ここから本文です

投稿コメント一覧 (888コメント)

  • >>No. 19235

    >国連平和維持活動が当事者国同士の停戦合意が有って、国連の同意の下で日本が平和維持活動に協力することに於いては、現憲法上で特に問題は無いであろう。

    何の根拠も示さずに アホな事を言うなよ。

    自衛隊の法的根拠は憲法前文や13条で作られ
    自衛隊創設にあたり 自衛隊を海外に出さないとの下で自衛隊を創設した。
    自衛隊は日本主権を守る為に創設されたのであり 海外に出す為じゃない。

    だから
    専守防衛なんだよ。
    アンタは 自民党の言い成りのアホだ。

    前にも書いたが 「湾岸戦争を口実として 日本政府のプロパガンダに由って自衛隊の派兵が行われるようになった。」日本政府の法的解釈では 自衛隊を海外に出せないんだよ。(法的根拠が違うんだ)
    憲法制定時に日本政府解釈の元に 憲法学者の自衛隊違憲論が成り立っているんだぞ。

    時代が変わったとか 状況が変わったと言うのなら 改憲してから行うべきだな。
    其れが
    立憲主義って云う物だ。

    少しぐらい勉強をしろよ。

      


    19262>防犯カメラが例えば電柱100メートル間隔くらいで取り付けられていたとしたら、馬鹿な犯罪を犯しそうな奴なら、例え幼児に対する犯罪以外でも、大人の一般犯罪などにも役立つし防犯目的になる。

    費用対効果は如何なん?
    警察官がパトロールした方が効果的だろう 人権侵害にも成らんしな。

    アンタに(誰でも良いが)一つ質問をしたいんだが答えて欲しい。
    10人の容疑者(年齢が共に55才)が居て 9人が凶悪な死刑に与えする殺人者で無罪として釈放したならば 又殺人を犯しかねない連中である。

    だが
    一人だけ無実の容疑者が居るが 特定できない。

    アンタが裁判官であるのなら 10人の容疑者に判決を下すとしたら どの様な判決を下す???

  • >>No. 19230

    「最小限の集団的自衛活動」って何だよ。
    造語を作って誤魔化すな。

    >自衛隊が海外で、国連のPKO活動に従事することだって、最小限の集団的自衛活動ならば国民の安全をより強力に担保する目的の延長で、ここまでならば現状のままでも合憲であると考えられる。

    日本は 専守防衛との軍事戦略に由ってのみ合憲なんだよ。
    集団的自衛とは 「自国が攻められても居ないのに 他国を攻める」 
    侵略行為の何物でもない。
    過去の戦争は 自衛の為の戦争との大義名分で行われた 賢者に成れよ。

    >例えば、PKO派遣活動中の自衛隊が、派遣前に「安全地域」だった所が危険地域に変化した場合に、それを理由に急にPKO活動が出来無き成ると解釈することは、非常に危険な発想で有り、協力他国との信頼関係を失っては派遣目的である「国民の安全担保」に陰りを生じさせて得策では無くなり国民国益に損害を生じさせることになる。

    両派の停戦合意を受けてのPKO活動だ PKF活動じゃねぇんだぞ。
    アンタは 政府の違法行為で 隊員が死んでも良いのか 遺族に何って説明する心算だ。
    立憲主義を何と考えているんだ 大馬鹿野郎。

    >「権」に拘るわけでは無いが、自衛隊員が身の安全のために緊急避難的に「交戦」することを否定していては、隊員の人権否定に繋がることになり、これこそが大問題である。

    アンタ 頭大丈夫かい。

    自衛隊を海外に派遣する事自体が違憲なんだが PKO法では自衛は認められていると云っただろう。

  • >>No. 19228

    19228>一段落目

    自衛隊の合憲理由が
    自衛隊法と国民に認知で良いんですか?

    9条に自衛隊を明記したところで 何か意味でも有るのかい。
    「屋上屋を架す」との諺を知っていますか?

    >二段落目 上段

    国民を守るのは 地方自治体や警察と消防等です。
    自衛隊の法的根拠は 憲法前文と13条で作られている(政府答弁)
    自衛隊法(任務)には 国民の生命・財産を守るとは書かれていない。
    詰まり
    自衛隊の存在理由は 政府に由り歪められているんです。

    >二段落目 下段

    逆だな
    自衛隊法での本来の任務は 専守防衛であって 付随するのが国民を守るなんです。

    >三段落目

    立憲主義を言うのなら
    政府解釈の自衛隊の法的根拠が間違えているので 立憲主義と成るのか。

    例えるなら
    憲法8章で自衛隊を作ったようなもの

    有り得へんわ。

  • >>No. 19231

    >現憲法が全くの無修正で何も問題が無いとは、これは完全無欠であると言い張るだけなら子供でも出来ることだが、そのような事はあり得ない。

    日本共産党が護憲派だと思っているとしたら大間違え。
    帝国憲法改正案時(昭和21年)
    野坂議員
    「これは戦争放棄の問題です。ここには戦争一般の放棄ということが書かれてありますが、戦争には、我々の考えでは二つの種類の戦争がある。二つの性質の戦争がある。一つは正しくない不正の戦争である。これは、日本の帝国主義者が満州事変以後起したあの戦争、他国征服、侵略の戦争である。これは正しくない。同時に侵略された国が自国を護るための戦争は、我々は正しい戦争と言って差し支えないと思う。」

    詰まり
    軍隊を作る事を否定していないのである 其れは今も変わらない 武装中立との立場を崩していないからだ。
    何故
    護憲派なのかと云えば 自民党の追米政策内では 改憲出来ないと云う事だ。
    其れは
    一度認めれば 歯止めが利かなくなるからだ。

    >「曖昧さ」は、絶対的に必要な、必要悪的なテクニックで有り、これは現実的には避けては通れないほどに、民主政治には絶対的に必要なる最大公約数的に「民意」としてまとめるためのテクニックでもある。

    必要悪は悪の何物でもない 憲法に悪を謳う心算か アホか。

    >憲法9条2項の末尾にある「国の交戦権は認めない」、の部分だけををカット・・・「交戦権はある」とはならない、ただ曖昧にしただけの話で有る。

    19220>「憲法には僅かな隙間も無い程に全ての範囲の最高権威となる規定を示しているとは限らない。」

    アンタが愚作憲法を考案しってんだよ。

    >護憲だけのスローガンでは、護られるべき憲法の骨格さえ護れなくなる恐れがある。

    「国の交戦権は認めない」の意味を 「国の戦う権利」と思ってんかい? 知らないで言っているのか 勉強をしろと云っただろう。

    専守防衛の自衛隊が居て 何の問題が有るんだ?

    侵略戦争でも始める気か アホが。

  • >>No. 19227

    アンタ 法律の話もダメなら 政治もダメだな。

    >憲法改正≠9条の改正

    憲法改正との文言で賛成するのは ネトウヨ位なものだよ。
    賛否を問う側として 当然中身を読む事を前提としているので 表題に拘る必要は無い。

    >憲法を一字一句変えることに反対していることになり

    アンタ 護憲の意味が判らないのか? 一字一句変えるなって云ってんだぞ。
    「実質的には何もしないことと大差なくなる」お前は馬鹿か。
    現憲法を護る為に 改憲に反対の意見を述べているし努力もしているんだぞ。

    護憲派に対し ネトウヨは対案を出せと言う馬鹿が居るが 其れは アンタも同類だ。
    現憲法に弄るなと云っているのだから 対案なんか有る筈がない。 

    >これでは大勢のより多数の民意を集約してまとめることが難しく

    アンタの意見は 少数派は妥協しろと云っているのも同然なんだが。
    憲法改正するには 少数派も納得いく説明責任が伴うんだぞ。

    日本国憲法は 硬性憲法と云われているが 米国憲法修正の方が困難とされている。 米国は(5年前) 既に6回の修正を行われている。
    米国の行ない方は「必要なのは手続きの緩和でなく政治家の信念と情熱だ等と指摘」

  • >>No. 19221

    >つまりそのような部分の扱いは、立法府が民意を基準に作るだけであり、結果は最高裁判所の判断に委ねることになる。
    もしもこのような憲法は世界で前例が無い、と言う人には「日本が前例を作った」、何がおかしい!、唯それだけのことである。

    「日本が前例を作った」何の前例なんだ?

    >私がいつも不思議に思うところは、憲法に対する「政争」、「意見対立」等で、何故に「改憲」と「護憲」に、2分されなければならないのか?、というところである。
    「改憲」ではないが、「護憲」でもない、そのような人の意見を無視するような政治勢力は是非とも「憲法問題」から撤退して頂きたく思うものである。
    民主主義とは多種多様な意見に寛容で在るべきであり、それを受け入れる度量にこそ真の民主主義が育つ環境となるのである。

    我々には 「自由及び幸福追求権」が有る 基本中の基本だ。
    各々の幸福が有る 十人十色。

    以前の政治は 今の政治と違っていた 大政党でも 正論に対し 伏したものだよ。

  • >>No. 19220

    >憲法に掲げる各種の規定は、下位の法律以下の「各種の法」を規制する最高権威となる最高最上位の法規である。

    憲法は 下位法を規制する法ではない。
    法律(案)等を作る際に 憲法の趣旨に沿う形で作られる事を前提にしている。

    >憲法には僅かな隙間も無い程に全ての範囲の最高権威となる規定を示しているとは限らない。

    具体的に言って下さい。

    >例えば、防衛権のような規定は、直接的に記述されていなくとも、「国家正当防衛」の概念を導入して「違憲解釈」となならにように民意によって扱うことが出来る。

    「国家正当防衛」アンタの造語だよね。
    定義付てください。

    >「憲法」とて、時代による当時の考え方、思想、善悪判断基準となる倫理基準、等々は永久不滅的な判断基準などはあり得る分けは無いから、取りあえずその時代の最高倫理基準を参考にして作られるわけで有り、であるからして「憲法規定外」を作為的に作ったとしても、決しておかしいわけでは無い。

    稚拙だね。
    憲法の趣旨に反しない限りに於いては 合憲だよ。
    当たり前の事だな。

    >何しろ、民主主義の歴史的な先輩国である英国には、不文律憲法で運用されている長年の歴史的な実績国もある。
    であるからして100%の不文律憲法でなくとも、殆どが成文憲法であって、ところどころに不文律部分を意図的に残したとしても何ら不自然や不思議はない。

    何の関係が有るんだ 妄想でもしているのか。

  • >>No. 19218

    アンタには、人権云々と言う資格はない。

    自民党の政策の不備を、憲法に転化させて、法文の(公共の福祉)解釈も未熟。

    反論も出来ずに、独り善がり。

    アンタが人権を本気で考えていない事は、明らかだ。

    勉強をしなさい。

  • >何故隠したがるのか?、これは南スーダン国連平和維持活動派遣が、戦闘地域に派遣されたことに関する「違憲性」として問題提起されるからである。

    違憲ではなく 違法性だな。

    国連PKOの基本三原則
    「主要な紛争当事者の受入れ同意」
    「不偏性」
    「自衛及び任務の防衛以外の実力の不行使」

    >PKOで派遣される場合は、地域によっては派遣される前とは状況が変わり、派遣中に突然戦闘地域に変化することは当然あり得る分けで、その場合に現地自衛隊員の生命や安全が脅かされることは十分に予測できることで有り、その場合に隊員の「交戦権」が認められないというのでは自衛隊員の「人権」が保障されないことになる

    即撤退が原則で自衛行使は許されている。 

    >この9条改正反対を言う前に、憲法の12条と13条の「公共の福祉」による人権制約は一刻も早く最小限の措置として、「公共の福祉」部分の制約は削除し、最も大切なる「隊員の人権」は護られなくてはならいのであり、

    アンタはアホか
    憲法9条は 国外の危険区域に自衛隊を派遣する為に作られた訳ではない。
    専守防衛が基本なんだよ 海外に出て 日本を専守防衛することが出来るんか。

    抑々
    隊員の人権を守るのは政府の責任において行われるべきだが 海外派兵自体が違憲なんだよ。
    詰まり
    政府の違法行為で 隊員が危険に晒されているんじゃなのか。

    序だから
    湾岸戦争を口実として 日本政府のプロパガンダに由って自衛隊の派兵が行われるようになった。

    覚えて居るか?
    ワシントン・ポストの記事で 日本政府がしきりに言っていた 日本は感謝されずと。

    だが
    事実は違う クウェートの首長から 「クウェートは日本に感謝している」との事は  日本政府は 一切国民に云えなかった。

    アンタは日本政府の言い分を 発信しているに過ぎない。

    アンタの頭は 何の為に付いているんだ 真実を探せ。

  • >>No. 19213

    アンタは 読解力に難点が有るようですな。

    >① 憲法前文 「、、、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、我らの安全と生存を保持しようと決意した、、、」の部分は、現実性が全く無いので最小限カットすべきである。

    平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼するのは当然だが。
    平和を愛さない諸国民の公正と信義に信頼してではないよな。
    北朝鮮への経済制裁をしていないとでも アンタは言いたいのかい 現実に目を逸らすなよ。

    >② 9条2項   「、、、、、国の交戦権は、これを認めない。」  この部分もカットすべきである。
    標記2点の僅かな「カット」でも、憲法の部分改正であることには違いがない。

    国際法で「武力による威嚇又は武力の行使」すら禁止されている。
    国際法を破るきか。

    ネトウヨに成り下がったようですな。

  • >>No. 163425

    流石
    ネトウヨだけはある 遁走も早いね。

    >と、ウィキペディアに書いてあったのかい(笑)
    一生懸命調べて、コピペした足跡が痛々しいが

    この手の話は 好物でね。
    まぁ~ 調べる程の問題でもない イロハ程度の物だよ。
    妄想に憑りつかれたアンタには 無理が有るがね。

    憲法を多少なりとも知っていたなら アンタの様なアホな事は 絶対に書かない。
    アンタには Wikiを読んで勉強をした方が良いのと違いまっか。

    >君が言っているのは絶対君主
    絶対君主制を主体にして、コピペ論ではな(笑)

    アホだ
    私が書いたのは 「君主とは」なんだが。
    何処に(絶対)君主制と私が言及したん???

    君主と君主制の違いも判らないとは情けないね。
    だから言っただろう 勉強しぃや と。




    勉強をしてからレスを出す様に アホは相手にしないぞ。











    ガッハハハハ

  • >>No. 163392

    妄想も甚だしい。

    >天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く
    >日本国民統合の象徴とは
    天皇=日本国君主
    天皇=日本国民全体
    日本国は天皇がつくった国
    >といった伝統的、抽象的、精神的な意味を表し、そこに権力が及ぶ術はない事を日本国民が総意しているとする国家最高法規。

    君主とは
    伝統的に国家で特定の一人が主権を持ち その主権者が君主である。

    今上天皇は主権を持っていない。(憲法前文) 「ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」
    昭和天皇は 帝国議会時に 主権を持っていた(帝国憲法1条 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス)が 主権を国民に譲って 更に認めているんよ。 
    (日本国憲法における上諭 朕は、日本國民の總意に基いて、新日本建設の礎が、定まるに至つたことを、深くよろこび・・・帝國憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる。)

    >国家支配する権限は国民にある、という考え方が国民主権。
    国家支配する国民が天皇を君主とする、というのも国民主権による、権力と権威の分離という政治手法。
    >権力においては天皇より国民(立憲)が上に位置し、権威は天皇が上に位置する。

    大間違え
    国家支配する権限は国民にはない。
    (憲法前文)「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。」

    詰り
    権力は国民の代表者である 国会議員が持ち
    ほんで以て
    権威も 国民が信託した 国会議員だな。 
    >一般国民の意志によって権力は行使される一般意志が常に正しいかというとそうではない。
    民主党政権やナチスを見れば解る。

    民主党政権は兎も角。
    無知としか言いようがない。
    ナチス党が正常な選挙を行ったのか。


     

     
    勉強をしぃや~。







    ガッハハハハ

  • 相も変わらずに 下らない前置きだな。
    時間の無駄だって事を判らないのか。
    無知ほど 講釈を垂れるものだよ。

    >加盟国の心に響く言葉と思いませんか?

    建前だけだな 現実を見ろよ。
    先進国首脳会議 (後の主要国首脳会議)のメンバーは 国連加盟国の増加により 国連経社理での発言力低下した事で発足したんだよ。
    水戸黄門の印籠の様に(国連)思っていても アンタの妄想でしかない。

    >あまりくだらない話で混ぜ返さないでネ、、、。

    嘘が入った文言には 何の説得力も無い。

  • >>No. 19172

    たった二行の妄想の為に 下らない前置きかよ 時間の無駄。

    無知としか言いようがない。 
    日本が国際連合への加盟するに当たり 憲章を遵守するのは当然だが 或る条項の留保が認められて加盟が認められたんだぞ。(何が原則だ・何が拘束だ)


    世界人権宣言が国連憲章の原則で在るならば 賛成以外の選択肢は無い筈だ。
    其れを総会に掛け賛否を問うたのか? 馬鹿馬鹿しい話だ。


    アンタからは 一切の客観的根拠は出て来ないぞ。
    法律もダメなら歴史もダメダメだな。

    >日本政府も日本が国連に加盟したしたときに、それ(※世界人権宣言)を了承して加盟した事に成っている分けで、

    日本が世界人権宣言を認めたのは 国連に加盟する以前だ。

    アンタの間違えの原因は
    コピペとコピペ(断片と断片)の繋ぎ合せが原因 だから重要な所が抜け落ちるんだよ。
    パッチワークを作らないで 初めから最後まで物を作って(読んで)みな。
    なら
    アンタ自身のミスに気が付く筈。

  • 19150
    >これらは環境保護を理由として複数人の「幸福追求権」で反対しているのだが、一人の方は財産権の自由が、不自由となり、同時に「幸福追求権」の侵害にも該当する。

    保護団体からの 財産権の侵害・幸福追求権の侵害は認められない。

    >「1対1による人権同士の衝突以外」の、このような1対多の衝突を「公共の福祉」でどのように説明するのか、お伺いしたい。

    だ・か・ら
    伝えただろう 数でないと。
    個人の集まりが団体だ。

    19155
    >早く高速道路工事の再開を願う計画賛成の個人地主としては、その地域の経済発展効果などの果てしなさや、広域経済効果などを理由として、その方が自らの「福追求の欲求」を満足させることになると、建設賛成の立場からその団体に対して訴えることになる。

    裁判所の受付の事務員さんに鼻で笑われて 門前払い間違いなし。
    理由は上記の「財産権の侵害・幸福追求権の侵害は認められない」から。

    >19170

    読んでいると
    コピペとコピペの繋ぎ合せ
    まるで パッチワークだな。
    検索しいしいのレスご苦労。

    >日本政府も日本が国連に加盟したしたときに、それを了承して加盟した事に成っている分けで

    嘘を書くなよ。
    日本の国連加盟と1948年の人権に関する世界宣言は 直接的には関係ない。
    日本が国連加盟していない状態で 協議にも採択にも参加していない総会での採択を承認したのか 馬鹿言うなよ。

    国連加盟国の全てが賛成した訳でないよな。
    南アフリカには人種差別政策維持する立場から棄権をしている筈だ 他にも棄権した国が有ったんじゃないのか それらの国が国連から除名処分でも喰らったのかよ。

    在るのならば
    日本が国連加盟時に 人権に関する世界宣言を了承したとする文書を出しなよ。

    アンタのレスには眉唾や嘘と無知が多過ぎる。
    パッチワークのせいか?

  • >>No. 19145

    「1対多数の人権衝突」と言っている自体 アンタは何も解っていない。
    個人の利益より多数の利益を優先させようなんて思うのであれば 勉強不足としか言いようがない。

    先ずは
    数の問題ではなく正当性の問題と知る事だな。

    人権を多数決で決めようと言うのであれば 
    自民党草案の十二条
    「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。」
    に賛成してな。

    と云っても アンタには何が問題なのかも理解出来ないだろうが。

  • >>No. 162460

    No.162433>
    中国と韓国への対応法3原則。教えるな、助けるな、係わるな。現地法人をかまえるなんて、とんでもない。

    と 言いながら関わっていたいんじゃないのか
    中国と韓国が 好きで好きで堪らないんだろう。  


    >日米安保条約にしたってそう、一方的に守られている。

    日米安保条約の条項に 一方的に守ると書かれているんだ 教えて貰おう。
    日米安保条約の下で 危険に晒されていても守られた事は一度も無いんだが。



    何時までも
    下らん投稿をしているんじゃねぇよ。








    ガッハハハハ

  • >>No. 162185

    戦争で「死んだ人を 弔うのではなく、弔われる人になりなさい」
    by
    稲田朋美前防衛大臣

    だとさ。

  • >>No. 162183

    「国政は国民の信託によるもの」とは 

    本来 国政は主権者のものであり 国政の権力を行使する者のものではない 権力者は主権者から信託されたものだが 主権者からの信託に背かない様に その権力を行使する責任を負う事に成るんだぜ。

    つまり
    権力(者)の行使が 主権者や憲法の意に反した行為に対し 政権担当者に異議を云うのは当然なんだよ 馬鹿でも判りそうなものだが。 

    裁判(違憲判断)での原告が政権担当者じゃないのは当然だよね。

    余談だが
    以前に パーと憲法前文で話をした事が有るが 彼は凄かった (間違えを平気で言うし 間違えの対策も有るとホザ得ていた)

    でも
    ミスったチンはパーと比べ 少し劣るが大した者だ。

    小学生としては。



    そうそう 忘れていた もう一つの笑い話は如何したの?
    遁辞かい?

    「個別的自衛権は認めながら、そのための手段である交戦権を否認」
    つまり
    交戦する為の権利と アホが言っているんだよ。

    交戦権を 手段と思っているアホが居た 此処にも。
    交戦権は手段ではなく 義務と権利である。

    此の他に 笑い話は無いのかい???









    ガッハハハハ

  • >>No. 162022

    勉強をした事に対しては 褒めてやろう だが 私宛でないのが自信の無さが如実に窺がえるな。

    そうそう
    161863「自分の知る限り、前文のほか97条の基本的人権?に係る条項にも国民が国に「信託する」という文言が出てくる。」国民が国に信託するって?97条が(大笑
    ミスっちのレスって 何時もミスってるね。
    其処ら辺も勉強をやり直した方が良いよ。

    「制限規範と同時に授権規範性も当然含まれている」
    「まずその前段に「立憲主義は国家権力を託するもの」(=授権規範性)があって初めて制限規範性って理念も成り立つ」

    同時なのか? 前段階なのか??  ハッキリしろよ。
    本かネットで調べたんだろうが ミスったチンの思想が入ると 途端に一貫性が無くなるね。
     
    うんで
    テストの問いの番号と答案用紙の番号が ずれている様な怪答ですな。
    「国家権力を信じて」と「授権規範・制限規範」が如何繋がるんだよ。
    憲法検索ししいのレスご苦労。

    まぁ~
    ミスったチャンの限界って事かな。
    三権分立は 何処に行ったん???

    >(因みに「信託」とは普通に信用して託すること)で問題ない。

    オイオイ
    「国家権力を信じて」とは 書かないんだ 都合でも悪いのか???

    そして
    法律の書を読んでいたんじゃなかったのか? 突然に 漢字辞書ですか?(笑

    憲法は 誰宛何のかも知らんのかよ (基本中の基本)
    だから「国家権力を信じて」とは絶対に成らないんだぞ。

    まぁ~
    難しい事を言うと ミスったチンが知恵熱を出すんじゃないかと心配だが。
    一様
    此れを踏まえて とは言ってもミスったチンには珍紛漢紛だろうが 解る人にだけに説明をば。

本文はここまでです このページの先頭へ