ここから本文です

投稿コメント一覧 (27コメント)

  • ほじゃけん様 まい殿 おはよう御座います。 
     俺の繰り言、読んで下さったのですね。
    今、読み返して見ました。
    「引かれ者の小唄」のような、めゝしい情けない文言を良く綴った、、、
    それを送信して、、しまって、赤面の至りです。
    ご気分損ねたので無いかと、悔いています。

    世の中のこと、、、悲しみ、苦しみ、憎しみ、恨みとか、、、
    いろいろ、そんな事も経験しました。
    逆に、他人にそのような思いをさせたことも、
    一度や二度では無いと思います。
    深く、心からお詫びしたい気持ちです。

    今、接する人みんな良い人です。
    まいさん、ほじゃさん、未だ、お顔を拝見したことも、
    お話したこともない、お方です。
    永久にお逢いすることも無いでしょうに、、、
    現に、こうして俺の気持ちを読んで下さる、、、
    とっても嬉しいです。幸せです。

    嬉しいこと、楽しかったことだけを心に残して、
    生きて行きたいです。
    ほじゃさんや、まいさんのお家族も、おれも、妻も、、、
    他の人たちも、みんなが、
    幸せになれればいいと思っています。
    では、又、お逢いしましょう。

  • ほじゃけんさん まいさん こんばんは。
    先ほど、「このスレドにコメントする」をやったのですが、
    今、読み直したら、「まいさん」とすべきを「ゆめさん」になっていました。
    俺の脳が、まい上がってしまっています。
    今、取り消し、しました。
    ご免なさい。

    今日(きょう)はお昼から暖かでした。
    家に帰ってから、先日到着したカメラを持って外へ出ました。
    川沿いに歩きながら、何か写すものは無いかと探しましたが、
    いつも見ている物ばかり、、、川を見ても、かもが、2,3羽、
    黒いコイが、数匹、うろうろ、、、
    上を見ても黒いカラスが、数羽、こちらを用心して見ています。
    世の中に何の変わり有りません。珍しい物も見つかりません。
    それでも桜の木に近づいて、小枝の先を見ると、
    小さな、本当に小さな芽が、ほんの少し、ふくらんでいました。
    花の盛りは、ほんの4,5日なのに、
    この寒い中、今から準備をしているのですね。

    ステーションの方に戻って、コヒーでもと思いマックに寄ったので、
    注文した100円のハンバーガーと100円のコーヒー、
    写そうかと思ってカメラ出したら、
    前に座っていた女の人が、写されたらいけないと逃げ出しました。
    コーヒー写しても仕方ないので、結局何にも写さないで帰りました。

    何故に不要なカメラ買ったのか?
    自分でも分からなくなりました。 では、また、、、。

  • ほじゃけん様、まい様 

     父親はある程度裕福な「窯焼き」の、六男か七男坊、母と一緒になるまでは手に負えない放蕩息子だったようです。それでも結婚してからは、商才に長けていたのか、焼き物の卸業なども好調で、生活に困るような事は有りませんでした。ところが、裏では「ぼんご座」開帳する、二足わらじのやくざ者でした。
     私と兄が家を離れてから、母が居るのに他の女性を家に引き込み、同じ屋根の下で一緒に住むようになりました。  どんな理由が有ったか分かりませんが、犬畜生にも劣る破廉恥な行為、母はどんなに悔しく、悲しく、辛かった事でしょう。今もそれを思うと心が痛みます。母は夫から籍を抜き、父はその女性を妻にしました。
     私は東京で学生、母親を引き取ることも面倒をみることも出来ず、悩み苦しみました。
     まもなく母親の両親が立て続けに亡くなり、母親も後を追うように死にました。葬式の通知は受けましたが、とても行く気にはなりませんでした。
     後で、病気中だったところ、粉薬がのどに詰まって、窒息死したと聞かされましたが、俺にとって死因などはどうでもよかったのです。 母は生まれて初めて、安住の地に行き着いた、思いました。
     今でも、その女の人からは毎年お歳暮と、年賀状は来るようですが、妻に任せて居ます。その人を恨む気持ちは有りませんが、呼ばれても墓参りや実家に行ってみる気もしないし、その子供たち(義兄弟)とも逢ってみたいとも思いません。
     幼い頃過ごした故郷の山や川、友達などは懐かしく想い出しますが、母親の恨みの残る墓が有るかと思うと、帰る気持ちにもなりません。
     湿っぽい話、長くなってすみません。

  • こんばんはほじゃけん様、まい様 
     くだらない話ですが、冬の夜長のつれずれに、、。   
     私が、小学校に入る前、3歳か4歳くらいの時だったと思います。
     「ペーさん(私の名) と、ベーさん(二つ違いの兄の名)が居なかったら、母さんは死にたい」と、二人の手を引いて歩きながら、母はそう言いました。
     幾日も帰って来ない、父を愛人の所へ迎えに行く途中でした。
     「子供のせいにするな。死にたかったら、勝手に死ねばいいじゃないか」と、その時思ったのか、後で思ったのか覚えが有りませんが、長い間そんな気持ちでした。   
     母には、父に援助を受けている、生活力の無い両親が居ました。そんなことで、別れることも、死を選ぶことも出来なかったのでしょう。  
     私が大学に入る時、戸籍謄本を取って、私の上と下にそれぞれ母親の違う二人の娘が居ることを、初めて知りました。母には何も尋ねませんでした。

  • ほじゃけん様、まい様 こんにちは。
    「まい」様には大変失礼致しました。
    ご免なさいませ。
    今、読み返してみて恥じ入るばかりです。
    いつも、名称よりもイメージが先行してしまいます。
    ほじゃけん様にも、ご不快の念を与えてしまった事、
    深くお詫び致します。
    削除致しました。
    今後注意します。

    古いフィルムの中に、まだ見たことの無かった、
    母や、父親の写真が何枚か有りました。
    母は、その後の不幸を暗示するが如くに、陰気な写真ばかりです。

    まい様は陶器がご、趣味? 本業? とか!
    私は陶器とは深い因縁が有ります。
    父親も、ご先祖も、親類、これすべて陶器に関係しています。
    祖父、何人かの叔父などは窯元で、私がご幼少の頃、良く遊びに行き、
    広い工場でろくろ等を回して、いたずらしたことを覚えています。
    2,30人くらいの職人がいて何日もぶっ通し、
    真っ赤に燃える窯に、ふんどし一つになって、
    次から、次へと薪を投げ込んでいました。。
    その頃は、「有田焼」のブランドで販売していましたが、
    長崎県の波佐見と言う場所で、いわゆる、陶器職人の集落です。
    今はどうなったか知りませんが、想い出深い場所です。

    昔の、コダック写真のフィルムなどが有りますので、
    珍しい写真が有れば、投稿します。見て上げて下さいませ。
    寒さも、まだまだ続く事で御座いましょうからして、
    お二方様も、お家族様方も、お風邪などお召しにならぬように、
    ご自愛なされませ。さようなら あらあらかしこ pe & be

  • 「あ~ あっ~ あ~ あーー」、俺のため息です。
    ぐた~~っと、なっています。
    いささか、お疲れモードです。
    今、歩行訓練。1時間半歩いて、我が家へたどり着いたところです。
    きょう(今日)は、区民健康診断を受けて参りました。
    「体調如何ですか?」と、お父さんの代から診て戴いてる診療所の先生。
    「いささか肉体と、精神が疲れてます」と、俺。
    「茨城県の海で、天日と海風で干した乾燥芋を食べるのがいいでしょう。」
    又、「広島県の瀬戸内海で採れた、かき もいいですよ。」と、先生。
    その内にスーパーに行ってみようと思っています。
    お疲れ原因は、他のことに有るのです。
    何でしょう?
    毎月のダンス雑誌に付録として「ダンスレッスンのDVD」が付いて参ります。
    そのDVDのガードをはずし(違法ですが、、、)、2、3ヵ月分を一枚のDVDに編集して
    ダンスの先生や親しい人々に上げると、喜んでくれます。
    それが、ガードをはずすソフトのCDromを無くしてしまったのです。
    3日ほど前から、そのソフトを使わない方法で、作成すべく、
    夜も寝ないで、パソコン叩いて苦労していました。いわゆる睡眠不足です。
    おまけに、昨日はぶっ通しで、一人の女性と練習、、、練習して上げていましたので、、、。
    疲れの蓄積でです。でも、喜んでくれましたので、まあ、いいか、です。
    では、お元気でお過ごし下さいませ。





























    天日と海風で干した乾燥芋

  • ほじゃけんさま、まいさま、こんばんは。
    夕方、お散歩(ウォーキングとも言います)、寒かったです。
    体中(からだじゅう)の血管が、コチンコチン凍ってしまいました。
    ほじゃさんのお国は、西のほう、暖かいのでしょうか?
    まいさんは、茨城、海のほう、山のほう、ですか?
    海の方でしたら黒潮(暖流)で、暖かいでしょうね。
    東京の今朝(けさ)は、驚きました。
    「緊急地震警報発令」「早く、安全な所に逃げて下さい。」
    テレビが、言うので、女房と手に手を取って外へ飛び出しました。
    外には誰一人出ていません。
    「気象庁の間違いでした」と、。

    過去の想いでは、今はもう、冬の日のかすみのように、
    ぼんやりかすれてしまい、悲しく、虚しく、切ないものばかりです。
    夢も希望も消え失せて、なんの感動も感激も無い日々を過ごしています。
    毎日、妻の顔見ながら、声聞きながら、命尽きる日まで生きるのでしょう。

  • ほじゃけんさま。舞姫どの。こんにちは。
    今日(きょう)は、別の場所です。年賀状来たりしているので取りに来ました。
    8年ほど前までの仕事場、事務所です。久方ぶりに出て来ました。
    やはり、一人切りは気分がいいです。
    ほじゃけん殿、 俺は、ペーでも 、ベーでも何でもいいのです。
    気にしないで下さい( してはいないでしょうけど、、)
    でも、まいさんの、「上がふくらんで、、」には、驚きましたね。
    俺も、たまに下がふくらんで、、、(ゴメン、まいさん、読まないで、、)
    もはや、お役に立てる事もないのに、空しい、、。
    ほじゃさんなら、分かってくれますよね。

    株式、今日5万円以上騰がったら、その位のカメラを買おうと思っていましたが、
    昼から、騰がったので注文しました。(主にANA株です)
    カメラは、去年、孫に壊されたので、タブレット型タブレットを使っていましたが、
    何かと、不便でした。そのうち、珍しい写真を撮ったらご覧にいれます。
    壊した、孫娘(小3年生)にはお年玉を3,000円に減額しました。
    姉ちゃん(中1には1万円) 女房が嫁からもらった、3万円は、
    一年分の、毎週のピアノとチアーの送り迎え、交通費、レストランの食事代、お小遣い、その他
    一切の分だそうです。女房に言わせるとどのくらい使ったか、分からない、、そうです。
    では、今から家に帰ります。高円寺と、阿佐ヶ谷の商店街のパトロールしながら帰ります。
    ほじゃさん、舞さん、さようなら、、、まいさん、美しいボディ崩れないように、下のふくらみは気をつけてね。

  • >>No. 180

    大丈夫。朝方ややもたついたけど、午後しっかりでした。
    ホールド又は、買い増し、頑張りましょう。

  • おせち料理も、お正月三日目になると、いささか、「おぇ~~~」。
    女房から、「おとったん、おまんま、だぞえーー」と、
    言われるたんびに、胃袋が口からはみ出しそうになります。
    じっとしていても腹が減らないので、
    ご近所を1時間ばかり歩いて来ました。
    この辺には不思議と、キリスト教会が多いです。
    「キリストは、罪人を救うためにこの世に現れた」とか、
    「キリストは、信じる人の僕である」とか、、
    いろいろ張り出して有ります。
    昔、彼女と歩いていた時に「汝、姦淫するべからず、、」には、
        「参った」でした。

    姫、ほじゃ殿、又、いずれ、、。Be

  • >>No. 166

    ANAについて、誹謗中傷は良く有りません。
    かかる、書き込みは「害有って益無し」、です。
    しかも、文章長すぎる。
    いろいろ不詳事が有ったかも知れませんが、
    各々、反省致し今後職責を全うすべく、
    努力してくれると信じます。
    日本の航空各社は、安全運航に心がけ、
    国民と全世界の信頼を勝ち取るように、頑張って貰いましょう。
    特にANAは、より一層業績を上げ、株価と配当を引き上げ
    我々を、安心させて下さる事を願います。

  • 皆様、あけましておめでとうございます。
    皆様と、申し上げても、ほじゃけん様と、
    まい姫殿のお二方のみで御座いますね。
    この方が静かで宜しいと存じます。
    日頃のご無沙汰をお詫び方々、
    近所の大宮八幡宮、天神様、氷川神社、と行って見ましたが、
    何処も満員にて、大行列、参拝場所にたどり着くのが、いつのことやら、、、。
    遠いところから、お賽銭投げても、途中迄で悪い奴に拾われそうなので、
    百円使わずに願い事だけ頼んで、マックに寄ってハンバーガー食べて、
    コヒー飲んで帰りました。
    なんだか、儲かったような気分ですが、神様が怒って近い内にバチが当たるでしょうか?
    孫が来たので、上の子に10,000円、下の子に2,000円お年玉あげたら、
    せがれの嫁さんが、妻に30,000円くれたそうです。
    俺には、、、、ナシ。
    ほじゃけん殿、まい殿にとって、今年もいい年であらせられますように、
    神様にお祈り致します。さようなら

  • >>No. 52499

    パット消える。さては「忍者パソコン」でござろう。

  • おーーい、(お茶)
    値上がり待ってるよ。

  • 優待券でおいしくなったコーヒー飲んで、
    値上がり待ちましょう。
    日本人のスタッフめっきり減りました。
    寂しいね。

  • 4,755で売り、今年の利益確定。
    4,735 で買い、来年5,000突破。
      飛躍の年へ期待。

  • >>No. 52417

    佐賀の七賢人のお話、有り難う御座いました。
    真実は八賢人で、しらん様がそのお一人と存じます。
    甘党のココア殿も、ご関係有りかと存じますが、
    一粒300mグリコの創立者、江崎さんも、
    森永製菓創立者の森永さんも、佐賀ご出身で有らせられます、です、ね。
    小城羊羹、佐賀マルボーロ、有明海のムツゴロウ(食べる気はしませんが、、)
    村田英夫さんも、佐賀の産物ですね。
    日航の初代社長 松尾秀呂(字?)さんも、佐賀のご出身ではなかったでしょうか?
    数え上げればきりがないほど、偉人傑出の土地です。
    心から、ご尊敬申し上げます。

  • >>No. 52403

    しらんさま こんばんは
    ご出身、ご在住が九州佐賀とお聞き致しました。
    2日前 テレビ放送にて佐賀藩出身の、
    大隈重信先生の伝記を放送していました。
    佐賀藩鍋島藩は「武士道とは死ぬこととみつけたり」
    などの言葉が有り、、、鍋島藩の皆様全部が、
    「そう、みつけられた、」とは思いませんが、
    私はこの言葉には、(いろいろ、解釈の仕方も有るとは存じますが、)
    いささか違和感を感じます。
    しかし、大隈先生のような、偉大なるお方がお出になった県であり、
    しらん様のようなご立派なお方が、居られますことも納得が参ります。
    大隈先生は、早稲田大学の創立者であられることぐらいしか、
    存じ上げていませんでしたが、
    その優れた才知により、日本国のために偉大なるお仕事を、
    なされた事を知り認識を改めました。
    しらん様におかれましても、御身お大事になされ、
    我ら、後進にご指導賜りますようにお願い申し上げます。

本文はここまでです このページの先頭へ