ここから本文です

投稿コメント一覧 (397コメント)

  •   レコン・アナリティクスのロジャー・エントナー氏は「スプリントの再建はあまりにも時間がかかり過ぎで、むしろ空回りしている。終わりが見えない」と語った。

      ギミー・クレジットの債券アナリスト、デーブ・ノボセル氏は「スプリントは契約者増など一部の領域ではうまくやっているが、われわれが重視している負債の部分ではフリーキャッシュフローが不足している」と指摘。「ある時点でキャッシュを生み出す必要があり、さもないと結局債券市場に戻ることになる。それが続いた場合、市場がいつかスプリントを見限っても驚きはないだろう」と述べた。

  • ソフトバンクグループ傘下で米携帯電話事業者4位のスプリントの最高財務責任者(CFO)が交代して1カ月、ミシェル・コンブ新CFOはジャンク債市場に足を踏み入れた。
      
      これは資金繰りに苦しむ以前のスプリントに逆戻りする動きで、親会社のソフトバンクには今のところ資金を提供する考えがないことを表している。スプリントは20日、2026年償還の無担保ジャンク債を15億ドル(約1600億円)発行。金利が上昇しても同社はこれを買い戻すことはできない。ジャンク債の起債は3年ぶりで、同社の既発債には圧力がかかる。

      前CFOのタレク・ロビアッティ氏は約60億ドルのコスト削減を手掛け、電波ライセンスのような資産をローンの担保に活用してスプリントの資金調達手段に創造性を与えた。マルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO)が「史上最大の復活」を約束する中、現金の注入はプレッシャーの緩和に役立った。ただ、契約者の増加のような領域で改善は見られたものの、同社は10年にわたり損失を計上している。

      スプリントの担当者にコメントを求めたがこれまでのところ返答はない。

  • 忘れた頃のスプリント情報。
    悪く解釈すれば下げ要因。

    つられて9984も下げる。

  • 2018年2月21日 1:44 JST
    ソフトバンクグループ傘下で米携帯電話事業者4位のスプリントはジャンク債を起債する。同社は次世代の通信ネットワーク構築に資金を投じている。

      20日の届け出によると、スプリントは10億ドル(約1070億円)相当の無担保ジャンク債(2026年償還)を起債する。事情に詳しい関係者によれば、起債は同日中に実施される予定。この関係者は詳細が非公開だとして匿名を条件に語った。

      スプリントは現在、第5世代移動通信システム「5G」のネットワーク構築に取り組んでいる。マルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO)は今月、5Gネットワーク構築により料金引き上げが可能になるとの見方を示した。

      届け出によれば、起債の幹事はJPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループが務める。

  • ここは空売りで儲かる。
    騰がれば売り、下げれば買いのセオリーが通用する銘柄。

    未だ2段ほど下がりそうだ。

    一旦買い戻してから下値探る予定。

    予想下値は8200円。

  • 信用売りの買戻しで上がったに過ぎない。

    私もこの半月で現役時代の年収分は利益だした。

    ちなみに、4千株の買い越ししたので来週の棒上げ期待です。

  • ソフトバンクグループは、再保険業界大手スイス再保険の株式最大3分の1を購入する可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにしたもので、取引は100億ドル(約1兆1000億円)以上と評価される可能性がある。

      スイス再保険は7日の発表文でソフトバンクとの交渉を確認し、協議が極めて初期の段階にあると説明した。

      株取得が実現すればソフトバンクの孫正義社長は、再保険ビジネスからの健全なキャッシュフローで巨大複合企業を強化するウォーレン・バフェット氏など財界の大立者の足跡をたどることになる。両社の協議について先に報じた米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によれば、ソフトバンクは出資先のウーバー・テクノロジーズの運転手やウィーワークのオフィススペースの利用者を含む消費者に、スイス再保険の保険商品を直接販売することを目指す可能性があるという。

      スイス再保険の株価は7日、90スイス・フラン前後で取引され、時価総額は310億フラン(約3兆6000億円)。ニューヨーク市場に上場の米国預託証券(ADR)は8.7%上昇し25.75ドル。

      スイス再保険は7日の発表文で「何らかの取引で合意するかどうかや取引条件、時期、形式は不確実だ」とした。ソフトバンクの広報担当に取材を試みたが現時点でコメントは得られていない。

  • ソフトバンクグループは、再保険業界大手スイス再保険の株式最大3分の1を購入する可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにしたもので、取引は100億ドル(約1兆1000億円)以上と評価される可能性がある。

      スイス再保険は7日の発表文でソフトバンクとの交渉を確認し、協議が極めて初期の段階にあると説明した。

      株取得が実現すればソフトバンクの孫正義社長は、再保険ビジネスからの健全なキャッシュフローで巨大複合企業を強化するウォーレン・バフェット氏など財界の大立者の足跡をたどることになる。両社の協議について先に報じた米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によれば、ソフトバンクは出資先のウーバー・テクノロジーズの運転手やウィーワークのオフィススペースの利用者を含む消費者に、スイス再保険の保険商品を直接販売することを目指す可能性があるという。

      スイス再保険の株価は7日、90スイス・フラン前後で取引され、時価総額は310億フラン(約3兆6000億円)。ニューヨーク市場に上場の米国預託証券(ADR)は8.7%上昇し25.75ドル。

      スイス再保険は7日の発表文で「何らかの取引で合意するかどうかや取引条件、時期、形式は不確実だ」とした。ソフトバンクの広報担当に取材を試みたが現時点でコメントは得られていない。

  • ソフトバンクグループは、再保険業界大手スイス再保険の株式最大3分の1を購入する可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が匿名を条件に明らかにしたもので、取引は100億ドル(約1兆1000億円)以上と評価される可能性がある。

      スイス再保険は7日の発表文でソフトバンクとの交渉を確認し、協議が極めて初期の段階にあると説明した。

      株取得が実現すればソフトバンクの孫正義社長は、再保険ビジネスからの健全なキャッシュフローで巨大複合企業を強化するウォーレン・バフェット氏など財界の大立者の足跡をたどることになる。両社の協議について先に報じた米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によれば、ソフトバンクは出資先のウーバー・テクノロジーズの運転手やウィーワークのオフィススペースの利用者を含む消費者に、スイス再保険の保険商品を直接販売することを目指す可能性があるという。

      スイス再保険の株価は7日、90スイス・フラン前後で取引され、時価総額は310億フラン(約3兆6000億円)。ニューヨーク市場に上場の米国預託証券(ADR)は8.7%上昇し25.75ドル。

      スイス再保険は7日の発表文で「何らかの取引で合意するかどうかや取引条件、時期、形式は不確実だ」とした。ソフトバンクの広報担当に取材を試みたが現時点でコメントは得られていない。

  •   孫正義会長兼社長は7日の決算会見で、携帯子会社の上場について「ソフトバンクグループとしては配当が入れば継続して投資できる。あるいは財務バランスの強化にも役立つ」と指摘。SBからの配当はSBGにも一般株主にも比例して入り「利害が反するということはない」と述べた。
       孫氏は昨年5月に中東の政府系ファンドなどが出資する「ビジョン・ファンド」を発足し、テクノロジーベンチャー企業への投資を加速している。しかし、市場ではSBGの保有資産は余りに幅広く、本業は携帯電話を核とする事業会社なのか、それとも投資ファンドなのかを明確化しないと評価しにくいなどの声があった。
    「群戦略」に評価分かれる
      ムーディーズの柳瀬志樹氏は上場が実施されれば、SBGが「主要子会社から得る配当の一部を喪失することにつながる可能性がある」とし債権者にはネガティブと指摘。一方、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はSBGの出資比率が大きく低下しなければ事業競争力などには大きく影響しないなど見方が分かれた。
      孫社長は7日夕の決算説明会で、起業家の高齢化でIT企業は約30年で衰退すると指摘。「私自身が成長のボトルネックにはなりたくない」とし、解決策は投資を通じた戦略的提携により300年間成長し続ける組織体を構成する「群戦略」だと強調。創業時から考えていたとし、自らがそれを説明する約20年前の映像を披露した。

      SBGが同時に発表した2017年10-12月の連結営業利益は、前年同期比2.8%減の2740億円と市場予想を下回った。ブルームバーグが集計したアナリストによる営業利益の予想平均は2931億円だった。

      7日の開示資料によると、売上高は3.9%増の2兆4001億円(市場予想は2兆3104億円)。純利益は11倍の9123億円(同2023億円)となった。米携帯電話のスプリント事業が引き続き好調だったほか、ビジョン・ファンド事業の評価益も寄与した。今期予想は公表していない。

  • こんなに短期間で利益あげたのは初めてだ。

    サラリーマン時代の年収を超えてしまった。

    ソフトバンクさまさまです。

    利益確定しました。

    少々買ったので後は上げを待つのみ。

  • 売りから入っています。
    楽しいほど儲かります。

    ソフトバンクさまさまです。

    資金が逃げているように思う。

  • 売って買い戻す、売って買い戻す・・・・・・

    この繰り返しで資金40パーセント増えました。

    バンクさまさまです。

    たまに買いから入りますが・・・・・

  • ソフトバンクは空売りしとけば確実に儲かる銘柄ですね。
    楽しみな銘柄だね。

  • 資金がフア-ストリテイリングに移動してる、半年で3万が5万だから笑いが止まらない。

    ヤクザマネーが多い銘柄は騰がるわけ無い。

  • 米AT&Tは次世代高速通信「5G」のモバイルサービスを年内に始める方針だ。収益加速を狙ったネットワーク高速化競争で、ベライゾン・コミュニケーションズやTモバイルUSに先行し、米国で初めて5G商用サービスを展開する通信会社になることを目指している。
     
      AT&Tは資料で、2018年中に米国の12余りの都市で5Gモバイルサービスを導入すると発表。詳細には触れていない。5Gは現在、固定アンテナ間の試験運用にとどまっている。

  • 孫氏のスタッフはスタートアップの創業者と会う前にデューデリジェンス(資産査定)を実施する。このため孫氏は常に会議が始まる前に投資を望むかどうかの感触をつかんでいる。同氏の質問は、創業者に機会をより幅広く考えるよう促すことに焦点を当てている。

      ユージン・イジケビッチ氏は5月に東京に招待された。サンディエゴに住む著名なロシアの神経科学者で、ロボットの頭脳を作るベンチャーを経営している。同氏は孫氏からの数千万ドルの投資に対し、10年または20年以内に広く浸透するロボットを開発できると売り込んだ。「孫氏は私のプレゼンテーションに割って入り、『分かりました。あなたのビジョンを達成するのにいくら必要ですか』と話したのです」。

      イジケビッチ氏は孫氏が開発の加速を条件に、より多くの資金を提供したがっていることにすぐに気付いた。孫氏は10年も20年も待つことは望まず、3ー5年内に全ての機能を備えたロボットを望んだという。

  • ィールメーキング熱は2016年9月に始まった。サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は同国の石油依存からの多様化を模索するため東京に飛んだ。テクノロジー関連ベンチャーに投資する史上最大規模のファンド設立構想を打ち出していた孫氏と会談した。サルマン皇太子は1時間足らずで主要な投資家になることに同意した。孫氏は9月にブルームバーグテレビジョンのデービッド・ルーベンシュタイン・ショーで「45分で450億ドル」と語った。「1分当たり10億ドル」だ。

      調査会社プレキンによると、孫氏は昨年、約100件の投資を実施し、総額は360億ドルに上った。これはシリコンバレーの二大巨頭、セコイア・キャピタルとシルバー・レイクを合わせた額を上回る。

      孫氏は一風変わった個人的アプローチを取る。創業者を東京に招き、英語で直接面談することが多い。ソフトバンク本社26階の会議室で公式な会議を始めることもよくある。会議の出席者によると、その後、ゲストやスタッフと共に、同じフロアのプライベートダイニングエリアに移動する。訪問客は庭を眺めたり畳の上でくつろいだりし、孫氏の専属シェフが日本料理を用意する。大画面テレビにはしばしば福岡ソフトバンクホークスの試合が流される。ただ、世間話はほとんどできない。

      「孫氏はたくさんの質問をする」と、ソフトバンクから16年12月に10億ドルの投資を受けた衛星プロバイダー、ワンウェブのグレッグ・ワイラーCEOは言う。「深速思考を好み、可能性模索術を通じた考え方が好きなら、意欲をかき立てられる素晴らしい経験になる」と話した。

  •  孫氏の独特な交渉術は何年にもわたり、中傷する者だけでなく信奉者をも驚かせてきた。最近の熱狂的な株式取得も例外ではない。案件に関与した複数の関係者によれば、繰り返されるディールの中で、孫氏は創業者とじかに合って彼らの希望よりも多い出資額を受け入れるよう説得し、並外れた資金力を武器として利用した。

      孫氏の投資戦略は決して単純なものではない。同氏は自身を真の情報革命の信奉者だと考え、いつの日かコンピューターが人間の脳や身体と融合するシンギュラリティ(技術的特異点)という説を支持している。しかし、多くの懐疑論者もおり、配車アプリ事業がどのように稼ぐのか、あるいは人工衛星が屋内植物工場にどのように関係するかに疑問を呈している。

      孫氏(60)は1981年にソフトバンクを設立して以来、数百件もの投資を行い、ドットコム・バブル期には一時的ながら世界首位の富豪となる時期もあった。しかし、投資の大半は失敗しており、孫氏の評判の大半は1999年の中国電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングへの2000万ドルの投資1件によるものだ。

      その株式価値は、今では15兆5000億円(1380億ドル)に上り、これまでで最も利益の上がったベンチャー投資の一つとなった。しかし、多くの人はまぐれ当たりだと思っている。孫氏は一度は幸運をつかんだが、もう一度できるだろうかと。

      孫氏はこれについてコメントを拒否。ソフトバンクの広報担当者は孫氏の成功例について、アリババにとどまらないとし、スプリントやヤフー、ゲーム会社スーパーセルなどへの投資を挙げた。

  • 配車アプリを手掛ける中国の滴滴出行の創業者で最高経営責任者(CEO)の程維氏は昨年初め、ソフトバンク・グループの孫正義社長からの資金拠出を断ろうとした。事情に詳しい複数の関係者によると、程氏は滴滴出行が既に100億ドル(約1兆1222億円)を調達したため、孫氏に資金の必要はないと伝えた。孫氏は了承しながらも、恐らく滴滴出行のライバルの1社を直接支援することになると示唆したという。結局、程氏は折れ、テクノロジー企業の資金調達額としては過去最大となる55億ドルを孫氏らから受け入れた。

      孫氏は昨年11月にも同様のやり方で、米ウーバー・テクノロジ-ズに対し、同氏が望む取引が成立しない場合、同業の米リフトを支援することになると公然と通告した。ウーバーも先週、90億ドルの出資を受け入れた。

      孫氏はこの1年、テクノロジー業界にとって止めようのない力となった。ソフトバンクが計画した1000億ドル(約11兆円)規模の「ビジョン・ファンド」の出資者名簿には米アップルのティム・クックCEOやサウジアラビアの皇太子らが名を連ねた。孫氏は配車アプリをはじめ、半導体製造装置、シェアオフィス運営、人工衛星製造、ロボット工学、屋内植物工場などの企業の株式を取得した。

本文はここまでです このページの先頭へ