしれない。老舗が長年築いた販路というのはそう簡単には無くならないでしょうし。

  • 買いたい人、とくに表面上の低PERだけを見て内容もロクに調べず買うような人はもう殆ど買いこんじゃったので、このあたりの値段ではあらたに買う人は殆どいない。
    買いたい人が殆どいなければ後は売りたい人しかいないので、少しでも高値になればすぐに売られて下げる。
    なぜ、なんて疑問の呈しようがない、極めて自然な昨日今日の動きな訳ですがwww

  • まあどんなに動きが良さそうに見えても肝心なのは高値で追加しないことですね。

    先日書いた事のフォローってわけじゃないですけど、鉄鋼にしろステンレスにしろ、インフラに使われるようなものは中国天下ってのは変わらないから、この面での需要拡大を期待しても虚しい訳だけど、ハイテンなどの高品質の鉄関連、ステンレス関連については、まだまだ日本メーカー優位だし、クルマの部材や電子・エネルギー関連などの先端分野で今後見直しがあってもおかしくない。
    最近はアルミばかりがもてはやされてきたけど、アルミの長期的な品質持久という欠点がいつクローズアップされないとも限らない。

    なんてヒマだからついまたここに書いちゃったけど、それならそれで、冶金工や日新製鋼買った方がいいってハナシにしかならないな、これじゃww

  • >>No. 40

    そりゃ全てが日本システム技術の思惑通りに人材が確保できれば、そうなるでしょうね。
    ここが今後長期的にみて勝ち組になる可能性だって十分あるとは思いますよ。
    しかし実際には、日経平均が高値更新を続ける中で、この株を含め情報通信関連株全体のパフォーマンスは低く新高値更新を続ける企業は殆どなかったし、ここだってこないだの決算で、メインの部門で売上維持しながら営業利益を減らしているのです。
    つまりはここまでの経過をみるかぎり、日本システム技術の思惑通りに進んでいない要素もあるわけで、その要素を考慮にいれたうえで、ここの経営能力に黄金パターンとか言っちゃう程の信頼を寄せるならば、どんどん投資なさってください。

  • この株に投資している人達(ごく一部を除く)にとっては耳タコですけど、前回のこの株の急騰時とは、世界的なステンレスの生産および輸出入の状況が全然違う。
    10年前は中国は輸入国で自国で足りない分を国際市場で調達してインフラ投資に走ったから、日本国内でも危機感を感じた川下の需要家達は高値でも買わざるを得ず、高値が高値を呼び、結果として、UEXの利益をおおいに押し上げました。
    しかし中国はこの10年で生産量を爆発的に増やし、日本と同等だった生産量は5倍くらいになっていて、フル生産すれば供給過剰。で、今や輸出国。
    この需給バランスはちょっとやそっとじゃ傾きが逆方向には変わりませんし、ニッケルが高くなってステンレスが高くなっても、場合によっちゃ生産量が多い=価格競争力のある中国製品を買えばいいので、日本国内の需要家は焦って国内でステンレスの在庫投資に走りません。
    つまりは、ニッケル高でステンレスが高くなっても、UEXとしてはその高くなったステンレスを仕入れて高く売るだけで販売数量は殆ど変わる所がない・・・結果として利益を押し上げることは殆どない。つー事が予想される訳です。(むしろ日本国内の需要が爆発的に伸びる事は考えられないので、想定以上にニッケルが高騰した場合に価格転嫁うまく出来るかを心配した方がいいかもです。)

    何か予想外の事が起きるとすれば、公害規制の問題で、中国がステンレス生産を増やせない状況に陥る場合ですかね。(いま日本の化学業界はこのせいでウハウハです。)

  • 銀行が稼げなくなって対面・現物から、仮想・ITに移行していくのは、長期的には、ここにとっては両刃になるね。
    何しろ重要な顧客の体力がどんどん削られていくんだからね。

  • >当社としましても、案件の引合いは堅調な状況下、慢性的な要員不足及び外部委託コストの高騰による機会損失の防止が喫緊の課題となっており、

    こういう文面をみても、しばらくの間は大きく利益が伸びそうもないのは充分に想像できる。
    オフショアにアウトソーシングできるココみたいな規模の企業はまだマシなのかもしれないが、それでも業務フローが更に複雑になるケースも考えられるので、うまく案件を管理できずに思わぬ所で利益が削られるリスクも考慮にいれなければならない。
    ということで色々考えるとやはりこの値段では買えない・・・。

  • ここは貸借銘柄だったね。かぶたん記事のおかげで信用売りでオイシイ人けっこう居たんだろうなあw

  • 業界全体として絶好調といっても良い機械(株)の中でも、どんどん買われる所とそうでない所の差が出てきましたね。
    前者に関しては、個人が単一の材料で買っているのとは違う強さを感じます。

  • プリンターの将来性を云々するのは全然構わないけど、念のためいっておくと、下の方のいくつかに投稿された事については可能性まで含めて織り込み済み=ガイシュツのハナシで、それほど新味はないからw
    で、可能性まで織り込みというのはどういう事かと言うと、有機ELなどへの応用の可能性が高いと市場が見ていれば、まだ決算に数字として出ていなくても株価は高く買われる(=PERが高くなる)し、PERがそれほど高く買われないのは、えーと・・・という事。

  • 上げ相場のなかの下げ調整は始まったばかりとも思われるのに、10%近くもよく上がりますね。
    なかなか勇気ある人多いというか、これほど人気が残っているのは正直予想外。

    ただほんとに全体市場でバブル的な相場が始まっているとすれば、明らかに売り調整に入ったと思えるような昨日のようなダマシを作りつつ上げてしまう事もあって、なかなか馬鹿にできない所です。
    (でもそうなると、それならそれで格別ここがオイシイわけでもなくなるんですがw)

  • ところで運輸業界たいへんで輸送費もこれからは馬鹿にならないんだから、もう優待ワインは止めていいんじゃない?
    基本、ここの事業にも関係ないんだろうし。あ?まさかワイン製造でフィルターが?ww

  • ほんとに良い企業なら、誰が何を投稿しようが上げるときにはあがりますよ。
    自分で判断して買ったんでしょう?なら、批判投稿など鼻で笑うくらいこの会社、信用したらどうですか?
    (以前ある医療機器系の会社でそういう信念の人がいましたよ。その株はその後5、6倍になりましたがね。)
    むしろわざわざ応援投稿する方が徒労な事やってるなあ、と思いますけどね。
    応援してそれで株価が上がるなら、私も応援しますがw

    それに念のためいえば、私は三光合成という企業を批判しているわけでもないんですわ。
    いかにも頭悪そうな文章を書く人物によって、恥知らずな行為がある株情報サイトで延々と行われている、それを言いたいだけ。
    三光合成には是非とも頑張って欲しいです、応援してますよ、はいww

本文はここまでです このページの先頭へ