ここから本文です

投稿コメント一覧 (736コメント)

  • 信用を見ると完全に売り方の昇天待ちと言う感じをうけるのは私だけか?
    うまく誘い込まれた感を受けます。

  • 不動産関係ですが、最近は事業性融資(プロパーローン)が締まっているのを感じます。
    つまり、物件の売れ行きが悪いので価格が下がってきています。(都内はまだ影響を受けていないのか
    高値推移中です)

  • 【文字の長い都市銀行の口座解約】

    口座のある池袋の支店ではなく、別の支店でも解約できることをHPで確認してから、昨日休暇を頂いたので実行しました。この支店は郊外にあるため15分程度の待ち時間で順番が回ってきて、無事解約ができました。

    解約した理由ですが、
    1)行名が長すぎて記入が面倒(引き落とし等の口座としては利用勝手が悪い)
    2)そもそも事業性融資は期待できない(高額年収の給与所得者か優秀な事業者向け)
    3)他の銀行で代替えが可能(住信S●Iネット銀行のランク●で充分)
    4)口座保有数を厳格に管理をしている(融資の関係で地銀の口座が増えている)
    5)投信等を保有していると住居の移動の際に足かせになる(プライベートバンクを利用できるクラスであるがろくな商品がないこともわかっているので、敢えて調べていない:笑)

    上記の住信S●Iネット銀行でも、都市銀行の口座であれば、振込の際に口座番号を入力した時点で名義を確認できるので、利便性において劣ることはないかと思います。どこかの地銀みたいにPM9以降は残高が照会できないとか信じられない事象も発生しませんし。

  • >>No. 3840

    【Re:政策と金利】

    現在の金融政策の負の面がいよいよ出てくるのかと理解していますが、現在大量に負債(Debt)を抱えている身としては対応策は考えおかないといけません。

    正確に言うと、(短期)プライムレート(もしくは新長期プライムレート)と(10年物)長期国債の連動にかなりの相関があるため、各所に影響も出てくることになります。(政府の対策としては当面は短期金利を抑制する政策を採用すると思います)
    →金融機関は短期で資金を調達し、一定のマージンを確保して長期に貸し付けを行っているため

    ・住宅ローン
    ・アパートローン(特に変動金利)
    ・企業への貸出金利(事業性融資→一般的な貸出し)

    住宅ローンは通常は変動金利で借りても、返済額は最大で5年間は変更はなく、(元本の返済が減ることで調整される)また次の5年間の返済額も最大で1.25倍にしかなりませんので、パンク(支払いができなくなること)の確率が低減されるように工夫はされています。(支払い不能が多くなり、社内問題になっても困るので)
    とは言え、新築のマンションは売れ残り…。住宅産業への影響まではヘッジされていないので、そのまま産業調整されることになります。金利が上昇を始めると固定金利しか扱っていない住宅金融支援機構系のものが注目されますが、住宅ローンを組もうと言う人がそもそも減ると思います。

    アパートローンはそもそもセミプロ向けに貸しているので、住宅ローンの利用者と違い、結果が両極端になることが予想されます。(アパートを売却して清算か繰り上げ返済を行い調整かなど) 今のご時世で、金利の上昇を理由にして急に家賃を上昇させることは無理かと思いますが、契約更新時に敢えて値上げで調整することは可能かと。

    事業性融資ですが、銀行も採算割れを起こしてまでも貸しませんから、日々交渉かと。但し、変動金利でも半年ごとにプライムローンに変動して変更する契約の場合はそのまま適用して、返済が難しいと(返済期間の交渉とか専門的ですが)交渉ごとになるか引き上げかと言うことになります。

    どちらにしても、景気がよくなる話は全くないので、景気対策として借金をさらに重ねてと、こちらの面でも困ったことが起きるかと予想しておきます。株式に運用の比重を傾けた年金運用の低迷とかもありますね。これ以上は暗くなるので省略。

  • >>No. 3974

    【Re:日本Y政株の売却】

    まだ有人の支店を口座をお持ちと言うとこだと理解しましたが、予想通り過ぎて残念に思います。
    売れ残るとかに関係なく、幹事になった証券会社は全数引き受けさせられますから、売り出し先に
    は影響はないかと。但し、今回で全数売り切りではなかったはずなので、株価が下がり、どうする
    のでしょう日本Y政の筆頭株主は。

  • 詳細を見てみると、出店計画が順調であるにも関わらず利益も順調に伸ばしていることから、(日経のどうしょうもない浅い記事もあり)徐々に買われていくのではと予想を変更しておきます。

    流石に機関投資家が日経の記者程度の分析しかできなければ、飯を食っていけませんから。
    日々の取引が中心の方が結構なお金を動かすのも事実で、この影響はしばらくあると思いますが、
    そのあとは、気が付いた投資家から静かに買われるでしょう。

  • 最近はドラックストアが全体的に下げていただけに、上昇と言うよりも
    買い戻しが入るかもしれません。元々、値段を下げて集客を行う会社でも
    ないのに売り上げが好調であれば当然収益も改善してくるでしょう。

    どちらにしても大人(機関投資家)がどのように判断するかで方向性が決まります。
    個別決算を無視してポジションを落としているのであれば、特にアクションもないでしょうし、
    逆に絶好の売り場に見える可能性も否定できません。

    まあ、様子見です。

  • 売り方を誘い、頃合いを見て上昇。踏み上げ。この繰り返しに思う。
    朝の板を見ているとすごく不自然に成り注文が動くし。

  • 売り上げが落ちてくるとやばいけど、あと2Qくらいは見守ってもいいのでは?
    保有株数によってはそうもいっていられないけど。

  • 売り抜け指示か?
    時々、何故この目標株価なの?
    と言う時がありますが、過去の例では逆のことが多いです。

  • PERからすると、成長性を織り込んでいるように見えるわけで、前年比で成長性を感じられない決算が出ると売られるのも当然かと。利益率は高い(配当は大変しょぼいが)のでPER20倍前後が成長があまり期待されない時の評価かと思います。

    売り方としては、当面成長性は落ちるとみるだろうし
    買い方としては、一時的な要因で調整しているので仕込みのチャンスと考えると
    思うので、適当なところで均衡が保てるでしょう。

    老婆心ながら、会社IRがこれまたしょぼいので、会社の魅力がどこまで伝えきれているのか
    という疑問は当然あります。(ファナックのようにIRに向いた人材を雇うのもいいかも)

  • プロも個人も予想がつかずに方向感がつかないような値動きです。3Q以降で為替差益でプラスの予想なのにね。

  • 為替予約は結構早めにしているのではないかな? 為替予約後に円安になる分にはその期はかなりの為替差益が出るはずです。但し、その次の年に影響があり、結構苦しむことになろうかと思います。(ニトリは表向き値上げをしないため)

  • 為替の影響で利益に少なからず影響が出るのは輸入の多い企業の宿命。(100%為替予約でカバー
    できないのですから)売り上げがコンスタントに落ちてくると目も当てられないですが、しばらくは保有継続で
    いいのでは?

    やばくなったら、商品の入れ替えで実質的な値上げで対応するでしょう。

  • 月次の売上の公表が近いので、ここで売り込むのも勇気が必要かと。
    売上の方は公表されているので、ほぼ確定ですが、営業利益の方はやはり為替の影響が
    どこまであるか(為替予約していない分)ではないかと。

    以上から、当面強弱対立ぎみと予想。

  • 【電波オークション】
    現時点では、アドバルーンを上げただけですが、民間に開放する電波(周波数帯)が足りなくなっているのは事実であり、格安に利用しているテレビ事業者等からデジタル放送で余裕が出てきた分を回収して、テレビ事業者からも本来の使用料を負担させることを目的に「電波オークション」が遅ればせながら導入を目指すことになったのでしょう。

    今でも(予算面で)厳しい民放が落札できない場合に備えて、海外の大手放送事業者を参入させるのかが一つポイントになりそうです。(身内で談合をされても困るので)

    余談ですが、公共放送もオークションで定期的に落札できるようにすれば健全化するのではないかと思いますね。(ニュース・自然災害速報・政見放送等最小限の内容に絞れば可能かと。まあ、高校野球やメジャーリーグの中継等の娯楽は民営化しても問題ないでしょう。皆様の受信料で湯水のごとくの予算で次世代の放送の研究予算等に使っている現実があり、このあたりにもメスを入れてほしいです)

    余談ですが、放送基地局は必ず、公共放送と民放で別になっており(民放は共同使用)、皆さん現地で目撃しても何とも感じないのが個人的には不思議です。N●Tの設備を他社に開放させた実績(通信分野の民営化)はあるのですから、総務省にも頑張ってほしいです。

  • >>No. 697

    大口さんが物色を始めたのか、途中から盛り返すなど拾われている感じも受けます。

  • プリマの(ハムソー等の加工品の)コスト競争力が徐々にばれているのか、ついに大手証券のアナリストにもカバーされ始めました。
    本来の評価をされるようになるとしばらく逝きそう

  • 都心に出店したお店の商品構成の見直しとかも期待できるので、当面は順調に売り上げを伸ばせる気がします。

    家具に雑貨までは軌道に乗っているが、次に何を狙うかは重要。

  • 出来高からして、ぼちぼち仕込みどころか?

本文はここまでです このページの先頭へ