ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • No.573

    強く売りたい

    破産しろ ごみどもがww…

    2016/09/21 11:18

    破産しろ

    ごみどもがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  • 2016/09/21 11:18

    どらちゃんには勝てないよw


    資金力の圧倒的な差wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  • 2016/09/21 11:16

    テスタ 破産確定wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  • 2016/09/21 11:16

    ざこどもめwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  • 2016/09/21 11:14

    >>No. 667

      バークレイズは6月上旬発表の雇用統計の弱い内容を見るまでは、同月のFOMCで利上げがあると予想していた。同行の米国担当シニアエコノミスト、ロブ・マーティン氏によると、FOMC開催週に利上げを見込むのは昨年12月以来初めて。「FOMCが市場に伝えてきたのが9月の利上げだとわれわれは引き続き確信している」と同氏は述べた。

  • 2016/09/21 11:13

    >>No. 667

    市場に衝撃走るか-米利上げは今週あるとプライマリーディーラー2社
    Brian Chappatta
    2016年9月20日 10:23 JST

      プライマリーディーラー23社の中で、バークレイズとBNPパリバが21日に利上げがあると予想しているのだ。FOMC開催週に2社以上のプライマリーディーラーが市場コンセンサスに反する見方を示すのは昨年9月以来であることを、ブルームバーグのデータは示している。両行のエコノミストらは、予想以上の長期にわたり金融政策を据え置いてきたFOMCの引き締め意図を市場はあまりに軽視していると指摘する。

    BNPの米国担当シニアエコノミスト、ローラ・ロスナー氏(ニューヨーク在勤)は「完璧な時期はない。データには常に不透明性がある。米当局の決定を遅らせた過去9カ月のさまざまなショックにもかかわらず、雇用は引き続き堅調だ。金融正常化を続ける絶好のチャンスがあり、それを当局はつかむと思う」と述べた。
    BNPパリバ本社(パリ)のロゴ
    BNPパリバ本社(パリ)のロゴ Photographer: Jason Alden/Bloomberg
      FOMCは昨年12月に利上げし、2016年は4回の利上げがあると予想した。だが、国内外の経済情勢を理由にその後はフェデラルファンド(FF)金利誘導目標のレンジを据え置いており、中央銀行としての信頼性が問われている。連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長とフィッシャー副議長は先月、年内に2回の利上げがあり得ることを示唆した。
      これに対し、米金利先物市場が織り込む今週20、21両日開催のFOMCでの0.25ポイント利上げ確率は20%。8月下旬は40%を超えていた。確率が下がったのは、8月の雇用者数の伸びが市場予想を下回ったのとサービス産業の成長鈍化が背景だが、バークレイズとBNPは3カ月の枠で見れば非農業部門雇用者数は1月以来の大幅増加となっており、データは幅広い雇用市場の強さを示していると主張する。
      BNPは2月、年内利上げの可能性をいったん排除している。景気減速の兆しで世界の金融市場が大きく変動したためだ。だが、英国民投票後の混乱が収まり、7月になって株式相場が上昇、雇用統計も改善を示すと、9月が金融引き締め再開に絶好のタイミングと考えるようになったと、ロスナー氏は説明した。

  • 2016/09/21 11:13

    >>No. 667

    ■米国がリセッションに陥れば、日銀は手がない

     イエレン議長は8月末のジャクソンホールの講演でも、今回の利上げ局面では累積の利上げ幅はあまり大きくならないだろうと話しており、次のリセッションに備えて、利下げ余地を大きくしておくということについては、諦めた感じがある。講演では、次のリセッションが来ても、ゼロ金利政策が長く続くというフォワードガイダンスと併せてQE4(量的緩和の第4弾)をやれば、対応可能という見方を示した。

     米国は急激なドル高にならないように、慎重に動くので、次のリセッションはすぐに来るというわけではない。だが、米国がリセッションに入った場合には、通貨切り下げ競争の再燃になるため、日本銀行は厳しい立場に置かれる。日銀はすでに金融緩和全開状態で、なおかつ、追加緩和の手段はないのかとヘッジファンドなど市場のプレーヤーから催促される状態になっている。米国がQE4を実施するような局面になると本当に手がない。

     黒田日銀は「物価目標2%達成のために必要な場合は躊躇なく追加緩和を実施する」と気合いを示すことでインフレ期待を高めるという方法をとってきた。そのため、金融政策決定会合のたびに、市場では「じゃ、緩和策を出せよ」という雰囲気が高まってしまう。今年7月までの市場と日銀の間で繰り広げられてきたこうしたゲームによって、日銀は行き詰まってしまった。いったんこのゲームから離脱しなければならない。

     このような状況になっているのは日本だけだ。例えば欧州でもECB(欧州中央銀行)の見通しによれば、2018年でもインフレ率2%の達成はできないが、だからと言って市場が理事会のたびに催促しているわけでもない。

    今動いても勝算はない
     黒田総裁も8月末のジャクソンホールの講演では、日本の場合はインフレ期待がアンカー(固定化)されておらず、適合型になっているので、原油価格が下がっているとどうしても低くなりがちだと説明している。また、7月の展望レポート(「経済・物価情勢の展望」)では公共料金や家賃が日本では上昇しづらく、インフレ率が上がりにくいという説明もしている。

     9月20~21日の金融政策決定会合における「総括的検証」では、2%の物価目標自体は揺るがないものの、事実上のインフレ目標の中期化を図るのではないか。

  • >>No. 667

    日銀、追加緩和見送りで「カード温存」の公算 東洋経済オンライン 9月20日(火)22時20分配信

    逆風の中で日銀はカードを温存

     原油安と円高の状況下では追加緩和を実施しても、勝算がないので、追加緩和は当面やらないだろう。今が一番苦しい。原油価格の横ばいが続けば、消費者物価を下押しする効果は剥落してくるので、しばらくはカードは温存しておくと思う。円高が1ドル=90円台前半まで進むといったようなことがあれば、財界から円安政策を求める声が出るので、マイナス金利の深掘りということもありうる。だが、現状では追加緩和はないと見ている。

     ETFの購入もこれ以上増やすことは難しい。現状でも大きな問題がある。価格操作であり、価格形成をゆがめているので、長期的に成長する企業に投資をするという年金基金などは日本の市場に参加しなくなる恐れがある。規模の大きな年金基金になると、成長力だけでなく社会に貢献する企業を投資対象に選ぶという基準もある。企業価値とは違うところで価格が決まるような株には投資できないという判断になるだろう。本来来てほしい長期投資家が参加せず、3カ月毎に決算を行うヘッジファンドばかりが来る鉄火場になってしまう。

     日銀にとっても、ETFは国債以上に出口が難しくなった。リーマンショックの直後のように、パニックで誰も買わないから、割安な株価で買っておくというのなら、民間の資金が戻ってきたときに売却して出られるが、今のように高いところで価格を押し上げていると、出口が見えない。

  • 2016/09/21 11:11

    >>No. 667

    現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。

    現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。


    現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。

    現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。

    現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。

    現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。

    現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。
    現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。

  • 2016/09/21 11:10

    >>No. 667

    、今回の「総括検証」に関しては、現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。

    大丈夫ですか?これw

  • 2016/09/21 11:10

    >>No. 667

    今日の株式見通し=日銀の「言い訳」に市場は聞く耳を持つ? 8時32分配信 トレーダーズ・ウェブ Facebookにシェア
    今日の株式見通し=日銀の「言い訳」に市場は聞く耳を持つ?
    8時32分配信 トレーダーズ・ウェブ
    Facebookにシェア

     東京市場は波乱含みの展開か。欧州株はまちまちで米国株は上昇。全体的には日米中央銀行イベントを前に積極的な動意は限られた。ドル円も小動きで足元では101円70銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて15円高の16335円、ドル建てが95円高の16415円で取引を終えた。日銀会合の結果が出るまでは動きづらいが、結果が出た後は荒い動きが想定される。7月にETFの買い入れ増額を行ったばかりで、今回さらなる追加緩和の可能性は低いとみるが、金融緩和の「総括検証」も行われる予定であることから、「総括」の内容に沿った形で微修正が出てくる可能性はある。ただ、今回の「総括検証」に関しては、現状が掲げた目標に遠く及んでいないことから、マーケットが好感を持って受け入れるためのハードルはかなり高いと考える。これまでの金融政策の肯定が色濃く出た場合や、内容にサプライズが乏しかった場合には、市場は売りで反応する可能性が高い。今晩のFOMCで為替が大きく動く可能性があり、極端な動きは引けにかけて是正されやすいと考えるが、上値は追いづらい展開を予想する。日経平均の予想レンジは16100円-16500円。

    おらふさんはめこんじゃだめですよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  • 2016/09/21 11:09

    おかわりまーーーーーーだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

本文はここまでです このページの先頭へ