ここから本文です

投稿コメント一覧 (1453コメント)

  • ビットコインは日本国政府が正式に円と同じ通貨として認めました。
    1万円札や硬貨と同じですから、ビットコインを巡る犯罪は起こりますし、他と同じように金銭トラブルとして法によって裁かれることでしょう。

  • 49で買い戻し+若干を買った。次回からは48円以下にしよう。
    今のティアックのように掲示板への書き込みもほとんど無く、さみしく閑古鳥が鳴いてる状況が仕込みには良い時期ではなかろうか。

    低位株なので1円でも安く仕入れる必要がある。途中の小ピークで若干を売って買い戻すオペレーションのため。
    そうこうしているうちにオンキヨーが動いて、ティアックにも変化が訪れることであろう。
    動き出してからでは遅い。株は戦争と同じ。先手必勝。

    ひまー♪  暇ー♪ ヒマー♪  (閑古鳥の鳴き声は意外にきれいですネ)

  • iphone8 のハイレゾ対応も期待してますが、近々北米で販売開始するオンキヨーのAIスピーカーはハイレゾ対応と見て◎ではないでしょうか?

    スマホは基盤スペースのこともありますが、AIスピーカーは据え置き型なのでスペースは確保できます。

  • 【売買単位100株への併合事例:2687シーヴィエスの場合】

    2012,6月 分割 1株  → 2株  5064万株

    2016,9月 併合 10株 → 1株   506万株

    とあります。四季報夏号でご確認ください。

  • 株式会社が資本以上から増資という形で事業資金を得るのは上場企業ですから自然で何の問題もありません。
    オンキヨーの場合は、得た増資資金で「何を造り、どこでどのように売る」が明確過ぎますので、期待感しかありません。軟弱な売り煽りさん達のふがいなさで今日は指値にタッチしません。困りました。

  • 株価は少し下げてきましたが他の銘柄に比べると50円そこそこのティアックの下げはかわいいものです。
    49円以下になれば、先日すこしばかり売った分を買い戻します。併せて買い増しも。

    ティアックは長期戦ですが、持ち株全てをガチホする必要は無く、一部は株価の小波動に併せて売ったり買ったりで遊びましょう。ティアックに限らずフレキシブルな運用は精神衛生的にも楽です。

  • 兄弟企業のオンキヨーもアップルやアマゾンとの提携・コラボで、長らくの低迷を一気に脱出して世界銘柄に輝こうとしています。

    ティアックもオンキヨーの影に隠れて、ギブソンを引きつける技術の魅力がわかりずらいところがあります。不透明故に株価も50円と格安状況が続いています。今日で4連チャンストップ高の社名からして堅物会社で事業内容が解りずらい図研エルミックと似ているように思います。

    賢い個人投資家は自らティアックのカンファレンスを行い、深く静かに潜航しながら買われてることでしょう。いまなら10万株買っても500万円ですが、150円になってからは1500万円ですから、買うのはともかく売れば1000万の利益は美味しい限りですね。賢い投資家になりましょう。

    発行済み株数が多いことは、先に投稿しましたように国主導の売買が100株単位に統一されますので発行済み株数も10分の1に減少することを忘れないようにしてください。(千株→100株単位への移行で総発行株数が10分の1になった例は多いので皆様で調べてください)

  • ビッグIRが近いことは間違いない。
    せっかくのチャンスなので少し買い増しして様子を見ることにした。

  • 日本でのAIスピーカーはラインが切り込み隊長か??
    ラインミュージックがソケッツと提携してレコメンド(お気に入り)を導入済み。

    ラインのAIスピーカーに感性データベースに基づく音楽以外を含めたレコメンドの提供があれば強敵。
    多くのメーカーがAIスピーカーを上市してくるため、AIの中身、頭脳(脳みそ)が無ければすぐに自然淘汰されるでしょう。

    ラインは日本と韓国のみが主戦場。オンキヨーはソケッツと提携して脳みそのあるAIスピーカーを確立すべき。アンプとスピーカーでは世界に冠たる高音質を提供できるので、AIの頭脳を得れば世界のAI覇者になれるでしょう。頭脳は長い研究蓄積の賜。頭脳を得るには提携しか方法は無い。

  • 【AIスピーカー北米市場へ夏以降販売へ!!】

    AIスピーカーで、少子高齢化で萎縮気味の日本と違って、市場がはるかに大きな北米市場にいきなり打って出るわけですから事前に必要な経費や運転資金も巨大なものになるのでしょう。

    ここで、オンキヨー(ティアックも同じ)は世界的な楽器メーカーギブソン傘下の企業です。アップルのiphoneにかかるイヤホン、ヘッドホンの世界販売やアマゾンとの協業など、ネットやアップルストアなどのリアル店舗での世界販売システムに乗って動き始めています。

    AIスピーカーがなぜ日本より先に北米での販売なのか、最近の積極的で複雑なな資金調達など、ギブソン系の外人役員さん達のなせる技だったのでしょう。太平洋戦争で米軍はその方面の作戦に必要な兵力、兵器、軍需物資などを惜しみなく十二分に投入して常に日本軍を圧倒しました。

    日本人は「もったいない」が先に出ますが、「今、必要だから十二分に資金を調達する」はまさに「米国人の発想」でしょう。悲観的に見て撤退するも良し、止まるも良し。誰も止める者はいません。

    金曜まで3連チャンストップ高の図研エルミックもIPV6やFAなど事業内容が非常に難解な企業ですが、読み解いて残った人達は美味しい美酒に酔ったことでしょう。オンキヨーとは業態は似てませんが、全体像を摑むのが難しい点では図研エルミックに似てるような気がします。

    (注)日本でのiphone普及率は先進国でも高いし、オンキヨーのAIスピーカーも北米市場へ上市のあとは当然、日本市場に参入するでしょう。期待も大きいものがあります。

  • ティアックの事業内容はオンキヨーと被るものも多いようですが、それでもギブソンが手放さないのは、オンキヨーに無い優れた技術をもってるからでしょうか。

    オンキヨー絡みで何か一つ材料がでたら株価も火を噴くことでしょう。

  • >>No. 685

    1000株株主は1000株のまま売買単位を100株にする会社の場合もあります(近く予定の4960ケミプロ化成がそうです)が、事例は少ないようです。

    ケミプロの場合は現在の株数が少なく、併合すれば約250万株程度になってあまりに少なすぎる為ではないかと思います。私がケミプロ社長なら、併合で一端250万株へ減少させて、1:2分割を5回ほど毎年あるいは2年毎に実施します。

    株主は大喜びで、株価へのインパクトも絶大でしょう。ケミプロの筆頭は独の企業ですから思考回路が違うのかもですね。

  • 【ティアックがオンキヨーの株価を抜き去る日がくる???】

    ティアックの発行済み株式数は約2億8千万株あります。売り上げ約170億円程度の会社にしては多すぎます。
    しかし、もしかして2800万株であったら夢の小型株になりますね。夢ではありません思いっきりあなたのほほを爪を立ててつねってください。痛いほど正夢になります。

    ティアックの売買単位は1000株です。しかし国の指導で2018年10月1日には全ての銘柄が100株単位になります。つまり1000株が100株になりますので、発行済み株数も10分の1の2800万株となります。                                                                                                    この時1000株の株主は併合で100株株主になりますので、ティアックの株価は逆比例で10倍にならないと
    損することになります。今のティアック株価51円が510円となればトントンで正常な100株単位への併合は成功です。

    ただ、経営内容が悪かったり財務が悪いと、10倍以下となり、実質株主の損となり、経営状況が良い場合は10倍以上になり株主は得します。

    オンキヨーが伸びてますし、小型株の仲間入りですので510円位の株価は大丈夫だと踏んでいますが、この世界に絶対はありませんが、面白くなることは確かでしょう。

  • 年間の研究開発費に41億円も投入する企業です。素人のおっシャンおばサンの出る幕ではないでしょう。
    オンキヨーを信ずることができる個人投資家のみが、近い将来に莫大な利益を享受できるでしょう。

    去るも自由、残るも自由 !  誰も引き止める者はいない !!

  • ティアックは既にオンキヨーの製品を製造してるんですね。
    何を(大体で結構です)造っているのか解りましたら教えてください。お願いします。

  • ほぼ黒字化しているテアックの50円は安すぎではないでしょうか。
    早い機会に80円位に戻すように思います。

    半年後にあの時は50円で買えたのに!?!  と臍を噛まないように注意しませう。 先手必勝です。

  • 先日、309円で千株売りを今日買い戻せた。オマケを付けて1200株で純増200。ハハハ。
    大きく上がる前は少し下げるものですよ。心配はいらないでしょう。

    上がった時はわずかでも売って買い戻せば値下がりしたときも楽しい。長期戦故にドッチーモ作戦も楽しむ余裕があると精神衛生上いいですね。もしかしたら太平洋戦争を超える長期戦になるかも。心していこうオンキヨー。

  • 【ラインのAIスピーカー!!!】

    新製品等の世界的な流行では日本は常に周回遅れの状況で、米での活況にもかかわらず日本では家電大型店でも見ることさえできない。日本でも幾つかのメーカーが発売時期を狙ってるように思うが、横並びでどこかが売り出したら我も、俺も、あたいもとなる。

    AIスピーカーでも、切り込み部隊はラインではないだろうか。ラインはソケッツとラインミュージックで提携しているので、AIスピーカーでもレコメンド(お気に入り)など、多少はAIの脳みその存在が見れるかもしれない。その辺を楽しみにしている。

    オンキヨーのAIスピーカーも音質では他社を凌駕しているのは当然だが、AIを冠するからには「それなりの脳みそが入ってるか?」が勝負所。脳みそのないAIスピーカーは珍しさを通り越せば忘れられ、自然淘汰されるだろう。やはり、ソケッツとの提携が必須のように考える。(これはソケッツの買いあおりでは無い)

  • 48円では長く指値していても買えません。どこかおかしい。

  • オイ おい !!
    昨日売った買い戻しをなかなか拾ってくれない。

    売り方さん気合いを入れてくださいネ。

本文はここまでです このページの先頭へ