ここから本文です

投稿コメント一覧 (18コメント)

  • 現状の株価は乱高下していますが、昨日のPTSの状況から最終的にプラスで終わると思います。
    短期的に700円以下なら買いと判断する人が多いのではないかとみています。

  • 株主としては、今年9月の決算発表時に報告されるであろう、次年度業績予測は相当期待しています。
    小田社長への要望ですが、やはり中期経営計画の報告が必要だと思います。
    今回の業務・資本提携に伴う、今後の事業戦略をわかりやすく、株主向けに報告して欲しい。
    個人的には3年以内に一部への上場を期待しています。

  • この会社の魅力は何といっても、自社製品のラインナップにあると思います。
    製品のライフサイクルは早い業界でもあるため、市場からの賞味期限が切れるギリギリのところで利益を出しているソフトハウスが多い中、アイリッジは、これから拡張するであろう市場に必要な自社製品を複数持っているのは魅力です。一部上場の企業からアライアンスを望んでくる状態ではないでしょうか。
    (株主としては、今のうちに細部にわたって、特許出願しておく仕組みを確立させるべきだと思います)

  • 第三四半期の決算説明資料を確認させてもらいましたが、非常に解りやすく、事業拡大に
    向けての小田社長の自信、確信が現れた説明資料に読み取れました。
    今年度の業績予測の変更はないものの、マイナスに傾く心配も薄れたと読み取れます。
    今期、3/2の業績下方修正、4/5のストックオプション発行、5/11のデジタルガレージとの業務資本提携と株価が下がってたほうが都合の良いイベントは消化できたので、これからは
    株価を上げて、ストックオプションによる社員のモチベーションも上がり、さらなる飛躍を
    期待しています。

  • 今回のDガレージとの業務資本提携でアイリッジへのメリットは、自社製品の販路拡大もありますが、
    Dガレージの優秀なエンジニアやセールスとの人材交流・活用が可能になったことは大きいと思います。
    元々Dガレージは、世界で通用する製品・人財育成を目指しており、シリコンバレーのスペシャリストとの
    ルートもあり、申しぶんありません。
    アイリッジが近年重点いれて行ってきた、中途採用は労力、コストの割りに効果が出ていなくて採用計画を
    見直す必要性があったのではと思っていました。(あくまで、私の想定ですが。)
    いずれにしても、マイナスをプラスにした経営判断を高く評価したいです。

  • 今回の上原社長の1年間無報酬措置はあっぱれで男気を感じます。
    ただ、課題は多くセキュリティの強化の継続による負担増と、他社より買い取った製品の
    品質の評価が適切に行われているのか、見極めが重要と思います。

  • 今回の業務・資本提携は双方にメリットがあり、ベストな経営戦略に思えます。
    特にアイリッジにとっては、自社製品の販路拡大に確実につながるでしょうし、
    一部上場の中でも財務基盤の安定している、デジタルガレージ社にアイリッジ株の
    14.4%を保有してもらうことは、アイリッジはM&Aと自社株買いを一度に行った
    効果があると思えます。
    こんなに効果的な、資本活用するやり方を見出した、小田社長を高く評価します。

  • 昨日の売買高の多さは、仕手筋が売り買いを繰り返した物でしょうか。そうならば、いたずらに売り買いを行っている人の名義は解るはずなので、金融庁に監視強化をお願いしたいです。

  • 前年度決算で大型案件が遅れて売り上げが未達だったにもかかわらず、今四半期でも未達であった。
    このことから、この大型案件が着地したときに、赤字で着地する可能性が懸念されます。
    想定の売上が出来なかった理由が重要です。通常ソフトウェアの品質問題でスケジュールが遅延した場合、
    追加の受注が取れなくて、仕掛に回すと増大した人件費がマイナスの仕掛となり、売上た期に大幅な
    マイナス計上となった、ソフトハウスの事例はいくつも見てきました。
    (今回がそのパターンでないことを願っています)
    経営陣に言いたいのは、売上時期を延ばして、仕掛に回した場合、その原因と対象案件の着地見込み
    を、正確に株主に説明する責任があると思います。(早くオープンにしておかないと、会計上の利益操作
    を疑われる事になりかねませんし、そうなると現ユーザーも健全な株主もあっという間に離れてしまいます。)

  • いずれにしても、四半期決算報告でマイナス計上は、経営側のマネジメントとして問題だと思います。

  • こんな記事が出てました↓
    提供:モーニングスター社 (2016-09-21 09:28)

    先読み作戦指令室=日本マクドナルド:いよいよ本格復活、ポケモン効果も
    日本マクドナルドホールディングス2702.Tに注目したい。

    14年7月に発覚した期限切れ鶏肉の使用と異物混入問題とそれに伴う顧客離れから14年12月期、15年12月期は営業・最終とも赤字に転落したが、16年12月期連結の営業損益は33億円の黒字(前期は234億4000万円の赤字)、最終損益は10億円の黒字(同349億5100万円の赤字)転換といよいよ本格復活の見通し。第2四半期はそれぞれ4700万円の黒字(前年同期は182億9100万円の赤字)、1億5800万円の黒字(同262億2000万円の赤字)となった。15年より継続しているビジネスリカバリープランの進ちょくにより、売上高、利益が大幅に改善している。

    国内のマクドナルド約2900店舗が、世界的な大ヒットとなっている位置情報ゲーム「ポケモンGO」と7月22日からコラボがスタートしている。このコラボ効果も加わり第3四半期(7−9月)に入った7月の既存店売上高は前年同月比26.6%増、8月は同15.9%増と好調が続いている。

    期末配当は30円(前期末30円)の計画で、中間期、期末には食事券の株主優待も付く。
    株価は7月21日に3875円高値を付けたあとに調整に入ったが、8月下旬以降、2800−2900円台のもみ合いと下値不安は乏しい。13・26週移動平均線は上昇トレンドに入っており、もみ合い上放れのタイミングも近そうだ。[ 株式新聞ニュース/KABDAS−EXPRESS ]

  • 昨年は、8月と12月がプラス月だったので、さらにプラス20%行ったらこれは本物だと思っていましたが、
    15.9%はこれまた微妙ですね。事業計画達成ギリギリの線ですね。
    牛丼チェーン三社がそろってマイナスだったので、善戦しているほうだとは思いますが。

  • ANA:機材トラブルで英ロールス・ロイスに補償請求へ
    ANAは、問題のあったロールス・ロイス製エンジンを搭載した米ボーイング787を50機保有している。8月20日に羽田-宮崎便で、エンジン内部の「中圧エンジンブレード」と呼ばれる羽根状の部品が腐食し、破断していることが明らかになった。25日に記者説明を行ったANAの整備センター、菊池武夫副センター長によると、ブレードの加工に不良があり想定より短期間で破断しやすくなっているという。2月にクアラルンプール発成田行き、3月にハノイ発羽田行きのB787でも同様の問題が起きていた。-関係者

    政治がらみで、エアバス社を外し、米ボーイング1社から50機も購入した経営責任は問われるべきです。
    形だけの賠償請求ではなく、経営者は勇気をもって本気でボーイング社を訴え、徹底した故障原因の究明を要求し、
    空の安全を確保してください。
    設計上の欠陥を認めない、米ボーイング社に屈するな!(株主より)

  • 社長カサノバの経営手腕に興味あります。
    私の通勤圏内では、8月で3店舗改装工事をしていましたし、今年はあち
    こちで回収しています。
    工事中の月は売り上げ落ちて、工事コストも馬鹿にならないと思いますが、
    攻めの経営を評価したいと思います。
    7月で終了した、フランチャイズへの資金援助は下期の収支にプラスに
    働くことは、間違いないでしょう。

    ただココの相場は、上がってよい時に下がって、下げるべき時に下がらず
    踏ん張っているので、「なんで?」て感じです。

    3,000円はいくでしょうが、超えてからの力強い伸びは、第三四半期の
    決算発表まで気長に待つつもりです。

  • 買い予約総宇数が売りを超えてきました。これから上がりそうですね。
    短期筋の人たちはこれから買いを入れて行くのでは。

  • モスバーガーの好決算と比較されそうですが、上期決算と今期着地見込が楽しみです。
    ただ、焦って買う必要はなく、買い予定の母数が売り予定の母数を超えてから買っても
    十分稼げる状況になっていきましたね。

  • 一昨日のニュースで、各店舗業績が回復したので、8月からFC店への財務支援を通常に戻すと発表があったため、
    業績の回復は間違いないでしょう。
    それと、3日前のアメリカのマクドナルド本体の決算は不調でしたが、CEOの決算報告でJAPAN市場は好調に推移していくとの強気の発言を素直に信じます。

  • 昨年から進めている、既存店舗の改装が売り上げ改善につながっているのは、
    間違いないようです。
    ポケモンGOのリリース前から、昨年以上に客が増えているのは確かです。

本文はここまでです このページの先頭へ