ここから本文です

投稿コメント一覧 (33コメント)

  • ★「韓国では借金を返せない・・・」
      遠征売春を斡旋した
     ヤミ金業者を起訴
     NEWS1(韓国語)2014-02-18
     http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0000691505
    ■ 前払金の支払いをして、日本遠征売春斡旋

    ソウル・江南(カンナム)一帯で
    ヤミ金業をしながら、金銭を借りに来た女性を
    日本に遠征売春に送った40代のヤミ金業者が
    裁判に渡された。

    ソウル中央地検刑事7部
    (部長検事=ソン・ギュジョン)は18日、
    自身に金銭を借りに来た女性たちに
    日本遠征売春をさせた疑い
    (売春斡旋などの行為の処罰に関する
     法律違反など)で、
    ヤミ金業者のピョ某容疑者(47歳)を不拘束起訴した
    と明らかにした。

    検察によればピョ容疑者は2010年7月、
    ピョ容疑者自身に金銭を借りに来たAさんに対し、
    「韓国では借金を返すことができない」とし、
    前払い金を支給して日本遠征売春を勧めるなど、
    合計12人の女性に売春を斡旋した疑いを受けている。

    ピョ容疑者はこれらに対して『前払い金』の名目で
    金銭を与え、年利率73%に達する利子を払い
    受けた疑い(貸付業の登録および金融利用者保護に
    関する法律違反)も受けている。

    検察の調査の結果、
    日本で出張売春業を運営する
    イ某容疑者(43歳・女)は、
    ピョ容疑者の紹介で日本に来た女性たちに
    売春をさせていた事が分かった。

    日本で
    写真館やインターネットのホームページ管理会社を
    運営するイ容疑者の夫パク某容疑者(46歳)は、
    売春女性たちのプロフィール写真を撮影して、
    これをインターネットに載せて
    広告していた事が判明した。

    検察は、イ容疑者とパク容疑者も一緒に裁判に渡した。

    2004年韓国での売春禁止法に激しく抗議する韓国売春婦総連合 ↓

  • ★借金を返せない女性を日本に売り、
     「1日10回以上売春強要」=韓国
     サーチナ 2010/10/22(金) 10:34
     http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1022&f=national_1022_040.shtml
     釜山(プサン)地方警察庁は20日、
    借金を返せない女性たちを日本の性風俗業者に
    売った高利貸し業者をはじめとする
    暴力団員など16人を性売買特別法違反容疑で検挙した。

     韓国メディアによると、高利貸し業者らは
    2006年11月から08年5月まで150%の高利で、
    おもに風俗店で働いている女性数十人に金を貸した。
    そして、1人当たり1000万~3000万ウォン(約220万円)
    の先払い金を受け取り、借金を返せない女性たちを
    日本の性風俗業者に売り飛ばしたという。

     警察の調査結果、高利貸し業者は暴力団を雇って
    借金返済が難しい女性らを脅迫し、日本での売春を
    強要した。3カ月の観光ビザで日本に渡った女性たちは
    日本の性売買業者にパスポートを奪われ、
    10人くらいの集団で合宿しながら1日に10回以上も
    売春を強要されたとのこと。

     警察は、日本に渡って売春を行っている韓国の女性は
    3万人に達すると推定している。海外での性売買は
    日本だけではなく、米国やオーストラリアなど全世界に
    広がっていると分析し、捜査を続ける方針だと伝えた。


    ★日本への遠征売春あっせん、
     人身売買も…
     韓国ブローカーら逮捕
     サーチナ 2013/08/22(木) 17:15
     http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0822&f=national_0822_051.shtml
     韓国の釜山警察は21日、韓国人女性を日本など
    海外で売春させたり人身売買をした容疑で、
    売春をあっせんしたブローカーや風俗業者など
    男女5人を逮捕したと発表した。
    同時に、日本などで売春していた韓国人女性47人と、
    ヤミ金業者など計68人を書類送検した。

     複数の韓国メディアによると、
    風俗業者らは韓国国内の風俗店で働く女性に
    「日本なら大金が稼げる」などと言い、
    東京近郊にある出張型の風俗店に、1人あたり
    100万-150万ウォン(約8万7000-13万円)で
    あっせんした。
    長期滞在を希望する女性には、大学の卒業証明書を
    偽造するなどしてビジネスビザを違法に取得させた。

     風俗業者らは女性らに2000万ウォン(約175万円)
    を高利で貸し付けており、返済が困難になった女性が
    日本の地方都市の風俗店に売り渡されるケースもあった。

     警察によると、書類送検された女性らは留学生や
    主婦のほか、元芸能人やモデル、スポーツ選手も含まれている。
    女性らが日本だけでなく米国や豪州、台湾などでも
    売春したと証言していることから、捜査を拡大する方針という。

    2004年韓国での売春禁止法に激しく抗議する韓国売春婦総連合 ↓ yjA

  • ★親日米国人
     「朴正煕元大統領が
      米軍向けに慰安婦を管理」
     朝鮮日報日本語版 2014/02/17

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/17/2014021703803.html

    「朴正煕元大統領は
     米軍向けに慰安婦を管理していた」
     Park Chung-hee , former president father
     of Park Geun-hye president was
      "the U.S. military comfort women"
     administrator!
     South Korea was also forced entrainment
     during the Korean War

    という虚偽の主張を展開する動画が
    ユーチューブを通じて配信されていることが分かった。

     韓国の性教育団体、「夫婦核校」の校長、
    ファン・ジュソン氏によると、
    親日米国人が先月23日に、ユーチューブに
    このような主張の動画を登録したという。

    ファン氏は
    「国家情報院はもちろん、大統領府、安全行政部、
     警察庁、放送通信委員会など、
     インターネットサイトを管轄する関連省庁は
     まだこのサイトの存在さえ把握していない」
    と主張している。

     ファン氏は
    「さらに拡散する前に、
     ネットユーザーは力を合わせて
     反韓行為を行う
     海外のネットユーザーを
     懲らしめなければならない」
    と訴え、夫婦核校サイト会員7万名に対し、
    動画の削除に向けた
    サイバー抗議活動を呼び掛けた。

    悲惨な在韓米軍慰安婦たち ↓

  • ★なぜ立命館大生が 集中的に狙われた?
       


    "拉致"に新事実(ANNニュース)


                 2007年1月24日
              http://www.asyura2.com/07/asia7/msg/102.html



    北朝鮮に拉致された疑いがある特定失踪者、約460人のうち、出身校が重なっている人が
    延べ40人いることが明らかになりました。

    特定失踪者問題調査会は、失踪者を中学や高校、大学など出身校別に分類したリストを公開しました。リストによると、全失踪者、約460人のうち、中学、高校、大学など出身校が重なるケースが15件、延べ40人います。

    うち8人は、当時、京都市内にあった立命館大学出身で、ほとんどが経済学部でした。
    調査会は、失踪者全体の1割近くで出身校が重なっていることは偶然とは言えず、
    学校関係者や周辺に拉致にかかわった工作員や協力者がいた可能性が高いとみています。

    ★特定失踪者、
     出身校同じケースが15件
     2007年01月24日
     http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/f1b481b57419ce61904e86916afcf036

     特定失踪者問題調査会に届け出のあるおよそ460人の失踪者のうち、出身校が同じ
    ケースが15件、のべ40人にのぼるとの分析結果を発表しました。 

    調査会によりますと、78年に拉致された拉致被害者の田中実さんと、同じく78年か79年に失踪した特定失踪者の金田竜光さんが同じ小学校と中学校を卒業。

    77年に鳥取・米子市で拉致された拉致被害者の松本京子さんと、88年に島根県で失踪した特定失踪者の矢倉富康さんが同じ中学を卒業 。

    拉致認定訴訟を起こしている千葉・市川市で73年に失踪した特定失踪者の古川了子さんと、翌74年7月の同じ日に失踪した2人の女性が同じ高校を卒業。

    また、1952年に失踪した特定失踪者の男性を始め、70年代から90年代にかけて、5年おきぐらいに立命館大学の経済学部などの卒業生が8人失踪していることもわかりました。

    調査会では「もし、出身校の一致が拉致に関係するとすれば、学校関係者の中に工作員ないし協力者がいたことを示すことになる」と分析。

    また、同じ大学の卒業生が5年おきくらいに失踪していることについては、「大学生は4年ごとに卒業するので、期間をおけば失踪した痕跡がなくなると考えたのではないか」と話しています。

    立命館大学で学生に朝鮮学校無償化の要望書を強制的に配る金友子講師 ↓

  • これって、事業仕訳の対象になりますでしょうか??




    京都に立命館大学という大学があります。
    関西では「関関同立」と呼ばれて、一応は有名大学の範疇に入っているのですが、ちまたでは「反日左翼の巣窟」とか、「共産党・民青の学校」という「よからぬ風評」もあるようです。

    立命館は学生数が多いので、文部科学省から「私立大学経費等補助金」を補助されており、その額は、平成24年度分だけでも「56億42413000円」が援助されています。もちろん全て「日本国民の税金」からです。

    ★国際交流財団、日本にある反韓団体「立命館大コリア研究センター」へ
     研究費支援
     やまとはまほろば 2009-12-02
     http://ameblo.jp/pikino/entry-10401710184.html

    ▲立命館大コリア研究センター

    韓国国際交流財団が日本にある反韓団体に研究費を支援したという主張が提起されて論議がおきている。月刊朝鮮12月号はこの財団が研究費を後援した
    立命館大コリア研究センターが韓国政府の支援金を受けて北朝鮮の連邦制統一を擁護して朝鮮総連系に奨学金を与えたと報道した。

    ここは在日同胞留学生スパイ集団事件の核心人物だったソ・スン(徐勝・65)教授が所長をしている施設でもある。

    立命館大コリア研究センター設立を主導したソ・スン教授は金大中(キム・デジュン)元大統領の太陽政策を支持する代表的な在日同胞の一人だ。
    2007年、金大中元大統領がソ教授の斡旋でこの大学で名誉法学博士学位を受けたこともある。

    同大学の韓国人教授A氏は「大学内部ではコリア研究センターが 韓国政府と日本を非難するための場所だと言われる」という。彼は「そこは韓国文化や韓日の歴史を研究する所ではなく、金大中政権の太陽政策と北朝鮮の連邦制統一案を擁護する扇動隊の役割をしている。

    日本の植民地歴史に対して北朝鮮政権の見解から批判し、他の教授らが不快がる」と伝えた。

    コリア研究センターは2008年11月から4回にかけて親北朝鮮学者で有名な水野直樹京大教授を招請して講義を任せた。講演の究極的な核心が朝鮮総連の主張と全く同じだったという。
    「植民支配をした日本がどうして北朝鮮を非難できるのか」ということだ。

    ソース:朝鮮日報(韓国語) [月刊朝鮮]

    立命館大学コリア研究センター所長 勝村 誠 ↓

  • みなさーん!!  




    遠慮しないでください!!




    名乗り出た女性には





    全員もれなく、200万円を進呈!!




    高木 健一(たかぎ けんいち、1944年(昭和19年) - )は弁護士。
    東京大学法学部卒、弁護士開業(1973年)以後、サハリン残留韓国人帰還問題に取り組み、 従軍慰安婦問題やアジア全体の戦後補償問題に関わってきた。

    ○自作自演の慰安婦問題
    1993年にインドネシアを訪問し、地元紙に「補償のために日本からやってきた。元慰安婦は名乗り出て欲しい」という 内容の広告を出した。 しかし、インドネシアのスエノ社会大臣は事件を焚きつけた日本人達(共産党・朝日新聞・日弁連ら)に対して「インドネシア政府は、この問題で補償を要求したことはない」「しかし日本政府(村山富市首相)が元慰安婦にお詫びをしてお金を払いたいというので戴くが、元慰安婦個人には渡さず、女性の福祉や保健事業のために使う」「日本との補償問題は1958年の協定により、完結している」との声明を発表している。

    また、インドネシア英字紙「インドネシア・タイムス」会長のジャマル・アリは「ばかばかしい。針小棒大である。一人の兵隊に一人の慰安婦(インドネシアに居た日本兵は約2万人だった)がいたというのか。どうしてインドネシアのよいところを映さない。こんな番組、両国の友好に何の役にも立たない。我々には、日本罵倒体質の韓国や中国と違って歴史とプライドがある。『お金をくれ』などとは、360年間、わが国を支配したオランダに だって要求しない(インドネシア・タイムス)」との見解を発表し、高木らを批判した。

    インドネシアの「兵補中央協議会」元会長のタスリップ・ラハルジョは「東京の高木弁護士の指示を受けて始めた。『早く進めろ』と催促も受けた」とジャカルタ郊外の事務所で産経新聞政治部・阿比留瑠比の取材に証言している。同協議会は、慰安婦登録者を対象としてアンケートを実施していたが、「高木弁護士の文案で作成された」とラハルジョは証言している(産経新聞2010年8月1日)。

    藤岡信勝は、高木のインドネシア訪問に関して「自作自演」「火のない所に煙を立てて回っている」等の批判を行っている。

    ○関わった主要な訴訟
    • 樺太残留者帰還請求訴訟 - この件については提訴取り下げ後に韓国政府から国民勲章を授与され、「これをモデルケースとしてこれからも同じように補償裁判を起こしていく」と発言。一方で、ずっと帰還運動をしてきた朴魯学夫婦は、この弁護団は在樺コリアンの帰還を求めるのではなく、日本を糾弾することのみが目的であった、と批判している。
    • アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件

    これが、そのいわくつきの高木弁護士  ↓

  • 現代史上最高のプロパガンダ!!



                 もっともっと、煽り立てろ!!



            相手の奥深く、協力者を、どんどん潜り込ませろ!!



                 宣伝・扇動こそ、外交的勝利への早道!!!



    自国にも慰安婦が存在したにもかかわらず日本のケースのみを韓国(韓国軍がベトナム戦争時に現地女性を多数強姦し、私生児を残したことが社会問題になった)や中国が殊更取り上げることについては、政治的なカードとして利用するプロパガンダであるとの主張もある。また日本に対する道徳的優位を誇示することで得られるナショナリズム的な「民族的快感」のために韓国は慰安婦問題を国際社会において利用しているとする見方もある。


    韓国系アメリカ人の研究者でサンフランシスコ州立大学教授のサラ・ソー(C.Sarah Soh)は2009年の著書で、慰安婦を「性奴隷」や戦争犯罪とむすびつけて描写するのは不正確であるとしたうえで、韓国政府と韓国議会が日本軍慰安婦問題を扇情的に扱い、異論を許さないまま「日帝による被害の物語」を国民に押し付け、誤導したと批判している。

    ソー教授は「慰安婦が強制連行された」という物語は陳腐な教義であり、韓国政府の政治戦略的な誇張が慰安婦問題の深い理解とその解決を妨害しているとして、韓国社会が被害者意識から脱却すること、また韓国もまた元慰安婦にトラウマを与えた共犯者であり、慰安婦制度それ自体は戦争犯罪ではなかったことを受け入れるべきだとした。テンプル大学のジェフリー・キングストン教授はこの本について、勇気あるこの著書は慰安婦問題への理解を深めるものであり、また日本と韓国の和解を期待させると評した。

  • 教科書では、絶対に教えません!!




                   知ってますか???




                        三跪九叩頭の礼って??




             三回ひざまづき九回頭を地にこすり付ける挨拶です!!





    迎恩門(げいおんもん、ヨンウンムン)は、1896年まで存在していた門(牌坊)である。現在は、大韓民国ソウル特別市西大門区峴底洞(ヒョンジョドン)101番地の独立公園内の独立門の正面に、2本の迎恩門柱礎だけが残っており、大韓民国指定史跡第33号となっている。

    この門は、漢城の西大門である敦義門のすぐ外、義州を経て北京に至る街道に建てられていた。中国の皇帝の臣下であり、冊封国であった朝鮮の歴代の王が、中国の皇帝の使者を迎えるための門であった。1407年には慕華楼という使臣のための建物が建てられていたが、1536年に金安老の建議でそのそばに「迎詔門」を立てた。

    しかし1539年に明の使臣で来た薛廷寵は、使臣は中国皇帝の詔書や勅書や下賜の品々を持ってくるのに、門の名前が「詔だけを迎える」ではおかしいと言いがかりをつけ、朝鮮側は名前を「迎恩門」に変えた。1606年に来た明の使臣朱之蕃が書いた門の扁額が国立古宮博物館にある。

    日清戦争で日本が勝利し、1895年の下関条約第二条で、清の冊封体制から李氏朝鮮は離脱した。 こうして大韓帝国が成立、独立協会は迎恩門を取り壊し、1897年に独立の記念として新たに独立門を同じ場所に建てた。迎恩門に隣接して建てられていた慕華館は独立門建立時に独立館に改名された。

    崔基鎬によると、迎恩門は明代および清代に朝鮮国王が三跪九叩頭の礼によって使者を迎えた場所である。三回ひざまづき九回頭を地にこすり付ける挨拶である。

    崔基鎬は、
    1895年に日本が日清戦争に勝つと、李氏朝鮮は清国の属国としての桎梏をのがれて、独立国となることができた。(中略)1893年には、ソウルの西大門の近くにあった迎恩門が破壊されて、その場所に独立を記念する西洋式の独立門が建立された。迎恩門は、李朝を通じて、明、あるいは清の皇帝の勅使がソウルを訪れたときに、朝鮮国王がそこまで迎え出て、勅使に対して九回叩頭する礼を行なう場所だった。

    今日、独立門は韓国の史蹟32号に指定されている。しかし、今日の韓国民のうち、いったい何人が、そこに韓民族にとって、はかりしれない災禍をもたらした象徴である迎恩門が建っていたことを、知っているだろうか。日本にはその歴史を通じて、大清皇帝功徳碑も迎恩門もなかった。私たちから見ると、何と羨ましいことだろうか。かつて李氏朝鮮は中国への卑屈な服従関係と、不正腐敗を覆い隠す名分として、慕華思想という言葉を用いた。誇りを失った李氏朝鮮の末路は、亡国しかなかった
    と評している。


    独立門(どくりつもん)は、大韓民国ソウル特別市西大門区峴底洞(ヒョンジョドン)101番地の独立公園内にある門。1896年11月21日定礎、1897年11月20日完成。

    高さ14.28m、幅11.48m。約1,850個の御影石から作られている。フランスパリのエトワール凱旋門を模して作られた。史跡第32号(1963年1月21日指定)。1979年に整備事業により本来の位置から北西に70m移動された。

    日清戦争により日本が清に勝利し、下関条約にて清の冊封体制からの李氏朝鮮の独立を認めさせた。これにより李氏朝鮮は清の支配から解放され、自主独立国家として歩みだすことになり、その記念として清への服属の象徴の一つであった迎恩門をたたき壊し、そのすぐ隣に建設された。また、迎恩門に隣接して建てられた慕華館は独立館と改名された。建設には、朝鮮の開化派の独立協会が中心となり、募金を募り建てている。

    韓国においては独立門建設の歴史背景が正しく教えられておらず、独立門は「日本からの独立」を記念する門であると誤解されているという。正しくは「清の冊封体制からの独立」を記念したものである。

    2009年10月28日、周囲を整備して独立公園としてリニューアルオープン。ひとつの公園にしたことにより西大門刑務所歴史館の施設などと関連性を高め、従来より訪れやすい環境を作った。ちなみに、西大門刑務所は日帝支配の象徴といわれている。


    下の写真は、現在の独立門と、迎恩門の2本の門柱

  • この件で騒ぐと、あなたは、闇に葬られます・・・





    極秘扱いの、税務団体交渉権!!





           治外法権の脱税シンジケートは、かくして作られた!!!






    1976年(昭和51年)10月に朝鮮総連系の在日本朝鮮人商工連合会(朝鮮商工連)と国税庁との間に取り交わされたとされる五項目の協定。通称は「五箇条の御誓文」である。

    外国人に対する課税の場合、居住地国と源泉地国との二重課税を防ぐために、各国と租税条約を結ぶことで解決を図っている。


    1967年、朝鮮総連所属の在日朝鮮人による脱税事件摘発により起きた「同和信用組合事件」。 これをきっかけとして朝鮮総連は所属する在日朝鮮人達に「朝鮮人弾圧」と称し、全国規模での納税拒否と税務署襲撃の抗議活動を号令し、在日朝鮮人が多数居住する各都道府県の税務署は業務妨害に著しく悩まされ続ける事になった。

    朝鮮商工連は「朝鮮民主主義人民共和国の海外公民」の権利として租税条約に相当する協定が必要とし、また日本から「民族差別」を受けている在日朝鮮人に対して機械的に課税するのは「課税に名を借りた弾圧」であると主張し、友党関係である社会党を通じて国税局との仲介を依頼し協定を勝ち取ったとされる。


    内容
    1. 朝鮮商工人のすべての税金問題は、朝鮮商工会と協議して解決する。
    2. 定期、定額の商工団体の会費は損金として認める。
    3. 学校運営の負担金に対しては前向きに解決する。
    4. 経済活動のための第三国旅行の費用は、損金として認める。
    5. 裁判中の諸案件は協議して解決する。


    国税庁は一貫して「五項目の合意事項」の存在を否定している。また一般の日本国民に認められていない「税務の団体交渉権」があるということから、いわゆる「在日特権」の典型的事例とされる。

    おい、何か文句あっか!!

  • 近年は韓国内で自主独立と
    国民の自由・独立を希求した
    改革者として再評価されている。

    (長年、売国奴と卑しめられたきた
    不遇の英雄もやっと安住の地を得たのか?)

    甲申政変の失敗により
    家族並びに姻戚に至るまで
    その累はおよび、かってない
    未曽有の惨刑が施行された。
    逆賊はその三族を滅ぼすという掟があり…。

    (文字通り一族郎党全滅 
    日本において、かような事例はあるのか?)

    一九七六年六月、朴正煕大統領が
    金・玉均公の遺墟を探して碑を建てるよう
    訓示して以来、金公の生家と墓地は
    地方文化財として指定浄化されるに至った。

    李氏朝鮮と日本の身分階級制度

    十七世紀から十九世紀までの
    身分構成とその変化は次の通りである。

    朝鮮時代の身分は両斑-中人-常民
    (あるいは良民)-奴蝉の四つの階層に
    分けられていた。この中で中人層は主に
    ソウルに住み、医学・通訳・天文・地理等の
    技術職を担っていたが、全人口に占める
    比率はあまり多くなかった。

    特に地方では
    中人はほとんどおらず、地方での身分構成を
    言うときには、両斑-常民-奴蝉の三階層を
    言う。

    十七世紀後半、この三つの身分構成を見ると、
    両斑戸が全体の十%弱、常民戸が五十%強、
    奴婢戸が全体の四十%ほどを占めていた。

    それが次第に両斑の数が激増し、十九世紀
    前半には全体のおよそ七十%強が両斑戸、
    三十%が常民戸、奴婢戸は大部分
    消滅してしまう。

    朝鮮の近代史が始まる十九世紀後半には
    みな両斑になってしまうのである。実際、
    今日の韓国人たちは身分が両斑の末商だと
    思わない人は一人もいないという。

    韓国開化維新の英傑、金・玉均を追悼する石碑。
    東京青山霊園にあります。
    今でも彼を敬慕する多くの日本人が献花に訪れています。 ↓

  • これは、収奪だああーーー!!




    強占下、日帝が土地を収奪したのだ!!




         土地を奪われた農民が、仕事を求めてやむなく日本に渡ってきたのだ!!




              日帝強占下、それは強制連行と同じだああーー!!





    <朝鮮における農業生産体制の再編 >

    日韓併合後の朝鮮では農村を含めた経済システムが再編され、特に1910年から1918年にかけて行われた土地調査事業によって植民地地主制が確立し、日本人地主と親日派朝鮮人地主へと土地所有権が移動したといわれ、その結果、土地を喪失した多くの農民が困窮し、離農・離村したことが日本への移住につながったとしている。

    また、産米増殖計画による米の増産と日本への過剰輸出が、朝鮮半島で1人当たりの米の供給量激減と米価の高騰を招き、小作農などの人々を困窮させ土地の収奪・農民の没落が進行し、日本への移住に拍車をかけたとする論もある。

    なお、民団の子団体、在日本大韓民国青年会による在日1世1106名への聞き取り調査の「日帝が行なった土地調査事業をご存知ですか」と言う設問では「知っている」「聞いたことがある」は4分の1(25.1%)であり、「知らない」は4分の3であった。

    そのため、「土地調査事業で土地を奪われた農民が、仕事を求めてやむなく日本に渡ってきた」という主張は、当人たちが存在を知らない土地調査事業を渡日理由にしたというのは後知恵ではないかという指摘もある。1985年に土地事業当時の公文書が大量に発見されてからは実証研究がなされるようになり、2004年には「日本による土地収奪論は神話である」と李栄薫‎が主張している。

    山本有造によると、土地調査事業によって所有者が判明せず、日本に収められた朝鮮の農地は全体の3%前後(多くても10%)であるとしている。

    李栄薫‎によると、朝鮮全土484万町歩の土地の大部分が民有地、残りの12.7万町歩が国有地とされ、国有地も1924年までは日本人ではなく朝鮮人の小作人に有利な条件で払い下げられたもので、土地収奪論は1955年に東京大学留学中の李在茂による創作としている。

  • 六月七日は「顕忠日」




                  午前十時、全国民が黙祷を捧げる




    韓国の戦没者慰霊施設

    ・国立墓地 在ソウル:広さ十五万坪、靖国神社の五倍、狭くなったので大田市
    に百万坪の墓地を用意。
    韓国動乱の戦死者や、国家のために殉難した人々の墓が並ぶ。遺体のない
    人々は、中央の顕忠塔に名前を刻んでいる。

    陸海空三軍が交代で衛兵に立つ。二時間おきに交代。
    六月七日が「顕忠日」で、午前十時、全国民が黙祷を捧げる。式典には大統領
    をはじめ、三権・三軍の長、遺族等が参列、各地方でも同様の式典が挙行される。

    ・顕忠塔 地方毎

    ・太平洋戦争犠牲韓国人慰霊碑 在釜山 永楽霊園:日本軍人を志願して戦死
    した朝鮮人二万一千余柱は靖国神社に祀られている。(徴兵されて戦死した者
    は朝鮮・台湾ともに皆無)。しかし韓国、台湾では祀られなかった。そこで
    韓国では昭和四十七年頃から石井光次郎衆院議長を代表に慰霊碑建立が発議され
    たが、頓挫していた。

    その後、特別見習士官であった鄭●永氏が私財を投じ
    戦友会の協力によって先づ「霊璽清め祓い式」を靖国神社で行った。その位牌
    を釜山に持ち帰り、上記慰霊碑を一九九七年(檀紀四三三〇・平成九)年三月
    一日、「三・一節」の国民記念日に建立した。

    ・第二次大戦歩兵第八十聯隊韓国人犠牲者慰霊碑 大邸 聖華禅寺:大邸聯隊
    に所属し、主としてビルマ、ニューギニア戦線で戦死した韓国人二百七十二柱
    の慰霊碑が金道榮元大佐や日本の戦友会の協力によって、一九八五(昭和六十)
    年建立された。
    ※ ●は玉へんに其という漢字


    相手国、他国の戦歿者に敬意を払おう!!
    下は、国立ソウル顕忠院  ↓

  • 余りにも当然すぎることです!!




               相手国、他国の戦歿者に敬意を払おう!!




                        怨讐を超えて!!





    国立ソウル顕忠院は、大韓民国ソウル特別市銅雀区にある国立墓地である。

    この墓地には日本の植民地時代における独立運動家や国家功労者、朝鮮戦争、ベトナム戦争の戦死者、朴正煕元大統領など歴代大統領が祀られている。

    2009年5月には新潟日赤センター爆破未遂事件(1959年)に係わった工作員12名が戦没者として祀られた。(北朝鮮への帰国事業を破壊するために日本に密入国し破壊活動を行ったテロリストである。) 

    1955年に朝鮮戦争で戦死した軍人・軍属を埋葬するための国軍墓地として作られ、1965年3月に国立墓地に昇格した。1996年6月に国立顕忠院に名称変更した後、2006年1月に国立ソウル顕忠院となった。

    現在、顕忠院には16万9千人が眠っており、このうち埋葬されているのは亡骸がある5万4444人である。

    埋葬者には、ヴェトナム戦争で30万から50万人とも言われているヴェトナム民間人を虐殺した韓国陸軍及び海兵隊の軍人も多数含まれている。

    日本からは2006年10月9日に安倍晋三が内閣総理大臣として、そして2011年10月19日に野田佳彦が内閣総理大臣として公式に参拝し献花している。

    国立ソウル顕忠院で献花する安倍総理(2006年10月9日) ↓

  •  採用したら、殴り殺される!!





    韓国には教科書選択の自由はなかった!





              教学社教科書を採択した学校に嫌がらせが相次ぎ使用断念!





    教学社発行の韓国史の教科書を採択した高校10校余りがバッシングを受けている。これらの学校は全教組の市・道支部から「○○高校は教学社の教科書採択計画をただちに撤回せよ」という抗議を受けている。学校の名前はツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上に出回っており、親日・歪曲歴史教科書採択学校として罵倒されている。学校には抗議電話、市民団体関係者らの抗議訪問も続く。すでに12校は採択を断念したという。

    教育部は第一線の学校が強要と脅迫から抜け出し教科書を自由に選択できるよう保護しなければならない。(中央日報)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140105-00000008-cnippou-kr

     
     中央日報は、朝鮮日報、東亜日報と合わせて「朝・中・東」と呼ばれている「保守系=現政権寄り」の新聞社と言われています。ですからこの記事も「採択を妨害している全教組や市民団体」を批判しています。全教祖は韓国の教職員組合で「左派・従北派」として知られており、北朝鮮との関係がささやかれています。韓国の全教職員の30%を組織しています。

     意外かも知れませんが、前の大統領の李明博も、現在のパク・クネも教科書に関しては「反日一辺倒の現行教科書」には批判的な立場で、「ニューライト教科書」の支持派です。もちろんこの二人の大統領が「親日派」だからではなく、検定教科書時代の「国史」があまりにも「容共」の影響が強い「偏向教科書」と言うことと、パク・クネにとっては「父親の名誉回復」とも関係しているからです。

     
     教学社の「韓国史」については実物を見ていないのでなんとも言えませんが以下のことが報じられています。これが結構笑えます!

    ①日本統治時代をそれまでの「抑圧と搾取」というマイナス面のみを強調した史観ではなく、日本支配下でも韓国人の自己啓発で韓国社会が発展したという「植民地近代化論」を取り入れている。

    ②現地慰安婦とは違い韓国人慰安婦は戦線の変更で日本軍部隊が移動するたびに付いて回る場合が多かった。

    ③「安重根(アン・ジュングン)や金九(キム・グ)はテロリスト

    ④朴正煕(パク・チョンヒ)大統領(1917~79年)について「民主化を弾圧した」という否定的な従来の評価よりも、「韓国の近代化と経済発展に大きく貢献したしたと評価。

     教学社の「韓国史」を執筆しているメンバーの主張の中心にあるのが「植民地近代化論」です。これは実証主義に基づき、生存者の証言を取り、残されている歴史的資料を調べれば、「日本統治時代に朝鮮半島が近代化した」ことは明白ですから、ありのままの「事実」を記録すれば「植民地近代化論」にならざるをえないんですね。

    パク・クネさんが「ニューライト教科書」を支持するのは④の理由からです。③については、左翼側が教学社を批判している中に見られる言葉で実際にこの言葉があるかは不明です。あれば大笑いですがww 二人とも韓国での数少ないヒーローですからね。②に関しては「売春おばば」たちは激怒しているそうです。本当のことを言われて!ww

          
     残念ながら教学社の「韓国史」を採択しようとした15校のうちすでに12校は採択の撤回をしてます。あとの3校も時間の問題でしょう。ちなみ教学社の社長は「暗殺予告」をされて、教科書そのものの発行をしたくないと言ってます。 これが韓国の現状す。

    でも考えてみれば、「日本統治時代はよかった」と公園でつぶやいた95歳の老人が殴り殺されるのが韓国ですからね。採択した学校の校長が殺されるか、学校が燃やされるか・・・十分ありえますよね。これが韓国です。民主主義国家ではありません。

    これが、教学者の歴史教科書です。 ↓

  • 韓国人全体を無視し、侮辱する悪法だ





                   日本に入れさせろ





    吉田茂はGHQに韓国人を全員送還するよう要請した


    韓国人は、「日本に強制連行された」と主張しています。
    人数は200万人や、840万人としています。

    840万人といえば、当時の韓国の人工の3分の1です。
    収容する場所や食料を考えただけで、それが捏造だと分かります。
    また、強制連行という話は、
    日韓基本条約が結ばれた1965年には出ていませんでした。

    史実は、日韓併合により、賃金が高い日本に、
    韓国人労働者が、君が代丸などで、大量に日本に流れ込んだのです。

    彼らは内地の日本人から職を奪い、治安を悪化させました。
    そのため1918年、日本政府は、
    韓国人を募集する日本企業に対して行政指導をしています。

    これに対し、韓国民族紙、東亜日報は、これを
    「韓国人全体を無視し、侮辱する悪法だ」という撤廃キャンペーンを行い、
    結果、1922年に撤廃させたのです。

    つまり史実は、韓国人を「強制連行」したのではなく、
    日本に入ることを規制しても、
    日本に入れさせろと韓国人が抗議したのです。

    事実、1934年から1937年には渡日者は10万人を突破し、
    1940年に119万人、1945年には210万人と増加しています。

    戦後の1949年には、吉田茂総理が、マッカーサーに対し、
    「在日朝鮮人に対する処置」という文書を送りました。

    その内容は、在日韓国人は日本経済の復興に全く貢献しないどころか、
    犯罪者分子が大きな役割を果たしているので、
    全ての韓国人を朝鮮半島に返してほしい、というものだったのです。


    当時の朝鮮人労働者の日本への出稼ぎ状況を
    報じる京城日報  ↓

  • みな貧しさから出たことだ!!






             親が貧しくなければ、どうして自分の娘を 売ったりするものか!!






                みな貧しさから出たことについては一言も言わない・・・





    日帝の土地収奪など無かった。
    慰安婦の強制動員というのは、資料が1個も無い話
    http://www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?at_code=377687


    アン・ビョンジク ソウル大学名誉教授かく語りき
     2日午後に麻浦区のニューライト財団事務室で会った安秉直ニューライト財団理事長(70歳、ソウル大学名誉教授)は、登山服姿だった。先月30日の教科書フォーラム(常任代表:朴孝鍾)による代案教科書シンポジウムで4・19革命同志会員らに胸ぐらをつかまれるという侮辱を受けたが、大きい負傷は無さそうだった。安教授は最初に「物議をかもして国民に申し訳ない」と述べた。


    <中略>

     しかし安教授は、日帝植民統治が韓国の近代化に寄与したということと、韓米同盟によって韓国が体制を維持できたということ、朴正煕軍事政権の経済努力に対しては、確固たる信念を表明した。

     まず安教授は、教科書フォーラムの代案教科書が日帝強占を正当化した日本の「新しい歴史教科書をつくる会の主張と似ているとの指摘に対して、「草案を読んでいないから」と一蹴した。また、「日帝時代、土地収奪は無かった」として、「親日派『つくる会』と考えが同じだ、と批判されても、私は(日帝の土地収奪があったという)そんな事実を受け入れることはできない」と述べた。

     従軍慰安婦の記述を落としている、とか、抗日武装独立運動を意図的に縮小している、という非難に対しても、「現在の歴史の中心軸におくべきではないからだ」と述べた。更に、「(日本軍隊慰安婦問題などを)落とすことはできない」として、なんらかの形で代案教科書に載せる予定だと語った。

     ただし安教授は、日本軍慰安婦に関して「みな貧しさから出たことだ」「親が貧しくなければ、どうして自分 の娘を売ったりするものか」と述べており、論難が予想される。教授は、「そんな事実(貧乏)については一言も言わないで、『倭・奴が無条件・強制的に捕えて連れて行ったから慰安婦になった』と言っているが、そんな話はウソだ」と主張した。

     以下は安教授との一問一答だ。

    Q.<中略>「朝鮮総督府の土地収奪は事実上なかった」という内容があるようだが。

    A.「日本の『つくる会』が(自分たちの教科書で土地収奪を)どう扱っているのかは知らない。私たちは既に 1990年代に、全国の土地調査事業文書をほとんど調査した。土地調査部, 紛争地書類、土地測量関係書類、地籍図を総合検討した結果、『土地掠奪は無かった』というのが私たちの客観的結論だ。それについて 少しも揺らぐことはない。ただ、土地収奪が一件たりとも無かったかということは分からない。」

    <中略>

    Q.現在の慰安婦と言えば性売買女性のことか。

    A.「そうだ。根はどちらも同じだ。どちらも貧しさから出たものだ。親が貧しくなければ、どうして自分の娘を 売ったりするものか。」

    <中略>

    Q.性売買とは違う問題ではないか?
     慰安婦強制動員があったこと自体は史実と見られるのではないか。

    A.「実際、(日帝時代に)強制動員はたくさんあった。男性の場合は徴用や徴兵、女性の場合は挺身隊が強制動員された。しかし慰安婦について、強制をしたかどうかは(まだ客観的には)分からない。強制したという資料を、日本と韓国のどこからも出したことはない。慰安婦経験を持った人々の証言だけだ。

    史学をやる人間は、証言をもって歴史的な資料とはしない。参照資料に過ぎない。こう言うからといって、私が(慰安婦 強制動員が無かったという)話をしているのではない。ただ資料が無いということだ。」

    安秉直教授 「慰安婦業者の半分は朝鮮人」
    「日本に謝罪ばかり求めて何になるか」

    韓国で真実を言ったがために暴行を受けるアン・ビョンジク教授 ↓

  • 抗議電話殺到!!




             どのように歴史を指導するか!!




                          日本に送れ!!




    "日帝時代の公然たる土地収奪はなかった。"
    "慰安婦強制動員したという客観的な資料は一つもない。"
    "慰安婦の営業者の半分は朝鮮人だった。彼らがどんな権力を持って動員したでしょうか。"
    "今日私たちが幸せになれた基礎を過去に侵略した人がしてくれれば拒否しない。"

     このような話は日本学者らがしたのではない。 我が国代表的な学会要人という人がTV放送に出演して遠慮なくした話だ。

     アン・ビョンジク ニューライト財団理事長は6日MBC <ニュース現場> 'ニュース焦点'コーナーに出演してファン・ホン アンカーとのインタビューでこのように話した。インタビューが進行される間ファン アンカーは当惑する表情を隠せなかったし、インタビューの後にはMBC製作スタッフに向かって視聴者たちの抗議電話が激しかった。

    インタビュー後、MBCに抗議電話殺到
     MBC製作スタッフは"インタビュー以後数多くの抗議電話がかかってきた。製作スタッフに対する激励電話もあったが大部分は'そのような人がどのように歴史を指導するか' 'どのようにそのような考えを持てるか' '最初から日本に送れ'という内容だった"と明らかにした。


    李 栄薫(イ・ヨンフン、1951年9月10日 - )は大韓民国の経済史学者。ソウル大学経済学教授・落星台経済研究所所長。経済史学会会長・韓国古文書学会会長も務めていた。1985年に博士号を取得している。

     安秉直・李大根らと李氏朝鮮時代から現代にかけての韓国の経済史を研究している。特に植民地支配下の朝鮮経済の研究で知られ、「日本による植民地時代に韓国が土地と食糧を収奪されたという韓国史教科書の著述は歪曲されたものだ」という主張を提起し、「私たちが植民地時代について知っている韓国人の集団的記憶は多くの場合、作られたもので、教育されたものだ」としている。

     たびたび韓国では植民地支配を肯定する植民地近代化論者・新親日派だと批判されている。

     2004年9月2日文化放送の100分討論に出演して"従軍慰安婦が朝鮮総督府の強制動員でなく韓国人の自発的に参加でなされた 商業的公娼"という趣旨の発言をすることによって日帝植民統治を称賛して慰安婦おばあさんらを侮辱したという論議にまきこまれた。

    この教授は"挺身隊関連日本資料を見れば犯罪行為は権力だけでなされたのではなく参加する多くの民間人らがいた"として"韓国女性たちを管理したことは韓国業者主人らでその名簿がある"と主張して従軍慰安婦問題を売春と同一視した。

    これにより教授職辞任を要求され、学会追放の運動がマスコミや反日勢力を中心に激しく巻き起こり、危機的状況に追い込まれたイ・ヨンフンは以後自身の主張が事実と違うと釈明しなければいけない事態となり、更にマスコミ公開で10分間も土下座をさせられ40分間も慰安婦おばあさんによる大声の罵倒を黙って聞かされた。

     2006年12月1日高校生用《韓国近現代史代案教科書》で4・19革命を《4・19学生運動》’で、5・16軍事政変を《5・16革命》’で記述して論議を呼び起こした《教科書フォーラム》のシンポジウムで4・19民主革命会、4・19革命功労者会、4・19革命犠牲者遺族会会員30人余りに暴行を受けた。

    この教科書は2008年3月24日内容を修正して出版した。この教科書はイ・ヨンフン以外にパク・ヒョジョンなどの教授が参加した。

    2008年11月25日ソウル市教育庁の"現代史特講"で講師で配分されたが、"親日派論議が起きるとすぐに排除された。

    2007年5月25日 大韓民国の話を出版した。小説アリランは捏造、日帝が土地を強奪したのは嘘だと書いてまたも強い批判を受ける。

    真実を言ったがために暴行を受けるイ・ヨンフン教授 ↓

  • 見解の異なる者との対立を自ら望む!!






                 暴力的民族主義が






                         歴史論争を封殺!!






    2007年06月03日
    李栄薫教授「韓国の暴力的民族主義が歴史論争を封殺」--朝鮮日報--
    ----------------

     「韓国人の歴史意識は観念的かつ道徳的であり、見解の異なる者との対立を自ら望む傾向にある。また政治指導者らは、大韓民国が何かの間違いで建国された国だと考えているようだ。金大中(キム・デジュン)政権が第2建国委員会を発足させたことや、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が韓国近現代史を“正義が敗北し、機会主義がはびこった”時代と規定したことだけを見てもそれは明らかだ。こうした間違った歴史意識は社会や国家を分裂させ、韓国の先進国入りを難しくしている」

     ソウル大経済学部の李栄薫(イ・ヨンフン)教授(56)は、今週出版される『大韓民国の話』(キパラン出版社)を通じて再び口を開き、序文にこう記した。

     李栄薫教授は大学の中だけで過ごしてきた「書生」だった。その教授が2004年にテレビ討論に出演したところ、世論の集中砲火を浴びた。「慰安婦動員に協力した(韓国人の)民間人らの責任も追及すべき」と主張したつもりが、「日本軍性奴隷は公娼制度の一形態だった」と主張したかのように伝えられたためだ。

     また昨年12月に「教科書フォーラム」が開催した韓国近現代史「代案教科書」セミナーでは、4・19革命(1960年に不正選挙の結果を不服とした民衆デモにより、当時独裁体制を敷いていた李承晩〈イ・スンマン〉大統領が下野した事件)顕彰団体の会員らに胸ぐらをつかまれたこともあった。

     だが、なぜ李栄薫教授は、こうした屈辱を受けながらも再び立ち上がったのだろうか。28日午後、記者は教授の元を訪れ、その理由を尋ねてみたところ、教授は「昨年初めに出版された『解放前後史の再認識』の編集にかかわりながら、韓国社会の中産層がこれまでの50年間、民族や民衆、階級などといった日常生活とは何の関係もない歴史からどれだけ苦しめられたのかを痛感した。

    そこで、こうした状況を何とかしたいと思い、自由と信頼、法治の文明精神に基づいて書かれた新たな歴史を示そうと考えたことがきっかけになった」と答えた。


    このヒト、いわゆる知日派で(というか、割と普通のアタマを持っているヒト)、少し前に従軍慰安婦問題に異を唱えた。

    マスコミの策略にはまり、結局「自称 強制連行された元慰安婦のおばあさん」たちに土下座をさせられ、なんとか学会からの追放を逃れた。

    自称元慰安婦の前で土下座をさせられるイ・ヨンフン教授 ↓

  • あなたは、本当に、真実を直視する勇気を、お持ちですか??




    「誰に対しても償う必要はない。あれは戦争だった」




    暴かれた英雄たち!!



                  どす黒い血で汚された闇の歴史のページを垣間見る



    ベトナム戦争が終わり、南北ベトナムが統一して既に四半世紀が通ぎた。そして韓国ではここ数年、あの戦争をめぐり長らくタブーとされてきた過去について、かつてない議論が進められている。その過去とは、ベトナム戦争に参戦した韓国軍によるベトナム民間人の虐殺問題だ。

    最初にタブーを破ったのは、韓国のハンギョレ新聞社が発行する週刊誌『ハンギョレ21』だった。同誌は99年、韓国軍がベトナム戦当時に起こした虐殺事件について記事を掲載したのだ(5月6日号)。この記事を書いたのは、韓国人歴史研究者のク・スジョン。彼女はベトナム戦争の韓国軍の残虐行為が記されたベトナム側の資科を入手し、韓国の市民団体の一行とともにベトナム現地で検証を始めたのだ。

    ある地域で、猛虎部隊(韓国軍部隊)等による1か月間の作戦で1200名もの住民が虐殺されたという66年当時のベトナム側の報告を紹介しながら、同時に生存者たちの証言に基づき虐殺の様子を具体的に描いている。例えば、生存者の証言からは韓国軍による民間人虐殺の方法にいくつか共通した類型があったようだと、同記事には記されている。

    以下、その部分を略して引用すると「大部分が女性や老人、子供たちである住民を一か所に集め、機関銃を乱射。子供の頭を割ったり首をはね、脚を切ったりして火に放り込む。女性を強姦してから殺害。妊産婦の腹を、胎児が破れ出るまで軍靴で踏み潰す。トンネルに追い詰めた村人を毒ガスで殺す等々」だ。

    日本の戦争責任を追及してきた韓国の人々にとって、自国軍も虐殺をしていたのだという告発は、苦いものであったに違いない。
    タブーであった虐殺事件についてのこれらの報道に対し、韓国国内では激しい反撃が起きた。同年6月27日には、ベトナム戦に従軍した退役軍人ら2000人余りがハンギョレ新聞社に乱入しコンピュータなどを破壊した。彼らは、国のために闘った戦友を冒涜されたと激しく抗議したのだ。

    ベトナム戦争当時、韓国軍総司令官だった蔡命新は、先の『ニューズウィーク』でのインタビューで「誰に対しても償う必要はない。あれは戦争だった」と明言している。アメリカ軍によるソンミ事件などの虐殺行為がベトナム戦争当時から国際的に批判を受け議論の的となったのとは対照的に、韓国軍による虐殺行為については、こと韓国国内では長く沈黙が保たれてきた。

  • テレビドラマなどでおなじみの鉄道公安官は、よくご存知ですよね!!



       では、その鉄道公安官が、拳銃を所持していたことをご存知でしたか??



         ダーティーハリーのキャラハン刑事と同じ、必殺の45口径!!



           なぜ、鉄道職員が、拳銃を所持するようになったのでしょうか???




    鉄道公安職員(てつどうこうあんしょくいん)は、日本国有鉄道が存在した時代に司法警察権を持っていた国鉄職員。現在の鉄道警察隊の警察官の前身にあたる特別司法警察職員である。正式名称は「鉄道公安職員」だが、「鉄道公安官」と俗称されることも多かった。

    在日朝鮮人が起こした直江津駅リンチ殺人事件を教訓に、1947年(昭和22年)に、鉄道内の犯罪に対応する為に創設された。当時、全国各地で朝鮮進駐軍と名乗る悪逆非道の無法者が、徘徊・跋扈していた。その後1949年(昭和24年)の日本国有鉄道発足に伴い、「鉄道公安職員の職務に関する法律」(昭和25年法律第241号)により鉄道公安制度が確立された。鉄道公安職員は、鉄道管理局及び主要駅に置かれた鉄道公安室に所属し、統括部署として日本国有鉄道本社の中に公安本部が置かれていた。人数はおおよそ3000人規模であった。

    1950年(昭和25年)に定められた「鉄道公安職員の職務に関する法律」施行後は司法警察職員としての権限も強化され、武器(拳銃・警棒)の携帯・事件事故の捜査・令状の取得・被疑者の逮捕・証拠品の差し押さえが可能となった。しかし、現行犯人又は被疑者を逮捕した場合には、これを検察官又は警察職員に引致しなければならないとされ、留置できなかった(従って留置施設も存在しなかった)。

    戦後、多くの日本人を激怒させた直江津駅リンチ殺人事件とは・・・
    1945年12月29日午後7時頃、新潟発大阪行の列車が国鉄(現:JR)信越本線黒井駅に到着した。3人組の在日朝鮮人の男が列車に乗車しようとしたが、満員のため乗車することが出来なかった。そこで列車の窓ガラスを叩き割り無理やり乗車しようとしたところ、ある男性の乗客(当時29歳のセールスマン)に阻まれたため、已む無くデッキにぶら下がり次の直江津駅まで行く破目になった。

    列車が直江津駅に到着すると、3人組は自分たちを阻んだ男性に対して、「乗降口から乗れないので仕方なくガラスを壊して乗ろうとしたのに何故妨害した」と詰め寄った。 男性に「窓から乗り込むという方法はない」と反論されたため、「戦争に負けた六等国の日本人が、二等国の朝鮮人に向かって生意気だ!ホームに降りろ!殺してやる!」と叫び、その男性を直江津駅のホームに引きずり降ろした。

    3人組は駅の備品であるパイプやスコップを持ち出して男性に襲い掛かり、メッタ打ちにした。男性は頭や左眼などに十数か所の傷を負い、絶命した。警察が緊急配備したところ、直江津の病院で傷の手当てをしていた3人組を突き止めた。そして容疑を認めたため、殺人犯として緊急逮捕した。

    犯人は3人とも在日朝鮮人で、戦時中は工場に勤務していたが、終戦後は闇米ブローカーに転身した。事件当日も農家から米を買い集め大阪方面に売りに行く途中であった。犯人の在日朝鮮人3人は殺人の容疑で検事局に送られたが、まもなく逃走し行方知れずになったため、司法で裁かれることはなかった。

    拳銃の携帯は法律上は認められていたものの、GHQの指導のもと導入された機種がコルト社製のオフィシャルポリスで日本人の手に余る大型なものであったが、日本の警察官が所持する22口径拳銃より、殺傷力は数十倍高かった。この45口径拳銃の射撃で、衝撃・反動のあまりの激しさのため、手首を傷める公安官がかなりの数に上ったといわれる。

    無法の限りを尽くした朝鮮進駐軍問題が一段落すると、実際の拳銃の携帯は「第1種警備」と呼ばれていた天皇や皇族の警衛、国賓の警護、日本銀行券(お札)の輸送警備時(積卸時の構内警備・輸送中の専用荷物車への添乗)などの際に行われていた。

    なお拳銃の訓練は委託を受けた警察学校で行われていたが、鉄道公安職員の中には国民体育大会のけん銃競技に出場し、警察官よりも高い得点を取って金メダルを獲得した者も存在した。
    また、鉄道公安職員で編成する集団的警備組織(警察の機動隊に相当)として、鉄道公安機動隊が全国で5隊(東京・大阪・札幌・新潟・門司)編成・配備されていた。

    1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化に伴い、民間企業のJR社員が司法警察権を持つのは適当ではないとされ、鉄道公安職員はJRから離れて警察組織に組み込まれた。

本文はここまでです このページの先頭へ