ここから本文です

投稿コメント一覧 (1626コメント)

  • おそらく対照群に当たった方のコメントならばありましたが、どちらともわからない状況なので、興味のある方はご自身で探してみるのも良いかもしれませんね

    何時結果が出てもおかしくない時期に突入です
    楽しみ待ちましょう

  • 近い将来TBI用途も慢性期脳梗塞用途も日本で上市されると思いますが、仮承認から本承認までの期間はリアルワールドデータの活用により案外早くなるかもしれませんね
    利用料はそれなりに高額ですが、その頃のサンバイオにとっては総額でもそんなに負担にもならないのではないでしょうか
    早期承認制度の場合は活用と同時に優先審査で8~9ヶ月、先駆け審査指定制度の場合はおそらく4~5ヶ月程度の期間が必要ですが、何れの場合も従来の制度よりは短縮されるはずです
    慢性期脳梗塞用途も来年度の先駆け審査指定制度には間に合う気がしますね

    という事で、TVの脳卒中になった若い彼女も、SB623の利用が可能になっていると思います
    SB623が早く上市され、安定供給も実現して、将来の彼女にも投与できれば嬉しいことです

  • そもそも他の国内バイオベンチャーや製薬企業が治験失敗を繰り返す中にあって、サンバイオだけに出没するのだから、悪意しか感じ取れない
    相手にするだけ無駄ですよ

  • 再生細胞薬で未来を創造する

    ファーストビューにこの内容で、この時期の更新は関係者を刺激するものになるのは当然サンバイオ側も予測できるはずですから、個人的には「意図的な更新」だと思います
    ここまで明確に表現したのだから、個人的には決まりです

    森氏並びにサンバイオの方々もこの掲示板を見ているはずですから、更新後の反応を見ていることでしょうね

  • IRも近いのでしょうね

  • 再生細胞薬ですか
    確信の先まで来ていますね
    決まりです

  • もしかしたらサンバイオに治験を受けた被験者からお礼などきているのかもしれないのだし、妄想をすればきりがありません
    一つ言える事は、森氏はこういったポジティブな情報を沢山持っているという事でしょうね

    数々の発言を纏めれば自ずと答えは見えるはずです

  • 繰り返しの議論お疲れ様です
    またループですね
    そして、同じことが繰り返されるでしょう

  • SB623が保険対象外になると本気で言っているのならば、これまで以上に読む価値なしの投稿者に個人的には降格ですね
    限りなく読む価値なしと言っても良いでしょう

  • 森氏の発言として、最近は「SB623は非常に優れた製品」「SB623は画期的な新薬」「SB623の製品ポテンシャルを非常に大きく感じている」「かなり先まで実現が見えてきている」等、以前に比べて彼を取り巻く環境がどのように変化して来ているか、これらの言葉に全てが集約されていますね
    サンバイオの持つ人脈や環境を考えると、こういった発言は軽々しくはできないものですからね

    彼から「全てのステークホルダーに恩返しをしたい」待ては良いことがあると言うメッセージです
     
    しかし、某氏も「サンバイオへの悪意」が取れませんね
    異常と言えばそれまでですがね

  • 一体一人何役やっているのだといった感じですが、賑やかなのは良い事です
    引き続き頑張ってください

  • 申し訳ないが、私には数々の実績があるのでね
    何を言われたところで私には通用しませんよ

    古参の方々は、私が掲示板に持ち出した銘柄のその後をよく知っているはずです

  • それは違うのではないかと思います
    アキュセラの失敗があるからこそ、同様の失敗を繰り返さないように、個人投資家は投資する企業をしっかりと調べてサンバイオに投資してきている印象ですね

    あなたとは視点が違う

  • その通り、某氏は決してほんとうに悪い人というわけではないと思います
    ただ、サンバイオとSB623を嫌悪し悪意を持って投稿していることはこれまでの彼の発言によって誰にでもわかる
    他人にバイアス云々言う前に、ご自身のサンバイオに対する悪意を取り除いてもらわないと、悪意に取り憑かれた投稿を繰り返すだけなのでね
    悪党ではなく、「悪意を持つ投稿者」が本当のところです

  • Losさんこんにちは

    私は今から紅茶タイムです

    ところで、プラセボの件はずいぶん前に投稿しましたが、SB623投与後の経過観察期間は1年間で、他研究の類似する結果通り、プラセボ効果を一定水準以上持続させるのは困難だろうと予想しています
    TBI用途も経過観察は半年間で、差を出す為には十分な期間だと思います

    もっとも、被験者もそれぞれの正反対になる違和感に途中で気付くと思いますが、それは被験者のコメントによって明らかになるのではないでしょうか

    そちらではきっとSB623の上市はあたりまえなのでしょうね
    そんなに遠くないIRを楽しみに待っています

  • inchosenseiさんこんにちは

    細胞レベルで神経栄養因子がどのように神経幹細胞に働いてどのように変化して脳神経ネットワークを再構築しているのか、その解明がSB623に対する学者視点でしょうね
    既にサンバイオは近い将来実現する販売に向けて全力で頑張っているというのに、掲示板は議論の必要もない売り煽りの投稿のために、無駄な時間が多い気がします

    森氏は今も人脈を広めつつ、様々な場所で精力的に頑張っているのだから、株主としては彼らを応援するだけですね

  • 追記です

    もっとも、SB623は内在性神経幹細胞の活用によって効果を及ぼす、いわば「自己脳再生機構の主役」の機能を最大限に引出すために、作用機序に欠点はまずない
    効果の大小は個人差があるが、この治験において「奇跡の患者」以上の改善を目の当たりにした時、人間はその効果を目指してSB623を欲することになる

    くだらない売り煽りの投稿など、興味もない
    ただの暇つぶしです

  • もし、SB623に対して売り煽り行為を行なうのならば、脳領域特異性と分子メカニズムあたりまで掘下げて、議論しなければ意味がない
    そのくらいSB623は完成された薬剤だということが大前提であり、くだらない売り煽りの投稿など無駄すぎる

  • 他の試験結果によるプラセボの長期追跡結果云々など、様々な投稿がありますね
    それらの結果を見て、フェーズ1/2aを照らし合わせて見たら良いと思いますよ
    不安を抱える投資家も、多少は解消されるのではないでしょうか

    治験結果は公表されるまでわからないのはどうしようもない事ですが、慢性期脳梗塞患者が心理的影響によって微妙に生じるプラセボ効果を最高到達地点で維持する事は困難であることがわかるでしょう

  • 投稿を消されたので、投稿し直しです
    暇つぶしですが

    難しいとかそういう事ではないのです
    あなたの投稿にあまり興味がないのだから、行動に移れないのです
    従って私にとっては成功事例云々はどうでも良い事なのです

本文はここまでです このページの先頭へ