ここから本文です

投稿コメント一覧 (564コメント)

  • >>No. 1396

    予定より遅れて戻りました。

    >ルール改訂の事で、ジュニアの年齢を引き上げる話がチラホラ聞こえてきます。

    ここ数日いろいろ情報が出てきているようですね。
    でも、まだ決まったわけでもないし、改定されても実際にどのように実施されるかもわからないし、私は今のところ静観です。

    ロシア移籍情報追加
    ・グリャコワ:クリムキン→ミーシン
    男子
    ・ボロノフ:ゴンチャレンコ→ブヤノワ
    ・コフトゥン:ゴンチャレンコ→ブヤノワ

    ということで、クリケットと同様ブヤノワのところも、シニア年齢だけでもラジオノワ、ソツコワ、ツルスカヤ、グバノワ、ボロノフ、コフトゥンと有力選手を多く抱え込むことになりました。
    昨年来の動きを見ていると、エテリ組の躍進に危機感を抱いたCSKAは、ブヤノワを中心として体制強化を図っている気配があります。
    ジュニアやノービスの選手も沢山抱え込んでいそうです。

  • >>No. 1394

    明日からまた留守にします。
    ここに戻ってくるのは来週半ば頃になると思います。

    メドベはクリケットへ、ツルスカヤは多分ブヤノワのところへ、ということのようですね。
    これでクリケットは羽生、フェルナンデス、ボーヤン(?)、ジュンファン、ゴゴレフ、デールマン、ツルシンバエワ、メドベ、ユ・ヨン等々と有力選手が犇めくことになりますが、隅々まで注意が行き届くでしょうか。

    例のロシアノービスに詳しい人がまた動画を上げてくださっているので、その中から一人。
    エレーナ・コスティリョワ、11年10月生れ。
    本当に6歳? メリハリの利いた滑りが素晴らしい。
    https://www.youtube.com/watch?v=hp31kBRzunM

  • >>No. 1392

    伊藤さんの動画、久し振りに見ましたが、やっぱりバネが強いですね。
    最初のジャンプの高さから度肝を抜かれます。

    さて、メドベジェワとツルスカヤがエテリ組離脱ということで大騒ぎになっていますね。
    特にメドベだけはエテリと一心同体だと思っていたので驚きです。
    まあしかし、エテリ色に染まり過ぎるのも善し悪しですから、環境を変えるのもいいかもしれません。
    ともかく今後の詳報を待ちます。

  • >>No. 1390

    八木沼、佐藤、井上さん(と小岩井さん)の動画見ました。
    なるほど、この頃は3Lzを跳ぶこと、5種類の3回転を揃えることが挑戦だった時代なんですね。
    勉強になりました。

    例のロシアのテレビ番組からもう一つ。
    アナスタシヤ・ジニナ、07年2月生れ。
    なかなか美しい演技だと思いました。
    https://www.youtube.com/watch?v=jCmdeL988aI&t=2s

  • >>No. 1387

    >解説は八木沼さん。(ただし、あれは生ではなかったはずです。

    そうでしたか。
    あれ?八木沼さんらしき人が技術解説してる!と思ったもので(笑)

    以下、多分ご承知でしょうが、幾つか断片的に。

    ・6月に行われるBroadmoor OpenはGOE11段階のテスト大会
    アーティスティック種目としてPeggy Fleming Trophyも同時開催

    ・ラケルニクがロシア国内のコーチ・選手にルール改定の説明をした模様

    ・ロシア女子異動中間まとめ(Mはモスクワ、Pはサンクトペテルブルグ)
    グバノワ:トゥレンコ(P)→ブヤノワ(M)
    サハノビッチ:プルシェンコ(M)→トゥレンコ
    ヌグマノワ:ダイネコ(P)→トゥレンコ
    フロミフ:ツァリョワ(M)→エテリ(M)
    ワリエワ:ドゥビンスカヤ(M)→エテリ
    ワシリエワ:ブツァエワ(M)→ダビドフ?(CSKA、M)
    クラコワ:ポーランドへの国籍変更希望で連盟とトラブル?

    ・ツルスカヤ・インタビュー
    去年夏に一時引退を考えた
    数学が得意、将来は経済学を学びたい

    ・シェルバコワが練習で4Lz-3T-3Lo
    (しかし、怪我から復帰後ジャンプ不安定で、こちらをまず何とかしないと
    ちなみに来季JGPS派遣、トルソワ、コストルナヤ以外は現時点では予測できません
    シェルバコワも当落線上と思います)
    https://www.instagram.com/p/BiCmc4PlHji/?taken-by=d_gleikh

  • >>No. 1385

    安藤さんの動画見ました。
    2005年というとオリンピックシーズンですね。
    この頃はまだスパイラルのシークエンスがあったんですね、私には新鮮でした。
    解説してるのは八木沢さんでしょうか。

    異動情報。
    ワリエワのエテリ組移籍ほぼ確定。

    先日の動画の続き。
    同じテレビ番組でアイスダンスもやっていたので、いくつか見てみました。
    その中で一番気に入ったものを。
    https://www.youtube.com/watch?v=PlbCAH0RWA8

  • >>No. 1383

    戻りました。

    >その時のコントローラーがウルマノフでして

    ウルマノフも審判をやっていたんですか。
    全然知りませんでした。

    さて、ロシアではまた異動の噂がいくつか出ているようで、はっきりしたら報告します。
    特に書くこともないので例によって動画紹介。
    某所にもリンクされていますが、テレビ番組に出演したベレストフスカヤ(07年12月生れ)
    https://www.youtube.com/watch?v=yM-ooyElcjc

  • >>No. 1381

    また明後日から4,5日いなくなります。

    マルコワの動画ありがとうございました。
    全然知らなかった選手で、勉強になります。
    ウィキによると今はコーチや審判員をしているよう。
    ブッテルスカヤやボルチコワ(結婚後はブツァエワ)もコーチをしていますね。

    さて、これまで何度か紹介したワリエワ(06年4月生れ)がエテリ組に移籍か?という未確認情報が数日前に流れて、ロシアノービスファンの間で話題になりました。
    ジャンプが唯一の弱点だったので、ドゥダコフやロザノフの指導が受けられるようになるのなら期待が高まります。
    下は珍しくジャンプノーミスだった先月の演技。
    https://www.youtube.com/watch?v=86G_Zl0ishs

  • >>No. 1377

    全露年長選手権
    (順位・点数はボーナス点込み、M:モスクワ、P:サンクトペテルブルグ)
    1位 タルシナ(J2)194.84(65.92, 128.92)M
    2位 シニツィナ(A2)189.90(68.64, 121.26)M
    3位 カニシェワ(A2)189.17(61.39, 127.78)M
    4位 コステュク(J1)185.24(68.89, 116.35)M
    5位 シェルバコワ(J1)184.07(70.19, 113.88)M
    6位 チスチャコワ(A2)182.51(61.09, 121.42)M
    7位 モロス(A2)179.19(60.91, 118.28)P
    8位 ヌグマノワ(J2)178.48(66.10, 112.38)P
    9位 カディロワ(A2)174.16(55.03, 119.13)カザン
    10位 リャボワ(A1)165.43(51.77, 113.66)カザン
    (以下略)
    ・またまたモスクワ一強状態
    ・シェルバコワはジャンプ不安定(ショート1位、フリー8位)
    ・タルシナがコンディション良さそう
    https://www.youtube.com/watch?v=MDP_nzVTW9o

  • >>No. 1376

    相変わらず忙しく、なかなか書き込めません。
    そろそろ異動の季節なので、ご存知でしょうが二、三。
    ・グバノワがトゥレンコを離れてブヤノワへ
    ・代わって、サハノがプルシェンコを離れてトゥレンコヘ
    サハノについては、フランスへ国籍変更?という噂も出ましたが…
    ・もう一人、フロミフ(2006年5月生れ)という選手がツァリョワからエテリ組入りした模様(サンボ70内の移動)
    https://www.youtube.com/watch?v=hCv7w99dF20

  • >>No. 1374

    世界選手権は男女とも驚くことがいろいろありましたね。
    宇野選手のフリー、私はちゃんと最後まで見ていましたよ。
    それにしても、オズモンド223.23、トルソワ225.52ということで、やはり4回転の威力はすごかった。

    シニツィナ、気に入られましたか。
    この子のことは実は2年前に一度紹介しているのですが、その時のとは別の動画を下に貼っておきます(プログラムは同じ)
    演技後に同期同門のカニシェワとわいわいやっているのが微笑ましいです。
    以前カニシェワを紹介したら「華がある」と仰っていたので、ruminapurinさんはもしかしたらパノワ組と相性がいいのかもしれませんね。
    ちなみにソツコワやタラカノワもパノワ組出身です。

    ところで、「パノワ組」と私が勝手に呼んでいるクラブの正式名称は
    Снежные барсы
    スネジュニヤ・バルシとでもカタカナ表記するんでしょうか、「雪豹」という意味ですが、ネット界隈ではなぜか英語に直して「スノーレパード」と呼ばれています。

    https://www.youtube.com/watch?v=3FSpdKHeRKo

  • >>No. 1368

    戻りました。
    が、依然として時間的余裕なく、世界選手権の映像もまだ全然見ていません。
    ということで、また動画紹介でお茶を濁しておきます。
    ロシア杯ファイナル・ショートのシニツィナ(来季ジュニア昇格年齢)
    https://www.youtube.com/watch?v=uT1nyZc3cRU

  • >>No. 1365

    年長選手権モスクワ地区予選結果、時間がないので簡単に
    ・パノワ組(カニシェワ、シニツィナ、コステュク)表彰台独占
    ・おそらく上位6人(上の3人とタルシナ、チスチャコワ、シェルバコワ)が全国大会進出
    ・シェルバコワ、パネンコワ、ワシリエワ、グリャコワなどはイマイチ
    ・ワリエワ(ノービスA1)のフリーノーミスも初めて見た
    (但しフリップにアテンション)
    スピン、ステップすべてレベル4
    ・下の動画後半(2:57:50頃から)が女子フリー(24人)
    これもわざわざ見ていただく必要はありません
    https://www.youtube.com/watch?v=fvj8gNnEHBg

  • >>No. 1364

    オリンピックも終わって次は世界ジュニアですが、ロシアでは全露年長選手権モスクワ地区予選とでもいうようなものが現在行われていて、ノービスB2からジュニアまでのモスクワ地区有力選手がこぞって出場しています。
    (但し、世界ジュニアに出るトルソワとコストルナヤは当然不出場、タラカノワは棄権?)
    昨日のSPライスト映像が上がっているので、別に見ていただかなくてもいいですが、参考までに下に貼っておきます。
    (個々の演技終了後にプロトコルも表示される)
    何しろ出場者38人、私もとても全部見ていられません。

    さて前もってお伝えしておきますが、私的事情で今月は忙しく、特に中旬はネットにアクセスできなくなるかもしれません。
    予定通りなら世界選手権開催中には復帰します。

    https://www.youtube.com/watch?v=i0KsU5L0hDg

  • >>No. 1362

    お疲れ様です。
    女子シングルは、ソツコワやデールマンなどを除いて、ほぼ順当な順位だったかと思います。
    メドベ演技直後の涙が心に残りました。

    ロシア杯ファイナル
    以下の順位と点数は例のボーナス点を差し引いてのもので、公式の記録とは違う
    S:シニア年齢、J2:ジュニア2年目、J1:ジュニア1年目、N:ノービス
    M:モスクワ地区、P:サンクトペテルブルグ地区、Et:エテリ組、Pa:パノワ組

    ・ジュニア部門
    1位 シェルバコワ(J1)206.85 M Et
    2位 トルソワ(J1)205.92 M Et
    3位 シニツィナ(N)201.36 M Pa
    4位 コステュク(J1)199.67 M Pa
    5位 タラカノワ(J1)198.32 M Et
    6位 ワシリエワ(J1)195.18 M
    7位 カニシェワ(N)189.31 M Pa
    8位 サフォノワ(J2)182.37 M
    9位 ツィビノワ(J1)178.58 M Pa
    10位 モロス(N)177.27 P
    11位 パブロワ(N)164.34

    ・シニア部門
    1位 コストルナヤ(J1)212.70 M Et
    2位 グバノワ(J2)204.29 P
    3位 パネンコワ(J2)191.67 M Et
    4位 グリャコワ(J2)190.34 M
    5位 イストミナ(S)189.40 M
    6位 ツルスカヤ(S)188.19 M Et
    7位 タルシナ(J2)187.51 M
    8位 レオノワ(S)179.32 P
    9位 E. リャボワ(J2)172.16 M?
    10位 ミハイロワ(S)167.63 M
    11位 ヤコブレワ(S)158.28 P

    ・トルソワのフリーは
    4S 4T 3Lz+3Lo 3F+1Lo+3S 3Lz 3F+3T 2A
    というとんでもない構成(4S成功、4T失敗)
    鬼(エテリとドゥダコフ)の居ぬ間に若手コーチ・ロザノフが冒険させたのでは、と私は疑っています
    ・パノワ組躍進
    特にシニツィナのショート75.00(ボーナス点込み)は本人・コーチはもちろん、ジャッジ自身も驚いたかも
    ・イストミナは約3年のブランクを経て今シーズン復帰した選手
    彼女のことはほとんど知りません

  • >>No. 1360

    戻りました。
    羽生・宇野、両選手すばらしかったですね。
    チェンとジョウのフリーでの追い上げも見事でした。
    ところで、フェルナンデスは世界選手権不出場とか。
    羽生、チャンなども多分出ないでしょうから、いよいよ若い世代での争いになりそうですね。

    さて、オリンピック個人戦の裏ではロシア杯ファイナル(シニアおよびジュニア)が行われていて、例によって超豪華メンバー。
    結果が出揃ったら報告します。
    それとは別に、数日前アンフィサ・リャボワ(日本式に言うとA1)が久々に良い演技をしたので動画を貼っておきます。
    というか、彼女のフリーでのジャンプノーミスは初めて見たような気がする。
    https://www.youtube.com/watch?v=APsOo5Xj3as

  • >>No. 1358

    うーん、どうも団体戦というのは自分の中で盛り上がりません。
    特に男子シングルは宇野選手以外は低調でした。
    (タラソワ、モロゾフ組の演技には感心しました)
    その宇野選手がうっかり口を滑らした「本番」に期待します。

    さて、また明後日から数日留守にしなければなりません。
    なので、せっかくのオリンピックですが、男子とアイスダンスは帰ってきてから録画を見ることになりそうです。

  • >>No. 1355

    オリンピック団体戦は私は存在意義をあまり感じません。
    (ペアやアイスダンスの種目をアピールするにはいいでしょうが)
    録画はしたので、夕食食べながら見ます。

    で、空気読まずにロシアノービス。
    全露年少選手権(実質的なノービス選手権)のモスクワ地区予選を今やっていますが、何度か紹介したアカチエワ(10歳、日本式に言うとノービスB1)がまた良い演技をしました。
    ジャンプ軽々跳んでますね。
    https://www.youtube.com/watch?v=i98t9qq4if0

  • >>No. 1353

    >ますますロシア女子の戦いの凄さを思い、胸が痛みました。
    何人が主要大会に出られるんだろう?と。

    たしかに国際的な晴れ舞台に立てる選手はほんの僅かですね。
    でも今はYouTubeなどがあって、シニアで活躍できなくてもジュニアやノービスで輝けるようにもなりました。
    このシェルバコワのプログラムも、今の(というか昨季の)彼女にしかできない素晴らしいプログラムでした。
    選手間の競争は激しいですが、私はロシアの状況をそれほど悲観的には捉えていません。

    イリニフ・リプニツカヤ・アカデミーというのができるとか。
    詳しいことは不明ですが、まだ彼女たちに本格的な選手指導ができるとも思えないので、裾野を広げる啓蒙活動的なことをするのかと想像します。

    なかなか面白い動画が出てきました。
    スロー再生して勉強します。
    https://www.youtube.com/watch?v=y-ogFBHFGH0

本文はここまでです このページの先頭へ