ここから本文です

投稿コメント一覧 (773コメント)

  • 川崎フロンターレは鹿島が作ったチームだ。鹿島の遺伝子を受け継いだのが
    川崎フロンターレで異分子として風間と大久保なのかもしれん。本当何人も
    鹿島から選手と監督をもらって徐々に成果を上げてきたね。本家を凌駕しちょる。
    でも、川崎フロンターレに情熱を与えたのは間違いなく松本育夫氏だろう。
    彼が行くところには何故か大きな木が生えてくるんだよな。日本サッカーの土台を
    作ったのも松本育夫氏であった。彼が育てた選手がのち大きな成果を上げることに
    なった。不思議なのは無名の高校をいきなり全国大会に出場させたことかな。
    なんでだろう。全くの地方の鳥栖を何年に渡ってJに残留させるほどの情熱を持たせた
    のもやはりそうだ。サッカーには技術や金銭以外に情熱という根っ子の部分が
    いるんだろう。フロンターレ時代は選手からも戦術を馬鹿にされる位だったが、
    あれ程昇格出来なかったチームを昇格させたんだわ。

  • いや、ヴェルディの黄金のツートップはアモローゾとフッキかな。控えに
    ワシントンとエジムンド、怪我前の森本あたりでどうやろう。トップ下はビスマルクや。
    中島も18歳の時にヴェルディでデビューしたときは凄い活躍だった。
    それがなんと有望な選手は皆ヴェルディかいなくなってしまったが、
    結構代表に出ている選手もいるんだとつくづく思ったね。
    なんとかJ1に復帰してフッキも復帰してくれるといいの。

  • >>No. 138617

    アジアランクが上がらないと日本のレベルも上がらないよね。欧州もなんだか
    ランキング制で試合をすることになったみたいだよ。関東一部リーグ、二部リーグ
    みたな感じで同レベルの試合をやっている。ある意味排他主義みたいで嫌なもんや。
    よって、これからはW杯が唯一の対戦相手になるってことだよね。

  • なんというか奇妙だな。片方の川崎は優勝だが、片方の川崎は自動昇格は
    消えてしまったんだな。(J2時代から川崎Fの後援会会員だったが・・・、
    ヴェルディの一ファンでもあった。)
    町田が相手では勝つ可能性はあまり高くなさそうだ。相馬も監督業が板に
    ついてきたようだ。かって川崎Fでは上手く行かず、その相馬の後輩、鬼木は成功
    しちゃったね。3連覇したらかなりインパクトが高いな。

    かってはヴェルディは育成が非常に上手くなくって伸び悩む選手が多かった
    が不思議かなJ2になってからは日本代表にまで駆け上がる選手が多いな。
    ただし、誰1人チームにはいないんだが。
    ヴェルディユース出身でチームを作ったら意外に凄いメンツが集まっている。

  • いつの頃か忘れたが、オランダリーグは育成して選手を高く売ってリーグを
    保っているので、チームの勝利より個の才能を表に出しているそうだ。
    本田がまだいたときでも、本田は積極的に1対1で仕掛けることが多かった。
    どんどん1対1での仕掛けないと消されるそうだ。売るためにそう
    なるんだ。ユースでも昔はそうだった。だから勝利はあまり優先されていない。
    個としての能力がどうかを見るんだ。オランダから飛び立った選手はそれぞれ
    他のリーグでも成功している選手は多い。今はどうか知らないけど、前は
    それが標準だったな。そこがベルギーとは少し違うが、ベルギーも基本的には
    選手を売って成り立つリーグではないかな。守備がどうのはあまり関係ない
    と思う。ドイツもまあそういう感じがあるチームありますよね。毎年100億円
    以上の選手を売っているチームが。また大物選手の育成にもなっている。
    デブライネなんって20アシストでその後シティに戻されました。
    この位の選手が日本にいるかどうか分からないけど、ドイツ当たりでも普通に
    育成用にって選手は出ないのかね。デンベレとかオーバメヤンクラスの選手は
    いるんだろうか。

  • >>No. 138604

    かなり古い時代にはアジアユースで準優勝(1973年)したときもあったみたいだよ。
    奥寺ユース代表だった時代にも4位になってますね。(^^;v

  • >>No. 138603

    まことごもったもです。少し重箱を突くようなレスになってしまって
    申し訳ないです。2005年のみ未勝利でしたね。(^^;v
    ただ、この年代が傑出したタレントを輩出しているかもしれません。
    それにワールドユースに出ていてもあまりその後見掛ることも少ない
    ですし、なにがなんでもでなくちゃならないという訳でもないと考えて
    いるだけです。むしろ、ワールドユースなどでなくてっても個人で
    いくらでもチャンスを創出することが出来る時代になったと考えても
    いいんじゃないでしょう。長谷部など全くという程縁がなかったのに
    早くからドイツに渡って10年以上も現役を続けていたりしますし。
    本田だってユースではたいしたこともなく目立つ活躍をしたわけでもなく
    チームも全く勝てなかったのにオランダにいって成長したわけだ。
    出れるなら出た方がいいと思いますけど。私はあまりこだわる必要はない
    んじゃないと個人的に考えています。

  • >>No. 138601

    なんと言ったらいいのかな。別にワールドユースに力を入れるなと言っている
    わけじゃなく、Jリーグなど身近なところを見るべきだなと。なんでもかんでも
    代表しかない人が多すぎると感じる訳だ。Jリーグがぬるいだとか言っている
    奴らは一体なんなんだ。ならば、世界有数のリーグにしたらいい。そのくらいの
    気概をもってなくってどうするんや。ドイツのスタジアムはそれは凄いもんや。
    かって新潟でも毎回5万人もの観客がいた時代もあった。しかもJ2の頃で。
    仙台だったJ2の頃でも毎回満員だったときもあったよ。そのくらいの熱気が
    ほしいものや。30年前は数十人しかいない試合なんかあったね。しかも国立での
    試合だったからそれは凄まじいものがありましたね。

  • >>No. 138600

    あまり見掛倒しの数字ばかり扱わないでくだせ。2005年は2分2敗という
    当時では最低の成績でしたよ。クインシーという化け物ウインガーに翻弄され
    散々でしたが、運よく突破しちゃったですね。1勝もしないで危うくベスト8
    になりかけていたのを記憶しています。
    2005年以降いままでと形式が変わって1発勝負に変わった。そこにさらに
    韓国との因縁が絡んで毎回韓国にベスト8で破れていた。これって前とかわん
    ないよ。韓国に勝っての出場記録はたった1回しかない。(涙)

    もう今の時代はワールドユースがどうのの時代ではなくなった。個々が
    クラブが頑張ればいい。上を目指したい奴はどんどん外に出て行ってチャンジ
    すればいい。現に今回のワールドカップは全くユースとは無関係の選手ばかり
    でした。世界をみてもワールドユース大会はあまり重視されていない。

    さらに言えばワールドカップですらもう只の大会でFIFAが金儲けするため
    の大会に過ぎなくなった。活躍したらなにかあるのかと言えば、皆ベンチ外
    になった。かたやそんなのとは無関係に前と同じようにやっている一流選手
    も多いです。まあ昔からそんなものは存在していたね。ただ、あまり日本が
    活躍していなかったから気が付かなかったです。

    Jリーグを馬鹿にせずしっかり応援したらいい。こういう機運がないと基礎力
    が身につかないだろう。

  • 気が付いたことなのだが、久保は全て藤本が先発したときだけ先発している
    のだ。なぜだろう。藤本はヴェルディは超重要な選手だが、代表ではあまり
    注目されないな。名将ロティーナに重宝される程ビジョン豊富な選手で
    あり各年代で代表を背負ってたっているのだが不思議と日の目をみないな。
    このチームは、藤本が先発したときは大量得点がはいるがそうでないときは
    あまり得点が入らないのだ。いくら得点能力が高い選手がいても受けいやすい
    ボールが配球されなければどうになりません。選手が前をむけるように配球
    したりリズムを作ったりする選手は藤本以外だとあまりいなのが今のU19
    のチームですね。久保はどちらかというとボールを受けてからの選手なの
    で配球係がいないと生きてこない選手ですね。藤本が今回のように怪我をする
    可能性もあるのだし、同タイプの選手がいないと同じようなジレンマになる
    んじゃないかな。

  • >>No. 138588

    ちょっと間違い。ヴェルディユースの10番です。トップチームでは
    攻撃的MFのポジションです。

  • >>No. 138582

    確かにそうだね。でも、チーム事情も知っておく必要があるかもしれませんね。
    FWなら誰が出てきてもこのチームのバランスを崩すことはなさそうです。
    MFはちょっと違うかも。安部は若くして鹿島の将来を担う選手ですし、藤本は
    ヴェルディ最高傑作の一人として中島等に続く存在です。名将ロティーナの信頼も
    厚く、すでに10番を背負っている選手です。どちらかが必ずいないとこのチームは
    機能しなさそうです。二人とも離脱しちゃったんですね。
    攻撃のタクトを振れる選手がいない状態なのです。まあ二人がいなくってもなんとか
    なるというならそれもいいかもしれませんが、それ程選手層が厚いわけでもない。
    超高校級と言われた割にはあまりたいしたことが出来ない郷家に期待するのかな。

  • >>No. 138580

    そんなことは言ってないぜ。得意なパターンを身に付けろといっているんだが。
    釜本は何度も同じパターンで得点をしている。それは、そのパターンがきたら
    必ず決めると繰り返し練習していたわけじゃないすか。
    何度も同じパターンがあるとは限らないな。それでもそうして確立してきたんじゃ。
    原口のゴールがハリルのおかげだとは関係ない。少しでもゴール出来る形を持つ
    ことが必要じゃないのかな。元々原口はドリブルでゴールに向かうのが癖なんだ
    が、それだとどうしてもボールに集中してしまい、相手を見ることが出来なく
    なる。おまけにバランスが崩れやすいから狙ったコースに飛ばない。それが補正出来る
    のは触らずに蹴ることなんだ。だから、そのパターンを身に付けたらそのパターンで
    やったときは前とは飛躍的に得点率が高くなったのだ。乾を見たても分かると思う
    けど、身に付けた得意技は結構飛躍させると思う。今は、一個でも幅が増えていけ
    ば相手も予測が難しくなるだろう。
    大体、得点出来るパターンはワールドクラスの選手でも多くもっていると思うよ。

  • >>No. 138572

    >世界のトップリーグで点を取りまくっている選手というのは、「こういう時はこうする」とか、「タイミングや技術」とか、そんなことを考えながらプレーしているヤツなんかいなくて、「とにかく点を取りたい」という「本能」の部分で瞬間、瞬間をプレーしている。

    いや、そんなことはないだろう。釜本は何度も何度も得意となるコースのシュート練習
    をし、本番でもそのコースをこじ開けて決めていたよ。クラマは杉山と釜本に得点を
    取ってもらうためそれこそ何百回もの同じパターンで練習を繰り返していたんだが。
    原口がハリルからそれこそこのコースを予測して、その通りに蹴るんだと口すぱっく
    いいその通りに得点を4回も連続取っていたじゃないですか。本能で取っていたわけ
    でなく作戦してさずけダイレクトで必ず打つを徹していたぞ。触りたくなってしまう
    ところを触らないようにと、その通りにしたじゃん。ベルギー戦でも一瞬触ってしま
    おうかと思ったけど、ぱっと我に返って今まで通りに打ったじゃん。
    まず、自分の得意なパターンを開発することやね。鎌田だって、このパターンなら
    何度も決めたことがあるので自信をもってDFをかわして決めていた。本能的にやるのも
    いいが、それ以外どうなんだろ。
    無類の嗅覚を持つ西ドイツ代表のミュラーだって相手キーパとコースが最後までしっかり
    見えていると言っている。

  • >>No. 138566

    まずシュート技術が先に来ます。FKを見れば分かるでしょう。
    FKは誰でも蹴ることは出来るよ。じゃんじゃん蹴れいいじゃん。

    まず、相手に詰められる前にさっと蹴れなきゃすぐにブロックされる。
    相手を見れないとまともなコースにも蹴れませんぜ。狙ったコースに蹴れ
    なきゃ得点になりにくい。どれ一つとっても高い技術が必要です。センター
    リングだって技術がないと無駄打ちにならないかい。

    得点能力が高い選手は技術も高い。蹴れば入るならいくらでもシュートする
    でしょう。入らないのが分かっているから蹴らないんだ。それが普通や。
    なら相手のマークやチャージにあってもゴールの前で戦うしかない。
    殴られたり蹴飛ばされたりするかもしれないがそれでいくんや。

    シュートを打つなとは言ってないよ。まず、基礎となる技術をしっかり身に
    付けていないのでは偶然性に頼らないといけなくなる。
    原口はたしか代表で5点取っているよね。4点はダイレクトで、1点は
    2タッチで打ってましたね。ハリルに何度もそのコツを教えられたそうだ。
    マンツーマンでボールには触らず、そのまま打つ。ドリブルしないって
    繰り返しやらされたそうだ。それがW杯予選でいき、ベルギー戦のファイン
    ゴールにも繋がったでしょう。

  • >>No. 138561

    マラドーナの振りはもの凄く速いのだ。その分強さはないけど、あっという
    間に蹴っているんだよ。これは相手をギリギリまで見れるってことだよ。
    シュート意識よりシュート技術が先にきているんだ。
    大久保をみればわかるだろう。やたらシュートばかり打っている。
    そこで風間気が付いたのだ。大久保にはシュートという選択したかないって
    ことが。ならば、ずっとゴールエリアで張り付いていればいい。ここから
    動かなければ、どんな下手くそでも確実に得点出来るんや。
    今の大久保以前の大久保になってしまった。もうゴールエリアの中だけで
    仕事をすることが出来ない。
    シュート意識は不要なんや。ゴールを決める技術を身に付けるか、確実に
    決めれる場所で蹴るの二つしか選択はない。
    柳沢だって蹴らなければ得点が出来るんだ。高原だって蹴らなければカーン
    相手にも得点出来るんだよ。蹴ったらいかん。触るだけでいいんだよ。

  • >>No. 138556

    前線に関しては、偶然から生まれた組み合わせだったと思うよ。
    スイスとパラグアイ、親善試合の組み合わせが逆になっていたら
    ぞっとするかもしれんね。でも、そういうもんだな。
    岡ちゃんのときも最後に賭けた方が上手くいっちゃったね。

  • >>No. 138544

    わからないけど、ジーコやマラドーナはけしてむやみにシュートはしないそうや。
    味方が有利な位置に居ればシュートせず、パスを選択するそうや。
    自分がシュートした方がいい場合だけシュートを選択するんだそうだ。オシムも
    そう言っている。ようは状況判断出来る余裕があるかどうかではないのかな。
    そのレベルまで行ければいいが。ジーコもマラドーナも恐ろしく得点能力が高く
    且つアシストも超人的なんだ。どうしたらそうなれる?

  • 最近滅多に中継がないので、久しぶりにテレビで見てみました。
    攻防は見ごたえがありましたね。杉岡って珍しく市船の選手だったのか。
    てっきりMFかと思ったらDFだったんだね。凄いシュートを打って
    いた。U21大会にも出ていたみたいだから次回あたり代表に呼ばれる
    かもしれませんね。仲川は奮闘していたけど、惜しアシストだった。
    ドフリで正面にきたボールをトラップしそこなってしまったのが
    なんかマリノスの負けを象徴しているようだ。アジア大会で高木が
    決めたみたな奴だったから。

  • >>No. 12537

    忘れていたぜ。フォルランも僅かだがいたんだんだな。かってはJと言えば
    W杯得点王が来日するリーグだったんだが、今はいずこへ?
    ロナウドとクローゼは引退しちゃったから切れてしまったな。
    まあ、3人も来たのは奇跡だわ。

本文はここまでです このページの先頭へ