ここから本文です

投稿コメント一覧 (872コメント)

  • >>No. 162460

    No.162433>
    中国と韓国への対応法3原則。教えるな、助けるな、係わるな。現地法人をかまえるなんて、とんでもない。

    と 言いながら関わっていたいんじゃないのか
    中国と韓国が 好きで好きで堪らないんだろう。  


    >日米安保条約にしたってそう、一方的に守られている。

    日米安保条約の条項に 一方的に守ると書かれているんだ 教えて貰おう。
    日米安保条約の下で 危険に晒されていても守られた事は一度も無いんだが。



    何時までも
    下らん投稿をしているんじゃねぇよ。








    ガッハハハハ

  • >>No. 162185

    戦争で「死んだ人を 弔うのではなく、弔われる人になりなさい」
    by
    稲田朋美前防衛大臣

    だとさ。

  • >>No. 162183

    「国政は国民の信託によるもの」とは 

    本来 国政は主権者のものであり 国政の権力を行使する者のものではない 権力者は主権者から信託されたものだが 主権者からの信託に背かない様に その権力を行使する責任を負う事に成るんだぜ。

    つまり
    権力(者)の行使が 主権者や憲法の意に反した行為に対し 政権担当者に異議を云うのは当然なんだよ 馬鹿でも判りそうなものだが。 

    裁判(違憲判断)での原告が政権担当者じゃないのは当然だよね。

    余談だが
    以前に パーと憲法前文で話をした事が有るが 彼は凄かった (間違えを平気で言うし 間違えの対策も有るとホザ得ていた)

    でも
    ミスったチンはパーと比べ 少し劣るが大した者だ。

    小学生としては。



    そうそう 忘れていた もう一つの笑い話は如何したの?
    遁辞かい?

    「個別的自衛権は認めながら、そのための手段である交戦権を否認」
    つまり
    交戦する為の権利と アホが言っているんだよ。

    交戦権を 手段と思っているアホが居た 此処にも。
    交戦権は手段ではなく 義務と権利である。

    此の他に 笑い話は無いのかい???









    ガッハハハハ

  • >>No. 162022

    勉強をした事に対しては 褒めてやろう だが 私宛でないのが自信の無さが如実に窺がえるな。

    そうそう
    161863「自分の知る限り、前文のほか97条の基本的人権?に係る条項にも国民が国に「信託する」という文言が出てくる。」国民が国に信託するって?97条が(大笑
    ミスっちのレスって 何時もミスってるね。
    其処ら辺も勉強をやり直した方が良いよ。

    「制限規範と同時に授権規範性も当然含まれている」
    「まずその前段に「立憲主義は国家権力を託するもの」(=授権規範性)があって初めて制限規範性って理念も成り立つ」

    同時なのか? 前段階なのか??  ハッキリしろよ。
    本かネットで調べたんだろうが ミスったチンの思想が入ると 途端に一貫性が無くなるね。
     
    うんで
    テストの問いの番号と答案用紙の番号が ずれている様な怪答ですな。
    「国家権力を信じて」と「授権規範・制限規範」が如何繋がるんだよ。
    憲法検索ししいのレスご苦労。

    まぁ~
    ミスったチャンの限界って事かな。
    三権分立は 何処に行ったん???

    >(因みに「信託」とは普通に信用して託すること)で問題ない。

    オイオイ
    「国家権力を信じて」とは 書かないんだ 都合でも悪いのか???

    そして
    法律の書を読んでいたんじゃなかったのか? 突然に 漢字辞書ですか?(笑

    憲法は 誰宛何のかも知らんのかよ (基本中の基本)
    だから「国家権力を信じて」とは絶対に成らないんだぞ。

    まぁ~
    難しい事を言うと ミスったチンが知恵熱を出すんじゃないかと心配だが。
    一様
    此れを踏まえて とは言ってもミスったチンには珍紛漢紛だろうが 解る人にだけに説明をば。

  • >>No. 161926

    全く根拠ない 憲法前文・立憲主義・三権分立で「国民が国家権力を信じて」を語ったに過ぎないし 憲法全文を読んでも「国民が国家権力を信じて」とは 解釈出来る条文は無いね。

    体裁だけを整いた心算かい。
    「箸にも棒にもかからぬ駄文レス」を出しても反論にも成らないね。

    よく居るよね。
    条文は知っているが 間違った解釈する人って。

    そう  君だよ
    ミスったチン。







    ガッハハハハ

  • >>No. 19061

    ブログを幾つか読んだが 着目点は良いが 興味をそそる内容は無かった。

    もう
    ブログと話しをする心算はない。

    URLは 只々邪魔だけ。

  • >>No. 19056

    >日本:口先だけの抗議。

    抗議なんてしていないだろう むしろ慰安婦問題日韓合意で事実として認めていたんじゃないか。
    10億円を出したんだろう。

    >ロビー活動しない。

    少しは調べてからブログに出すべきだね。
    第一次安倍内閣の時に 米国議会で こっぴどく叩かれた事も知らんのかね?
    帰りの土産に集団的自衛権成る物を持って帰って来たよな。

    あれ以来 アヘは慰安婦問題で口にする事がなく 集団的自衛権に精を出していたよね。

    ロビー活動が出来る訳ないだろう。

  • >>No. 161884

    三権分立まで出したは良いが 言い逃れにしか過ぎんね アホには変わりがないって事。
    憲法前文には 三権分立の原則は謳われていない。
    アホが出した憲法前文の上段は 国民主権と代表民主制に関わる事である。

    「国民が国家権力を信じてその運営を託する両面を併せ持った概念」その概念とは
    「この憲法法理に係る立憲主義についてだが」と語っているではないか。
    つまり
    立憲主義の概念を 脳足りんが言ったんだよ。

    序だから
    もう一つの間違いを指摘しておこう。
    ミスったチンが 言う「国家権力」とは 行政府に成ってしまうんだぜ。
    何故かと云うと立法府の議員は 思想が其々違うからだ。
    だから「国家権力を信じて」とは成らない。

    だが アホは
    「「信託」とは文字どおり国民が選挙で選ばれた議員からなる政府(=すなわち国家権力)に国政を委ねたことに他ならない。」
    といっている。

    マヌケの言い逃れは見苦しいノウ。

    161881>
    「個別的自衛権は認めながら、そのための手段である交戦権を否認」つまり
    交戦する為の権利と アホが言っているんだよ。

    交戦権を 手段と思っているアホが居た 此処にも。
    交戦権は手段ではなく 義務と権利である。

    字数の割には 考えが甘いな まるでネトウヨじゃないか。

    だ・か・ら
    頼むから 勉強をしてからレスを出しなよ 愚答なんて時間の無駄だからさ。






    ごめん

    訂正 ネトウヨだったっけ。







    ガッハハハハ

  • >>No. 161871

    北朝鮮や中国が 「平和を愛する諸国民」だったとは 

    知らなんだ~






    ガッハハハハ

  • >>No. 161863

    これは これは 土筆かなと思いきや
    オオ ミスったチャンじゃ あー~りませんか 久しぶりやのう。

    >もうおバカでも分かると思うが、

    ミスったチャンが お馬鹿だから解んないだけ。
    「立憲主義とは主権者たる国民が国家権力を縛る」は正解だが。

    「国民が国家権力を信じてその運営を託する両面を併せ持った概念」は立憲主義とは言わないし 抑々 憲法には「国民が国家権力を信じ」とは謳われていない ミスったチャンの核心が出たようだね 全体主義ですか・・・フムフム。

    基本中の基本すら解らないとは 新春から名前負けしてねぇな オオ ミスったチャン。
    歳初めから 珍が信念か オツムが目出度いね 勉強しな。


    序だから

    >現在の9条では国の自衛権を認める解釈をしながら、二項でその権利を行使すべき交戦権を全面否認する形になっているではないか。

    GHQの原案には
    no rights of belligerency will ever be conferred upon the State.と書かれている。

    日本国憲法英語版にも
    The right of belligerency of the state will not be recognized. .と書かれている。


    「belligerency」と在り 「交戦状態」又は「交戦国であること」と成るね。

    交戦権とは
    「交戦状態」・「交戦国であること」の権利で有り 戦時国際法での諸権利を意味している。

    だ・か・ら
    前々から云っているだろう
    勉強をしろよ と

    今年も馬鹿話で笑わせてくれるな !!





    ガッハハハハ

  • シュメール文明が「民主主義」だったのかい?

    >法律が作られる過程に於いては、法治主義は、民主主義における多数の人々の思考法や「善悪を加味した感情を含んだ意見」がより多数を構成した場合の考え方が集約されて法律となります。

    世界最古のウル・ナンム法典
    「目には目を 歯には歯を」と云った同害報復が始まりで 損害に対し どう対処するかが法の始まりで 「善悪」は法を執行する際の根拠でしかなかった。

    >これをここでは「情治主義」と取りあえず呼んでみたいと思います
    例えて言えば韓国のような国が、過去の一旦国際間の約束事として調印されたことが、ときの政権が自らの政権の意見と異なるとの理由で、相手国との契約を無視して、取りあえずかつての契約が妥当かどうかを問題視して当事者間の約束事に「待った」をかけて護られなかったとしたら、これは明らかに法治主義が護られていないことになります。

    慰安婦問題日韓合意を言っているのなら間違え。
    国と国との条約の様に思いるのだろうが 行政間の口約束で 条約としての拘束力を持っても居ないし「過去の一旦国際間の約束事として調印された」そんな調印なんかされていない。
    パククネ政権とアヘ政権だけの口約束で 立法府(韓国議会)の承認を受けていない。

    現ムン・ジェイン大統領が パククネ政権の政策を踏襲すべきと言うのなら  
    アンタの言う 「情治主義」(よう解らんが)じゃないのか。

    >確かに相撲協会は「公益法人」で監督官庁も明確ですが、だからといって国家の法律に優先する分けはありません。
    刑事事件の場合には、何よりも正確で正当なる捜査権、裁判権等は「司直」による結論が最優先されなければならないからです。

    意味不明???
    「だからといって国家の法律に優先する分けはありません。」なのに「「司直」による結論が最優先」とは 此れ如何に???

  • >ナチス=共産党

    ナチスが自身の首に縄を付けたって話だったのかい。

    日独伊防共協定は単純明快で解りやすいと思うのだが 防共協定に言及が無いのは矢張り オマエ等には難しかったか様だ。

    問題をスルーして オマエ等の得意分野に持ち込もうとしても 漫談では話に成らんな。
    薄っぺらな話と すり返る所がネトウヨらしくて宜しい。




    >宜野湾市立普天間第二小学校が開校されたのは、1969年4月。

    第1海兵航空団第36海兵航空群のホームベースと成る同年11月。

    >同小学校が計画された前年1968年当時は、米国のベトナム戦争介入の最盛期だった。
    危険と言われる場所に学校を開校したのは米国ではなく、宜野湾市だった。

    当時の危険な基地は 嘉手納基地であって 普天間は補完的基地に過ぎず 住民は基地内で畑を作っていた。
    68年には同基地の廃止する話すら在った。

    >同小の移転の計画があった時、市は用地買収の財源が無いので、米軍に用地提供を求めた。
    米軍はキャンプ瑞慶覧の用地提供と現在の小学校用地の交換を求めた。
    用地の等価交換は用地補償の常道である。
    市はそれを拒否し学校は現在地に留まっている。

    抑々
    ハーグ陸戦条約第46条に違反して作られた基地だが。
    昭和天皇は 沖縄を捨て石にしたんだぞ 昭和天皇は一部を除き全国巡幸した。
    沖縄県民に会わせる顔が無かったんだろう。

    >宜野湾市の施政は1962年からだが、1970年人口は約39千人、現在は96千人、人口は2倍以上になっている。
    航空写真をみれば、普天間基地の外周に沿って住宅が密集している。
    住民は基地周辺は危険だと承知して住居を建てたのだろう。

    村の上に普天間基地を作ったと云った方が良い。
    元々
    宜野湾には9077人(1925年当時)住んでいて 軽便鉄道が走り3つ駅がある交通流通の要衝だ。
    普天間基地は 役所等を壊し作られた飛行場で 其の地域であった周辺に人が住んで居ても極自然な事。
    で 
    普天間基地が危険と言われ出したのは 第1海兵航空団第36海兵航空群が来てからの70年代からだ。

    >それに対して白人至上だなんて言うアホはいなかった。

    ハワイ国立公園では オスプレイの飛行が禁止されている 日本人は 動植物以下の扱いらしい。





    歴史音痴であるネトウヨには 説得力は無い。







    ガッハハハハ

  • ナチスがコミンテルに参加していたとか?
    馬鹿馬鹿しい。

    >ハイエク著『隷属への道』も知らないで叫んでいます、、、はははは

    ハゲにも言える事だが。
    ファシズムやナチズムと社会主義は 表題にも在る様に『隷属への道』を辿る事を主張しているのであって それらの思想の目的が同じとは言っていない。
    本に書いた事すら理解出来ないのかよ 小学生からやり直しな。

    だ・か・ら

    伝えただろう勉強をせと。


    当時の独逸国内で起きた事件(反共)も どうせ知らんだろう。

    まぁ~

    有名所で教えてやる。(今日 二度目の投稿文だが)

    日独伊防共協定ぐらいを覚えておきな 馬鹿コンビが。  

    オマエ等には難しかったか?

    ハゲのパーと馬鹿コンビで 死にもの狂いで勉強をせ。












    ガッハハハハ

  • ナチス=共産党と言う馬鹿がいる。

    ナチスがソ連の赤軍(共産)と戦った事すら知らないアホ。

    下らんレスを出す前に

    少しは 勉強しろよ。






    ガッハハハハ

  • >第二次大戦前だって日米は仲が良かった。それが原爆を投下するまで争うことになる。そこまで何を恨み合う必要があったの?と問うても誰も答えられない。

    誰も答えられない様なので・・・

    決して日米の仲が良かった訳ではない。

    何処から書けば判らないが 歴史は継続しているので 以下の文書以外にも要因は有ったが 其れを書き出せば話は進まないので 
    取敢えず以下から始めましょう。

    1937年 日本帝国の臨時軍事費特別会計法公布 (紛争を前提とした会計)

    38年
    其れに対し ルーズベルト大統領の「「隔離演説」我々は戦争を欲しない。
    多国間の戦争に巻き込まれるようなことは 出来うる限り避けるよう手段を講じているが 静観即平和という公式がいつまでも成立しているとは限らない。」と演説する。

    日独伊防共協定をする。

    39年
    近衛文麿首相は「国民政府を対手とせず」の声明を発表。

    41年
    第5回御前会議 対英米戦を辞さず ソ連に侵攻せずと決定。

     第3次近衛内閣を組織
    「南進」論者で英米との戦争を望んでいた豊田貞次郎(海軍対象)を松岡洋右の後に外務大臣に起用。

    ルーズベルトは駐米大使に対し 日本が南部仏印進駐を実行すれば米は石油の全面輸出禁止を伝える。

    ハルノートでの日本への要求を読むと解りやすいと思うがね。

    書けば限が無いので端折ったが 暇が有れば質問に答えてもいい。

  • 三馬鹿トリオのメンバーじゃんか。
    ミスったちゃんが居ないのがトテモトテモ残念で笑える。

    ハゲのパーよ 元気だったんか?
    最後の会話は 忘れようにも 面白くて忘れられない 憲法前文の単純な解釈すら出来ないのだから。

    あっそうそう
    ミス苦も居たっけ。
    朝鮮戦争が 対岸の火事だって?
    歴史の勉強をした方が良い。
    検索は得意だろう 
    でもね
    恰も自分が考えたように出すんじゃありませんよ。


    オマエ等の下らない投稿は読んでいないって言うか 読む気にもなれない。
    まぁ
    暇が在ったら 読まなくもないが。
    どうせ
    愚問愚答の類なんだろう。

    オマエ等の頭じゃ 私にレスを出すには100年と1カ月早いって。




    ガッハハハハ

  • >>No. 161407

    化け猫よ 相変わらずのアホやね。

    いいか
    私が云ったのは 「化け猫には 関係ないが 国民投票法案時の審議過程を知らんだろう」審議過程での投票抛棄の扱いなんだが。

    オマエが出した資料に関連性の有るのは「白票は無効投票となる」だけ。
    自分を肯定・相手を否定できる資料でない。

    つまり
    「関係のない貼り付けで終わらせるんだろう」と云った事が 実現してしまった訳だが。



    馬鹿だコイツは

    もう私にレスを出すなよ。





    ガッハハハハ

  • >>No. 161402

    答えも出来ずに

    遁走とは ネトウヨらしくて素晴らしい。





    ガッハハハハ

  • >>No. 161388

    化け猫には 関係ないが 国民投票法案時の審議過程を知らんだろう。
    人様の世界に刺さり込むな 呆け。

    どうせ
    化け猫は コメント無で 関係のない貼り付けで終わらせるんだろう。
    何時もの事だから判るんだぞ。

    少しは 頭を働かせろよ 無理か猫の額じゃ~。

    って言うか 私にレスを出すのは100年早いと 以前に云った筈だ。
    猫の鳥頭って 救いようがないな。 












    ガッハハハハ

本文はここまでです このページの先頭へ