ここから本文です

投稿コメント一覧 (1896コメント)

  • >>No. 138906


    元共産党員が主導 森友の加計はテロ

    文教の森 中曽根 前川喜平 石破 前原
    文教部落は家計なりや 戦後歴史認識は武器
    墓場まで持ってい行こうが歴史は未来永劫不滅


    ゲスのゲス、張学良でもあるまいに


    西安

    .

  • >>No. 139714


    日本国憲法という「籠の中の鳥居」


    占領下憲法にあって人権は無い
    定められた国事行為のみが許される

    本来の御公務(祭祀)は「私的行為」

    (らしいです) かくして

    日本国憲法でいう「象徴天皇としての行為」

    象徴天皇の務めが常に途切れることなく、
    安定的に続いていくことを ひとえに念じ
    国民の理解を得られることを、切に願っています


    籠の外へ

    .



    ※国民の理解が履き違えられている可能性

    象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉より抜粋

    日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方
    象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすため
    天皇という象徴の立場への理解を求め常に国民と共にある自覚

    旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なもの
    象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろう

    天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、
    象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことを
    ひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

    国民の理解を得られることを、切に願っています。

    .

  • >>No. 139582


    私の立場は,

    政府の決定に従って,

    その中で最善を尽くすことだと思います。


    昭和天皇陛下実録では

    50年(1975年)
    11月21日の靖国神社参拝について、

    「終戦三十周年に当たり、
     同社より御参拝の希望があり、

     また

     昭和四十年(1965)十月には
     終戦二十周年につき御参拝になった経緯もあったことから、

     私的参拝という形で行われた」と説明した。


    昭和46年(1971年)は、
    キッシンジャー・周恩来氏らが
    所謂「米中極秘」接近した年である。

    昭和50年(1975)8月15日、
    所謂「私的参拝を演じた総理」は三木武夫氏である。

    米秩序崩壊はキッシンジャーが
    グローバル化宣言した年でもあり
    昭和天皇・皇后陛下御訪米の年でもある。

    昭和60年(1985)8月15日、
    公式参拝を演じたの総理は中曽根康弘氏らであり
    所謂「A級戦犯合祀問題を演じた総理」といえようか。


    平成4年(1992)は、
    今上天皇・皇后陛下御訪中の年である。


    .


    私の立場は,

    政府の決定に従って,

    その中で最善を尽くすことだと思います。


    中華人民共和国ご訪問に際し(平成4年)-宮内庁
    http://
    www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gaikoku/gaikoku-h04-china.html.


    .

  • >>No. 138291


    靖国神社参拝問題は所謂政治テロか

    昭和天皇実録にみる御親拝阻止運動


    (1)日本基督教協議会ほか
       6団体による参拝中止の要望書

    (2)野党各党からの反対声明

    (3)日本社会党議員 
       による国会への質問主意書


    【昭和天皇実録公表】 .

     昭和天皇が昭和50年を最後に
     靖国神社に参拝しなくなったことについて、

     野党各党などの反対運動が影響したことが
    「昭和天皇実録」の記述から明らかになった。

     宮内庁の富田朝彦(ともひこ)長官の生前のメモを基にして、
     いわゆるA級戦犯の合祀(ごうし)が原因だったなどとした

     マスコミ報道については、
     最初に日本経済新聞が報道した事実だけを記述した。


     実録では
     50年11月21日の靖国神社参拝について、

    「終戦三十周年に当たり、
     同社より御参拝の希望があり、

     また

     昭和四十年十月には
     終戦二十周年につき御参拝になった経緯もあったことから、

     私的参拝という形で行われた」と説明した。


     しかしその後、

    (1)日本基督教協議会ほか
       6団体による参拝中止の要望書

    (2)野党各党からの反対声明

    (3)日本社会党議員 
       による国会への質問主意書

     - が出され 議論を呼んだとし、

    「靖国神社への御参拝は、
     この度が最後となった」と記述した。


     一方、「富田メモ」については

     63年4月28日の記述で

     富田長官と面会した際、

    「靖国神社におけるいわゆるA級戦犯の合祀、
     御参拝について述べられる。

     なお、平成十八年には、
     富田長官のメモとされる資料について
    『日本経済新聞』が報道する」と記した。


     宮内庁は

    「日経新聞の報道が、
     社会的に大きな反響を呼んだので
     報道があったという事実だけを記述した」

     とし、

    「富田メモにはさまざまな解釈があり、

     実録には

    (いわゆるA級戦犯合祀と靖国参拝との)

     因果関係については記述していない」

     などと説明した。


    1955→1965→1975・1985・1995

    三木・中曽根・村山(+河野+武村)

    2005・小泉靖国政局(≒安倍vs福田)

    2015・痛恨の極み

    2016参拝

    .

  • >>No. 139495


    元共産党員が主導 歴史教科書事件他

    安保の制約下にあって 必要悪にして

    女心の必

    .

  • >>No. 138673


    元共産党員が主導 第②次戦後歴史認識

    .


  • いったい どーなってるのやら

    【NHKの反日工作】
    NHK『関東大震災と朝鮮人』が隠蔽した一次資料
    https://www.youtube.com/watch?v=RUcU_5rtXfU

    戦後体制≒国際政治経済秩序

    .




    w_s*****
    8月24日 17:57

    関東大震災の朝鮮人虐殺 小池都知事が追悼文断る

    2017年08月24日 14:05 東京新聞 
    2017年8月24日朝刊<関東大震災の朝鮮人虐殺> 

    1923(大正12)年9月1日に
    関東大震災が発生すると、「朝鮮人が暴動を起こした」
    などのデマが広がった。

    あおられた民衆がつくった「自警団」
    などの手により、多数の朝鮮人や中国人らが虐殺された。

    通行人の検問が各地で行われ、
    殺害には刃物や竹やりなどが用いられた。


    テーゼ



    .

  • >>No. 377920





    非常に貪欲なことから、
    腹いっぱい食べるという意味の
    副詞「たらふく(鱈腹)」の語源となったといわれている。

    一方で、「たらふく」の
    語源は「足(た)らい脹(ふく)くるる」
    すなわち「満足して(腹が)脹れる」に由来し、「鱈腹」は

    当て字とする説もある。

    タラを解剖すると
    少なからぬ胃潰瘍の病巣が認められ、
    これがこの過食によるものだとする説がある。

    この話は魚類学者末広恭雄のエッセイにも書かれ、
    広く知られることとなった[要出典]。


    レバ

    .


  • 富田メモ鑑定人の出自

    出○目

    .

  • >>No. 138323


    元共産党員の哀れ 敵国は靖国
     

    たかが選手が

    https://www.youtube.com/watch?v=RLVeQMd1rvk


    たかが新聞が 去れど新聞

    北京週報

    .


    >
    > 元共産党員の哀れ 日本占領主義
    >
    > 日本人に戦争の真相と戦犯犯罪を
    > はっきりと知らせるようにしなければならない
    >
    > 靖国神社を参拝しないと約束するよう
    > 1000数万部の『読売新聞』の力で、それを倒す
    >
    > https://textream.yahoo.co.jp/message/200000001/1497bdd550b2c06c3b1a1ace7e68c6ad/1/4286
    >
    > 森の友
    >
    > .


    村山(ナベツネ中曽根&YKKの森)談話なり




    .

  • >>No. 138323


    感謝の心 つなぐ未来

    【KSM】

    第3回 靖国の心を未来へ 
    感謝の心をつなぐ青年フォーラム 
    ベトナム・インドネシア・インドからの声 
    我那覇真子氏 高須克弥氏 終戦の日、靖国神社

    https://www.youtube.com/watch?v=yw3n-Rra3Mg#t=2124.9555449


    靖国ワールド

    .

  • >>No. 138906


    日本共産党応援団 超党派300人の集い

    発起人は、

    河野洋平元衆院議長、
    大島理森衆院議長、
    川端達夫衆院副議長、
    ジャーナリストの田原総一朗氏

    の4氏

    共産党穀田国対委員長20年のつどい-
    与野党政治家、各界代表出席
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-07-31/2017073104_03_0.html

    それは何故か

    森の友

    .



    .

  • >>No. 138673


    元共産党員が主導 極端に言うと国体破壊


    田原総一朗さんが総理に「政治生命かけた冒険を」(17/07/28)
    https://www.youtube.com/watch?v=jQBNRbixB5c&index=10&list=PLjhMbKAQqsv9zhDuUhcybf_dyxUO2kc_N


    中曽根大先生には足を向けて眠れない


    森の友 喜朗

    .

  • >>No. 138323


    元共産党員が主導 女性宮家創設

    【直言極言】闘争宣言!

    皇統断絶を目論む読売新聞へ[桜H24/1/6]

    https://

    www.youtube.com/watch?v=cs8Gff4x0eY&index=1050&list=PLjhMbKAQqsv9zhDuUhcybf_dyxUO2kc_N


    共産党員が東大時代に学んだこと

    200人居れば東大を支配できる

    中曽根は将来大物になる。。。

    ○○○人居れば日本を支配できる

    森の友

  • >>No. 138291


    大東亜解放・インド洋戦争の意味

    今なお課題となっている共存共栄のスローガン


    国が開放されるという希望から
    日本の仲間入りをした、という出来事


    1951年のサンフランシスコ講和会議
    ソ連の日本分割占領案に反対を唱えた
    セイロン(現スリランカ)代表の演説(抜粋)
    https://matome.naver.jp/odai/2134863009521091401

    何故アジアの諸国民は、
    日本は自由であるべきだと切望するのでしょうか。

    それは我々の日本との
    永年に亘るかかわり合いの故であり、

    又アジア諸国民が
    日本に対して持っていた高い尊敬の故であり、

    日本がアジア緒国民の中で
    ただ一人強く自由であった時、

    我々は
    日本を保護者として
    又友人として仰いでいた時に、
    日本に対して抱いていた高い尊敬の為でもあります。

    この前の戦争の最中に起きたことですが、

    アジアの為の共存共栄のスローガンが
    今問題となっている諸国民にアピールし、

    ビルマ、インド、インドネシアの指導者の
    或人達がそうすることによって

    自分達が愛している国が開放されるという希望から
    日本の仲間入りをした、という出来事が思い出されます。

    セイロンに於ける我々は、
    幸い侵略を受けませんでしたが、

    空襲により引き起された損害、
    東南アジア司令部に属する大軍の駐屯による損害、
    並びに我国が連合国に供出する自然ゴムの
    唯一の生産国であった時に於ける、
    我国の主要産物のひとつであるゴムの
    枯渇的樹液採取によって生じた損害は、
    損害賠償を要求する資格を我国に与えるものであります。


    我国はそうしようとは思いません。
    何故なら我々は大師の言葉を信じていますから。


    ...


    感謝すべきは日本

    今なお課題となっている
    共存共栄のスローガンを諸国民にアピールし

    果たすべきは日本の責任

  • >>No. 138323


    元共産党員らの哀れ まさに国共合作

    戦没者を祀る靖国神社には、
    多数の青年たちを死地に追いやった
    責任者が、犠牲となった戦没者の霊と合祀された。

    (開戦から終戦に至る作戦で失敗し、
     無謀な計画を立案実行した者で、
     戦死者から見れば加害者である人々)

    そこを国の最高権力者が公式参拝することが、
    近隣国との大きな外交摩擦の因となっている。

    http://d.hatena.ne.jp/rekishi1/20150515/1431654723

    >近隣諸国との
     精神的次元での恒久的な友好関係を構築するためには、
    「東京裁判」とは別に、詳細で適切な日本国民自身による
     戦争責任検証が不可欠である。

     計画を立案実行した者とは 
     戦死者から見れば加害者である人々とは
     良くも悪くも国際秩序 所謂「利得者なり」

    詳細で適切な日本国民自身による
    戦後における戦争責任検証「も」不可欠である。

    戦後日本占領に歴史認識あり




    .

本文はここまでです このページの先頭へ