ここから本文です

投稿コメント一覧 (438コメント)

  • フランコ・バレージを知っている人は少ないかもしれない。しかし、バレージはイタリア史上
    最高クラスのディフェンダーであった。イタリア代表、ミランでの黄金時代を築いたのであった。
    日本人よりずっと小柄ながら(176、70)抜群のポジショニングと統制力で一時代を築いた。
    日本にはこのクラスのディフェンダーが田中一人だけだった。彼がアトランタでブラジルとナイジェリア
    (退場するまでだ)
    を完封したのだった。田中は一度もブラジル相手に負けたこともなく、無敗を誇っていたチェコ
    相手も完封している。ディフェンダーは強さだけでなく、危機察し能力や管理能力も一流でないと
    ワールドクラスの相手には歯が立たない。田中もジュビロで黄金時代を築いたもののあまり代表には
    縁がなく、ジーコ時代によって漸く代表に定着するようなった。久保も田中もジーコ時代のみ
    活躍した選手だったが、本番では怪我により出場が叶わなかった。ワールドカップでどんな活躍が
    出来るか見たかったものだ。
    コンロンビア相手になんとか凌ぐには吉田のようなポカやポジショニングでミスしたりするDF
    でなく田中のようなDFが必要だ。吉田も不要なわけではないが、南米相手ではすぐに足を引っ張
    られそうだ。あと、2か月で探して欲しい。いまのDFでは間違いなくザルになるだろう。

  • >>No. 134158

    監督は誰がやってもOKだよ。勝てるときは勝つのが流れなんだ。
    堀だってアジアを制したよ。でも、あっという間に解任されたな。

  • >>No. 134152

    日本の一番の弱点は不規則性に対応出来ないことや。南米では時間はルーズなもんだ。
    当たり前にすら思えることもあるかもしれん。当然不規則になった試合ではボロボロに
    なってしまう。逆はなんとか対応出来る。ロングボール自体はなんら問題はないのだが、
    こぼれ球を全く拾えず、そこから失点に結びついてしまうんだよ。カオスを制さない限り
    どんな戦い方をしても無駄なんだ。今回の相手は全てカオスなんだ。
    わしは、カオスに慣れているが、多くの日本人はそういう中での対応に慣れていないだろう。
    森岡がポーランドでやったときつくづくそのことが分かったみたいだ。殆どロングボール
    しかこないので、いかにそれを拾えるかを考えてプレーをしていたそうだ。
    日本国内なら、こうなれば、ここにボールが来るので楽にボールを受けれる。でも海外だと
    余程のことでなければ簡単にボールを受けることもプレーに関与するのも難しい。
    取り合えず、カオスを制することだ。出来ないまでも、頭を使って未来を予測するしかない。
    なんで、決まったことしか出来ないのでW杯など戦う前から終わってしまう。

  • >>No. 134133

    本田が先発した試合の勝率はかなり低い。最終予選ですら、2勝2敗2分けや。ハリルはもう
    勝負どころでは切っていた。出すのは決まってどうでもいいかなという試合ばかりや。
    大一番だった、サウジでの日本ラウンド、UAEのアウエーラウンドはとうとう見切られて
    しまった。(わしは本田が嫌いなわけでなくむしろ逆だったな)
    本田はロシアを足蹴りしたので、ロシアには行けないだろうと思っていた。なんとおそろしあ。
    日本が勝つには本田をロシアに連れていってはいけない。

  • >>No. 134130

    なんか可笑しくないですか。ごく普通にそうだよ。なんでそんなことが分からないのかね。
    スポンサー優先でやったら確実に悪くなるよ。例えば、中田がそうだな。中田は昔はもっと
    野心もありいい選手だった。それが商業主義に傾いてしまってから殆ど活躍出来なくなった。
    引退後もそうだ。サッカーとは関係ない道をいってしまった。
    第二の中田は本田だ。ミランで10番をつけるためにどうなったかわかるだろう。
    スポンサーはある種の契約を上で注文出来るんだよ。破れば退散すればいいんだ。そうなった
    ら困るのは誰だ。日本代表がなぜアウエーで試合出来ないかわかるだろう。
    疲労しまくった選手でも契約上日本の親善試合には絶対に出なければならない。そういう
    契約がされている。しなくっても問題はないのだ。でも相手はおりてしまうぞ。それでも
    やり切れるのかね。君が金を負担してくれるのか。結局、日本で意味のない親善試合の
    ために選手に凄い負担がかかってしまう。それでも出なければならないのだ。
    それにしても、未だゴルフでは石川遼が何度の出てくるよ。殆ど負け続けても出てくるね。
    唯一の道は双方の利害が一致してくれることかな。そういう人がスポンサーをしてくれれば
    ベターなんだ。

  • >>No. 134126

    それって全然違うよ。ドイツは昔から勝ち続けていた。どんなサッカーでも勝つのがドイツなんや。
    昔は西ドイツだったんだが。スペインは弱かったな。自国開催ですら何もインパクトを残せなかった。
    だからスペインは弱かったんだよ。まずそこを勘違いしちゃいかん。スペインは全然強くなかった。
    いまでいうなら日本のレベルと変わらないんだ。内容がどうとか抜きにしてね。
    なぜそんなスペインをもちだすんでしょう。
    スペインは2010年に勝ってからかわったんだよ。だから勝つことが歴史を変えると言える。
    どんなサッカーをしてもいい。とにかく誰がやろうが、どんなサッカーをやろうがまず勝て。勝てば
    違う景色が見える。山のてっぺんにたたないと見えない景色もあるんだ。

  • >>No. 134109

    ドイツだと、テレビよりスタンドの熱狂の方が凄いんじゃないかな。下位でも凄い
    観客が多そうだし。ドイツはJのモデルですからね。
    まあ世界人口の5人に1人がインド人ですからインド市場を獲得すれば凄いでしょう。
    でも、元々堅実経営がドイツの理念じゃないですか。
    1試合あたり4万人という集客力を誇っていますね。これは世界一ですね。てか、他の
    追随を許さないでしょう。

  • >>No. 134094

    その考え方は正しくないな。世界ナンバーワンのドイツの殆どはドイツでプレーしてます。
    ブラジル、アルゼンチンは殆どプレミアではプレーしてません。まあ、ブラジルでもディフェンス
    の選手はプレミアでプレーしている選手はいるかもしれませんが。あまり印象がないね。
    イングランド選手は殆どプレミアでやってますね。じゃあ、ドイツよりイングランドの方が強いか
    と言われるとそんなことはありませんよ。
    日本の選手がドイツでプレー出来るのはドイツのレベルが低いからでなく、外人枠がないから
    です。スペインならブラジルやアルゼンチンなどと競わなければならない。
    ドイツはアルゼンチンもブラジルも殆どいないのだ。プレミアならアフリカンと競わないと
    いけない。それぞれリーグの特性があります。

  • なんたること。野球とサッカーが逆になっている。かっては横浜の恥とまで言われる
    程負け続けていたチームが今や優勝争いをリードする程の変貌した。昨年のPOも付録
    ではない。かたや、連覇した時代もあったが、まあ上位にいたことも多かったマリノス
    が降格圏まできてしまったか。横浜FCももうカズの宣伝だけでは満足できなくなった
    ようだ。城以来の昇格が見込めるかもしれない。(と思ったけど、なんか浮上しないぜ)

  • >>No. 134098

    全くですな。ハリルならベスト8確実と思っていたのに梯子を下ろされた感じや。
    でも、まだベスト16といういつも通りの結果が残っている。いつも通りでいいか。
    8年後こそベスト8いや準優勝もありえる。さすが五輪の成績は上回れないな。
    ベスト4に訂正しておきます。(^^;v

  • >>No. 134096

    まあ、初戦はコロンビアという南米の強国や。南米に勝つには圧倒的なフィジカルがいる。
    これがあればメッシーでも怖くない。しかし、ないのだ。なので他の手を考えるしかない。
    それは頭脳なんや。頭を使うしかないのだ。作戦じゃなく頭を使えばいい。足や、ぶつかりあい
    でなく頭だけを使うのや。そうすれば、ブラジルにだって勝つことが出来る。
    いままで勝てなかったのは、サッカーをやろうとしたからだ。まず頭を徹底的に使え。

  • >>No. 134087

    どうも。過去誰が監督をしても、どの戦術を使っても結果は同じなんですよね。
    それに気が付いた人はあまりいないようですね。
    これは気質と関係しているかもしれませんね。加茂だろうが、トルシェだろうが、
    岡田だろうが、ジーコだろうが、オシムだろうが、皆そろって南米国に大敗
    してます。オシムは関係ないな。南米選手権なんか酷いものでした。しかし、加茂でも岡田でも
    ジーコでも欧州国には負けていないんですね。つまり戦術は無関係なんですよ。
    今回も、ベルギーに大敗したわけじゃない。戦力を比べたら月とスッポンでしょう。
    でも、僅差のそれも際どいまけなんや。これがブラジル、コロンビアなら
    大敗なんですよ。
    ハリルも全く異なる戦術を用いましたが、結果はこれまた同じなんですね。

    じゃ、誰が監督したって結果は同じじゃないですか。南米に勝つにはブラジル人
    を3人居れるのが手っ取り早い。それは気質を変えるには3人くらい人がいる
    必要があるからです。でも、今大会には間に合わないので、過去唯一勝利を
    収めた西野は有望でしょう。間違いなく変革を起こしてくれる。
    変革とは20年に1回くらいの割合で起こるものなのでこれも時期的にあって
    いる。

    まあ、なんかベスト16に行っている映像が見えますね。もう、皆未来を見て
    欲しいですよ。大丈夫。私は保証します。
    西野は相手によってがらっと戦いも変わる。中田をサイドバックに置いたり
    したことがあった。それでアジアを突破しました。

  • ロンドン五輪。日本が対戦したエジプトを思い出せない。でも、サラはあれから数年後
    どうなったんでしょう。ガボン代表もオーバメヤンも参加していた。
    しかるに、日本はベスト4に進出しているにも関わらず誰一人として、大成したプレーヤ
    がおりません。

  • >>No. 134085

    日本の誇るテクニシャンは、W杯では間違いなく成功していなかった。これはW杯では
    最低どこもフィジカルを強化しているためだ。不思議ではない。日本がW杯で活躍した
    とき、得点を取った選手は大半がフィジカルに強い選手であった。
    鈴木隆行なんかがその極端な例かもしれん。技術は殆ど通用しなかったはず。中村や
    小野がその例だろう。小野自体はあまり出番がなかったか、目立たなかったかもしれん。
    勝ち抜くには強いフィジカルを必要とする。これが過去の日本のW杯からの教訓ですな。
    今後は分からないけど、同じようなパターンになるかもしれん。
    上手い選手やドリブルでトリッキーなプレーが出来る選手はいらない。強い人に負けない
    選手を出して欲しいもんや。日本が苦手としているかもしれないが、過去良かったとき
    はそういう選手が主体だったんだよ。もっとも、これはW杯限定版で普通に試合をする
    クラブレベルでは全く関係ない話であります。

  • >>No. 134083

    いや、世界基準なんて存在しないよ。何事もグー、チョキ、パーなんや。
    圧倒的な技術にはフィジカルが強い。あのメッシーもドイツ相手には何も出来なかった。
    (2010年の大会ですね)
    技術はチョキや。グーには勝てないのだ。それに対抗するには、パーなんや。
    パーは組織なんや。組織はチョキには勝てない。

    こうみれば、日本がいままで欧州相手に善戦出来たことが分かる。逆に、チョキには
    全く無抵抗主義になってしまう。アフリカですら全然出来るんだ。

    少なくとも2つは用意しない、チョキの前に毎回サンドバックになってしまう。
    ドイツにはチョキはないが、グーとパーがある。だからなんとかしのげるのや。

  • >>No. 134076

    ソラリは劇薬でしたな。短期間でサウジをワールドクラスのチームに変えてしまった。
    あれが日本と対戦したサウジかと思う程アメリカでは脅威的なチームに変貌した。
    マリノスもあっという間にJリーグを制してしまった。(勝ったのは清水だったが)
    カウンターサッカーなのだが、ロングボールでなく。ショートパスだけであっという間に
    自軍深い位置から相手ゴールまで運んでしまうのだ。
    あれは凄い脅威だったぞ。全盛期であったヴェルディを唯一破ったのがソラリマリノスだ。
    でも、劇薬は短期しか通用せず、ソラリもあっという間にやめることになった。
    いま必要なのはソラリ薬なのかもしれん。西野には出来るだろう。2か月だけ劇薬になれる
    はずだ。日本を28年ぶりに五輪の連れて行ってくれたんだよ。前園はいないが、誰か
    代わりになる劇薬的な選手が出現しそうだな。勝てるぜ。

  • なんか過去日本代表と戦った選手はバイエルンにばかり集まるね。なんでだろう。
    もしかするとバイエルンとは縁があるのか。日本サッカーの父と言われたクラマーも
    バイエルンで指揮をしているな。コバチまでか。

  • >>No. 134058

    例えばドイツを見てみて下さい。何度やってもドイツは優勝、準優勝あたりの成績を上げれます。
    かたや、フランスはどうでしょう。ドイツもフランスも同じ位の実力を有しています。
    なのにフランスは、決勝トーナメントすら進ことがまれです。とくに決まった勝ち方があるわけで
    はありませんよ。ドイツは勝つことが当たり前になっている。だから勝つのですよ。
    我々は勝つと思えば確実に勝てるのです。深層意識に織り込まれた力が最後に勝敗を分けてしまい
    ます。どうしたら勝つかを探しても見つかりません。勝つと心から思えば勝つ。
    そう思うにはそれそうとうの積み上げが必要ですね。すでに2回もベスト16に行っている。
    メキシコはここが当たり前という感じですね。なので毎回ベスト16ですよ。
    我々は1回おきにベスト16を行っています。自信を持ちましょう。誰がやっても同じように
    勝つと思うばいいですよ。

  • >>No. 134053

    それは分からない。同じ方法で戦っても、場所も時も違えば結果も違う。
    唯一思えることは貴方が勝ちたいと心から思えば勝てる。なので、成り行きはいいんだよ。
    心から勝ちたいと思うことだ。余計な方向にエネルギーを使わないことだ。
    私は断言出来る。日本はベスト16に行ける。ベスト8には行けない。
    きっとこうなるはずだよ。
    8年後を楽しみにしようではありませんか。きっと8年後はいいチームといい結果が
    待っているぜ。

  • >>No. 134050

    いや、そういうことはありません。勝つことが習慣化されれば何度も勝つことに
    なる。負けると大概負け続けることになる。ユースを見ればいい。
    一度負けてから何度も負けていた。あーだ、こーだいわれなが毎回出場している
    五輪がいい例ではないか。今大会はどんなことをしても、勝つことでしか得れません。
    負けていいと思ったら未来はやってこない。
    泥臭くていい。いい形で点を取ろうとしないことだと思う。とにかく勝つことが
    最大の良薬でしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ