ここから本文です

投稿コメント一覧 (462コメント)

  • 資産家で投資家のスタンリー・ドラッケンミラー氏は1-3月期、アリババ・グループ・ホールディングなど中国のインターネット企業の株式を取得し、テクノロジー銘柄のポジションを増やした一方で、米フェイスブック株は売却した。

      15日の届け出によれば、同氏のデュケーヌ・ファミリーオフィスは3月末時点でアリババ株1億2070万ドル(約133億円)相当を保有。北京の教育サービス会社TALエデュケーション・グループとオンライン小売りの唯品会(ビップショップ・ホールディングス)の株式も買い入れ、中国のJDドットコム(京東)と米アマゾン・ドット・コムは積み増した。


    ドラッケンミラー氏写真家:Scott Eells / Bloomberg
      ジョージ・ソロス氏の下で資金運用を担当していたドラッケンミラー氏は、自身のヘッジファンドを2010年にファミリーオフィスに転換。今年3月末時点で開示済みの株式ポートフォリオの43%がテクノロジー、26%が一般消費財の銘柄。

      別の届け出によると、ソロス・ファンド・マネジメントは米国の大手銀行に賭けており、JPモルガン・チェースとウェルズ・ファーゴ、シティグループの株式を取得。ソロス氏はバンク・オブ・アメリカのポジションを増やす一方で、小売りのオーバーストック・ドットコムとギャップ、アメリカン・イーグル・アウトフィッターズは減らした。

      ソロス氏は11年に自身のヘッジファンドをファミリーオフィスに転換。運用資産は約260億ドルで、その一部を外部の運用担当者に割り当てている。

  • 資金がどんどん逃げている。

    その為少しの空売りでグッグッ~と下がる。

    そして下値拾いと売り解消、少し上がって清算して又空売りして~の繰り返し・・・・・

    たまんねえ~。

    出来過ぎ・・・・・

  • 中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディング系の金融会社、螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)は今後数日で少なくとも100億ドル(約1兆900億円)の資金調達を完了する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。カーライル・グループとカナダ年金制度投資委員会(CPPIB)が初めて投資家として名を連ねるという。

      非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、今回の資金調達でアントの企業価値は約1500億ドルと評価される見込み。調達資金は主に海外事業の拡大に充てられるという。

      ブルームバーグ・ニュースはアントによる100億ドル規模の調達計画を先月報じていた。実現すればアントは世界最大級のフィンテック企業となる。

      カーライルの広報担当者ブライアン・チョウ氏とアントの広報担当はいずれもコメントを控えた。CPPIBの外部広報担当もコメントしなかった。

  • 規制強化に向けた動きは、特にアントにとっては微妙なタイミングだ。同社は100億ドルの資金調達を取りまとめようとしているさなかで、近く新規株式公開(IPO)に向けた準備を始める可能性もある。そうなれば、4年前にアリババがニューヨーク証券取引所に上場を果たして以後で最も注目されるIPOの1つとなる。

  • 中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ホールディング系の金融会社、螞蟻金融服務集団(アント・ファイナンシャル)は今後数日で少なくとも100億ドル(約1兆900億円)の資金調達を完了する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。カーライル・グループとカナダ年金制度投資委員会(CPPIB)が初めて投資家として名を連ねるという。

      非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、今回の資金調達でアントの企業価値は約1500億ドルと評価される見込み。調達資金は主に海外事業の拡大に充てられるという。

      ブルームバーグ・ニュースはアントによる100億ドル規模の調達計画を先月報じていた。実現すればアントは世界最大級のフィンテック企業となる。

      カーライルの広報担当者ブライアン・チョウ氏とアントの広報担当はいずれもコメントを控えた。CPPIBの外部広報担当もコメントしなかった。

    凄いね、15兆円だ。

  • おまえは何度もハンドルネーム変えてるな。
    変えてもわかるんだよ、単純な書き込みしかしないから。
    考えが後ろめたいのでかな。

  • 未だかって納得できない。
    時価総額5兆円のモバイルと2兆円のスプリントが合併して
    合併後ソフトバンクの持ち株数が少なすぎる。

  • 30%弱の株式であっても現在よりも時価総額が上がれば問題ない。
    時価総額はかなり上昇すると想定できます。
    例えば50%騰がれば現在価値の30%評価が60%の価値に換算可能です。
    持ち株比率は変わらずとも時価総額が上がればノープロブレムです。

    何にしても投資家ですから、利益出れば良いのです。

  • クラウレ氏はソフトバンクで、創業者の孫正義氏の下、COOとして同社の事業ポートフォリオの執行の改善に注力することになる。ソフトバンクは国内事業からの収入を活用してスプリントや日本のヤフー、中国のアリババ・グループ・ホールディングなどに出資。過去最大のテクノロジー投資ファンドを設定して配車サービスのウーバー・テクノロジーズや滴滴出行、インドの電子商取引会社フリップカート・オンライン・サービシズなどの新興企業にも投資している。

      クラウレ氏は電話インタビューで、「マサ(孫氏)が投資を行い、私はこれら企業による効果的な執行を支援することに集中する」と語った。

      クラウレ氏は、Tモバイルとの合併を承認するよう米当局者を説得することで両社の統合を完了させることが自身の最優先事項となると説明。起業家および業務の運営者として経歴を生かし、ソフトバンクの出資先企業の戦略と業務に取り組むと述べた。これら企業間の協力を一層生かしたい考えも示し、「新興企業は常に、資金以上のものを得られるところに行くことを望んでいる」と語った。

      ソフトバンクはクラウレ氏を孫氏の後継候補としたわけではない。2016年まで副社長を務めたニケシュ・アローラ氏はCEO職を孫氏から引き継ぐと見なされていたが、孫氏が5-10年は同職にとどまることを決め、アローラ氏はソフトバンクを去った。

      クラウレ氏は、まだ20代だった1997年に携帯電話卸売りのブライトスターを創業。通信事業者や小売業者、企業顧客向けのロジスティックス会社に育て上げた。ソフトバンクは2013年にブライトスターの過半数株式を12億6000万ドルで取得。翌年には未保有株も買い取り、クラウレ氏をスプリントのCEOに迎えた。

  • ムーディーズは有利子負債/EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)倍率で定義するレバレッジについて、合併後1年で4.9倍でピークを付けた後、4倍未満に下がると予想している。

      ギミー・クレジットの債券アナリスト、デーブ・ノボセル氏は「そのようなレバレッジが悪いとは必ずしも言えないが、Tモバイルの現状に比べてかなり高い」と指摘。合併後の会社は最大770億ドルの債務を抱えることになるが、230億ドルのEBITDAの見通しで幾分緩和され、「そのような尺度でみれば、それほど怖いことではない」と述べた。

      プレゼンテーションによると、新会社はTモバイルとして運営され、無担保債の格付けは「BB」付近、有担保債は低めの「BBB」レンジとなる見通し。

  • 1-3月期の売上高は105億ドル(約1兆1530億円)に増加し、アナリスト予想の103億ドルを上回った。1株利益は78セントと、アナリスト予想の約71セントを超えた。

      Tモバイルはまた、通期の加入者純増数の見通しを260万-330万人と、これまでのレンジ(200万-300万人)から引き上げた。

      決算発表を受け、同社の株価は時間外取引で一時2%高の60.63ドルを付けた。スプリントとの合併を巡る懸念もあり、1日終値時点で年初来騰落率はマイナス6.4%となっている。

      ソフトバンクグループ傘下のスプリントとドイツテレコム傘下のTモバイルによる合併が実現した場合、ドイツテレコムが新会社の最大株主となる。

  • 業界で最も成長著しいTモバイルの勢いが増している
    反トラスト当局の合併審査が影を落とす可能性高い
    米携帯電話事業者TモバイルUSの1-3月(第1四半期)の新規加入者数は予想を上回る伸びを示した。同業のスプリントとの合併を目指す同社にとって追い風となりそうだ。

      1日の発表資料によると、加入者の純増数は100万人と、前年同期の91万4000人から増加。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均の82万人も上回った。Tモバイルは4月29日、スプリントとの合併合意を発表した。

      同社はネットフリックスの動画ストリーミングサービスを無料で提供するなどの特典で顧客を呼び込んでいる。スマートウオッチも新規契約の急増をもたらした。「アップルウオッチ・シリーズ3」といった最新機器には独自のネットワーク接続があるため、別個の無線通信加入が必要だ。

      今回の加入者数の伸びは、業界で最も成長著しいTモバイルが勢いを増していることを示す。ただ、スプリントとの合併が競争を阻害するかどうか判断する米当局の審査がこうした数字に影を落とす可能性が高い。アナリストの間では、反トラスト当局の過去の判断事例を踏まえ合併承認の可能性は五分五分との見方もある。

  • 合併を発表した米携帯電話事業者3位TモバイルUSのジョン・レジャー最高経営責任者(CEO)と同4位スプリントのマルセロ・クラウレCEOは1日、連邦通信委員会(FCC)当局者との会合で両社統合の必要性を説明し、当局の承認獲得に向けた取り組みに着手した。

      会合が非公開であることを理由にFCC当局者の1人が匿名を条件に語ったもので、両CEOは4月29日のTモバイルによるスプリント買収発表以降、両社が公の場で行ってきたのとおおむね同じ内容の主張を展開したという。両社統合にはFCCと司法省反トラスト局の承認が必要。

      Tモバイル広報担当のタラ・ダロー氏は、レジャーCEOの予定に関する質問に、「ワシントンでのジョンの計画について提供できる情報はない」と電子メールで回答した

  •  両社の統合計画を巡っては、Tモバイルの経営権を持つドイツテレコムとスプリントの親会社ソフトバンクグループとの間の話し合いが何年も堂々巡りしていた。しかし、ここ1カ月程度で状況は急展開を見せ、クラウレ氏はソフトバンクの孫正義社長に1週間に数回にわたって電話し、業界大手に対抗するには提携が急務と訴えたと事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。一方、レジャー氏はドイツテレコムに交渉の場に戻るよう説得に取り組んだという。

      今後の問題は反トラスト法(独占禁止法)当局が今回の合意を承認するかどうかだが、投資家は懐疑的に受け止めているようだ。
      一方、レジャー氏は買収合意が承認されるとの確信を示した。同氏はCNBCに対し、今週ホワイトハウスや司法省に出向いて買収を擁護し、新通信網への投資に弾みがつくことになると議員らに印象付ける計画を明らかにした。

    スプリントのマルセロ・クラウレCEO撮影:Aaron Davidson /ゲッティイメージズ
      関係者によると、中国は現在、5Gの研究や投資で急成長していることから、同国に不信感を抱くトランプ政権は今回の合意について前の政権よりも承認に傾くとの見方があった。また、コムキャストがブロードバンドユーザーを着実に取り込むなど市場の動きも変化しつつある。

      スプリントのクラウレCEOは週末のインタビューで「われわれは通信網の構築方法について共通のビジョンがあり、大成功を収めるためにはお互いに必要な存在だと気付いた。スプリントはTモバイルなしで5G通信網を築けないし、Tモバイルもスプリントなしでは構築できない」と語った。

  • スプリント下落・・・・・
    クラウレ氏スプリント株698万株売り抜けか(・・?

  • 長期報酬がスプリント株1000万株で6620万ドル相当
    退職金約1160万ドルと他の手当約5万4000ドル相当を受領する資格も
    TモバイルUSAによる米スプリントの買収計画をの同社株主と規制当局が承認すれば、スプリントのマルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO)は約7800万ドル(約85億3000万円)を受け取る見通しだ。

      ブルームバーグがまとめたデータによると、クラウレ氏(47)の長期報酬はスプリント株1000万株で6620万ドル相当。同氏はスプリントとTモバイルの合併完了から18か月以内に解任されるか、職務が大幅に変更された場合、この株式報酬を全て付与される。また、約1160万ドルの退職金と約5万4000ドル相当の他の手当を受領する資格もある。


    マルセロ・クラウレ氏写真家:ケイシー・クリフォード/ブルームバーグ
      発表によると、両社の合併が米司法省と連邦通信委員会(FTC)に承認されたら、Tモバイルのジョン・レジャーCEOが統合会社のCEO、クラウレ氏は取締役にそれぞれ就任する。

      クラウレ氏は上記のゴールデンパラシュート(買収や合併によって経営陣が解任された場合などに多額の退職金を支給する取り決め)に加え、今回の買収価格に基づくと約4560万ドル相当のスプリント株698万株も保有している。

  • 統合後の株価を幾らに設定なるか見ものだな。

    時価総額次第ではソフトバンクは大儲けとなりえるな。

  • 米携帯電話事業者のTモバイルUSとスプリントの合併により、米国のジャンク債発行体としては最大の企業が誕生する。両社は合併を通じ業界大手2社との競争を目指す。

      4月29日の共同プレゼンテーションによると、業界3位と4位の両社の債務総額は最大770億ドル(約8兆4200億円)に上る。スプリントの債務がレバレッジを高めることから、Tモバイルの債務格付けは既に米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスとS&Pグローバル・レーティングから格下げ方向で見直しとされている。一方、スプリントはより大きな資産基盤へのアクセスや流動性状況の改善につながるため、投機的格付けの中で格上げとなる可能性もある。

      ムーディーズは有利子負債/EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)倍率で定義するレバレッジについて、合併後1年で4.9倍でピークを付けた後、4倍未満に下がると予想している。

      ギミー・クレジットの債券アナリスト、デーブ・ノボセル氏は「そのようなレバレッジが悪いとは必ずしも言えないが、Tモバイルの現状に比べてかなり高い」と指摘。合併後の会社は最大770億ドルの債務を抱えることになるが、230億ドルのEBITDAの見通しで幾分緩和され、「そのような尺度でみれば、それほど怖いことではない」と述べた。

      プレゼンテーションによると、新会社はTモバイルとして運営され、無担保債の格付けは「BB」付近、有担保債は低めの「BBB」レンジとなる見通し。

本文はここまでです このページの先頭へ