ここから本文です

投稿コメント一覧 (1366コメント)

  • >>No. 632

     第8話、第1ヒロインが主人公の母親みたいに嫌味ばかり言う女になってる。

  •  「がぁ~でぃあんHearts」完観です。ショート作品で「ハーレムお色気ラヴコメ」です。面白かったですが特別に面白いといった特異的なものはなかったです。悪く言えば探せば似たような作品はいくらでもあります。それでもわかりやすい作品というところが良かったです。

  •  ⅾアニメストアで配信が始まった「GJ部」、第1話の途中まで観たけど全くぱっとしません。

     今期の新作「はるかなレシーブ」、これももう一つぱっとしません。女性スポーツ作品だからでしょうか?。女性に対する偏見というわけではないのですが昭和生まれのせいか女子サッカーのなでしこリーグ、これ、面白いのだろか???。こんな私ですから女性スポーツ作品はぱっとしません。しかし、小平菜緒さんの金メダルは感動しました。

  • >>No. 629

     「true tears」、主人公はどんな絵本を書きたいのでしょうか?。本編を観ていると主人公は大人の、女性向けの絵本を書きたいという感じを受けます。そんなものを書くくらいなら素直に造り酒屋を継げと思う私です。

  • >一番ストーリーが理解しやすい作品でした

    AIRが一番理解しやすいのですか?。ちょっと、かなりショック。実は昔「カノン」を途中までレンタルで借りてました。第6話くらいまで観たのですがストーリー展開遅くて断念した経緯があります。

    >京アニ泣きゲー 3部作
     
     AIRですらこんな感想の私、クラナド、カノンを観て泣けるのでしょうか、感動するのでしょうか?。

  •  826askaさんのライヴへ行きました。コンサート系は10年ぶりくらいでしょうか?。

     おそろいの826タオルを首から下げ、おそろいのライヴTシャツを着たおじさん(私もおじさん)たちが数人いる。この人たちはaskaさんの追っかけ?。この人たちがAKBの追っかけでないことを祈りました。会社の後輩から教えてもらったというか彼がスマホをみていたらAKB好きの親父が飲み会を行ってまして、中には離婚後AKBに100万円つぎこんだというひとも。私はロックとアニメに浸っていたい。

     選曲はまあイージーリスニング的な内容でした。一番期待した「Canon Rock」が演奏されなかったのはかなりがっかり。イージーリスニング的な選曲が続くのであればaskaさんからは撤退でしょうか?。Rondo/The Nice とか Borelo/ELPとかGailarde/Traceのような「プログレッシヴ・ロックの夜」みたいな企画があれば嬉しいのですが。

  • >>No. 5

     コメリといえばコメリ製のコバエ鳥、製品箱に書かれている効果が得られないというか、全くコバエが取れない、ほとんど役になってない。キンチョウ製は2時間もすれば90%は取れるのに対し、コメリ製は1週間たっても2匹、なめてる。安物買いの銭失い。コメリ製はキンチョウ製より200円?、300円安かったのでつい買ってしまいましたが。

  •  佐久長聖(私立)、2回戦で負けた。相手は高岡商業(県立)、高岡は県立です。長野県の決勝、上田西(私立)との対戦、佐久長聖は大阪出身の選手が多いそうです。対する上田西は長野県出身の選手が多いそうです。大阪から人集めして、2回戦で県立高校に負ける、これなら上田西が甲子園に出場し、長野県出身の選手で構成されたチームが1回戦で負ける方が納得いくと思いました。まあ、県外出身の選手で構成されたチームが代表校になるのは昔からあることなのですが。

    返信する

  •  コメリで買ったロケット花ところが、田んぼの雀追いのために買いました。ところがロケット花火特有の「
    シュー、バン」にならない。10発使ってバンという音がしたのは3発だけ。何だこれ、発射時もシューでなく「ポッ」という音。雀が逃げるから何とか使えるが。もちろん中国製。日本はいつの間にか中国産の高い品質の悪い製品を買わされるだけの国になってしまいました。

  •  相模ナンバーのでかい車が地元住民のための背生活道路にnaviを頼りに入ってくる。非常に迷惑。観光地の近くはこれだからいかん。

  •  田んぼの雀追いにはパチンコが一番というパチンコの袋についている紙、いざ雀に発射、当たらない。雀も逃げない。雀に完全に無視、スルーされた気分。何だこれ、紙に書いてあるパチンコが一番という宣伝文句は何だったんだろう?。

  •  8/12

     826askaさんのコンサートへ行った。

     行きの三才山峠、目を走る熊谷ナンバー、なんでこんなところでブレーキを掛ける、そもそも緩い上り坂だぞ。それに50キロ代だぞ。こっちは時間が切羽詰まっているんだ。こういう山道、道を知らない県外ナンバーが行く手をふさぐ、自分の前を頑張っている、非常に迷惑です。

     あれ、askaちゃん、一番期待していた「Canon Rock」を演奏しなかった。あれ?。

  • >>No. 628

     それでも時間があれば「AIR」の聖地、「true tears」の聖地を回ってみたいです。そんな夢みたいなことを言ってないで手軽な「サマーウォーズ」の聖地でも回ってみましょうか?。8月2日の信濃毎日新聞でもちょこっと取り上げられたみたいです。それには作品も観ないといけません。

     先日地上波で「バケモノの子」を放送していました。途中で突然のリア充状態。それはそうとこの作品、娘の感想は、この作品というより細田監督の作品、サマーウォーズが細田監督の作品では一番面白い。だそうです。娘のこの感想を聞いて私もサマーウォーズを一過性の作品といわず自分で観てみて聖地を探索してみる気になりました。

  • >>No. 626

     輪廻の物語としてもう一度最初から観たいと思うのですが、観たい作品が沢山あるのでして。
     先日ツタヤで特別編を借りました。これは平安編の拡張版でした。それなりに面白かったです。AIR」目的地に着くまでの途中のエピソードでした。
     月曜から夜更かしで紹介されていたあゆの里矢田川の駅長さん:阿瀬大典氏も「AIR」を評価しています。「AIR」を超ど級の名作として評価しています。でも私、もう二つぱっと来ないのです。これは単に趣味の違いでしょうか?。

  • >>No. 624

     「ちおちゃんの通学路」、めんどくさい女と思っていたのですが、第2話の「ブラッディ・バタフライ」からはまってしまいました。大爆笑です。相棒の真奈菜ちゃんもいい味を出しています。

     「メジャー2」、面白いです。やっぱり私は昭和の人間。、野球漫画、好きなんだ。

  • >>No. 625

     素晴らしいです、ariさんの見方というか解釈、そもそもⅾアニメストアでは「AIR」を「ドラマ/青春 恋愛
    /ラヴコメ」と位置付けていますが12話まで観た感想は恋愛/ラヴコメではありません。私は恋愛/ラヴコメと思い込んでいたので???な感想になるのでした。

     それにしても挿入歌、今結婚式ではやりの「ザ・ローズ/ベット・ミドラー」に似ています。

  •  この頃は観ている作品は「涼風」、「AIR」、「ちおちゃんの通学路」、「true tears」、「悪偶(あぐう) -天才人形-」でしょうか?。


     涼風:連載がメジャー誌の少年マガジンでしたか?、ラヴコメの王道的展開でしょうか?。それにしても約束のお風呂トラブルが多いこと。

     AIR:名作といわれる割には第11話まで観て散漫な印象です。平安時代編はいいとしても、主人公がカラスになってしまった。今までの展開は?。これは本当に名作なのでしょうか?。

     ちおちゃんの通学路:めんどくさい女というのが主人公に対する私の感想です。最後まで観るでしょうか?。

     true tears:いいですねー、「一週間フレンズ」とは雲泥の差です。原作がゲームだそうですが、ゲームから」素晴らしい作品が生まれています。

     悪偶:純日本作品が好きなのですが、日本人では生まれなかったであろう呪術の世界、面白いです。

  •  ⅾアニメストアをよく見ると「笑うセールスマン」の新作があります。しかし、観る気が起きないなあ、結局99%バッドエンドのワンパターンだからでしょうか?。昔はあんなに好きだったのに。

  •  今期は「あそびあそばせ」、「アイランド」、「あそびあそばせ」、「グラゼニ」がいいです。新規作で私が4作品も観るのは初めてではないでしょうか?。

  • >>No. 619

     「AIR」、第8話から平安時代編に突入しました。どうやって物語をまとめるのでしょうか?。楽しみです。

本文はここまでです このページの先頭へ