ここから本文です

投稿コメント一覧 (586コメント)

  • >>No. 9094

    他にも、メス猫の供給元になっている餌場があるのだと思います
    そして、その餌場もTNRには積極的でないから、避妊していないメスが次々とこちらにやってくるのです
    メスは近親相姦を避けるため、発情するとグループの違うグループに移動する性質があるので、おねーさんの餌場にはオスしか居ないのでこちらから向こうに出向くことはありません
    つまり、目に付いたところだけやっても根本的な解決にはならないし、全体を俯瞰して計画的にやることがTNR成功のポイントなんです
    また、おねーさんの餌場にメスがくると分かっているなら、メスが来たとき素早く捕獲できるよう、蓋を固定した捕獲器に餌を置いて入りやすくするなど、こちらも春先から準備していないと思うようなタイミングでの捕獲は難しい
    まじめにやるなら、ボラさんを交えて定期的に勉強会を開催し社長はんも誘って地域巻き込みでやるのが一番だにゃ

    おらも地域ぐるみのおかげでご縁にありつけたにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9092

    おっ3にゃんを去勢しない限り、この手の出来事は際限なく繰り返されます
    半径1キロ以内のメスを全部避妊できるならおっ3にゃんが居ても繁殖相手のテリトリー外だけど、ミィーさんが明るい老後資金を諦め数億円出しても追いつかないにゃ
    一番先に手術しないといけないのは脳みそハナマルキのおねーさんで、ちゃんとした脳みそに詰め替えるのが先にゃ
    おっ3にゃんの元にメスは必ずやってくるので、しま、茶々・・・・ときりがないのだにゃ
    また、おっ3にゃんを去勢すると、今度はメスが寄り付かなくなるし来てもオスは追いかけないからノラのメスはまた別のどこかで交尾するだけ
    前に書いたように、本気でやるなら組織的かつ大規模に地域のブロック単位で全滅を目指さないと効果は薄いんだにゃ
    ま、ミィーさんが自分のご贔屓にゃんを保護するのは自由だけれど、それはボラさんたちが目指す方向とはかなりずれているということ
    さらに、ノラにゃんはご本にゃんが保護して欲しいと思っていないから、人間サイドの自己満足に過ぎない
    人に懐く子はちゃんと自分でサイン出しますにゃん

    おらも仲良しさんなら抱っこオッケーだったにゃ
    でもビビリです

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9089

    ま、妊娠中のメスを捕獲する現場に立ち会ってみるとわかりますが
    にゃんこって怒るとこんなに怖い生き物なんだって思い知るでしょう
    子供を守るのに必死だから抵抗は半端ないです
    何せ、ご本にゃんは「保護された」とは思っていませんからにゃ
    このまま生まれてくる子供と一緒に自分も殺されて食われるのでは?と
    にゃんこにとってはそのくらいの恐怖なのです

    上手く捕獲できても後が大変で、ボラさんが油断してケージを開けたとたんに、噛み付き引っ掻かれ流血騒ぎなんてのは序の口
    興奮していると、人の気配がするだけでものすごい勢いでケージを頭突きし、何度も何度も血が出てもやめないことも
    それで怪我しても、抵抗するから病院に連れて行くことも出来ないし、そのまま閉じ込めれば弱りきるまで暴れることだって普通にあります
    生粋のノラを甘く見ると絶対に後悔します
    捕獲しても、餌やり出来るかどうかもわからないし、出産前後は飼い猫でも神経質になるのに、ノラだと性格がわからないからケージの掃除すらオチオチ出来ないことも
    ボラさんがそのあたりのことも覚悟のうえでやってみましょうと言うならそれはそれで良いけれど、頼み込んでやるほどのことではないよ

    おらのノラフレンドも気の強いおねーにゃんだったにゃ
    でもあんたは仲良しだったのよね

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9086

    ついしん
    捕獲して出産させても、気の強いノラだと捕まったストレスで自分の子供を殺してしまう親も居るから、保護すなわちハッピーエンドではないこともあるよ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9086

    もし本当に茶々姫と子供を保護するなら、ボラさんに相談は必要だけれど避妊の費用は茶々一匹分だけで済むかもしれません
    流れとしてはこんな感じ、
    1.もう少し餌やりを続けながら距離感を縮めて、食べ物があれば捕獲器でも入るようにしておく (何度か蓋が閉まらない捕獲器とご飯を置いて、中で食べても大丈夫だと思わせる)
    2.出産が近くなるとお腹の大きさもでかくなるし、乳首が大きくなることをボラさんは知っているので、そのタイミングで捕獲、保護
    3.出産は攻撃的なノラの扱いに慣れた預かりさんに託して、子猫が離乳食になり、ワクチン接種できるまでが預かり期間
    4.子猫は生まれたときから人が近くに居ることに慣れているので親より先に人馴れし、ご飯も人間がくれると思うから親離れも早く、親猫が安全だと思えばケージから出て遊ぶのも早い
    5.子猫が乳離れし、ワクチンの一回目を接種したら早めに親から離して里親募集に回す
    6.親猫は避妊して、どこか別の餌場に戻す
    延べ二ヶ月くらいの預かりになりますので、この間の費用がミィーさんの負担になります
    子猫の避妊は、里親が決まればミィーさんの負担はなしで済みますから安く付きますにゃ
    ちなみに、妊娠中のノラを捕獲した後の扱いには特別な技術が必要で、二間続きのケージや噛みつかれても安全な保護手袋など用具や環境の整備が要るから対応できる預かりさんが居なければ計画は頓挫しますのでお含み置きを
    脳みそハナマルキのおねーさんには茶々だけ捕まえるので邪魔しないように承諾させること
    ボラさんは3にゃんの去勢をしないなら、何度でも同じことの繰り返しなので渋るかもだから覚悟しておくこと
    どっちにせよ生易しいことではないので、それなりの覚悟がいるにゃ

    おらも捕獲手伝うにゃ
    女の子の尻に敷かれていたのに無理です!

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9084

    にゃんこでも、人に頼って幸せをつかむ子も居れば、独立独歩でノラ生を全うする子も居る
    しまちゃんは前者だけれど、茶々姫は違うような気がする
    それに加えておねーさんの脳みそがハナマルキだと説得自体難しいだろうにゃ
    不幸に不幸が重なって、また別な不幸を呼び寄せる、そんな鬼門みたいなところにこだわらないほうがいいにゃ
    ミィーさんはしまちゃんを里親に託すまでを全うしてやれば、にゃんこにご奉仕はお終いでいいにゃ
    一緒に暮らすような子は、受け入れ側の態勢とご縁の両方が揃わないと出会わないし、だからと言って癒しをノラに求めるのは間違い

    おら出会いがあったからラッキーにゃん

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9082

    多分、妊娠後一ヶ月くらいのはずだから、7月の末か8月初頭でしょうね
    茶々は居付いた餌場がよろしくないからハッピーエンドは無いですね
    ノラにゃんは野生と同じなので、オス同士は普段群れていても繁殖に関してはライバルで容赦ありません
    それに、出産させて子猫まで保護すれば、とっつぁん達含めて今なら4匹で済む避妊が8匹になりますにゃ
    鼠算ならぬ猫算で負担が増えますにゃー
    おねーさんの説得や、嫌われているボラさんとの調整、保護のための慣らしも含めて考えるとストレスフルな作業になるし時間が迫っているからダーッと物事をすすめないといけないので、ミィーさんの手に負えないと思う
    ま、今回はご縁が無かったということで成り行き任せにするしかなさそう

    おらのにゃん生も成り行き任せ♪
    呑気でいいね

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9079

    一つ付け加えておくと、妊娠中のメスを避妊する場合、お腹の子は処分します
    母親に害は無いけれど、胎児を処分するのがカワイソーと感情論になる人も居るのでやりにくい
    生まれたところで幸せになれる確率は低いんだけど、ノラの避妊は絶対数を減らすのが目的だから、胎児でも割り切っています
    避妊メスは発情しないから、オスの繁殖対象にならず餌場からは追われますのでそのあたりも知っておかないといけない
    「避妊して餌場に戻したら居なくなった・・・」と安否を心配する人も居るので念のためにゃ
    そのおねーさんの勝手餌場に避妊後の茶々を戻すのはどのみち無理だから、適当な地域猫のコロニーに混ぜるのがベスト

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9079

    お城は3にゃんが取り囲んでいて危険だから子育ては絶対無理
    産むときは中で産むかもしれないけれど、オスが居ないときを見計らって安全な場所に引越しするはず
    一匹ずつ咥えて運ぶしかないから、留守の間に残った赤ん坊を殺されるんですにゃ
    でも、そのおかげで増えすぎになっていないという、ちょっと悲しいお話だにゃ
    茶々姫のもっこりお腹には4匹くらい入っていそうだから、幸運な一匹は残るかもですが、全部が生き残る可能性はゼロに近い
    避妊や去勢をしないということは、そんな不幸を生んでいるのだにゃ
    ま、にゃんこはそういう生き物だから、人が関わっていなければ仕方ないけれど、わざわざ餌場を用意して不幸のタネを植える必要もないと思うにゃ

    おらも悲しんでるにゃ
    深刻さゼロです

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9076

    オスが近づくとベシベシするのも妊娠中だからのような気がするにゃ
    殿、姫様御懐妊でおじゃる、おー、めでたいにゃー

    おらも目出度いにゃ
    いやいや目出度くない

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9076

    ボラさんは相談されても困るかもにゃ
    1.費用は誰が負担するのか
    2.餌場を置いているおねーさんがいちゃもん付けないか、多分過去の軋轢でお互い嫌っているかも
    3.3にゃんと茶々姫だけ避妊しても食べ物があれば、また新たなメンバーが参にゃんするのは確実なのでどこまでやる気なのか
    4.煮干担当の社長はんだけでもこちらの味方につけておかないと、負担できるお金に限度があるから孤軍奮闘して結果なしになるかも
    とか考え合わせるとミィーさんがどうしたい、どこまで出来るを整理するのが相談より先決にゃ

    おら知らねー

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9064

    いま気付いたけれど、茶々姫のお腹のモッコリは良く食べているのではなく、すでに妊娠してるかもですにゃん
    もうすぐ、ちっちゃいのがワラワラと出てくるかもにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9071

    メスは開腹手術なので高いんです、オスは睾丸摘出だけなのでさくら猫だと3000円、動物病院のノラ価格でも5000円くらいでやってくれますし、オスは体力のある子なら即日退院もありますから入院費はせいぜい当日か一泊
    そちらでも、メスの金額はこちらと同じくらいなので一網打尽なら5、6万で済むでしょう
    やる気なら10万円もかからないと思うけれど、そのおねーさんの発言とかもあわせて考えると、やる意味なさそー
    向こうは「誰か奇特な人がやってくれてラッキー」程度で何の感謝もなさそうだし、気が緩んで3にゃんが6にゃんに増えたなんてことになると情けにゃー
    ミィーさんはしまちゃんで責任を果たしたのだから、これ以上奉仕に入れ込む必要はないし、ボイズ的には一人が一匹救うだけでも十分だと思うにゃ
    ボイズだって一匹が精一杯だし、みるは自分の年齢を考えるとこれで最後です

    おらは最後までここで暮らすにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9069

    ちなみに、こちらのボラさんは規模が大きくて、会費だけ出してくれる有志も含めると500人くらいの規模でやっています
    でもって、毎月500円の積み立てでも25万、別口の寄付も含めると倍近くになるので、この資金で50匹くらい集まる餌場を複数同時に2ヶ月かけて一網打尽で避妊してしまいます
    そうすると、大体は数年で10匹以下しか集まらなくなり、その全頭を避妊したら餌場を廃止して次へ、という風にエリア単位で撲滅しています
    周辺住民も、そのやり方と結果を知っているので、誰かが子猫を捨てようとしていると呼び止めてボラさんに連絡してくるようになり、捨て猫も滅多にでなくなります
    規模も効率も違いますが、以前書いたとおり餌場を置くなら全頭避妊が鉄則です

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9068

    以前、ミィーさんがしまちゃん保護の前にそのおねーさんにボラさんの話をしたら、「上から目線で物を言われる」と不快感をあらわにしていたと聞いた覚えがあります
    もし、そのおねーさんが3にゃんはそのままで、メス一匹だけをボラさんかかりつけ病院の割引価格で避妊してもらおうとすれば、間違いなくボラさんは上から目線どころか雷落として説教します
    過去にそういうことがあったのでは?と、想像ですが・・
    だとすれば、ボラさんの協力病院で処置を受けられないから、一般の病院でやると費用は5倍くらいかかるからお金がなくて無理なのでは?
    その3にゃんと茶々姫を避妊させるよう説得すべきは、ミィーさん以外の全部の人、社長はんも含めてにゃ
    ちゃんとしたTNRで処置してもらえば4匹まとめて検査、手術、ワクチン全部で5万円くらい負担すれば良いだけだと思うけど、社長はんは出す気なさそうだしにゃ
    でも、ボイズの格言どおり、やりたいことだけでやるべきをしない人には何とかの耳に念仏
    一番不幸なのはにゃんこ達だけれど、そういう不幸を背負う運命なのかもにゃ

    おらは関わらずに退散にゃ
    それが賢い

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9066

    目つきが険しいのは生粋のノラだとそんなものです
    もっと小さいときに保護すれば人馴れして穏やかな表情になりますが、そのくらいの大きさになると懐くかどうかはわかりません
    みるの場合、お外で暮らしていたときでも、餌やりさんなら抱っこ出来たくらいでしたので、家にゃんの迷い子か捨て子だったと思われます
    茶々姫は食いしん坊みたいだから、食べものであっけなく陥落するかもですが、その段階までにかかる時間と手間、かける愛情に見合う子ではなさそうな雰囲気ですね
    社長はんごひいきの餌場はおねーさんに任せて放っておきましょう

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9064

    警戒心強くて目つきが鋭いから多分生粋のノラですね
    もう5ヶ月くらいにはなっていそう、かなり大きいですし、骨格もしっかりしているから良く食べてますよ
    茶トラのオスは能天気が多いけれど、メスは当たり外れがあります
    ま、本来、捕獲と避妊はそのおねーさんの義務なんだからミィーさんには関係ありませんが、餌やりするとそれなりの責任も付いてくるからほどほどに
    当然ですが、一匹捕獲してもまた次が来ますからきりがないのはその通り
    人に寄ってくる子でなければ、放置で良いと思います

    おらは構って欲しいにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9061

    そうですね
    そのちびにゃんが人に懐くかどうかは様子から聞く限り未知数です
    子猫が単独で居るのは、元の餌場を追われた可能性が高く、生粋のノラだと気性が荒くて家猫に不向きかも、まだ小さい間に保護すればころっと変わる子も居るので一度捕獲してみないとなんとも言えない
    多分、春に生まれたと思うので、最初の発情期は早ければ夏の終わりごろなので、それまでに捕獲、性格を見極めてからTNRか里親か決め、TNRなら避妊が済んだ猫の多い安全な餌場に移すほうがいいです
    譲渡可能なら費用は里親負担ですが、TNRなら避妊、ワクチンまではミィーさんの負担になりますが、お外で餌やりするお金があるならその分で捕獲したほうが合理的
    エイズキャリアだと少し面倒ですが、そのあたりの対応はボラさんによって判断が違うので事前によく相談してにゃ
    捕獲なら7月中、なにもしないなら餌やりは控えたほうがいい
    おねーさんが勝手に設置している餌場は、そこで問題になっていなければ口出ししても不毛なやりとりになりますから放置しかないですにゃ
    避妊もせず餌やりだけしていると必ず増えますが、その餌場は3にゃん分ギリギリしか置いていないから上限があったのに、ミィーさんが余分に置くことで繁殖の余裕が出てしまったのだと思いますにゃ
    避妊していないノラは減らすことが絶対なので、冷静に考えてみてください

    おらニューハーフだからもう増えないにゃ

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9057

    またミィーさんが混乱するといけないので整理しておきますにゃ

    4にゃんのうち、元から居る3にゃんは多分オスですが、オス3匹が仲良く群れるのは珍しいことなので、多分、同腹で生まれた兄弟猫だと思います
    1匹はメスかもしれません
    さて、ここからが大切ですが、オス3匹が新入りの子猫を受け入れたとすれば、それは必ずメスです
    つまり、繁殖対象だということ
    3にゃんにメスが混じっていても、そのメスは近親相姦を嫌って別の群れに合流して繁殖します
    もし子猫がオスだとライバルになるので100パーセント殺されるか追われます
    新入りが来て間が無ければ、近くの茂みや物陰に排除された子猫の死体がまだあるかもしれません

    その子猫は間違いなく「第二のしまちゃん」だということです、ひとまずしまちゃん二世と命名
    秋ごろに発情期を迎えたしまちゃん二世はすぐさまオスの交尾対象になりますが、3匹のうち交尾できるのは1匹だけ、残りの2匹は「あぶれオス」と言います
    しまちゃん二世が妊娠、出産すると残りのあぶれオオスは自分の子孫を残したいので、赤ちゃん猫を殺そうとします
    赤ちゃん猫が全部死んでしまうと、しまちゃん二世はまた排卵するので次のオスと交尾、出産と繰り返します
    ま、平たく言えば小学生の女の子が三人のオッサンが手ぐすね引いている強姦部屋に放り込まれたようなもの
    出産しても、その状況で授乳しながら赤ちゃん猫を守るのは不可能に近いので強姦三連発で赤ちゃんの生き残りゼロということも
    通常、子育てが無理だと悟るとしまちゃん二世はどこかに去りますが、何度も出産を繰り返す過程で弱って息絶えることもあります

    これがノラ社会の掟なのですが、餌場が中途半端に存在するから終わりが見えないのですにゃ
    そのちびにゃんは一刻も早く3にゃんの群れから引き離すのが大事なんだけれど、どーする?

    みる&ボイズでした

  • >>No. 9058

    ちびにゃんについてですが、保護したほうが良い理由としては
    1.他の猫からエイズなど感染させられる危険や、発情期に喧嘩で怪我することがある
    2.生後90日くらいなら、保護、健康診断、ワクチン、避妊まで保護中に一気に済ませられる
    3.子猫だと里親が見つかりやすく、避妊前に譲渡が決まればワクチンや手術費用は里親負担なので健康な間に保護すればボラさんや保護主の負担が少なく安上がり
    4.人慣れ、健康チェック、トイレの練習、困り癖の事前把握が済んだ状態で引き渡せるのでにゃんこ初心者でも里親候補になれる
    とまあ、こんな感じです
    ご飯をあげるとき駆け寄ってきて、夢中で食べている時に首の後ろ(他の部位は触らないように)をそっと撫でてやってみて、うーしゃーせずに食べ続けていれば家にゃんになれるか元々家にゃんだった可能性大
    お試しあれ

    おらも餌場メンバー入りしたときはちびにゃんだったにゃ
    でも、外で暮らすとすぐにでかくなっちゃう

    みる&ボイズでした

本文はここまでです このページの先頭へ