ここから本文です

投稿コメント一覧 (104コメント)

  • 今、二軍の試合を観てるんですが、本多だけでなく福田も出てますね。

  • 日ハムの日本一で2016年は終わりましたね。
    2連敗してあれ?とは思ったけど、ただで最大11.5差をひっくり返したわけではないだろうから、どこかで持ち直すだろうとは思っていた。
    3~5戦目は「DH・大谷」が使えたから、使えるうちに3連勝できたのは大きかったと思う。そのうち4、5戦目がサヨナラ勝ちだから、勢いがつくのは当然。大谷のサヨナラ打にとどめは西川のサヨナラ満塁弾。連続サヨナラ負けのカープは相当ショックだったと思う。後ろの中継ぎで落としたからね。

    栗山監督の采配が本当に冴えた。先発が危ないと思ったら次へ次へと行く。なかでもバースが4勝のうち3勝挙げたのだから日本一の原動力となったのはバースだと思ってもいいのでは。

    ホークスの選手が今日の試合をテレビで観ていたかはわからないけど、来年はあなたたちがやってもらわないとね。キャンプ初日から厳しい練習が始まっている。若手にとっては実りある秋季キャンプにしてほしいし、春季キャンプにつなげていってほしいと思う。

  • シーズン終了時点での支配下選手の数は、
    投手 34
    捕手 8
    内野 14
    外野 12
    の計68選手。
    今日現在で、
    投手 31(-3)
    捕手 8(0)
    内野 12(-2)
    外野 12(0)
    計63選手となりました。新人選手を入れると67選手になります。

    今後、カニザレスの来季契約、森福のFA動向などにもよりますが、それでも支配下選手の数が最低でも65ぐらいになりますか。

    補強するなら、ほんの少数に限られるでしょうね。育成選手を支配下登録することもありますからね。新外国人野手一人加わるぐらいか。FAは今回は参戦しないのでは?と思いますね。

    特に内野が手薄ですかね? 個人的には川崎は2、3年前ぐらいだったら獲得はありだけど、今は必要ないと思う。時が過ぎた。バックアップ要員だったら、明石、川島でもこなせますからね。トレードで他球団から補強できないものかと。

  • 2016年ホークスの戦いは終了しました。本当に皆さまお疲れさまでした。そして日ハムCS優勝おめでとう。

    シーズン2位で三連覇の夢は消え、気持ちも落ち着かなかったかもしれないけど、でもよく5戦まで戦いました。

    来年への課題だけど、補強は必要最小限でお願いします。一番の補強はキャッチャーかな? 被本塁打が126とこれはリーグワースト1で、昨年113から13本も増えている(これでも昨年楽天と並んでワースト1)。

    打撃もイデホが抜けてどうかなと思ったけど、昨年と今年の成績を見ると、本塁打数は下がっているが、得点数が昨年よりわずか14点下がっているだけ。
    http://npb.jp/bis/2015/stats/tmb_p.html
    http://npb.jp/bis/2016/stats/tmb_p.html

    イデホが抜けてもそれなりに頑張っていたというべきか。昨年と比較して日ハムの投手陣が良くなったのが目につく。失点が100以上も下がっているし、被本塁打も100も打たれていない。吉井コーチの復帰は大きかったかも。

    いろんな打者の補強ニュースは出てますが、捕手をどうするか?攻め方などスコアラーが徹底的に洗い出して来年への対策をお願いしたい。バッテリーコーチは代えたほうがいいね。

    日ハム戦に限っては、大谷とレアードに打たれすぎ。こんだけ同じ打者に打たれるというのは異常。

    あとはヘッドコーチを置くこと。工藤監督続けますかな? 置くだけでも責任は半々で追うことができるから、今年に限ってはヘッドコーチがいない以上、工藤監督に全部責任がある。

    あと4日でドラフト。FA市場はどうなりますか。

    2017年はもう始まったぞ!

  • 勢いがつく勝ち方だったなぁ。最後によく逆転した。

    福田の二盗、三盗は見事だった。本当に紙一重だったけれど、よく勇気をもって走った。

    8回の松田のホームランは無駄ではなかったね。これが結果的に反撃に火が付いた。逆転するまで岩嵜がよく投げた。

    明日勝てば日ハムが慌てだすだろう。まずは先制点ですね。千賀と有原。どんな試合になりますか。

  • 強がりではないけど、今日の負けは“想定内”かなぁと思うべきか。

    武田は守りの投球になると一気に崩れてしまう。千賀のようにもっと若々しく腕振って投げてほしいと思う。75球で降板したからあと1回登板チャンスはあるだろうけど。最終戦まであればの話だが。

    打線は大谷に圧倒されちゃいましたね。立ち上がりはやはり攻めどころだけど、チャンスは内川の二塁打のイニングだけでしたね。今年の大谷のストレートは昨年までとは切れが全く違う。速さだけではなく力強さも兼ねている。これはどこも打てないでしょう。立ち上がりを攻めて点が取れないのなら仕方がないと割り切るべきでしょうね。

    打線は調子がいいのかは明日で答えがわかるでしょう。柳田を今3番で起用しているけど、3番はやめておいたほうがいいと思う。一番いやなのは調子がいい内川の前でブツリとチャンスが途絶えてしまうこと。四球選べる打者だし、と盗塁もできるから思い切って1番で使ってみたら?と思う。

    1 柳田
    2 本多
    3 中村晃
    4 内川

    こんな感じかな?

    日ハムもほんの一瞬であげた5回の6点だけだったし、それ以外は0点。接戦になればまだホークスにチャンスはある。東浜、寺原、森も0点で抑えたのも好材料。日ハムのキーマンは西川だろうね。出塁させるとやっぱり厄介。3番に大谷が入ったらもっとプレッシャーはかかるだろうし。

    前向きに考えるなら“あと1つ負けられる”ということ。明日からスタートのつもりで開き直って最後の最後まで楽しませてほしい。もう少し長くホークスの野球を観たい。

  • >>No. 290721

    >すでにあと攻撃は1イニングのみです。
    >ここで3~4点取ればまた明日への望みにつながるのですが。

    あってほしいことは、9回に回ってくる柳田がヒット1本打つことかな。これだけでも収穫になるが・・・。

  • >>No. 290716

    >って、すでに余裕で大谷は降りてました・・・・・

    7回102球ですからね。最終戦までもつれた場合、また先発で十分投げられますね。

    何も得られないまま終わっちゃいましたね。打者が狙うなら抜けた変化球だけかな?

  • これはもう厳しい展開なのはしょうがないとして。

    投手の調整登板だったり、打撃もいろんな打者を試すとかあってもいいと思う。

    明日以降どうするか? これが大事。何かいいものを見つけておかないとこのまま終わっちゃいますよ。

  • >>No. 38522

    加藤は3年間スカウトが追いかけていたというし、高梨は他球団からマークされていなかったという記事が以前あったような・・・。特にこの2投手の活躍は見逃せないですよね。

    昨年のドラフトは高校生だけ。他球団から「ナメんな」との声が聞こえてきそうなドラフト結果でしたね。左が欲しかったなら今永(現横浜)だとか捕手が欲しいなら木下(現中日)とか即戦力の選手はいたんですけどね。

    高校生を指名するのは悪くないけど時間がかかるのが難点。少しでも即戦力の選手を指名しないと年齢層の幅が大きくなっちゃって結局はFAや外国人頼みになってしまう。

    本当にいい選手ならスカウトもしっかりと追いかけなきゃいかんと思う。絶対欲しいというなら徹底マークを。

  • いいね寺原!

    寺原は使える。いい光明だね。

  • >岩嵜か森が準備中みたい

    森でいいと思う。残り試合少ない中でもっと接した試合があるだろうから、岩嵜はなるべく温存しておきたい。

  • いい追加点ですなぁ。8点って勢いがつきそうですのう。

  • まだ可能性はあるけれど、現実は厳しい状況になったことを前置きしておいて・・・。

    工藤野球の限界が見えてきたかなというのが印象に残った。特に7月からの戦い方。

    投手出身であるだけに、ベンチからサインを出したり、野手に関しては一、二軍の入れ替えを頻繁に行うようになって、調子はいいのに打順をいじったりと、コーチの進言もあるのだろうけど、やっぱり動かしすぎたんじゃないかな?これが7月からの打線が低迷した要因ではないかと思っている。特に1、2番が固定できなかったのが得点力低下を招いた。

    就任時からヘッドコーチを置かないというのは、これだけは自分の中で「?」のマークが消えなかった。投手出身だったら打撃部門に口を出さないほうがいいのでは?

    一方で、中継ぎの不安はずっと言われてきたままだったが、あまり入れ替えをしなかった。いくら打たれても出し続ける。最後の最後になって岩嵜だの東浜だのと後ろに起用する方向へとやってしまう。7、8回の勝ちパターンが最後まで固定できなかった。

    純国産打線もよく続いたが、限界というのもあり疲れが出てくるのは皆一緒。そこで外国人選手なんですよね。7、8月は投手も疲れが出てくる時だから、打てる球が増える。外国人選手にとってはその時期は一番稼ぎ時。来季の契約もかかっているからね。

    層が厚いわりには故障者も多かったなぁ。故障者が多い分層の厚さが感じられなかった。

    首位にいて11.5ゲーム差を今は立場が逆転して首位日ハムに2差離されたという現実を受け止めなければならない。CSに備えるつもりで戦力を見極めていくべし。ダメな選手はダメと割り切ってしまいましょう。一人でも多く戦える選手を作りましょう。それが結果として逆転優勝につながればいいんじゃないかと。

  • >>No. 282682

    >今までのやり方でじり貧になってるのにそのまま続けるのですか?という事

    補強できる時期は終わったし、やり直しがきく時期ではないですからね。やるんだったら7月にやらないといかんものだけどね。工藤監督のコメントからは本当にどうしようもないのだと感じ取れます。

    吉村のロッテ戦のエラーだとか、昨日の柳田の後逸だとか、これって焦りなんだよね。日ハムが猛追する時期からプレッシャーはないと言ってても、内心相当プレッシャーがあったんだと思うんですよね。

    中継ぎは前から不安はあったし、打線も昨年ほど破壊力はないのに、それでも貯金30まで行ったんだから、力はあるはずだし。

    やることは変わらないだろうけど、残り試合は少ないし、結果がすべてだし、トーナメントのつもりでやらないと。

    昨日は1回に3点失ったら、もう逆転できないだろうと最近までは思っていたところが、逆転できたんで打線は上向いていると思うんですよね。

    サファテの怪我は痛いなぁ。昨日ほどサファテの存在は大きかったんだなと感じるものはなかったですね。

  • >>No. 282679

    いやあ、どっちもどっちでしょう。

    日ハムは念願の首位浮上になったけど、ここからが大変だと思いますよ。本当のプレッシャーはこれからでしょう。栗山監督のコメントの意味は分かる気がします。

    私の予感だけど、最終戦までもつれるんじゃないかな。1、2位が毎日のように入れ替わるような形で、残り30試合あまりを消化していきそうな気がします。

  • 本当にお疲れ様でした。

    今後のご活躍をお祈りいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ