ここから本文です

投稿コメント一覧 (335コメント)

  • >>No. 868

    やはり、上げて下げる。
    外人買いは発表あれば売り材料。
    アメリカの司法省は一筋縄ではいかない。

  • Share on Facebook
    Share on Twitter
    ソフトバンクの孫正義社長は米携帯電話業界の巨人を誕生させる夢に再び取り組んでいるが、合意を復活させたとしても前回の試みを頓挫させた同じ司法当局者の多くが審査に当たることになる。
      事情に詳しい関係者3人によれば、米司法省反トラスト局の専属弁護士らは、孫氏が率いるスプリントとTモバイルUSを合併させる計画を携帯電話市場の競争に脅威となると見なす可能性が高い。このため合併計画の行方はトランプ政権下で就任したメイカン・デルラヒム反トラスト局長が阻止に向けて提訴ないし却下、あるいは承認の勧告をどう受け入れるかの判断に委ねられることになる。
      ブルームバーグは今月6日、スプリントとTモバイルが合併への最終合意に向け詳細を詰めており、両社が10月下旬に四半期決算を発表する際に合意を公表する公算が大きいと報じた。司法省は、まだ正式提案されていない両社合併計画について最終判断を下していない。
      司法省と連邦通信委員会(FCC)は3年前、大手携帯電話会社が4社から3社に減るため競争が阻害されるとして合併案に反対しており、今回新たな合併案がまとまっても当時と同じ懸念の多くに対処する必要がある。トランプ政権下でFCC委員長に就任したアジット・パイ氏は、必ずしも4社で線引きすることはないと述べているため、司法省の判断が重要なハードルになる。
      元反トラスト局首席法律顧問で現在はパブリック・ナレッジの社長を務めるジーン・キメルマン氏は「この合併が承認される確率を大幅に改善するものは見当たらない」と述べ、「非常に苦しい戦いだ」と付け加えた。同氏はAT&TによるTモバイル買収を阻止するため司法省が2011年に提訴した当時、反トラスト局首席法律顧問を務めていた。
      司法省の報道官は未決定の取引やうわさされる取引について、反トラスト局としてはコメントしないと説明。スプリントとTモバイル、ソフトバンクの広報担当はそれぞれコメントを拒否し、FCCの報道官もコメントを控えた。

  • ビックな情報が(合併)出るぞ・・・出るぞといって騰がる、
    出たら利益確定売りで下げる・・・・・・・常識

  • 今の上げはスプリントとTモバイルの合併を折り込みつつある上げなので
    アメリカ政府から拒否が出たら真っ逆さまのリスクがある。
    いくら合併条件が良くてもダメなものはダメ。

    それこそ5千円まで下げる。
    とても危険な状況、9984に手出ししてはならない。
    自分の金なので大きな博打には使いたくないね。

  • キーエンスが強い、買い替えてから3年で3,5倍になった。
    良い銘柄は素直に上昇するのに9984はさっぱりだ。

  • 米携帯電話4位スプリントと同3位TモバイルUSの合併協議が大詰めを迎えていると報じた。

     10月末とみられる両社の四半期決算報告と同時に合併が発表される可能性がある。

     同通信によると、両社は株式交換方式で経営統合する方針。現在は交換比率の決定に向け、最終的な資産査定を行っている。このほか、合併後の本社の所在地や経営陣の人選などについても協議を続けているという。

  • Tモバイルとの合併発表は10月25日前後頃と想定してます。
    中間決算と同じくすると思われる。

    発表当日は材料出尽くしで下げるので今のうちに信用売りが理想です。

  •  協議が非公開だとして匿名を条件に関係者が述べたところによると、両社は株式の交換比率を決定するために最終的なデューデリジェンス(資産査定)を行っている。これによってスプリントの価値評価が決まる。交換比率決定は合併合意への最後の一歩で、まだ最終的な結論に至っていないという。
      5日のニューヨーク市場でスプリント株は7.50ドルで終了、時価総額は300億ドル(約3兆3870億円)程度となる。スプリントの過半数株を保有するソフトバンクグループは、合併に当たってはスプリントの時価総額と同程度の評価額を受け入れるだろうと、事情に詳しい複数の関係者が9月に述べていた。
      スプリントとTモバイルが合併を目指すのは、携帯電話ユーザー獲得競争で業界上位2社のAT&Tとベライゾン・コミュニケーションズを追撃することが狙い。
      関係者の1人によると、両社は合併後の本部所在地や経営陣の顔ぶれなど、金額以外の点についても協議を続けている。

  • 中国で自転車シェアリングサービスを手掛ける新興企業モバイク(摩拝単車)とOfoの投資家が、両社の合併に向けて初期段階の協議に入っている。事情に詳しい関係者が明らかにした。国内での激しい競争に終止符を打ち、急成長を遂げる自転車シェア市場を抑えたい考えだ。
      情報が非公開だとして匿名を条件に話した関係者によれば、モバイクとOfoの投資家は両社に交渉のテーブルに着かせる前に株式配分などの問題を巡る話し合いを進めている。両社合計のバリュエーションは40億ドル(約4500億円)を上回る可能性がある。協議は予備段階で合併が実現しない公算もあると関係者は述べた。
      モバイクはテンセント・ホールディングス(騰訊)、Ofoはアリババ・グループ・ホールディングがそれぞれ支援しているが、テンセントとアリババはこれまでも競合する新興企業に出資し、その後に配車アプリ滴滴出行のような統合を通じて業界のリーダーを誕生させてきた実績がある。両社が国内で競争をやめれば、経営資源を米国や欧州、その他アジア諸国で足掛かりを得ることに振り向けることができる。
      Ofoの広報担当者はコメントを控えた。モバイクは合併を検討していないと資料で述べた。

  • 野田議員は小池さんが国政に出るので東京都知事になるらしい。

  • 益出ししておいて良かった。
    売りから入るのは何時騰がるか分からんので怖い。

    結果昨日から80万利益。

  • 儲かってしまった。
    先ほど、信用売りの清算しました。
    これ以上の下げは期待出来ないと思う。
    突然に良い条件で統合発表されるリスクあるからです。
    二段下げがあればショツクだけど・・・・・

  • 9,000円で一万株の信用買いしたけどまだ下値ありそうだな。
    正直ソフトバンクの信用取引は胃がいたい。

    明日清算するかな。

  • スプリントとTモバイルは、4社態勢が存続不可能で、強力な3社になった方が顧客へのサービスが向上するという主張をまたぞろ持ち出している。スプリントの設備投資規模は他社に見劣りしているもようであるにもかかわらず、キャッシュフローでカバーするのに苦戦。300億ドルを超える債務の返済方法も判然としない。

  • *スプリントとTモバイルUSは、合併条件に関する暫定合意に近づいている。ロイターが関係者の話として伝えた。2人の関係者によると、スプリントの親会社ソフトバンクが、統合後の新会社に40─50%出資し、Tモバイル親会社のドイツテレコム(DTEGn.DE)が過半数株を取得する。

    *スプリントは2014年にTモバイル買収を試み、米当局の反対で撤回した。このケースではソフトバンクが統合後の新会社の経営権を掌握し、ドイツテレコムが少数株を保有する枠組みだった。

  • Share on Facebook
    Share on Twitter
    25日の米株式市場で、携帯電話事業者スプリントの株価が急落。過去4カ月で最大の下げを演じた。TモバイルUSと株式交換を通じた統合を交渉しているとのブルームバーグ報道を受け、この統合は株主にプレミアムをあまりもたらさないとの懸念が広がった。
      ブルームバーグは22日、スプリントの親会社であるソフトバンクがスプリントをTモバイルと統合する計画で、スプリントを現在の市場価格もしくはそれに近い水準で評価する株式交換を通じた合併を受け入れる意向があると、事情に詳しい関係者の話として伝えた。双方ともまだ正確な金額については合意していないという。
      スプリント株は一時9%安の7.75ドル。日中の下落率としては5月3日以降で最大。
    原題:Sprint Falls on Concern T-Mobile Deal Won’t Provide a Premium(抜粋)

  • レコムは新会社取締役会の主導権握る方針と関係者の1人
    Share on Facebook
    Share on Twitter
    ソフトバンクグループは傘下の米携帯電話4位スプリントを同3位のTモバイルUSと統合する計画で、スプリントを現在の市場価格もしくはそれに近い水準で評価する株式交換を通じた合併を受け入れる意向がある。事情に詳しい関係者が明らかにした。
      Tモバイルの親会社であるドイツテレコムとソフトバンクがこの評価水準で合意した場合、統合新会社の持ち分比率はソフトバンクがほぼ33%、ドイツテレコムが約39%になるという。
      双方ともまだ正確な金額については合意していないものの、ソフトバンクはスプリントを時価総額約340億ドル(約3兆8000億円)で評価する統合案を受け入れる可能性がある。交渉は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べた。
      また関係者の1人によれば、ドイツテレコムは取締役会の主導権を握ることで統合新会社を連結決算に組み入れる方針。
      ソフトバンクとスプリント、Tモバイルの担当者はコメントを控えた。
    二兆円の利益になる。

  • 今回上げた理由は孫さんのリップサービスが原因。
    何も進展してない事が判明したので元の8,600円に戻ることもある。

  • 挑戦の字の変換間違いかい、日本人なら売りだろう。

    序に金が一キロ500万になったので処分した。

  • 2時50分頃から一旦急激に下げそうな気がする。
    本日の出来高の少なさからすれば大手投資家(別名ヤクザマネー)が10万株も成り売りすれば
    9,000円割ると思う。

本文はここまでです このページの先頭へ