ここから本文です

投稿コメント一覧 (5コメント)

  • 2018/07/22 08:31

    >>No. 840

    http://www.jepx.org/market/

    の スポット市場取引結果 の東京エリアのものをplotしたものです。
    ご指摘のように、電力卸取引所価格(時間別も含め)、電力販売価格(大手電力)、電力消費量やその他(各地域のもの)を含めて総合的に判断されるものとおもいます。図はそのための参考資料としてお使いください。

  • 今年度、2018年度(4月から今日まで)

  • 最近の猛暑で、電力卸の状況が議論されています。昨年度(1Qの冬の赤字を含む)と今年度の現在までの東京相場の状況です。

  • 震災後、エナリスの理念に共鳴して、いまだガチホです。
    年一度ぐらいの声なき読者です。(震災の話題が出たので一言)

    KDDIの参加でやっとと思いきや、まだまだ茨が続きそうですね!
    ただ、世界は再生の道に突き進んでいます。いずれ、日本もそれに続きます。
    エナリスが必要になる時は、必ずやってくると思います。

    福島では、蒙古以来の神風が吹いてくれました。あの年、3月から5月の間、海に向かう西風がほとんどの放射能を海に追いやってくれました。わずか、北西から南西に向かう海風が吹いた時だけ汚染が発生しました。全体の一割です。
    日本の指導層はこの点を見逃しているのではと危惧します。この神風がなければ、すべてが北西の風であれば東京には人が住めなかったでしょう。
    ドイツや最近の中国(福島後、原発推進から急速に再エネにシフトしています)の動きなどは、福島を見て肝を冷やした結果です。なぜなら彼らの原子炉はほとんどが、ライン川沿い、揚子江、長江沿いの大陸内部にあるからです。神風は吹きようがなく、汚れた冷却水はすべて下流の陸地を汚染していきます。あまり、指摘されていませんが、ドイツ、中国の方々の心配は福島で最大限増幅されたと思います。中国のパネル大増産はここから始まります。
    現在では、このおかげで、中東のサウジなどが大規模太陽パネルの計画で3-5円/kWで電気を作る計画を持っているそうです。多分、世界のアルミ工場(ほぼ、電気代で価格が決まる)はここに移転しないと価格競争で勝てなくなるでしょう。かように、世界のエネルギー状況は急速に動いています。

    今後も、エナリスに大波、小波が来るでしょうが、社長以下、村上顧問(?)の助言も含めて頑張ってください。
    私のささやかな投資が生かされること期待します。

    エナリスガチホは続くと思いますが、声なき読者として皆さんの投稿は楽しませてもらいます。

  • Carex さん、久しぶりです。bunです。
    上場以来のromですが、誕生日と知り、又顔だしました。
    誕生日おめでとうございます。
    エナリスも、あともう少しですね!
    12000までがんばりましょう!

本文はここまでです このページの先頭へ