ここから本文です

投稿コメント一覧 (3935コメント)

  •  明治大が遊園地の跡地にスポーツ施設を建設する計画を断念したため損失が出たとして、用地取得を委託された三菱商事が土地購入代など計約60億円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は20日、明大に約8億3900万円の支払いを命じた。
     判決によると、三菱商事は東京都日野市にあった遊園地「多摩テック」の跡地を取得。明大は2013年、東日本大震災による資材の高騰などを理由に建設計画を中止し、三菱商事から土地を買い取らなかった。
     田中秀幸裁判長は「計画の断念はやむを得ないが、明大は事後処理として土地購入の可能性を誠実に協議する義務があったのに怠った」と指摘した。

  • >>No. 812

    mor さん

    有難うございます いろいろ無駄なことは考えず 公表の時を待つことにしましょう

  • 伊藤忠のリリースをよむと 11000円の買値の正当性を長々と述べているが 個人的な感触では高すぎる 根拠はないが発表前の7-8000円程度がいいところかと思うし TOBが終わればそのレベルに落ちるのではとも思う でそうなれば今期の評価益はどうなるのですか? どなたか 教えてください。

  • 武田のメインバンクは三井住友 7兆円にも達するといわれる同社の買収資金の調達は 増資 メインバンクからの借り入れや社債発行といわれているが 増資での資金調達は 株価への影響もあり限度があると考えられ 銀行借り入れ依頼も巨額なものになるだろう 貸出先に苦しむ銀行の現状では 一見願ってもない話だが あまりに巨額だとリスクも考えて 三井住友も ここなど他の銀行と組んでのシンジケート ローンとなるとみる  いずれにせよ注視する必要がある

  • 武田のメインバンクはここ 7兆円にも達するといわれる同社の買収資金の調達は 増資 メインバンクからの借り入れや社債発行といわれている 増資での資金調達も 株価への影響もあり限度があると考えれば メインバンクであるここへの借り入れ依頼は巨額なものになるだろう 貸出先に苦しむ現状では 一見願ってもいない話だが あまりにに巨額だとリスクも考えて 他の銀行と組んでシンジケート ローンとなるとみる  いずれにせよ注視する必要があ

  • 社長交代 ユニーファミマの子会社化 などなどで 最近の新聞市場では伊藤忠の話題が多く ここや物産など他商社の話題はほとんど見かけない  話題となる材料がなければこれは仕方がないが 一方 商社のTVCMは伊藤忠ばかりだし 日経の一面広告も伊藤忠  これでは 新卒の大学生の一番人気が伊藤忠になるのも当然といった感じだ 業績には大差があり 別に業界首位の座を脅かせられるわけではないが ここも少しは大衆へのPRを心掛ける必要はありそうだし また社長インタビューなどを通じて 新聞紙上での露出度 会社PRの機会を増やしてもらいたいものだ

  • 昨夜のWBSだったか Nikkei plus 10だったかで 商事のローソン 伊藤忠のユニーファミマの子会社化に続いて 物産はセブンイレブンを狙っていると言っていたが まだ持株は1%超 あと49%増やすのにいくらかかるんだろう?? 信じられないね

  • ユニーファミマに1200億 トヨタ車パナマ販売店買収に200-300億 馬鹿に金使いが荒い感じだが まあこれが あとで業績に反映すると考えれば文句はない ただこれで当面の自社株買いの期待が薄れたのが残念だな

  • 4/03 1393円
    4/12 1430円
    4/17 1453円
    4/19 1506円

    うむ 順調な値上がり軌道だが 1600円台回復までの道は遠いな。。

  • >>No. 804

    mor さん

    こちらでもお世話になります  よろしくご指導ください

  • 朝方72.5円高  引け40.5円高  32円を盗んだのは誰だ!!!

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は18日、保有する米金融大手モルガン・スタンレー株式の一部を売却していくと発表した。モルガンが自社株取得を進めており、MUFGは保有比率の上昇を避ける目的で一部を売却する。
     MUFGは2008年のリーマン・ショック後、モルガンに90億ドルを出資した際、保有比率(24.9%未満)の維持を米当局と約束していた。保有比率は当初22%台だったが、11日時点で24.53%まで上昇していた。


  • 今日のようなのを 竜頭蛇尾 というのかな?  朝方24.5円高 引け たったの8.9円高

  • 朝高の後 売りが強まり 底と見たら買戻しが始まり 引けは前日引けと大差なし ほとんど毎日がこのパターンで つまらない動きが続いている  トヨタ車のパナマ販売店買収 200億―300億円もの投資だが パナマという小さな市場にかける投資故に 株価へのインパクトがないのは残念 一方新卒大学生の就職人気企業として 前年の7位から堂々の2位に上昇したのは素晴らしいが 最近は東大生の採用も増えているようだ  東大が悪いわけは むろんないが 伊藤忠はもともと 商事のような紳士型 ではなく 野獣性 を買われていた会社 それが失われていくようでもある。。

  • >>No. 651

    株式市場さん

    まあ伊藤忠に関係ないことですので あまり議論しても仕方がありませんが 決算上の市況系 事業系 といった曖昧な分け方はともかく 例えば2016年の発表の 中期経営戦略2018  によれば 明確に資源 非資源 の分け方をしており ”資源分野については 原料炭 銅 天然ガス に経営資源を集中し 投融資残高を一定に保ちつつ 資産の入れ替えにより 質の向上を図る”と明記しており 従っ商事のシェールガスへの投資は ご指摘のようなおかしなことでは ないと考えます。

  • >>No. 643

    三菱商事;資源への新規投資をしないと言っておきながら、今年度も割高なシェールガスへ投資を継続している>>

    商事についての 株式市場さんの このご意見には賛同しかねます 商事は資源への”投資額総枠””を抑える一方 資産の入れ替え 具体的には 原油からLNGに また 一般炭から原料炭への入れ替えを積極的に行っており 特にLNGについてはすでに日本のLNG輸入量の1/3のシェアーを持っているとされていますが さらに 持ち分生産量を1400万トンレベルに増やし 欧米メジャーに比肩する目標を掲げているとされています。  

    伊藤忠には関係ありませんが 商事も含め 他商社の株も持っていますので一言失礼。

  • >>No. 633

    商社株 何故今日安い

    日経クイックニュース

    三菱商が反落している。一時、前週末比21円50銭(0.7%)安の2900円まで下げた。伊藤忠(8001)や丸紅(8002)なども安い。米英仏によるシリア攻撃で中東情勢の緊迫が意識され、グローバルに事業展開する商社株の一角に売りが先行した。
     
     商社などの低PBR(株価純資産倍率)のバリュー(割安)株を売り、安定的な業績成長が見込まれる小売りなどのグロース(成長)株を買う動きが目立つ。日米首脳会談を17~18日に控えていることもあり、会談内容を見極めたいとして積極的にリスクを取る動きは限定的だ。

  • 前期決算結果がどうなるかに関心が高いが それよりも株価に影響があると考えられるのが 今期の通期業績予測だ
    会社四季報では 続伸 とされており 期待してもよいのではないか

    会社四季報(抜粋)
    富士通
    ITサービス、サーバーで国内首位。欧州で存在感。官公庁・金融向け多い。非コア分社化推進
    【連結事業】
     テクノロジーソリューション68(6)、ユビキタスソリューション20(3)、デバイスソリューション11(1)、他1(-51)【海外】37 <17・3>
    【続 伸】
     通信基地局向け苦戦。ITサービス想定下回る。ただ構造転換費減、携帯端末事業等売却で営業益回復。19年3月期 はPCと携帯剥落もITサービス伸長。不採算案件回避し営業益続伸。PC株売却益。
    【携帯端末】
     ファンドのポラリスへ大半譲渡。開発・販売は3割出資残しIPO狙い、19%出資の工場は独立色出しEMS化。K DDI、ゼンリンと自動運転向け実証実験。

  • >>No. 620

    hoh さん

    解説有難うございます

    今後 CITIC 株価 HK$がどう動くか わかりませんが なにか 時限爆弾を抱えているような気もします
    もし自分が経営者なら 保守的な考えで 今のうちに多少でも減損処理を行い 身を少しでも軽くしようと考えるかもしれません  岡藤さんが退任した後何年か後の経営者が 巨額の負の遺産 を抱えなければよいと思いますが。。

  • >>No. 504

    今日の日経に HK$とUS$の為替連動が困難になり HK$の買い支えをせねばならない事態との報道がされ 今後 もし HK$とUS$とのとペッグ制による連動が廃止されれば HK$は大きく下落するとみられるとしている 6020億円を投じ¥15/HK$ で購入したCITIC株は現下の円高ですでに1700億円程度にも達する帳面上の損が出ている筈だが さらにHK$安が進めばこれが更に拡大するのは必至であり またCITICの株価自体も購入時のHK$13.8/株から現在はHK$11/株台に下落しており1000億円程度の含み損となっているだ筈 もしそうであれば 会社会計法上ではすぐの処理は不要とは言え そろそろ評価減損処理をすべき時が近づいているのではないだろうかと愚考する  今期 4000億円 いや 4500億円の利益と喜んでもいられない気持ちもなるが 何せ素人 もし間違っていれば是非ご教授ください。

本文はここまでです このページの先頭へ