ここから本文です

投稿コメント一覧 (1コメント)

  • >>No. 616

    東証が売買単位を5万円以上にとは云っていません。株式売買単位を100株に統一するについて、売買単価を5万円以上を目安にと云っているのです。間違えないでください。浮動株数が少ない銘柄においては併合すると上場基準に抵触する恐れがあるのです。それを避けるためには大幅な増資が必要とされます。既存株主が棄損されるます。株価が上昇するには併合するのではなく浮動株数を減らさずに大株主の持ち株を自社株して償却する。もしくは企業業績の大幅な改善しかないのです。企業の実態をIRすることも必要と考えています。とにかく今の営業規模は零細企業に毛が生えた程度しかないのです。もともと東証の上場基準に達しておらず、大阪単独上場だった企業なのです。東証と大証との統合で、特例で東証2部になった銘柄なのです。今は貸借銘柄になりましたが多くの証券会社では自己規制を実施している銘柄なのです。また担保掛目も規制している証券会社が多いのです。このことを理解できていない人は損がないところまで上昇したら撤退することが、他の投資家に迷惑がかからないと考えています。

本文はここまでです このページの先頭へ