ここから本文です

投稿コメント一覧 (502コメント)

  • >>No. 1273

    >ロシア杯の事ですが、実はあんまりよく知りません。
    何度も言いますが、こちらで教えて頂けると助かります。

    では、出発前に結果を簡単に。
    ・シニア部門
    1位 グリャコワ 202.98
    2位 グバノワ 189.31
    3位 ミハイロワ 182.57
    (以下略)
    ・ジュニア部門
    1位 クラコワ 193.96
    2位 ヌグマノワ 183.88
    3位 シニツィナ 177.68
    (以下略)

    >努力が結ばれて欲しいと思う選手の一人ですよね。

    彼女の場合、トップ選手達にくらべて身体能力にやや劣りますからね。
    ムホルトワやルプツォワもそうですが、踊れる選手はなぜかジャンプが課題な傾向があります。

    ところで、シニアGPSロシア大会女子の地元枠がミハイロワに決定。
    私は前から、サハノかミハイロワ、大穴でクラコワ(年齢上シニア1年目)、と予想していました。
    本来ならコンスタンティノワでしょうが、彼女は国際戦はジュニアを選んでしまっている。
    サハノが選ばれなかったのは、相変わらず不調か、何らかのアクシデントがあったか(今週のロシア杯欠場)、どちらかでしょう。
    クラコワは、今年はJGPにサブエントリーすらされていないので、ひょっとしたらと思いましたが、上記の通り国内大会もジュニアで行くようだし、やはり無理筋でした。
    というわけで結局、際立った成績は上げていないものの、安定してそこそこの結果を出しているミハイロワに落ち着いた、というところでしょうか。

  • >>No. 1268

    明後日からまた数日留守にします。
    さて、ブログ見ました。
    記事読むのを楽しみにさせていただきますが、私自身の書き込みは原則としてこちらにしようと思います。

    今週はJGPに先立ってロシア杯第1戦がありましたが、結果はご存知でしょうから、コメントを簡単に。
    グリャコワ、JGP第1戦の時より調子が上がってきている。
    (骨膜炎(?)だか何だかで、先月のテストスケートではスピンがグダグダだったとか)
    予定通り第7戦出場なら優勝争いに絡んできそう。
    グバノワ、ヌグマノワは例によってジャンプが……
    グバノワは、サハノ欠場で代わりに急遽出場することになったのかも。
    不遇ながら頑張っているクラコワ(ジュニア部門1位)のフリーを。
    (プログラムは昨季からの継続)
    https://www.youtube.com/watch?v=SON1Y0gFh5o

  • >>No. 1266

    >昨日のロンバルディア・トロフィの感想をあちらのブログに書きました。
    よかったら読んで下さい。

    えーっと、「あちらのブログ」というのはフィギュア関連用に作られた新しいブログのことでしょうか?
    だとしたら、それがどこにあるのか私はまだ教えて頂いてないので、見ることができません。
    振り返ってみると、ここの9月2日付の投稿に、

    >それとあちらのコメント。読みました。
    (すみません。こちらに返信文を書き込んだので、あちらでもコメント返してません
    でした。)

    とありますが、たぶん私はこの「返信文」なるものを読む手段がないのだと思います。

  • >>No. 1262

    >最近、返信が遅くてすみません。

    そんなことはお気になさらずに。
    ここを維持するのが負担になるようであれば、放置なり閉鎖なりされても構いません。
    それより体の方をどうか大切に。

    JGPエントリー
    私の予想は外れて、紀平さんは第6戦でなく第7戦。
    最終戦まで引っ張る意味がよくわからない。
    第6戦は笠掛さんIN。

    息抜きです。
    7月末の韓国の競技会(テストスケート)から、キム・ハヌルのエキシビション。
    最後の方でイム・ウンスとアン・ソヒョンが乱入(友情出演)したりしています。
    https://www.youtube.com/watch?v=H-q9JGxwBU8&feature=share

  • >>No. 1260

    >それが今や私を遥かに超えた洞察力と、知識欲。

    いやいや、ツイッターやブログなどの情報を受け売りしているだけですから。
    私の根本的な問題は、技術やルールがよくわかっていないことですね。
    ルールは時間をかけて調べればなんとかなるでしょうが、技術はもうどうしようもない。
    老化で動体視力もまるで駄目ですし。

    さて、今日はJGPロシア女子の大幅なエントリー変更が発表されたので、後半戦の有力選手をまとめてみます。

    第4戦:荒木、滝野、コンスタンティノワ、トルソワ、キム・イェリム、ホン
    第5戦:松岡、山下、サモドゥロワ、タラカノワ、ユ・ヨン、グエン(ニューエン)
    第6戦:岩野、横井、コンスタンティノワ、コストルナヤ、カム・ユンギョン、イム・ウンス、アンドルーズ、コトプ
    第7戦:キム・イェリム、ユ・ヨン、他は未定

    第3戦欠場のカム・ユンギョンは第6戦OUTかも。(韓国、アメリカはわかりやすい)
    第6戦の日本はあくまで暫定。紀平さんが今回表彰台に乗ればここに入るでしょう。
    ロシアは第4戦2人と第5戦タラカノワ以外は変更の可能性ありと思います。

  • >>No. 1258

    >ご自分でブログを開設されるのもいいのでは?と。

    これは私には無理ですね。
    ということで、では私は今まで通りここで気ままに書かせてもらいましょう。

    JGP第2戦
    一昨季のタラカノワを知っている者にとっては嬉しい驚き。
    (正直ノーミスは予想していなかった)
    ウンス、山下さんは順調に上達。
    岩野さんとグバノワは、今更言うまでもなく、表現は素晴らしいけれどジャンプが課題。
    アンドルーズ(アンドリューズ)はジャンプのコツを掴めば伸びそうな気がします。

    さて、ロシアの国内大会も始まり、動画のないサンクトペテルブルグ杯第1戦に続いて、先週はモスクワオープン。
    ムホルトワの1年半ぶりの復帰、プルシェンコのコーチ・デビューと話題豊富ななかで、最大の注目は、眠れる大器だったコストルナヤ(2003年8月生れ)の覚醒。
    一昨季を怪我で棒に振り、昨季はまあそこそこの成績、それがエテリ組へ移っていきなりの好演技で優勝。
    昨季私が特に好きだったプログラムはシェルバコワのフリーとトルソワのショートでしたが、今季はまずコストルナヤのフリーになりそうで繰り返し見ています。
    それにしても、タラカノワといいコストルナヤといい、エテリ・マジック恐るべし!
    https://www.youtube.com/watch?v=Gmfhc0Y5Mwg&index=99&list=PLIQPA4D6II0L4y7biHi65p7-70smuAlIf

  • >>No. 1256

    おお、ご健在でしたか。ほっとしました。
    でも、くれぐれも無理しないでくださいね。
    ここに投稿がなくても、私が適当に上げておきます。
    ところで、あちらの8月23日付記事(検査の結果は)にコメントしたのですが、お読みになったでしょうか。
    初めてのコメントなので、やり方を間違っているかもしれません。

    >トルソワの呼び名

    twitterで話題になっていたので、私の考えを書いてみました。
    では、ここでは当分「トルソワ」表記にしておきましょう。
    少し補足しておくと、twitterでは「トゥルソワ」派が圧倒的に優勢ですし、ウィキペディアもそうなっています。
    TrusovaであってTorusovaじゃないんだから「トルソワ」は違和感がある、というのは気持ちとしてはわかります。
    しかし、よく見かける「アレクサンドラ・トゥルソワ」という表記は変。
    tもdも同じ問題を抱えていますから、「アレクサンドゥラ・トゥルソワ」か「アレクサンドラ・トルソワ」かどちらかにすべきでしょう。
    さらに言えば、「トゥルソワ」派は例えばTrankovをトゥランコフ、Kostnerをコストゥナー、Sotnikovaをソトゥニコワ、skateをスケートゥ、shortをショートゥ、tripleをトゥリプルと表記するのかな?
    まあ、以上は私の単なる愚痴です。

    >それにしても凄い選手がまた出て来たのですねぇ。

    4Sチャレンジは素晴らしいけれど、もう少し精度を上げてから跳んでほしい。
    シェルバコワのこともあるし、怪我が心配です。

    >リプニツカヤの引退

    予想していたこととはいえ、ついにこの日が来てしまいました。
    寂しいですね。

  • >>No. 1252

    上げます

    ・トルソワかトゥルソワかツルソワか
    私は今のところトルソワ派、その理由
    toは「ト」、tuは「トゥ」ないし「ツ」、では直後に母音が来ない t は?
    tryトライ、streetストリート、Trumanトルーマン、trainingトレーニング、controlコントロール、pianistピアニストなど、「ト」が普通
    「ツ」はtreeツリー、sportスポーツくらい?、「トゥ」はほとんど思い浮かばない
    ただし、トゥルソワでもツルソワでも、それが定着すればそちらに合わせる

    ・ピサレンコ組の練習風景
    アキモフ、モロス、E.ペトロフ、ドミトリエワ、ダビジェンコなど
    他の女の子は誰だろう(グループ外の選手?)
    https://www.youtube.com/watch?v=Mlhy3owGHjw

  • >>No. 1251

    ここを今後どうするかはあちらで検討するとして、今日はライスト観戦中にふと思いついたことを。
    前に韓国の女子エントリーについて、
    「(選考会)上位5人が2試合、残り4人が1試合ずつ」
    「第1戦エントリーが少し解せません」
    と書きましたが、6位以下の選手の出場は自費参加が条件でした。
    今回の2人は7位と8位の選手。
    なので、お金の負担を考えて距離の近いオーストラリアに出場させたのかもしれません。
    それにコーチも同じですし。
    韓国の連盟の優しい配慮というか、苦しい台所事情というか。

  • >>No. 1246

    ブログ見ました。
    場合によっては、ここはしばらく休止されても構いません。
    ともかく、お大事に。

  • >>No. 1245

    戻りました。
    三原さん、この時期の200点越えは素晴らしいですね。
    今年のGPFは私も行きたい、でも無理です。
    あと、フィギュアに関しては浦島状態ですが、とりあえず目についたところは、
    ・デニス・テン、右足首故障。
    ・シェルバコワの故障は骨折。今はギプスがとれ、来月から練習再開予定。ただし今季前半は大会には出られない見込み。
    ・ルクレツィア・ベッカーリ、最新の動画を見るに、やはり今のジャンプ能力ではJGPに出てもまだ上位進出は難しそう。
    ・私の韓国JGPエントリー予想は外れ。イム・ウンス第2, 6戦、キム・イェリム第4, 7戦、ユ・ヨン第5, 7戦とのこと。そうすると第3戦出場のカム・ユンギョンが第5戦か第6戦? いずれにせよ後半戦は同士討ちみたいになるわけだけど、どういう作戦なのかな?

    ところで、どうやらごく少数のロシアファンにここを見つけられたようです。
    私の書くものなんて、twitter巡りとかして得た情報がほとんどなんで、わざわざ見てもらうまでもないと思いますが。
    (私自身はtwitterのアカウントは持っていません)
    ともあれ、これまでのようにあまり無責任なことは書かないよう気をつけないと(笑)

  • >>No. 1243

    明後日からまた1週間ほど留守にします。

    >いずれにしてもロシアは相変わらず人材豊富です。

    ひょっとして勘違いされているといけないので付け加えておくと、アリサ・リウはアメリカの選手です。

    JGPも第3戦までエントリーが出ましたが、韓国の第1戦エントリーが少し解せません。
    2人のうち1人は直前にキム・イェリムかユ・ヨンに入れ替わるような気がします。
    ついでながら、トルソワが、
    「(テストスケートの)フリーで4Sはうまくいかなかったけど、ブリスベンでは跳んでみる」
    と言っているようですね。

    ところで、ロシア選手の情報をまとめたサイトが最近2つできました。
    ttps://vk.com/pages?oid=-118768737&p=%D0%96%D0%B5%D0%BD%D1%89%D0%B8%D0%BD%D1%8B
    これはロシア語のサイト。
    (リンクしたのは女子選手のページ。もちろん男子、ペア、アイスダンスのものもあります)
    ナショナルチームメンバー24名(ノービス2名を含む)プラス8名、計32名の項目あり。
    各選手の項目を開くと、例えばвидеоとあるところをクリックすれば最近の動画をいろいろ見たりすることができます。
    ttp://wikiwiki.jp/fsrussia/
    こちらは日本語。
    一高校生を中心に、twitterのロシアファンたちが協力して作り始めました。
    特にノービス選手の情報を知るのに便利です。

  • >>No. 1240

    >アジアンオープンは動画をあげて下さる方がいて、何人か演技を見ました。

    私も日本選手中心に見ていますが、Advanced Novice女子2位になったアリサ・リウ(2005年8月生まれ)には以前から注目しています。
    SPの動画は途中で途切れているので、ご存知かもしれませんが、先日のGlacier Fallsのものを代わりに貼り付けておきましょう。
    この子はいつも楽しそうに滑っていて心地よいです。
    https://www.youtube.com/watch?v=WhzQ1-L9yY4

  • >>No. 1236

    ザ・アイス感想、ありがとうございます。
    動画でいくつか見てはいますが、現地情報は貴重です。
    宮原さん心配ですね、怪我は完治しているんでしょうか。

    以下、ここ数日知ったことを箇条書きで。
    ・カレン・チェン好調っぽい。
    Minto Summer Skateではゴゴレフ(12歳)が男子シニア部門で優勝。
    ・韓国の公開競技会
    チャ・ジュンファン、右足首と左太腿を故障中。
    シニア女子はパク・ソヨンとキム・ナヒョンが不調で、今季シニア昇格のキム・ハヌルとアン・ソヒョンが2,3位。
    ジュニア女子は4強が順当に上位。JGPは上位5人が2試合、残り4人が1試合ずつ。
    ・ユ・ヨン、クリケットへ移籍した模様。
    ・ロスコとピトケエフ、一緒に合宿参加。
    ・(遅まきながら)アルテミエワ、去年引退してコーチに(メンショフと共に)
    ・JGP第2戦エントリー発表
    アメリカのスター・アンドルーズがどこまでやれるか(Angelina Huangは未見)
    ・イタリアのJGP選考会、女子は今季ジュニア昇格のルクレツィア・ベッカーリが1位。
    6月の映像(何かのエキシビション?)を見る限り、美しい動きをする選手のように思えます。
    (ただし、今年春の時点ではジャンプはまだ3-2まで)
    https://www.youtube.com/watch?v=0MxLQIKFpgI&feature=youtu.be

  • >>No. 1230

    夏風邪はほぼ治りました。

    >リプニツカヤは今年はどうなんでしょうねぇ。

    断片的な情報を突き合わせると、実質もう引退状態じゃないでしょうかね。
    9月から練習再開すると言っているようですが、さあどうだか。

    さて、ちらほら情報が出始めましたね。
    私の関心あるところでは、
    ・JGPS第1戦エントリー発表
    ロシアは例によって仮の登録でしょう。
    韓国は今週末の選考会後に発表のはず。
    (ユ・ヨンは3か月間のクリケットでの練習で成果があった模様)
    個人的には、アメリカのケイトリン・グエンに注目(もう1人のTnig Cuiという選手は知りません)
    ・コンスタンティノワはジュニア残留(コーチ談)
    ・クラコワがモスクビッチ(ドゥビンスカヤ)からCSKA(ゴンチャレンコ)へ移籍

  • >>No. 1228

    先月は帯状疱疹で、今度は夏風邪。
    やれやれ。

    というわけで、書く気力なく、すみませんがまた動画を貼っておきます。
    これまで2回紹介したカミラ・ワリエワ(06年4月生まれ)の今年1月の演技。
    (ワリエワのコーチはクラコワと同じドゥビンスカヤ)
    キャッチフットでのウインドミル(イリュージョン)(?)みたいな見慣れない技をやったりしています。
    https://www.youtube.com/watch?v=VYPYeGO5ibY&feature=share

  • >>No. 1226

    もうご存知でしょうが、シェルバコワがジャンプ練習で右足を怪我。
    ギプスをしてベッドにいる姿を振付師のグレイヘンガウスがinstagramに上げていますね。

    さて、時間がないのでまた動画紹介でお茶を濁します。
    クラコワ(02年6月生れ)のショートを以前貼りましたが、今度はフリー。
    https://www.youtube.com/watch?v=yioidMBJIEE&list=PLA_iriCOfhXzie8b_mRSAOCw3kJr0B1fS&index=110

  • >>No. 1224

    戻りました。暑いです。

    >敢えてセカンドループ元年と言うと私はやはり、2007年だと思います。

    なるほど。いろいろ教えていただいてありがとうございます。
    「元年」という言い方は不適切だったかもしれません。
    私が言いたかったのは、去年ロシア若手女子が猫も杓子もタケノコをやり出したように、今年は(特定の選手だけでなく)みんな一斉にセカンドループを組み入れてくるんじゃないかということです。
    セカンドループをやるのは当たり前、やらないと置いていかれる、みたいな感じで。
    ジャンプ後半中心、タノと来て、今度はセカンドループ。
    3A以上のジャンプを跳ばないとすれば、少しでも点数を上げるにはもうこれぐらいしか残っていない。
    まあ実際にどうなるかはわかりませんが。

本文はここまでです このページの先頭へ