ここから本文です

投稿コメント一覧 (1588コメント)

  • >>No. 120

    オジサンと申します。

    リースバックはむしろ不動産価格下落局面に強いビジネスモデルだと思います。

    何故ならば、不況時でも賃貸料はあまり下がらないことが多いからです。
    ましてやリースバックの仕組みですと賃貸料は固定になるものと思います。

    不動産価格が暴落すると、ファンド等への売却によって途中で益出しすることは難しくなります。
    そうなったとしても、満期まで賃貸のまま運用すれば利益が出る仕組みです。
    (資金効率が落ちるので成長のスピードは遅くなりますが赤字にはならない)

    オジサンはハウスドゥのストック型のビジネスモデルを強く推しています。

    ブログの方でもハウスドゥの分析をやっていますので、よろしければご覧頂けると幸いです♪

    ブログ名:専業投資家オジサンの株式投資ブログ
    該当記事名:【銘柄分析】ハウスドゥのハウスリースバック事業に期待

  • オジサンと申します。

    全くの同感です。

    オジサンはブログをやっておりまして、ハウスドゥに関する詳細分析の記事を書いていました。

    「専業投資家オジサンの株式投資ブログ」
    【銘柄分析】ハウスドゥのハウスリースバック事業に期待

    ”ハウスドゥ” ”銘柄分析”で検索して頂くと、トップに表示されると思います。

    よろしくお願いします。

  • オジサンと申します。

    「専業投資家オジサンの株式投資ブログ」という無料のブログを運営しています。

    今回はソフトバンク上場について特集の分析記事を書いてみました。
    散々な初日となってしまいましたが、投資妙味のある銘柄だと思います。

    記事では主に以下の内容を扱っています。

    【記事名:上場したソフトバンクは配当金を維持できるのか!?今後について分析してみた】
    ①ソフトバンクは何故上場したのか?
    ②ソフトバンクを取り巻く今後の事業環境について
    ③ソフトバンクの配当金維持の可能性について


    検索エンジンで「株」「オジサン」「ブログ」で検索して頂くとトップに表示されると思います。

    よろしくお願いします。

  • 逆日歩警戒で空売りが入りにくくなるかもしれませんね!

    今の株価推移の状況ではむしろ好材料に思えますが・・・

  • オジサンと申します。

    ハウスドゥに関する詳細な銘柄分析の記事をブログにUPしました。
    ハウスドゥの現状や株価が下がった理由、今後の展望などについてまとめています。

    IRに問い合わせを行った内容なども盛り込んでいますので、よろしければご覧頂けると嬉しいです。

    検索エンジンで、「オジサン」「株」「ブログ」で検索すると最上位に表示されると思います。

    【専業投資家オジサンの株式投資ブログ】

  • >>No. 94

    添付した画像は適当に抜粋しましたが、どこで見ても前日から変わっていません

    セルランも無料DLも

  • やっぱり昨日の24時からランキング動いていないと思います!

  • オジサンです。

    詳細不明ですが、昨日の24時から全アプリの順位変動がないように見えます。
    (セルランも無料DLも)

    ランキングの更新が止まっていませんか??

    ttps://twitter.com/kabuojisan28/status/1070833595940360192

    更新されたら順位変わるかも

  • オジサンと申します。

    ツイッターに投稿した内容をY板にも掲載させていただきます。


    ”リミポは1Q、2Q単体比較で営業利益が557百万円⇒153百万円に減少しています。
    これは仮想通貨のせいで減少したと勘違いしている人が多そうですが、主に電力事業の影響です。

    金融は管理体制構築費用で利益率が落ちていますが、売上が2Qで減速したわけではありません。

    BPJの3Q出来高急増の寄与に期待”

    ツイッター
    @kabuojisan28

    ブログ
    「専業投資家オジサンの株式投資ブログ(婚活含む)」


    宜しくね!(テヘペロ)

  • プレサンスコーポレーションの四季報予想

    今期(19年3月期) EPS=261.5円
    来期(20年3月期) EPS=298.6円(14%増益)

    ※万博効果で地価が上がれば、来期の利益は四季報予想より大幅に伸びる可能性もある。

    昨日今日の上げって、万博関連だからっていうか単純に安過ぎたのが要因じゃない??

    四季報レベルに終わるとしても、20年3月期のEPSでPER4.7倍ですよ(笑)


    赤字、あるいは成長が完全にストップした成熟企業であればPER一桁も納得できる。
    しかし、普通に大きく成長してて、万博要素も乗っかるプレサンスのPERが5倍って無理があるでしょう。

    財務も不動産業として問題ないレベルだし、会社も増配を目指すという方向で進んでいる。


    最低、短期で株価1.5倍はいきたいところ。

  • 業績伸びてるのにPER5倍って異常ですよね。
    今まで下がっていたのが不思議ですし、万博関連で表に出てきたのでしょう。

    大阪地場の不動産銘柄としてプレサンスコーポレーションもPER5倍台前半です。
    配当利回りも約2.6%。
    四季報では来期も業績伸張予想で、指標関係はリーガルと少し似てる

  • 昇格おめでとうございます。

    ネットで昇格の記事があったので画像を載せておきます。

    ”東証一部上場の全銘柄の時価総額を指数化したTOPIX(東証株価指数)に連動する投資信託やETFは、新たに東証一部の仲間入りした銘柄へと一定量を投資しなければなりません。”

  • >>No. 3003

    横から失礼します。

    このサイトを見てもらえれば分かると思いますよ、セルランと月商の対応が。
    ttps://chinagamenews.net/ranking/

    5-9%も取り分があれば万々歳です。
    版権料ですから、大半が売上=営業利益になると思います。

    もし1%とかいった契約であればマズイです。

    個人的には買い判断のボーダーを5%程度に置いています。

  • >>No. 3002

    横から失礼します。

    仰る通り!

    しかし、ラングの売上が莫大であることはセルランから分かっています。
    ロイヤリティの比率が5%程度もあれば莫大になります。

    比率が1%とかならまずいでしょう。

    株価が崩壊するならそれらが明らかになったタイミングがある意味適切であり、今日の決算は無風通過が本来は順当だと思います。

  • 2Qで営業利益の進捗率が71.1%って、仮にラングがなかったら逆に上方修正してたんじゃない?

    純利益の進捗は25.9%だけど、これも下期に新たな営業外費用が出なければ会社予想には到達する水準。(短信のPLを見てください)
    既存事業の上方修正も出せたかもしれないが、ラングがあるから保留したっていう面もあるかもしれません。

    前年同期比の減益で騒いでいる人は明らかに過去の決算資料を読んでいない。

    前年度の通期決算の会社予想がそもそも増収減益

    減益予定の理由は買収等に絡んだ先行投資。

    減益予定はラングのヒットで劇的に覆されるはず

  • >>No. 2978

    ありがと~(笑)

    誤った認識の是正活動にご協力感謝します!

  • 今回の決算資料でラングが3Q以降に計上から”3Qより計上”に文言が変わった。

    3Qも残り1ヶ月半しかない。
    仮に3Q期間内に中国からの報告を受けて即時開示するとしたら近い将来に寄与額が明らかになる。

    もしかしたら3Qの決算に合わせて発表する可能性もあるけど

    ホルダーの問い合わせが煩いからすぐに発表するんじゃないかな(笑)

  • >>No. 2966

    何で同じセルランで日本より中国の方が月商が無茶苦茶多いのか?
    それは市場規模が桁違いだから。

    昨年のデータですが、添付の画像を見て頂きたい。

    中国は3番目に見えるでしょう。

    違います。

    右下の注釈を見ると、このグラフは中国だけiOSのみの集計なのです。
    iOSだけで日米の総額に匹敵するということ。

    さらに中国はAndroidの方が市場が大きいと言われています。

    さらにさらに、日米と違って中国は今でも市場が毎年伸びています。

    ゲームに関してはスケール感が全く異なる。
    セルランが10位台に落ちたくらい屁でもない。

    レベシェアの比率だけは私も分からないのでリスクと捉えています。

  • >>No. 2945

    ちなみに、日本のセルランと中国のセルランを同一視している人間も少なからずいると思われます。

    添付の画像が2018年1月~3月のセルランと月商目安の対応表。
    ラングは月商30億円クラスは十分あると思います。

    レベシェアの比率が不明な点がリスクなのは認めます。
    ただし、この売上規模ならば5%あればオッケーですし、万が一にも10~20%となれば大爆発。

    上方修正が出たときに比率は判明する。
    もしS安するとしたらその時じゃないの?

本文はここまでです このページの先頭へ