ここから本文です

投稿コメント一覧 (408コメント)

  • >>No. 8171

    タマさん、おはようございます。
    縁あって、またこの世に戻ってまいりましたヤフシゲめでございます。

    グリーンシートは今年も私にお任せください。
    今は顔ぶれもだいぶ変わりましたが・・仲間たちで使わせていただきます。

  • <ハセツネのグリーンシート>
    ヤフシゲめ、タマさんの意思を次いで今年も五日市体育館に仲間たちの集合場所を
    確保いたします。
    東京近郊の皆様はじめ遠方からお越しの方々、地元民はお待ち申しております。

  • >>No. 8168

    昨日の日曜日に第9回の多摩川源流トレイルランに出場しました。
    小菅村は朝から良く晴れてスタート時間の午前10時には
    気温もグングン上昇⤴それに反して気持ちは急降下↓。
    暑いのはゴメンナサイしたいのが本音である。

    スタートの10時、すぐに抜かれまくることを意識してほぼ最前列に並ぶ。
    青梅トラレン部の女子たちと談笑しつつシアワセな束の間の時間のあと
    熾烈な林道登りが始まる。
    あえぐ・あえぐ・しばらくして坂がキツくなるとやっぱりこの日も歩きを入れる・・
    というかほとんど歩きになる。
    大汗かいた先でトレイルへ突入~登り坂は嫌だが木陰が有り難い。
    青梅トレラン部女子の中では走力のあるきみえさんに置いて行かれ、
    山練習仲間のJ子さんにも置いて行かれ、一度、抜いたガクさんに
    抜き返されて更に気は重くなる。
    この日が調子よくないことを自覚する。
    後方からの選手には邪魔者扱いされるがシカト、「俺だってアト20も若けりゃ
    オメー達には負けねぇ~んだよっと言いたいのをジッと押さえて。
    抜かれまくりで登りは終了~ひとまず下りに入るが、ここまで太腿を酷使して
    チカラが入らず。駄目だこりゃ!。
    松姫峠のエイドで水と塩をいただいて・・しばらくほぼ平らな山道が
    続く・・がここも走れず歩き・・情けない。

    鶴峠まで下るとるーさんが応援してくれた。
    元気なところを見せようと見栄を張って応える。
    そして見えなくなったところで一気にスローな動きに戻る。
    「それじゃ失礼!」っと青梅のT女史にも抜かれた。歩きが早くて付いて行けない。
    三頭山と小菅の分岐にやっとの思いで到着。ここからは下りだが手足の
    バランスが悪く丸太の階段を下るのもぎこちない動き。
    やがて、後方からラックさん現る、「追いついた~」とアッサリ前方へ消えていった。
    ジグザグ山道をギクシャクしながらもやっつけて、やっと最後のエイドへ。
    大きな葡萄を3個いただき、種を脇道へ飛ばしながら舗装路を登る。
    勿論、歩き、走るなんてチカラは残っていない。
    陽射しが強くなって暑い~残り2キロほどだがゴールの遠いいこと。
    フラフラでゴールしたのはすでに2時をまわっていた。
    昨年のワースト記録を更に40分も更新する”大記録”だ。
    俺はもう走れないのか?!。

  • >>No. 8167

    ゴール時間は18時の誤りです。
    ナニやってんだーヤフシゲ!。

  • <久しぶりのトレイルレース>
    関東でも暑いので有名なところ。
    群馬県と埼玉県の県境・寄居をスタート~おごせ(ゆうパークおごせ)を
    ゴールとする外秩父43キロの部に出てきました。
    久しぶりのトレイルレースです。
    梅雨だというのにこの日も晴れ、しかもスタート時の気温はグングン上昇~
    反してキモチはダウン~。

    この日は水分補給に徹した。
    スタート時に準備したのは背中に水2リットル。
    途中のエイドで水と麦茶を何度か補充し、とにかく水分とキモチを切らさないことに
    務めた。
    心臓の調子も良くないので脱水で血液ドロドロだけは避けたいのだ。

    中盤からのコースは昨年、イッシー氏と七峰縦走で回ったところ。今回はその逆回り。
    終盤は奥武蔵グリーンラインを出たり入ったりの泣きどころ。
    小さなアップダウンが私のか弱いこころの骨をヘシ折りにかかる。
    長い・長~いグリーンラインに別れを告げ、高山不動手前を左へ折れたらゴールへと続く
    下り基調ときどき登り。
    この少ない登りがエゲツなくて私をゾンビの政界へと誘うのだ。

    最終エイド&チェックポイント通過はなんと4分前。
    ひしゃくの水を数杯かぶり、こころのフンドシ締めなおして、、イザ、最後のお山へ。
    重い足取りで約1キロほど上がったところで熱中症で倒れる男性と遭遇。
    しばらく見守ったが私が居たところでどうにも出来ず、あとは救急隊のみなさんにお任せして
    ゴールを目指す。

    16時57分、一部の拍手に迎えられて薄暗いゴールに飛び込んだ。
    暑くて・辛くて長~い一日をありがとう~。


  • <2017年ハセツネ・エントリー>
    昨日、エントリーが午前10時よりスタート。
    数日前より気になって・気になって、、
    当日、朝には心拍も血圧も上がりぎみ。(ホント身体に悪いワ!)
    元々、チキンハートの上に近頃、手の震えがひどく
    マウスが上手く命中せず・・敢え無くゼロ関門で敗退。
    ゆえに、、今年は集合場所の準備と応援で頑張ります。
    尚、お呼びがあれば試走にもお付き合いいたします。

    宙に浮いた参加費で早速、”ハセツネ・エントリー失敗記念Tシャツ”を製作しました・・とさ!。

  • OTKが終わったら・・
    すっかり山から離れてしまったヤフシゲです。
    昨日、お隣の彩の国では100マイル&100kmレースが行われた模様。
    暑さも手伝って、”超”過酷な条件となったようです。
    そんな中、健闘されたみなさま、ゆっくりお体を休めてください。

    さて、地元・奥多摩も新緑がまぶしい季節。
    ツツジやシャクナゲでも観に出かけてみたいものです。

  • >>No. 8163

    GWもあと二日、月曜日からお仕事のみなさまお気の毒でっす!。

    今やプロ・ランナーの私やタマさんはその点、気楽ですが。
    そのタマさん、反省会にご出席してくださるとのこと超ウレシーです。
    冷えたアノ飲み物を用意してお待ち申し上げます。

  • >>No. 8160

    <OTK2017、無事に終了いたしました>
     まずはお疲れ様でした!。
    出場してくださった選手の皆様、そして平溝川エイドの皆様、一杯水エイドの皆様、鴨沢エイドの皆様、
    カレー作りに励んでくださった皆様、更に応援の皆様、お陰様で今年もOTK、無事に終了することができました。
    まことに有難う御座いました。
    山トピを代表いたしまして御礼申し上げます。

    <成績>
     せいごさんの記録をもとに集計いたしました。
    結果から言いますと、、
    何と言っても今年は 自己新記録ラッシュでした。
    今年で2回目となる青梅トレラン部の若手選手のみなさんは勿論、ベテラン組も奮起したようで
    その結果9時間台が4名と好成績。
    また、初めてOTKを走られた皆さんも、昨年のリベンジを果たされた方も、それぞれの思い出多き
    イベントになったようです。
     我々の観ることができない山中でのドラマや、帰宅時のバスや電車の車内での会話や、
    禁酒がもとで雪を降らした某氏のことや、 聞きたいことも山ほどありますので次は・・
    <反省会>
     5月13日(土曜日)夕方6時より~
    場所は羽村駅、徒歩5分、農村レストラン四季菜。
    会費は飲み食べ放題3,000円。
    また、食事のみ(ソフトドリンク飲み放題)の方も歓迎で会費1,200円、
    幼児は無料、小学生600円、中学生以上は1,200円。
    選手は勿論のこと応援の皆様、そのご家族の皆様、
    ご都合のつく方は奮ってご参加ください。(まだ、参加者7名と寂しい状態です。笑)

  • >>No. 8157

    クリプトナイト1号、2号さん、いつも芋ノ木ドッケでは
    お世話になっております。
    選手のみなさんもスタッフもが期待しておりますので、オアシスの”出店”を
    またお願いいたします。

  • >>No. 8158

    ボッコ2号さん、自己新、おめでとうございます。
    また、コース上のドラマ、聞かせてください。
    あ・・お誕生日おめでとうございます!。

  • >>No. 8155

    ヘロリンさん、タマさん、こんばんは。

    テレビ局ごとに天気予報がまちまちなので、正直、今朝まで迷いました。
    ご忠告はごもっとも。

  • <明日、開催のOTK、開催いたします>
     実はここ昨日、ズーっと悩んでおりました。
    私の日頃の行いのせいか明日29日だけ天気予報に傘のマークが。
    しかも、上空には超冷たい空気が入り大気の状態が不安定になり
    地上との温度差で突然の竜巻や雷雨の可能性もあるとか。

     今朝のテレビ局、数局で確認したところ・・
    相変わらずカミナリ・マークはあるものの長時間に及ぶものでは
    なさそう。
     選手とエイドの皆様には雨具必携で参加していただくことを
    絶対条件に開催することを決めました。
     雲行きが怪しくなるのが、おおよそ正午。
    選手の皆様は酉谷小屋以降になると思われます。
     竜巻、雷雨が発生したら決して、無理をせず適切な対応(ご存じでしょうが
    高い樹の下や尖った場所はNG)をしながら進んでください。
    一方の一杯水エイドの皆様は最終走者が通過したら速やかに下山してください。
    宜しくお願いいたします。

    現在の出場選手名簿を載せておきます。

  • >>No. 8151

    くりすけさん、おはようございます。

    あらら・・それは残念です。
    また、どこぞのフォトロゲででもお会いしたいものです。

  • >>No. 8149

    くりすけさん、29日は是非、鴨沢に遊びに来てください。
    更にゴール後の選手の送迎までお願いできるとは有り難いです。
    では、お言葉に甘えて何名かをお願いいたします。

  • OTKのコースの最終チェックに行ってきました。
    一杯水避難小屋からスタートし、
    ①まずは酉谷避難小屋前の湧き水の状況を確認したところ良好。
    飲むときは上の格子状の金属カバーを外せばOKです。

    ②心配されていた雪の状況ですが・・
    積雪が始まるのが水松山(アララギ)あたりでほんのわずか。
    長沢山を越え、芋ノ木ドッケの手前あたりから雲取山山頂直下までの区間で
    MAX5cmほど。
    滑りやすい場所、濡れやすい場所はありますが概ね良好。
    走行に問題はありませんでした。

    いまのところ、、当日の天候も傘マークはありません。
    このまま、続いてほしいものです。

  • OTK情報です。
    昨日、コースの一部、棒ノ折山からソバ粒山~一杯水避難小屋までの下見に行ってきました。
    予定を1週、遅らせた甲斐があったかコース上にほとんど雪は残っておりませんでした。
    ま、そんな水気の少ない状態なので、一杯水の湧き水はほとんど出ていない状況です。
    ・・が、当日は青梅トレラン部女子による私設エイドが出るようなのでそちらを期待していてください。
    オアシス・エイドになること間違いなし!。

  • >>No. 8144

    ニックネームは違えど、、文章のクセと内容でタマさんであることは明らか!。(笑)
    懐かしの爆走は金毘羅尾根のみならず奥多摩・六つ石山の下りでも展開されましたね!。
    あのときはchinさんがまだバリバリで走っていた頃です。

    スポーツ大会たけなわの時期、日程調整を有難う御座います。
    今年も若い選手たちの刺激的な走りを一緒に観てください。
    味見もよろしくお願いいたします。

  • >>No. 8140

    先週の日曜日、青梅高水トレイル・ランに出場してきました。
    ハリマネ応援団の暖かくも身が引き締まるほどの声援を受けながら
    おかげさまでなんとか完走することができました。

    スタート前の少し緊張する時間のこと。
    なつかしいお顔を拝見し、おもわずキモチもリラックス。
    なんと、ゴンゾーさんとリキさん。
    ハリ天さんも加えた写真は今の物とは思えません。
    遠く懐かしい山トピ”走り始め”の頃の一コマのようです。

    カメラマン(ウーマン?)のハリマネさん、ありがとうございます。

  • 今日から4月。
    明日の日曜日は、、いよいよトレイルレースの幕開け。
    ”ハセツネ30K”が、あきる野で!。
    秋の本戦へ向けての権利取りをかけた大事な1戦になりそうですね。

    また同日に青梅では”高水山トレイル・ランが開催されます。

    いずれにしても、出場される選手の皆様の健闘を祈っております。

本文はここまでです このページの先頭へ