ここから本文です

投稿コメント一覧 (159コメント)

  • 自動車販売台数合計1-11月

    前年同期比で見ると
    トヨタ 4.3%
    ホンダ -0.1%
    日産 8.6&
    スバル 20.4%
    マツダ 1.6%
    スズキ 6.4%
    いすゞ 2.3%
    レクサス -16.8%
    日野 7.5%
    ダイハツ 338.3%  ←明らかに突出
    三菱 1.2%

    自動車業界では
    今年はダイハツの一人勝ちでしたね。

  • 「トップインタビュー」〈メタルアート・多田社長〉=需要好調、通期売上げ最高へ
    ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00010000-tekkou-ind
    12/1(金) 6:02配信

    「自動車の電動化への対応だ。中国や欧州ではEV(電気自動車)へのシフトが一気に進むとされているが、10年程度先では、それほどEV化は進展しないと見ている。その間に技術開発を進め、EVへの部品供給体制を整えたい。既にEVのモータ部品を鍛造品で試作し終えた。また軽量化に対応し、アルミやチタンなどへの材料置換を検討している」

    収益も黒字に転換した。
     「売り上げ増に加え、前期にあったインドネシア子会社の為替評価損がなくなったことが大きい」
    ――来年あるいは来年度の先行きをどう見ていますか。
     「建機については、来年度増産の計画を建機メーカーは立てている。自動車についても足元の高水準の状況が続くだろう。18年3月期の売上高は300億円と過去最高を予想しているが、さらに上振れする可能性もある」
    ――あえて懸念材料があるとすれば。

  • 出来高増えれば買い、少なければ下で待機という感じですね。
    決算は概ね良かったと個人的には思いましたが、市場はどう思っているんでしょうか。
    今日の出来高が最大の注目点です。

  • TOYOTA EV開発→ トヨタ・マツダ・デンソーで新会社
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28H64_Y7A920C1MM0000/

    TOYOTA自動運転→ ソルクシーズとソルクシーズが資本参加しているアックス、インテグレーションテクノロジー、未来技術研究所の4社
    ttp://www.toyota-tsusho.com/press/detail/171026_004039.html

    ソルクシーズだけ時価総額100億足らず、他は日本を代表する大企業&未上場企業。
    まだ伸びしろあると思いますが、どこまで行くでしょうかね。

    ここ、自動運転だけじゃなくて、AIに特化してると思いきや、
    更にSBIの仮想通貨の大本命。
    来年の時価総額700億位行ってる思いますがね。

    ソルクシーズグループが金融向け等のシステム構築分野、自社開発によるクラウドサービスの展開で培った実績と技術的知見を生かし、SBIグループにてブロックチェーン技術などの新技術を活用した送金インフラの構築を目指す事業及び各種FinTechサービスの導入支援事業において技術協力を開始云々....

  • 車載ソフトウエア開発会社4社との資本・業務提携
    ~さらなるソフトウエア開発力強化に向けた布石~
    2017年10月26日14:00
    ttp://www.toyota-tsusho.com/press/detail/171026_004039.html

    豊田通商株式会社(以下、豊田通商)および豊田通商グループのエレクトロニクス商社である株式会社ネクスティ エレクトロニクス(以下、ネクスティ エレクトロニクス)は、ソフトウエア開発会社の株式会社アックス、インテグレーションテクノロジー株式会社、株式会社ソルクシーズ、株式会社未来技術研究所の4社と資本・業務提携しました。

    IRが出たようです、四季報の通り現実味が増してきましたね。

  • 北朝鮮情勢も宛ら、バブル景気彷彿とさせるような雰囲気の中、
    やはり鉄鋼メーカーの大躍進があり、株価が軒並み伸びでおりますね。
    かなりのメーカーがニレコのプロセス制御の恩師を受けているの伺えます。
    最新の四季報にもありますが、2018年の主流になる2次電池の重要拡大で
    ニレコの製品が過去にないほど利益を上げております。

    キーポイント
    1、浮動株8.0%
    2、時価総額76億
    3、筆頭株主(自社)
    ほぼ2,3倍になる条件は揃っているので要、注視でありましょう。

  • 自動運転、ロボット関連、ブロックチェーン、IoT、AI、全てに携わっているソルクシーズ。
    日本の人口が着々と減っていく中、その補填としてAIやロボット、将又、管理コストを如何に
    低く抑えるかが会社の命運を握っていると言えます。
    最近ではソルクシーズの子会社が管理コスト削減技術を開発して膨大な実績を残したことは一部の人に
    しか知られていないのも事実。
    ソルクシーズは、「社会保障・税に関わる番号制度(マイナンバー制度)」に向けた企業向けクラウドサービス「マイコレキーパー」を提供開始しており、確かな実績があります。

    私が注目するもう一つのキーワード

    ソルクシーズ→TOYOTA系の自動運転技術開発
    の流れは注視しておいた方がよいでしょう。

  • Quoine、金融庁登録第一号になってから10月2日午前10時前後、出来高が普段の30倍に増えてますね。(笑
    以前は200前後だったのが6314!


    ttps://jpbitcoin.com/markets
    海外ビットコイン市況のとこに全世界の出来高が15分毎更新されてますが、現在

    QuoineEX

    全世界4位
    日本国内1位

  • 【日本経済新聞】みずほFG社長、ブロックチェーン「金融機関の戦略変える潜在力」
    2017/9/21 12:46
    ttps://www.nikkei.com/article/DGXLASFL21HET_R20C17A9000000/



     ★みずほフィナンシャルグループ(8411)の佐藤康博社長は21日、分散台帳技術「ブロックチェーン」について「国際的な金融機関の戦略をがらりと変えうる潜在力を秘めている」とした上で「試験期間は終わった。本番の取引(トランザクション)をやっていく勇気を今こそ持つべきだ」と語った。金融庁と日本経済新聞社などが都内で開催している「Fin/Sum(フィンサム)ウイーク2017」のパネルディスカッションに登壇した。

     佐藤氏はブロックチェーン技術を活用する上での課題として、顧客保護の観点から「誰がデータ管理の責任を持つのか決定しない限り情報漏洩のリスクを抱え込むことになる」と指摘した。また、サイバー攻撃対策や技術の応用などを進めるためには官民での交流の促進や金融機関間での知見の共有が必要になるとの考えも示した。

     同日発表した★日立製作所(6501)との共同実証実験については、受注情報などをブロックチェーン技術を用いて管理することで「棚卸し資産の圧縮や購買、受注決定のスピードアップが図れるのではないか」との見通しを示した。受注状況に応じた融資など「サプライチェーン・ファイナンス」への展開にも期待を示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    ULSグループの主要取引先が →★みずほ証券>マツダ になり
    ULSグループの株主に★日立ソリューション、SBI証券、松井証券

    早い者勝ち、気づいた人はもう買っているんでしょうかね(笑)
    時間の問題だと思いますね。私はもうこれ以上買い増しはできません、
    他の銘柄に資金投入してしまったので。
    今年はsantecで2倍頂き雪だるま式増えた余力で色々な18銘柄に手を出せているので楽しいです。
    油断は禁物ですが。

  • 【経済】新仮想通貨「Jコイン」の発行を検討…みずほFGなど国内の銀行連合で
    ttp://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000110234.html
    (2017/09/17)

    みずほフィナンシャルグループは今月、ゆうちょ銀行や地方銀行約70行を集め、新たな仮想通貨についての勉強会を開きました。仮称「Jコイン」と呼ばれるこの仮想通貨は、ビットコインなどのように価格が変動せず、あらかじめ、銀行口座にある円をJコインに替えることで、スマートフォンを使ってお店で支払いをしたり、個人の間で代金の受け渡しをすることが可能になります。現金を使わない決済データをアップルペイなどの海外勢に握られる懸念が強まるなか、国内の銀行連合による対抗策として、東京オリンピックが開催される2020年までの実現を目指します。

    ULSグループの主要取引先との販売利益が
    マツダ㈱→5.67億-13.9%
    みずほ証券㈱→6.96億+10.2%


  • ウルシステムズ、楽天カードの基幹システム刷新を支援

    ~技術と経験に裏付けられたマネジメント支援で円滑なプロジェクト進行を実現~
    ウルシステムズ株式会社
    2017年09月14日

    ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原茂、以下、ウルシステムズ)は、楽天カード株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:穂坂 雅之、以下、楽天カード)のクレジットカード業務の基幹システム全面刷新を支援しました。

    楽天カードは楽天グループのFinTech事業の中核を担うクレジットカード会社です。急増する会員数(注)および取引件数に対する処理能力を一層強化し、会員および加盟店へ長期的により安定した取引環境を提供するために、基幹システムの全面刷新に踏み切りました。

    楽天カードは、基幹システムの全面刷新に万全を期すために、楽天カードの高い技術力を持ったエンジニアに加えて、大規模基幹システムの基盤技術やマネジメントの知見もあり豊富な実績を持つウルシステムズとも協業しました。

    ウルシステムズは、主要な開発及びテストチームのリーダー補佐役としてプロジェクトに参加。計画立案や各種マネジメントを支援し、プロジェクトの円滑な進行に貢献しました。また分散処理フレームワーク「Apache Spark」の技術ノウハウを提供し、基幹システムの業務バッチ処理の大幅な高速化に貢献しました。更にプロジェクト全体を通して定量的なメトリクスを活用したシステムの品質基準を策定。金融基幹システムが満たすべき品質確保に貢献しました。

    ウルシステムズは今後も戦略的ITコンサルティングでお客様の事業に貢献してまいります。

    (注)楽天カード会員数1,400万人(2017年4月時点)

  • 寄付き出来高10000株以上だった日はちょうど半年前の年初来高値付けた1770円付けた3月10日と、
    3ヶ月前の1759円の高値つけた6月2日ですが、1クール毎に出来高伴っているんですよね。
    どうなるんでしょう(笑

  • 株は面白いです。特にyahoo掲示板とか見ていると、
    一生懸命専門用語や統計やグラフを使って売り煽り(逆も然り)
    した銘柄ほど逆側に行くことがあります。

    逆手に取った掲示板の書き込みの内容の方が信ぴょう性
    が高いと言う逆説。
    人生、見極める力を必要です。

  • 下に振ってジリ上げですかね。
    今日はデイトレ日和でありましょう。

  • ここ含め、車載関連の需要は10年先まで安心でしょう。
    かといって、売り時も見極めるが非常に重要ですが。

  • No.678

    様子見

    【SankeiBiz】2017…

    2017/07/23 19:41

    【SankeiBiz】2017年7月22日06:07
    仮想通貨活用に広がり マイナンバーのポイント管理に導入へ
    ttp://www.sankeibiz.jp/macro/news/170722/mca1707220500014-n1.htm


    →【会社四季報online】2015年03月16日
    ULSグループ3日連続ストップ高、マイナンバーなど材料に商盛
    ttps://shikiho.jp/tk/news/print/0/63311

    →【会社四季報online】2016年09月29日
    ULSグループがS高気配、仮想通貨取引のQUOINEと提携
    ttps://shikiho.jp/tk/news/print/0/138126

    ダブルで材料来ましたね。過去、マイナンバーと仮想通貨でS高になった経験から
    動いてもおかしくないですが。
    2か月過疎り気味のULSどうなるでしょうかね。
    浮動株14%
    時価総額91億
    PER16

    FISCOは株価予想1400円にどうしてもしたいみたいですが(笑

  • 博報堂のデジタルマーケティング支援サービスが「White-eYe」を採用

    ~「生活者DMP」や業務システムのビッグデータの分析に活用~

    ウルシステムズ株式会社
    2017年07月13日

    ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原茂、以下、ウルシステムズ)は、株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下「博報堂」)が提供するデジタルマーケティング支援サービスにおいて、当社のフルマネージド型のデータウェアハウス「White-eYe」が採用されたことを発表します。

  • >>No. 417

    いえ、過去最高出来高としては2015年3月16日の出来高127万ですね。
    この当時、10日にマイナンバー法改正案が国会に提出されたのをきっかけに
    ULSが急騰して3連続ストップ高した3日目だったようです。
    今日の出来高73万ですと、ここの浮動株は大体100万なので7割以上は
    入れ替わったのでインパクトはあったでしょう。

    一昨年はマイナンバー関連として物色され、今年は仮想通貨・ブロックチェーン関連として
    取り上げられてるようで、色々忙しいですね(笑

    確実なのはULSの最先端技術(高速処理技術)をQUOINE社に提供して、
    今話題のリミックスポイントがQUOINE社の取引所の板を利用してる事ですね。

    ULSグループ → QUOINE社 → リミックスポイント

    この流れは覚えといて損はないですね。

  • ULSグループ資本・業務提携してるQUOINEX
    の国内ビットコイン市況、今現在、出来高3位に上昇してますね。
    ttps://jpbitcoin.com/markets 06/01 09:50更新

    今、注目すべきはあのリミックスポイントがQUOINEXの最先端の取引所の板を利用
    してることだと思います。
    その最先端技術を提供したのがULSグループなんですよね。
    ざっと計算してEPSも数倍になって、株価は3500円を優に超えるんですがね、
    いかせん、株は人気投票ですね(笑

  • >>No. 125

    ここの会社の決算は毎回20%ハードル下げた業績予報を発表してから上方修正を出していくスタイルの会社ですよ。
    2016年5月13日決算
    ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1358966
    2015年5月14日決算
    ttp://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1245000

    業績予報見てビックリしていらっしゃるってことは、今年初めて買われた方ですかね?
    後出しジャンケンの様で申し訳ないですが、ここの古参の方は決算前に売り抜けて、
    決算後急落したところ拾って、また売り抜けている方が多数いらっしゃると思います。

    ネット上の取引の頂点にいるAmazonのクラウドに関与しているULSグループ
    の中核企業ウルシステムズの動向もゆっくり注視していきましょう。
    ttps://www.ulsystems.co.jp/company/
    →FinTech事業
    →ブロックチェーン(仮想通貨の取引所の大手、QUOINE株式会社との業務・資本提携)(☆)
    →ビックデータ
    →マイナンバー(もう過去?)

本文はここまでです このページの先頭へ