ここから本文です

投稿コメント一覧 (113コメント)

  • おはようございます。

    寝る前に、新作1つ、加筆版1つ、再掲2つをアップしました。
    朝起きて見直してみて、あらためて感じた事は…

    こういった類の長文連投は、端から読む気が失せるって事ですね(≧∇≦)

  • >>No. 12432

    いよいよこの終末時計の終焉も間近となりましたので、第三者目線で「日本プロ野球の終末時計の考察」を、サクッとリビジョンアップしてみたいと思います(笑)

    この時計は、2006年9月25日 05:26に、「1999日前」で設定されました。
    そして、2018年11月15日 21:24に指した、「798日と20時間58分前」を最後に消滅しようとしています。

    ザックリと計算すると、12年間で1200日減。1年平均100日減。
    …ということは、終末時計がゼロになるのは、今から8年後(終末時計の発足から20年後)という計算になります。

    この終末時計発足は、CS制度の導入時期とほぼ同時です。その頃に野球を観始めた小学生も、20年後は26歳以上で、子供が居てもおかしくない年齢になります。CS導入前までのプロ野球を知らないファンもかなり増えたと思います。

    球界再編問題が上がるほどの危機的状況も脱して、今年は史上最多の観客動員数も記録したらしいですし、スレ主さんが第一に求めているであろう「CS制度がないプロ野球」への回帰可能性は、ほぼ消滅しつつあるのかも知れませんね。

    ただし希望もあります。導入後20年以上も経過すれば、どんな制度でも徐々にマンネリ感が芽生える事でしょう。その際にファン間から「現行制度の他にセ・パのチャンピオンシップが観たい」との声が強く挙がれば、復活するかもしれません。

    どんなシステムでも、時の移り変わりで修正されます。生き残るために必要だからです。
    できる限り長生きして、プロ野球を楽しみたいものですね😊

  • >>No. 12359

    > 【球団毎の人気は変わっていたか】
    >
    > を判定するには、A;交流戦後から夏休み前までの試合の平均観客数の14年間を見るのが適切だ。

    …ってな訳で、№12359~№12361に渡って、スレ主さんがデータを記載されています(流石に全てをコピペする訳にもいかないので省略)。
    正月特番の録画を流し見しつつ、これらのデータをExcelで纏めたところ、以下の通りとなりました。


    【考察】交流戦後から夏休み前までの、球団毎の平均観客数の推移

    2005年~2018年の期間を、2005年~2010年の6年間⇒2009年~2014年の6年間⇒2013年~2018年の6年間の3つに分けて、それぞれの平均観客数の推移を調べました。結果は以下の通りです。

    巨人:42,098人⇒43,479人⇒44,098人(◎)
    阪神:44,375人⇒41,716人⇒40,958人(▲)
    ソフハ゛:32,672人⇒33,230人⇒36,079人(◎)
    中日:34,223人⇒30,778人⇒30,170人(▲)
    広島:16,694人⇒21,068人⇒28,092人(◎)
    日ハム:23,259人⇒28,653人⇒30,603人(◎)
    楽天:14,009人⇒15,624人⇒21,621人(◎)
    ORIX:14,009人⇒16,400人⇒22,012人(◎)
    ヤクルト:17,011人⇒18,078人⇒23,790人(◎)
    西武:17,094人⇒19,111人⇒20,373人(◎)
    DeNA:14,953人⇒17,052人⇒25,192人(◎)
    千葉:19,173人⇒16,819人⇒17,895人(▲)

    以上より、12球団中9球団において、平均観客数の上昇傾向が読み取れます。
    平均観客数が上昇傾向にないのは3球団ですが、うち阪神・中日は、それぞれ40,000人台・30,000人台の高水準をキープしているので、然程問題ないと推察します。
    千葉ロッテだけは観客動員数が伸び悩んでいて心配ではありますが、一旦下向きになった後は上昇傾向にあります(因みに直近2016年~2018年の3年間に限って言えば、千葉ロッテの平均観客数は19,629人であり、2005年~2010年の平均観客数を上回っています)。今後に期待です。


    球団毎の人気は変わっていたか?についてですが、基本的には上向き傾向にあると思います。

  • >>No. 12352

    > 【ショウカジアイガヘルの正体2】
    >
    >  2005年~2018年の公式戦12,036試合の観客データが物語る真実。D/Cの「消化試合減率」が100%以上、つまり「CS効果期間よりも消化試合の方が平均観客数が多くなる」逆転現象は、75回中44回で59%。相手チームにリーグ優勝の可能性が残っている試合を除外して平均すると、60回中41回で68%もあった。
    >
    >  そこで「3位チームを除外して再計算してみたが、「CS効果期間よりも消化試合の方が平均観客数が多くなる」逆転現象は、59回中34回で58%。相手チームにリーグ優勝の可能性が残っている試合を除外して平均すると、48回中32回で67%。やっぱり傾向は一緒だったのである。
    >
    >  リーグ優勝もCS出場チームも決まった後の完全消化試合に、なぜそんなに客が集まるのか。普通に考えれば「監督が辞任表明した」とか「チームの主力選手の引退試合」とか「Bクラスになったお詫びに無料開放します」とかの「イベント化」が考えられるが、消化試合の数はNo.?に書いたように14年間で239試合もあったのだぞ。

    239試合を14で割ると、約17試合/年。
    更に17試合をBクラス球団数の6で割ると、2.84試合(1球団当たりのシーズン毎の完全消化試合数)。

    この数試合の観客動員数が増えている理由は、引退試合とかのイベント効果や、引退する選手の最後の勇姿を目に焼き付けるとかで足を運ぶ…とかじゃないかな?

    なんにせよ、完全消化試合は3試合弱。しかもこの期間の観客動員数も増えている。

    素晴らしいことだと、私は思います。

    …再掲(笑)

  • >>No. 12351

    > 【ショウカジアイガヘルの正体1】
    >
    >  2005年~2018年の公式戦12,036試合の観客データが物語る真実。「リーグ優勝した年を除く」C/Aの「CS効果率」の平均値を高い順から並べるとこうなる。(つまり2位の年はCS開催試合のAに対する効果率も平均の対象に入っている)
    >
    > 1西武145%
    > 2オリックス125%
    > 3ロッテ114.2%
    > 4日本ハム114.1%
    > 5ヤクルト112%
    > 6楽天108%
    > 7広島104%
    > 8巨人102.4%
    > 9阪神101.8%
    > 10ソフトバンク97.4%
    > 11中日96.7%
    > 12DeNA92%

    消化試合を減らす目的は、観客動員数を維持させることにある、と考えるのが普通だと私は思います。優勝の可能性が残っている時に比べて、3/4の球団が観客動員数を増やしていたとは想定外でした。減った球団も平均で9割以上を維持。

    これは大成功と言っても良いのではないでしょうか?

    …再掲(笑)

  • >>No. 12447

    あけましておめでとうございます🏟

    ホントだ。もう少しだけ、ここで楽しめるんですね。
    今年も残り日数、よろしくお願いします。

  • >>No. 12429

    本当に今年もあと少しですね。NHKではゆく年くる年が始まり、家内が別のチャンネルに変えました(今、私に番組の選択権はないです 笑)

    本年末はこのスレで、結構楽しめました。次にお会いする機会があったら、またよろしくお願いします。

    それでは良いお年を。

  • >>No. 12424

    思い起こせば、私にとってantihamusisiroさんは、CS信者No.〇とかわけわからんレッテルを貼られ、こちらの質問は徹底的に無視されたり、ストーカーのような存在でした。

    だけど今になっては、それもまた良い思い出です。意外と最後は楽しかったです。ありがとうございました。

  • >>No. 12415

    こんばんは。今年もいよいよあと少しですね。

    > 重大発表あるかなぁ。ブログに一番乗りしたい!

    重大発表…来ないかな?
    レコ大でDA PUMPが発表されるくらいの期待感で、その時を待ってます。

  • 平成最後の紅白はサザンオールスターズで締めくくられようとしています

  • さてと。
    あとは紅白でも観ながら、スレ主さんの重大発表(この続きはブログで…のようなコメント)があることを期待しよう。

  • >>No. 12352

    > 【ショウカジアイガヘルの正体2】
    >
    >  2005年~2018年の公式戦12,036試合の観客データが物語る真実。D/Cの「消化試合減率」が100%以上、つまり「CS効果期間よりも消化試合の方が平均観客数が多くなる」逆転現象は、75回中44回で59%。相手チームにリーグ優勝の可能性が残っている試合を除外して平均すると、60回中41回で68%もあった。
    >
    >  そこで「3位チームを除外して再計算してみたが、「CS効果期間よりも消化試合の方が平均観客数が多くなる」逆転現象は、59回中34回で58%。相手チームにリーグ優勝の可能性が残っている試合を除外して平均すると、48回中32回で67%。やっぱり傾向は一緒だったのである。
    >
    >  リーグ優勝もCS出場チームも決まった後の完全消化試合に、なぜそんなに客が集まるのか。普通に考えれば「監督が辞任表明した」とか「チームの主力選手の引退試合」とか「Bクラスになったお詫びに無料開放します」とかの「イベント化」が考えられるが、消化試合の数はNo.?に書いたように14年間で239試合もあったのだぞ。

    239試合を14で割ると、約17試合/年。
    更に17試合をBクラス球団数の6で割ると、2.84試合(1球団当たりのシーズン毎の完全消化試合数)。

    この数試合の観客動員数が増えている理由は、引退試合とかのイベント効果や、引退する選手の最後の勇姿を目に焼き付けるとかで足を運ぶ…とかじゃないかな?

    なんにせよ、完全消化試合は3試合弱。しかもこの期間の観客動員数も増えている。

    素晴らしいことだと、私は思います。

  • >>No. 12351

    > 【ショウカジアイガヘルの正体1】
    >
    >  2005年~2018年の公式戦12,036試合の観客データが物語る真実。「リーグ優勝した年を除く」C/Aの「CS効果率」の平均値を高い順から並べるとこうなる。(つまり2位の年はCS開催試合のAに対する効果率も平均の対象に入っている)
    >
    > 1西武145%
    > 2オリックス125%
    > 3ロッテ114.2%
    > 4日本ハム114.1%
    > 5ヤクルト112%
    > 6楽天108%
    > 7広島104%
    > 8巨人102.4%
    > 9阪神101.8%
    > 10ソフトバンク97.4%
    > 11中日96.7%
    > 12DeNA92%

    消化試合を減らす目的は、観客動員数を維持させることにある、と考えるのが普通だと私は思います。優勝の可能性が残っている時に比べて、3/4の球団が観客動員数を増やしていたとは想定外でした。減った球団も平均で9割以上を維持。

    これは大成功と言っても良いのではないでしょうか?

  • >>No. 12404

    > 引退後とはいえ清原の逮捕、元巨人選手数人の野球賭博疑惑。

    あの時は日数を大きく減らすべきでしたね。終末時計の性質上、問題が収束したら日数を戻せば良いだけの話。そのアクションの有無だけで、活きている時計なのか壊れているのかの評価が変わっていたと思うんですけどね。

  • >>No. 12329

    > いよいよ今年も残り僅かとなりましたので、第三者目線で「日本プロ野球の終末時計の考察」を、サクッとやってみたいと思います。
    >
    > この時計は、2006年9月25日 05:26に、「1999日前」で設定されました。
    > そして、2018年11月15日 21:24に更新した、「798日と20時間58分前」を指したのを最後に消滅しようとしています。
    >
    > ザックリと計算すると、12年間で1200日減。1年平均100日減。
    > …ということは、終末時計がゼロになるのは、今から8年後(終末時計の発足から20年後)という計算になります。
    >
    > この終末時計発足は、CS制度の導入時期とほぼ同時です。その頃に野球を観始めた小学生も、20年後は26歳以上で、子供が居てもおかしくない年齢になります。CS導入前までのプロ野球を知らないファンもかなり増えたと思います。
    >
    > 球界再編問題が上がるほどの危機的状況も脱して、今年は史上最多の観客動員数も記録したらしいですし、スレ主さんが第一に求めているであろう「CS制度がないプロ野球」への回帰可能性は、ほぼ消滅しつつあるのかも知れませんね。

    …再掲
    (この再掲ってのも、記念にやってみました 😙)

  • >>No. 12401

    おかげさまで、キリ番ゲット出来ました〜。ありがとうございます。
    ブログの件は楽しみですね。発表あるのかな〜?伏線のようなコメントは出てますので、可能性は結構高いかもです。

  • なんだか走馬灯のように過去コメントが貼られまくってますね。

  • >>No. 12348

    いえいえ、さすがはantiさんです。
    私も最後に、豪華な顔ぶれでキリ番争いできたのは嬉しいです。
    おめでとうございます。

    あ、でも12400はイケそうかもですね。がんばるぞ〜!

本文はここまでです このページの先頭へ