ここから本文です

投稿コメント一覧 (865コメント)

  • ネットで拾いました。しかし・・・irで紹介してもよさそうな物です・・・。
     
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00022909-forbes-bus_all

  • 今でも東芝は主要な取引先なのでしょうが有る程度各社に分散してる様に感じますね、リスクマネジメントの観点からは良い傾向ですね。

  • 以前は東芝依存度が高く東芝の原発絡みの危機の時はもろに影響を受けてドン底まで売られましたね、あの時は本当にしんどかった(^_^*)

  • 昨年6月から相場つきは大きく変化した。 出来高が大きく増加しご存知の通り3倍強の相場を演じた。 月足で見るとその間、月間安値の比較では11勝4敗、4回の下落幅は6.1、2.0、18.1、7.4%。 今年3月から4月にかけて大きく下がったが1350円を底にその後は下値を切り下げる動きにはならず下値は堅い。 7月に1310円の2番底を?付けたが4月の安値を下回っているのは若干気になる所か? 今後、1300円を下に突き抜ける事が有れば(突発的な事態が起きるか業績面のネガティブサプライズが無ければそう簡単に下抜ける事は無いと思いますが)先行き悲観的にならざるを得ないですね。 足元の相場は上に行きたがってる様に見えますが。

  • ↓フィックの名前は出てませんが絡んでいると見るのが自然でしょうね。即大きな利益に結び付く訳では無いでしょうがゆっくりでは有りますが着実に量子コンピュータ関連が拡がりつつあるのを感じますね。

    富士通、富士通研究所、早稲田大学は9月19日、「デジタルアニーラ」の共同研究で包括連携すると発表した。早稲田大学の「グリーン・コンピューティング・システム研究機構」内に、実社会の組み合わせ最適化問題をデジタルアニーラで解決するためのソフトウェア開発を行う共同研究拠点を設立する。

     デジタルアニーラは、富士通研究所が開発した、組み合わせ最適化問題を高速に解く計算機アーキテクチャで、富士通が5月にサービスの提供を始めている。

     災害復旧の手順を決める場合や、投資ポートフォリオの最適化、経済政策の決定など、人や時間などの制約のもとで難しい意思決定を迫られる場面では、さまざまな要因の組み合わせを考慮して評価を行い、最適なものを選択するという組み合わせ最適化問題がある。

     こうした実社会の問題を実用的な時間内に解くためには、コンピュータの大幅な性能向上が必要となるが、従来のプロセッサはソフトウェア処理により扱える組み合わせ最適化問題の自由度は高い反面、高速に解くことができない。また、現行の量子コンピュータは組み合わせ最適化問題を高速に解けるが、物理現象を利用した解き方であるため近接した素子同士でしか接続できないという制限があり、現時点では多様な問題を扱うことができない。こうした状況から新しい計算機アーキテクチャの開発が求められていた。

     デジタルアニーラは、従来の半導体技術を用いており、柔軟な回路構成を採用することにより、現行の量子コンピュータより多様な問題を扱える。富士通研究所では、2016年に、製造後に回路構成を設定できる集積回路であるFPGAを用いてこのアーキテクチャの基本最適化回路を試作し、一般的なコンピュータに比べて約1万倍高速に計算できることを確認している。

     今回の包括連携により、富士通研究所と富士通は、アーキテクチャやハードウェアを含めたデジタルアニーラの技術開発や機能向上を進める。早稲田大学は、高度な学術的研究を生かして、実社会の問題に適用可能なソフトウェアの研究開発を進めていく。

     今後取り組むテーマの候補として、金融(株価の変動予測)、デジタルマーケティング(データ分析)、物流(配送最適化)などが挙げられている。

     金融分野の株価の変動予測では、与信評価などで使用される財務諸表の数値やテキストデータの特徴量を導入したクラスタリング手法による分析、為替のアービトラージ計算への適用などがあるが、精度の高い計算を行うには理論やハードウェアのさらなる高速化や高精度化など多くの課題がある。

     デジタルマーケティング分野では、顧客の行動情報をもとに、より良い提案をするために、多数の最適化パラメータから構成される組み合わせ最適化問題を解く必要がある。しかもリアルタイムに最適な情報を顧客に提示するには、問題を数秒単位で解かなければなならない。

     物流分野では、物流コストの削減は最重要課題となっている。そこで物流網の見直しや配送の最適化が重要で、配送最適化には、配送指定時間や車両数などのさまざまな制約条件がある中、交通情報が常に変化していくことを前提に組み合わせ最適化問題を解く必要がある。

     デジタルアニーラの拡張と応用ソフトウェアの開発により、これらの課題を解決していくとともに、その他のさまざまな分野での取り組みを進めていくとしている。

  • 5月中旬に野村證券さんの空売り残が100株を超えてその後は大きくは増えていない、増えたり減ったり。 細かく利食いの買い戻しと新規の空売りを繰り返しているのでしょうが株価水準から判断するに儲かっている様には思えない。 大手証券、空売り筋は決して侮ることは出来ないとは思うが少なくともここに関してはお見事!とは言えない。
    まあ割高と言えば割高、成長性に注目すればそうとも言えない判断の判れる株価水準では有ると思いますが逆に言えば成長性はある程度織り込み済み、よほどの材料が出ないと上に持ち上げられる危険性が少ない分空売りしやすい面もあるのかもですね。 素人判断ですが。

  • 週足でみれば約100円幅の陽線、いいんじゃ無いでしょうか?
    短期値幅取りも出来そうな感じですが長期ならホールド一貫、来年度中に2500円程度は有ると予想、利益の伸びに加速がつけば3000円はそう馬鹿げた目標では無いと思う。

  • ブレインパッド凄いですが、内包する?ある程度表に出ているとも言えますがフィックの材料も負けないくらいの物だと思います。

    出来高も値動きもきな臭い感じがしますね、そう遠く無い時期にブレインパッドも軽く追い越してくれるでしょう!、

  • 昼寝して見てませんでしたがラスト一分で30万以上出来てる⁈
    空売りの買い戻しかな(^_^*)
    野村さんにはまだまだ頑張って買い場を提供して欲しいものですが・・・まあ真相は分からないですね(^_^*)

  • ブレインパッド凄まじいですね(^_^*)チャートでは17年は雌伏の一年でした、18年から様変わり・・・未来のフィックを暗示してるか・・・我慢、我慢!

  • 予想per70倍弱、まあ評価としては妥当なところか?
    日立絡みのIRは良いIRと思いますが、敢えて冷めた見方をすればサプライズでは無い、まあ想像の範囲内。
    市場が求めているのはやはり1600円以上を買い上がることを後押しする具体的な数字ですかね(^_^*) どこまで下がるか見せて貰いましょうか!

  • 上下に揺れ動くのは急騰のサインかな(^_^*)
    こう言う時こそふるい落としと言う言葉を心おきなく使って見たい!

  • さて今回は1600円台を維持出来るか、目先は
    焦点ですね(^_^*)

    まあここのポテンシャルを高く評価する中、長期派なら1600円だろうが1400円だろうが関係無いですね!

    出来高も膨らんできてやや雰囲気が変わって来ましたね!

  • 日経平均三万円奪還の影の主役はフィックと見た(^_^*)勿論主役は富士通、日立、材料は量子コンピュータ。

    成否はとりあえず置くとして革命を起こす可能性は否定は出来無い、いい夢が見れそうだ。正夢になって欲しい物です。

  • そう遠く無い時期に一気に量子コンピュータ、富士通のデジタルアニーラなどの普及が進むと期待。ブレークポイントを超えれば不可逆的に、加速度を付けて普及すると予想。足元では量子コンピュータの具体的な活用に向けたニュースが見られてきた、規模はともかく具体的成果のニュースを目にする時期はもうすぐだろう。

    ここには最先端の知見を発展の為に活かして欲しい。

  • 上場来高値までざっくりと500円、業績が順調に拡大するなら(もちろん可能性は高いと思いますが)いずれ2080円は通過点になる。 中期の焦点は抜くかどうかでは無く何時抜くか。
    半年前の急騰劇では一ヶ月強で分割前4千円強の値幅を出した。 鋭角的なチャートで高値をぶち抜けば意外な高値も有りか? 可能性は低いかも知れないがマグマは確実に噴出の時を待っていると思う。

  • >>No. 611

    そうですね、個人的にはじわじわと値上がりして真綿で首を絞めるような展開が理想なんですが(^_^*)

    値上がり→買残減少→売残増加→値上がりのスパイラルが最高ですね!
    さて1600円台は維持出来なかったですがご愛嬌という事で!明日以降の値動きと信用残の推移を見守るとします、どのみち必要が無ければ現物売る事も無いですし・・・売方の悪足掻きを期待しましょう⁈

  • 大雑把に言って1600円台に乗せたあと下値模索する展開が二回続いていますが、三度目の正直となるか、二度ある事は三度あるとなるか・・・あくまで短期で相場を見れば焦点でしょうか?

    相場に対するスタンスは短期、長期それぞれで優劣は勿論無いと思いますが長期で見れば1500円も2000円も誤差の範囲になる!!かな(^_^*)

  • >>No. 603

    そうですね、ここの場合あまり前のめりに期待を膨らませると碌なことは無いと身をもって経験してます(^_^*)

    今日のニュースもフィックならこの程度は当たり前と軽く受け流すべきかもですね(^_^*)

    業績の数字で大きく動くとしたら来年の1Qかななどと良い意味で諦めてます、本決算では保守的な予想がでるでしょうから・・・まあ保守的に見積もっても30%増益予想なんて出るとサプライズですが!

  • 無償提供との事ですがまずは量子コンピュータ?
    を実際に使って貰い、その性能を確かめて貰うと言う意図でしょうね!言わずもがなですが(^_^*)

    深読みすれば日立のマシンに対する自信の表れ?
    もかんじられますね、使って貰えればその性能は
    間違い無く分かって貰えると言う。

    細かい話ですが無償提供するのはあくまで日立、NEDOでフィックには多少の収益にはなりそうですかね、まあどーでもいいか(^_^*)

本文はここまでです このページの先頭へ