ここから本文です

投稿コメント一覧 (297コメント)

  • 新聞に出て、セキュリティーが強化される。
    銀行に強いこの会社は、ねらい目?
    これからですか?
    <無線LANに深刻な欠陥 国内機関も注意呼び掛け>

     無線LANに使われている主要な暗号化関連技術に深刻な欠陥があり、やりとりするメールや個人情報を盗み見されるといった可能性があることが17日までにベルギーの研究者の調査で分かった。国内の情報セキュリティー機関も17日、注意を呼び掛けた。

     米マイクロソフトなど既に修正ソフトを公開した会社もあり、独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)は適用するようアドバイスしている。ほかのソフト会社や端末メーカーも対応を進めている。

     欠陥が分かったのは「WPA2」という技術。現在使われる中では最もセキュリティーが強固とされ、推奨されていることからセキュリティー業界や利用者の間で驚きが広がった。

     研究者の発表などによると無線LANルーターとパソコンなどの端末間で「暗号鍵」の情報をやりとりする際に、ハッカーが割り込むことができる。端末をハッキングして、以降の通信をのぞき見できるという。

  • サイバーセキュリティーのニーズウェルは、100株でも買っておいておけば大きくなりそうです?安いうちに買っておくことです。そんなに時間はかからないような気がします。 Good Luck !

    情報セキュリティソリューション「NW Security Police」販売開始のお知らせ
     ~ 国内最大の収容端末数を誇る情報セキュリティソリューション ~
    情報セキュリティソリューション「NW Security Police」を平成29年10月31日より販売開始致します。

    製品
     「NW Security Police」(セキュリティポリス)
     URL:http://www.needswell.com/news/pdf/NW_SecurityPolice.pdf

    特徴
     「業務利用が承認されていないデバイスは、社内ネットワークに接続させない」という、シンプルなコンセプトに基づく、国内最大の収容端末数を誇るパワフルな企業内情報セキュリティソリューションです。
     社内LANの各セグメントに設置して、ネットワークへの接続が承認されていないPCやスマートフォンを即座に検知し、強制的に接続を遮断するハードウェアセンサ、そして承認デバイス情報を登録して一元管理するソフトウェアの組み合わせにより、企業の機密データを漏洩から簡単、確実に保護します。
     パワフル、シンプル、しかもローコスト。インフラ基盤レベルの高額で大掛かりなセキュリティシステムの導入や運用が難しい企業にとって、まさに理想的なソリューションの登場です。

    ◎パワフル
     国内最大2,000拠点、40万台端末のネットワークにも対応可能
    ◎シンプル
     センサはIPアドレス設定後、ネットワークに接続して電源を入れるだけ
    ◎ローコスト
     分かりやすい操作画面による一元管理で、導入と運用に要する工数と費用を低減

    発売日
     平成29年10月31日販売開始

    販売目標
     初年度2千万円、3年累計3億円の販売を予定

  • 【底値切り上げ型罫線】

     前回の底値3150円より70円上の3220円で反転陽線の形になりそうです。
    本当に置いておくだけで、短期間で上昇する可能性の高い株と思います。
    3440円を抜いて、11月13日の初決算発表をむかえると、大口投資家への説明会も行われるでしょうし、今の株価とは、かけ離れた株価になっていると思います。楽しみに待っています。
       Good luck !

  • No.802

    強く買いたい

    29年度第3四半期 1株利益1…

    2017/10/13 00:22

    29年度第3四半期 1株利益142.01円が発表済み。
    29年期末予想が、1株利益157.51円で、配当50円で発表済み。
    per40倍で計算すると。
    157.51×40倍=6300.4円となる。
    上場したての株不足状況での方向感は間違いなく上昇と考えられる。
    現在の株価3270円は、PER20.76となり、配当も1.5%ですから
    買うしかないでしょう。
    3500円でもPER22倍ですから、3500円以下で買っておけば損する可能性は大変少ないと考えられます。
    しかも、29年期末予想がかなり低く予想されていますので、増額修正の可能性はかなり高いと考えられます。
    単純に第3四半期の1株利益142.01円に12か月/9か月をかけると、1株利益189円となり、このへんかな?

    現株価3270円は、あとからこんな値段があったんだと思える気がします。
    2倍は早そうで、分割も期待できます。11月中旬の決算発表で大きく上昇するか、その前に増額修正のある場合も考えられるので、私は買っていきます。この会社の成長性の素晴らしさは、また書きます。

  • 昨日のIRで買って、売った感じかな?
    2017/10/03 モルガン・スタンレーMUFG 2.790% -0.010% 90,700株 -300
    2017/09/29 JPモルガン証券 1.020% +0.170% 33,100株 +5,500
    とにかく、4000円割れ前後での攻防かな。
    同じことばかり書いて、すいませんがあまり恐れることはないと思います。
    持続していて、安ければ買うのみです。まもなくで、下げも終わりそうです。
     孫子の兵法「「敵を知り、己れを知れば、百戦あやうからず。
            敵を知らずして、己れを知れば、一勝一負す。
            敵を知らず、己れを知らざれば、戦うごとに必ずあやうし。」

         Good Luck !

  •  GSが、2017/05/15 GOLDMAN SACHS 4.670% +1.250% 71,000株 +19,000 まで、空売りをしていましたが、2017/09/28 モルガン・スタンレーMUFG 2.800% +0.430% 91,000株 +14,000 ほど空売りをしています。これは2分割をしているので、GSの71000株は142000株に相当します。
    売り買いしながら株価を沈められるかですが、今日のようにIRが飛び出すと、モルガンも肝を冷やしたことでしょう。引っ越しが終わり、今後強力なIRは10月には相当出そうです。
    10月13日から5本もセミナーを入れていますし、大口の商談もかなりまとまってくるでしょう。
    小手先の売り誘導に迷わされずに、確実に安値は拾っていけば、10月、11月は相当株価に刺激する材料が出そうです。売るなら、今日のように噴きあげてから売ってください。安値で売らなければ株では損をしません。将来性のある株です。100株でも持っていれば大きな財産になります。
    「和を以て貴しとなす」聖徳太子のおっしゃられたように、個人投資家が力を合わせれば、モルガンなど簡単に勝てます。個人個人だから弱いのです。今日のような好材料でも強引に下げさせる株価操縦を、株主が東証に多数が抗議すれば、東証も対応せざる負えません。一人一人は弱くても、力を合わせれば強い力となります。
     Good Luck !

  • いつも、外国証券が売ると、アルバイトが個人を売りに誘導する投稿が多く出てくる。
    でも、個人が怖くて売るのは仕方ない。
    ①冷静に考えてみると、この株を空売りする個人投資家がいるのか?
    ②業績はかなり良くて、四季報にもベスト10で取り上げられているのに空売り?
    ③なぜ外国証券は、はっきり見える形でこういう成長株を空売りするのか?
    答えは一つです。儲けるためです。誰から?個人投資家からです。

     ところで、中間決算6か月で年間の約90%の利益を出したアセンテック。
    90%÷6か月=15%となる。年予想の30%超えると増額修正を出すので、
    単純に計算すると、130%÷15%=8.66か月となる。
    2月から計算すると、10月20日前後に利益が年予想の30%を超えることになる。
    増額修正が発表されると、ストップ高して上昇していくかもしれません。
      Good Luck !

  •  アセンテックは、10月2日より仕事再開のお知らせでも出て、
    大きな出発ですから今後も良いIRが飛び出しながら株価は推移していくでしょう。

     私には、現在3点気になることがあります。
    ①北朝鮮がミサイルを移動して何をするのか?(安全保障問題)
    ②希望の党へ民進党の合流の中、民進党左派は分裂すると、選挙結果はどうなる?(政局問題)
    ③選挙後、安倍政権の円安、金融緩和政策が継続できるのか?(経済問題)
     日本の株式全体が不透明の中を模索して、先読みしていく週が始まります。
     ニュースには注目しながら、この3点を確認しながら株式投資です。

  • 明日、株価が上がるか、下がるかを毎日気にしている人がいます。それは誰にも分らないことです。
    ただ、「この値段は安いか、高いかを考えて投資すると利益が出ます。」
    <利益の出せない典型的タイプ①>は、
    「明日上がりそうだから高値でも買う。明日下がりそうだから安くても売る。」
    <利益の出せない典型的タイプ②>は、
    「外国証券が空売りしていると大暴落する。」と思い、安値でも投げる。

    外国証券は売りと買いの両建てで利益を上げています。(ヘッジ)
    特にアセンテックのように品薄株は、買いから入ると相当高値で買わされます。
    外国証券が空売りを出すと個人が恐れて売ってくるので、その投げを外国証券が拾って利益を上げるのと同時に、安く買いを仕込むことも行っているものです。ファンドマネージャに聞いてみると、単純なことをしているだけです。

     アセンテックは、明日から、増し担保規制が開場されたのは「良いニュース」です。
     これを悪いニュースと解釈してはだめです。
     *『上がる下がるより、株価の安い高いが大切です!』

  • 出先なので、あまり書けませんが、規制の解除で、株価が上がる。
    本当は、増額修正で飛び上がりたいですね。5000円突破から本格上昇です。

  •  今日で、目先の売りも終わったように見えますが、ここから下は拾っても問題ない株価です。
    引っ越しで、仕事の効率も上がり、仕事も順調に進むと思います。
     大きなIRも飛び出しそうで、油断は禁物です。
     また、上場会社が、上方修正を行わなくてはいけない基準値が決められており、「売上高で10%以上の増減があった場合」、「営業利益・経常利益・当期純利益で30%以上の増減があった場合」です。
    現実には、私の計算では10月の初めから11月の初めには出ると思っています。
    ただ慎重な数字でしょうから、12月や1月には再増額修正も出てくる可能性も考えられます。
     これからも大きく育つ会社であることには間違いないようです。

  • やっと弱気が増えてきましたね。
    PERが80倍?
    現在2倍から3倍の増額修正を中間で出してきているので、40倍以下では?
    大手は4000円どころの仕込み希望でも、今週いっぱいで引っ越しは終わりますから。
    北朝鮮も10月の選挙までは待ってくれそうで、
    10月2日から規制解除でIRが出てくると・・・・。

  • モルガンは、昨日1万株売りました。
    2017/09/21 モルガン・スタンレーMUFG 1.280% +0.310% 41,700株 +10,000
    空売りにつての基本を説明させていただきます。
    最初は少なく、上昇に従って株数を増やしていきます。天井は誰にも分らないからです。
    では、モルガンは、
    9月19日 17000株、
    9月20日 14700株、
    9月21日 10000株と
    上に行くほど株数が少なくしたのはなぜか考えてみてください。
    この答えは、長期間売りを維持するのか?
    短期で売りを解消するのか?
    どこで買いを入れて両建てするのか?
    本当は売りが狙いか? 買いが狙いか?
    相場を長くやると経験からこういう事が見えてきます。
    10月2日まで、あと1週間です。皆様は、いつ、いくらで買うかですね!
     「Good luck!」
     *good luck の本当の意味は、「幸運を祈る」ではなくて、「頑張ってね!」とか「うまくいくといいね!」です。

  • モルガンが空売りを14700株増加させました。
    2017/09/20 モルガン・スタンレーMUFG 0.970% +0.450% 31,700株 +14,700
    今後も、上に来るとモルガンは売るでしょう!
    また、25日線の上15%以内を5日続けても、
    信用買い残が43万2500株あると信用規制の解除は厳しいですね。
    なんと浮動株0%ですから、株の取り合い状態です。
    業績と将来性で買いが多くあり、浮動株がない。
    誰が考えても将来は大きく上昇するでしょう。
    しかし、今は静観。10月2日を待ちましょう。

  • モルガン・スタンレーが9月19日に17000株の空売りを報告した。
    (2017/09/19 モルガン・スタンレー  0.520% 17,000株 の空売り報告)
    ・株価が上昇してくると、あと5~6万は売ってくるかもしれない?
    ・北朝鮮と米国の戦争が起きることに自信があるのか?
    ・割高と思っているのか?
    ・私が知らない会社の悪い点に注目しているのか?
    『自分と反対の意見も頭に入れて相場を見ていく冷静さは大切です。』
    手口と動きから目が離せなくなりますね。
     されど、『心は不動心』です。
     冷静に、10月2日まで見ていることが大切に思えます。

  • 『株は上げ下げしながら動くものです。』
    下げない株は上がらないし、上げない株は下がらない。
    アセンテックが大相場するためには、休む時期もいるのです。
    右往左往せずに、この期間は見ていましょう。
    次の上昇のためのエネルギーを蓄積しますから、大切な時期です。
    本社移転は、拡大、成長のための大切な作業ですから見守りましょう!
    10月2日からは売ったらだめですよ。一生後悔しますから!
    四季報の取材陣が強気100銘柄の第10位にアセンテックを書いていました。
    実際には3位かなと思いましたが、配当を出さないと、内部留保では10位になるのかな?
    2倍の8千円をねらえるかな?
    5千円を超えて6千円代で定着すると、分割をすることになりますが、上げてからのことです。

  • 9月15日から10月1日まで本社引っ越し(東京都千代田区神田練塀町3番地 大東ビル9Fへ)のため営業しません。
    2週間分売り上げがない?
    10月2日(月)より営業再開。引っ越し費用は約100万円は計上されているので明白です。
    IRもこの2週間は出せないと考えると、株価は調整すると考えるのが自然かな?
    押し目を買われる方はチャンスかもしれませんね!
    2点底確認? そんなに押さない? 今週は見る時かもしれません?
    それとも、株をつつく、キツツキ君達がいますかな?
    しかし、10月2日以後は上昇波動と思っていますが。

  • 上下に動ごかしながら、仕込みが行われているように見える。
    買うなら押し目狙いだが、目先を気にしても仕方ない。
    『不動心!』 株を買ったなら、読書の秋だ!
    右往左往して利益の上がらない人、
    内村鑑三の「後世に残す最大の遺物」を読むとよい。
    人間として成長すると、相場観が変わり進化しますよ。

  • 本日4日目の増し担保規制の25日線15%以下をクリアーしました。
    月曜日に4165円以下で引けると解除の可能性大となります。
    9月12日(火)からの増し担保規制解除となれば、参加者も増えるでしょう。
    また、9月12日引け後に中間決算発表もあり、目の離せない日です。
    9月13日以後に北朝鮮情勢と業績との綱引き相場に移行することを期待します。
    まず、5日目のクリアーが最優先です。

  • 増し担保規制3日目クリアー、明日は、4115円以下です。
    5日間3800円どころでいれば、25日線が上がってきますので、増し担保規制は解除されるはずです。
    何もない日に無理なあげ方でストップ高、急落、個人投資家に損をさせる投資方法の影響が消える日を望むばかりです。アセンテックは、IRから仕事や契約は順調に進んでいるように見えます。まずは、増し担保規制解除が先決です。

本文はここまでです このページの先頭へ