ここから本文です

投稿コメント一覧 (550コメント)

  • >>No. 851

    ウェルビーは、就労移行支援が9割程度です。
    報酬単価を見てみると、単独での報酬はそうでもないですが加算分が非常に大きいと思います。
    決算説明会資料でもその点を強調されています。
    簡単に言えば、日々の定員が上限になった時に最高の利益率が計上されるのが障がい者や高齢者の施設です。
    就労移行支援の場合、事業所自体で何かを作って売り上げるというシステムではないので、当然利用者の給与や費用負担(所得状況による)が発生するものではありません。
    おそらくなんですけど、ウェルビーは利用者を集めるのがうまいので利益率が高いのではないかと思います。

    株価の評価はこちらがかなり低いですが、こういうところは絶対に見直されます。
    今日でも売り板自体が少なくなっているので、動き出す時は早いと思います。
    前回上げた時は、売り板総数よりも買い板総数が多くなった時に反転しました。
    売る力は弱いですし、そろそろ上げてきてもおかしくないと思うんですが・・・。

  • >>No. 842

    出来高からして急減していますし、大した売り物も出ていません。
    仕込もうと思っても買い上がるしか方法はないでしょう。
    しばらく我慢!

  • ちょっと予想外でした。
    数字自体凄く良いんですけどね。
    需給以外は不安がないですから、次第に正当な評価がされるはずです。
    次上げだしたら、高値をどんどん更新していってくれると信じています。
    業績は良いんですから!

  • 日経のニュースだけでも注目の的になりそうなうえ、今日の決算ですからね。
    売上も前四半期より1億円程度の伸びて利益も同じように伸びています。
    株式公開費用や特別損失がなければ経常利益と純利益ともにもう少し上積み。
    今回の決算で、十分すぎるくらい成長性が確認されました。
    通期では売上高45億、営業利益12億円も可能でしょう。
    12月1日に機関投資家向け説明会があります。
    四季報の発売もありますね。
    年末には、5000円になっていそうですね。
    明日も大型株が軟調に推移しそうで、資金がここに流入してくる予感がします。
    5000円は通過点、こんな株価では売れません。
    明日がとても楽しみです。

  • >>No. 759

    買い煽って儲ける人より静かに買ってくるファンドの方が好きです。
    月曜日決算発表です。
    会社計画以上のものが出れば勝手に上がってくれるでしょう。
    とにかく成長性さえ確認できれば、申し分ないと思います。

  • >>No. 749

    11月13日(月)です。
    普通に会社計画程度の数字は出してきますよ。
    積み上げ方式の売上ですから、規模が拡大している限り減収になるとかはありえません。
    とりあえず普通の決算で年内4000円目標です。
    来年は、6000円位ですかね?
    今の相場で予想以上の利益拡大になるようだと、分割や東証一部も加味して10000円とかありえるかもしれませんよ。
    ここは安すぎますよ。

  • 最後の買いこそ強さの証。
    あとは、3500円位までの厚い壁を突破するだけ。
    買った人が相場を大きく動かすと思います。

  • 明日は日経平均採用値嵩株の業績の強弱感のぶつかり合い。
    東京エレクトロンVS村田製作
    ソニーVSコナミ
    富士フイルム・ヤマトホールディングスは下げか。

  • >>No. 684

    ここの場合、就労支援A型・B型・生活介護やグループホーム・入所施設等ではありませんからそういうリスクを回避すると思われます。
    介助を必要としている人が対象ではないですから・・・。
    あくまで自分で訪問してきて、スキルを身につける人でないと。
    報酬改定についても来年実施される予定ですが、グループホームUPそれ以外は微減と耳にしました。
    人材に関しても日勤ですから、サラリーマンをやめた人や定年退職した人材を利用しやすいかとも思います。
    そもそも、定員超過の問題は上にあげたような施設での問題ですよ。

  • >>No. 682

    来期EPS100円を基準にして年率30%の利益成長なら
    2年後130円、3年後170円、4年後220円、5年後290円、6年後380円、7年後500円、8年後650円、9年後850円、10年後1100円。
    純利益100億円位稼げるようになれば、成長性を加味して簡単に10倍になるでしょうね。
    中間決算で会社計画を上回ることがあれば、来期はさらに期待できるでしょうからPER100倍まで評価される可能性もあるかと思います。

  • 今やっている金融緩和のツケは必ずやってきます。
    株価がもし大暴落するようなことがあれば、日銀が巨額の損失計上&国債暴落もありえると思います。

  • 日経平均採用銘柄の一部で異常に評価されている銘柄が多い状態が続いています。
    いつ下がるかわかりませんが、ここから日経平均が23000円に簡単に行くとは思いません。
    アメリカを除く各国は、金融緩和しすぎの代償がいつか来るでしょうし、アメリカの利上げによる景気後退+金融引き締めが同時に起こった場合、国を巻き込むような金融危機に発展する可能性もゼロではないと思います。
    上げ100日下げ3日を信じて、今日本気買いしました。

  • 今日も動きは変わってきていませんね。
    一瞬大きな上げがあって3000円近辺で落ち着きましたね。
    機関が買い集めているようにも思います。
    これくらい出来高があれば、分割するだけで簡単に東証1部にいけるでしょう。
    来年の9月頃には確実に、早ければ決算が出た後の6月とかもありえるような気がします。
    今は3000円でも来年は倍にはなっているでしょう。
    来週も徐々に上げて、高値を目指して頑張ってほしいです。

  • まだまだこれから!
    やはりここ最近の動きは準備体操でしたね。
    今日の終わり方も良かったですし、まだ準備体操ですかね。
    一気に300円、400円上げてくるか、調整が入るのか・・・。
    私は、こんな値では売る気はないので、しばらくホールド。
    成長性が凄くありそうですし、決算が出てどれくらい評価されるのか?
    評価されたら、今の相場、凄いことが起こるかも・・・。

  • 今日、公募割れしていた銘柄がストップ高していますね。
    動きが底堅くて出来高も落ち着いているということは、良い傾向かも・・・。
    明日も底堅い展開に期待します。

  • >>No. 604

    今から順張りで買う人は短期の人、長期で順張りする人は、一生塩漬けする人。
    直近のIPO銘柄で成長性があるのに公募価格を割るかもしれないのはここだけ?

    今日の動きは少し変わっていましたね。
    大きい買い板が出ていると思えば、時々大きめの買いが入っていましたし・・・。
    引けの買いは良かったですね。
    明日以降にこの動きが続いてほしいです。

  • >>No. 588

    日経平均の構造上、25000円になるとも思えませんし上がったとしても23000円までだと思っています。
    上げるためにはファーストリテイリングやソフトバンク等の値嵩株の力が必要です。
    上がり続ける日経平均の先物よりも日経平均採用銘柄の値嵩のところで天井で頭打ちになっている銘柄の空売りがリスク少ないはず。
    おそらくですけど、徐々に下げるのではなく、次の日になると急変するような展開を予想しています。

    ここは、いずれ大きな反発があると思いますが、我慢が必要そうですね。
    ここ2・3年、IPOの需給が重い小売や外食株を底値で拾って放置して好結果なので、ここにも同じ期待をしています。
    上場費用を吸収できて上方修正なら吹っ飛びますよ。
    同業はPER50倍評価ですが、そこよりも確実に成長性があります。
    障がい者の事業は、介護とは違って利用者負担が発生しないことがほとんどです。
    放課後デイもこれから伸びるはず。
    業績が伸び悩むような会社ではありませんよ。

  • この株価で来期PER30倍程度でしょうからね。
    2000円まで下がればPER20倍。
    さすがに中間決算が発表されていない現状でそこまで下がるとは思えません。
    成長性を考えても、現状の株価は適性範囲ですし、むしろ需給だけでこの株価は異常です。
    来年の今頃は株価が倍になっていますよ。

  • 明日は、大型株が久しぶりに売られる日になりそう。
    新興市場に流れてくると良いですね。
    2900円で3000株買って公募価格付近までの下落を見込んでいましたが、何とか踏みとどまりました。
    朝から全板の売りよりも買いの方が多かったので下げ止まるとは思いましたが。
    だいぶ処分売りも出たようですし、昨日から大きな売り板も出現しなくなりました。
    @2710円で3000株追加したので、何とか報われてほしいです。
    決算も別に心配していないので、楽しみに放置しておきます。

  • >>No. 475

    私の感覚では、公募価格は割らないでしょうが中間決算まで株価が低迷する可能性もありかなと・・・。
    需給が重たかった小売のTOKYO BASEやスタジオアタオもそうでした。
    ここの場合、中間決算が確実に材料になるはずですから、一気に見直し買いが入ると思います。
    第3四半期でもさらに伸びるようであれば、今の相場なら軽く5000円は超えてくるでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ