ここから本文です

投稿コメント一覧 (786コメント)

  • 上市まで長期間要するが、いずれにしても新たな大きな材料が加わったことは確かであり今後の進捗により帝人への評価も変わってくるかと思うが?

  • 売ろうと思っていたが、この材料の見極めるためしばらくは保有したいと思う、さてこの材料どうなるか? 吉と出るか凶と出るかわからないが相手は米メルクであり今後の展開がおもしろいとみるが?

  • 帝人にはこのような材料があったのか、アルツハイマー治療薬とのこと、上市のあかつきには帝人株の先行きは予想がつかないと思う?、今日は材料公表に2150円まで買われたが徐々に売られ結局のところ2100円という状況? 来週からの動きが気になるが、いずれにしても開発の難しいアルツハイマー治療薬であり相手は米メルク、仮に上市が出来れば帝人株は様変わり? 仮に失敗すればそれ程の影響はないとみるがどうであろうか?

  • 人気離散、ほんとに帝人という会社は人気がない、いろいろと成果等についてIRしているようであるが何故か全然効き目なし、帝人の広報部は機能しているのか?突然にやって来るこの株価の下落、よくわからない会社である。

  • 日経新聞の記事掲載に効き目なし、じり貧が続くDS、28年度決算における北里ワクチンの大幅減損の悪影響だろうか?、投資家等からの怒りの鉄拳、信頼性が剥落、いずれにしても焦点は29年度決算見通しではないか、まずプラリアのリウマチへの効能追加、それからミロガバリンの上市か、早目に吉報をお願いしたいが、他の大手製薬会社との比較ではDSの株価があまりにも惨め、田辺三菱にも劣るとは何たるちや、経営陣の奮起を期待したい、株価の低迷時代はあのランバクシ-の問題で終わりにしたいが・・・

  • 好決算見通しを公表していながらこのような悲惨な株価の状況、一体何が悪いのか、よくわからないが帝人という会社への投資魅力が不足しているのだろうか?

  • 落ち着いたんだろうか、それにしても随分と下落したものである。武田から国内販売額トップの座を奪還したものの株価はこのような状態、一方武田の株価は好調である。相変わらず日経新聞や雑誌ではDSのネガティブ記事が多いが、今さらながら過去の失敗事例を並べても過去のこと、株価も低調な動きが続いており他の大手製薬会社との評価の格差も目立つこの頃、いずれにしても未来志向に立ちパテントクリフを乗り越えて欲しいがそろそろ大型商品の上市公表がないものだろうか?

  • 帝人株の不人気によるものか連日の下げである、好決算ではあるが何かが不足しているんだろう?

  • 連日の大幅な下げである、何が原因なのか、17/3月期の決算において1月に上方修正しておいて5月の決算公表において北里ワクチンの設備減損により大幅な減益という事態となり、投資家等の怒りの鉄拳か、1月時点で減損という事態がわかっていたとすれば上方修正しなかったのではないか?要するに察すると監査法人から指摘され急遽減損することになったのではないか?子会社に対してガバナンスが効いていないのか、いずれにしても他の大手製薬会社との株価の比較では、DS株だけが蚊帳の外、取り残されている感じである。

  • 17/3月期の純利益は史上最高益、また18/3月期の決算見通しは好決算見通しなのにこのような株価の状況、帝人株に人気がないのか、よくわからない会社である。

  • 北里ワクチンの減損による大幅減益の影響が大きいのか続落してしまった、日経新聞は見透かしたようにネガティブな記事、今や焦点は18/3月期の決算見通しである、DSは減収増益の見通し、特に営業利益1000億円達成は至上命題、気になったのは売上高、国内売上高はトップでも海外売上が減収が気になる、パテクリの影響か、エドキサバンやインジェクタファーでは不十分だろう、DS経営陣には何の手立てもないのか? 今日公表の株式ㇾ-ティングではGSが中立継続で目標株価を2600円から2700円に上方修正、いずれにしてもADC薬の進捗は順調らしいしエドキサバンが拡販している状況下、18/3月期はなんとか上方修正してもらいたいが、実現したあかつきには3000円という道筋も見えてくる。

  • 北里ワクチンの減損が痛かった、1月に上方修正していただけにこの減損はいたかった、さらに北里への400億円の投資であるがその効果の実効性は?さて18年3月期の見通しであるが、昨日の経営説明会ではADC薬の進捗は伝わったが上市するまでに相当の期間がありパテクリを何でカバ-していくのかいまいち弱い感じがした、国内売上では首位になったが海外売上の減収を何でカバ-していくのか、エドキサバンが伸びているが十分ではないと思う、新たな導入品が欲しい

  • 帝人は株主還元ということで5円増配を公表した、株主にとってありがたいことであるが、他に資本政策の一環として「自社株買い」という還元策もある
    のではないか、今後とも積極的な自社株買いの実行をお願いしたいものである。

  • 週刊ダイヤモンドの今週号、DSの特集記事をけい妻、タイトルは「第一三共の正念場」、どうぞお読みください。
    ちょっと紹介すると、ネガティブの記事としては、未だに続くDとSの勢力争いや過去の失敗等(ランバクシーの買収、エフィエントの期待外れ、米におけるエドキサバンの制限処方、クリフ)、ポジティブな記事としては、銀座一等地の自社ビルや研究施設等の優良資産、MRの評価が高い、AG薬の拡販、エスファの存在等・・・・・・
    いずれにしても中期計画の達成のためには、今期の営業利益1000億円の実現、早目の癌新薬の上市だろうか。

  • 野村証券のㇾ-ティングでこんなに売られるのか、決算内容は全然悪くない、むしろ好決算と言えると思うが、しばらくの辛抱か、そのうち見直されるだろう?

  • 帝人18/3月期の決算見通しは好決算であると思うが、昨日は決算公表後、市場予想を下回っているということで少し売り込まれた様であるが? 18/3の営業利益は620億円と増益予想、たまたま市場予想は640億円ということで売り込まれたらしいが? むしろ構造改革による収益体質の変化や増配公表を評価したいと思うが、いまいち市場は鈍感であると思うがどうであろう?

  • 帝人の決算公表は明日であるが、今や焦点は17/3ではない18/3月期の決算見通しである、はたして帝人の18/3月期の営業利益の決算見通しは?

  • 帝人の決算公表は明日であるが、今や焦点は17/3月黄

  • DSは公認後発薬の拡大とのこと、収益の底上げするにはいい打ち手と思う、いずれにしてもADC薬の速やかな上市をお願いしたいが・・・・

  • 2017/05/08 18:12

    ていじんの

本文はここまでです このページの先頭へ