ここから本文です

投稿コメント一覧 (125コメント)

  • >>No. 225

    あらら、「しばらくお休み」宣言した途端に返信があったので。
    一言だけ。
    時価総額と売上にはある程度の関連が見て取れる。ザックリ言えば時価総額=売上。(桁の単位ぐらいの相関だけど)つまりは4兆円の売上だ。
    CDが医療からスタートしているのは、一番安全基準が厳しいところをクリアすることで、他の用途の展開を簡単にするという戦略から。(私だったら、一番楽なところから始めるけれど、、、、故に私の会社の売上はCDと同じくらいだけど今後の伸びしろはない!〔断言するな、会長!〕)
    山海さんに言わせれば、「過去のイノベーションは戦争、武器の開発から派生した。CDは戦争ではなく医療という一番厳しい前線で技術を開発していく。」という(ような)言い方してるな。
    そして、目的は「少子高齢化社会という社会課題の解決」に「サイバニクス技術」を展開して今までにない「市場」を創出していくこと。
    すごーく、風呂敷がでかいのよね。私の会社の場合は、社員が食べていける企業の創出だけど、CDは新しい社会課題を解決するための「産業分野」そのもの創出なんだ。
    産業分野ゆうたら、「自動車産業」とか「化学産業」、、「家電業界」、「IT産業」とかになる。
    大きすぎて、理解不能だ。話がでかすぎ。ただし、ロボットメーカーとか医療機械メーカーを目指してるんじゃないくらいは理解できる。
    HALの応用編は限りなくあるだろうし、サインの応用編もいくらでもおもいつくんじゃないだろか?
    ここ何年かのCDが提携したり、資本を出したりしてる企業を見ても、一体何がどうなって、「社会課題」の解決に結び付くのか?
    ようわからないけど、なんとなく、方向性は見えてくる。CDの目指してる全体像がおぼろげに見えてきたら、日立やパナソニックの規模を目指すのも理解できると思う。
    で、こんだけ風呂敷でかいと、「信じる・信じない」の領域だよね。ゆえに「宗教」呼ばわりされてしまう。
    「信じる人は救われる」
    まあ、奇跡に近いことだけど、その奇跡に当事者として関わるのはたまらない。(ゆえに「夢を買ってる」といわれてしまう。)
    最後に、、、「夢がかなうまで、山海さんと私が生きていられますように(^^♪」

  • 今週は面白すぎて、仕事の合間合間にCDについて時間をかけすぎた。
    来週はちゃんと本業に専心しようと固く心に誓う。
    そう、まだCD株だけで余生は送れないからw
    ということで、しばらく投稿も自主規制。だもんで、予想・予感をまとめておこ。

    なんとなく、大きな相場が始まる気がする。2年前もいったん上がってから、26週線大きく割り込む下げ。そこからの2600円の高値。今回の下げは多分、M氏が言う、「大手投資家の玉集め」、天使さん言うところの「ネッシー」の下げだと思う。夏から秋にかけて、何回か調整を含みながら大きく上げる。前回とはスタート地点が違うし、環境も違うので3500円まで行くと思います。結局、株は大人の都合を読まないと個人は勝てないけれど、逆に読み切ってしまえばやることは簡単。
    今回の場合、「770万株の行方」をどう見るかにかかっている。大和ハウス逃亡説なら上がらない。770万株が大手投資家(複数)に渡っているのなら、上がる。有力な米投資家たちが770万株だけでなく、さらに「玉集め」するとすれば、譲り渡し価格は低い方が良かったわけで、1614円は26週線で大和との協議の着地点。そこまで下げる過程で「玉集め」、上げるところでも「玉集め」。ゆえにIRも意味不明の方が良いというわけだ。(ああ、無能のふりをする有能なU氏を揶揄するなんて、、、ばかな猫だわ、私)
    この一つ間違えればインサイダー取引まがいの株価誘導も、CDは「ポジティブIR」連発したにもかかわらず下がった。でも上がったから結果OKでしょという逃げ道付の高等戦術の疑いあり。
    夏から秋にかけてピークを迎え、いったん調整。空売りタイムの再現可能性あり。ただし、その頃には、19年3月期20年3月期の見通し出てきて、更に一段高。4000円でモミモミ。(もうその頃には、ドイツの公的保険・脳卒中治験終了から保険適用への見通し=黒字化の見通しが立っているころだよね、Uさん)
    投資は自己責任で、、、猫の言うこと信じられても、、、。
    しばらく、本業がんばりまする。(=・エ・=)

  • >>No. 202

    敬愛するCD、IR宇賀氏は「時価総額4兆円を目指し」てると言わなかったかな?

    日立・パナソニック・コマツ・ブリヂストン並んでCDとなるらしい。
    そのころには、当然世界中で一家に1台サイバーダインになるわけだ(=^・・^=)

    ということはザックリ、20バーガーだあね(^^♪
    夢と見るのか、詐欺師とみるのか、、、、ソニー、ホンダの再来と見るのか?

    詐欺師だとすれば、すごいメンツを騙してる。日本国政府をはじめ、ごく最近のIRを見ても、アメリカの大手投資ファンドキャピタルリサーチ、アメリカ西海岸のFII、アメリカ東海岸のリハビリ最大手グループ、、、保険業界ではAIGに大同生命、、古くは大和ハウスにオムロン、、、。
     騙されなかったのは、シトロンとCHIさん。
    まあ、結果詐欺師だったとしてもだ、シトロンよりもキャピタルリサーチと一緒の方を私は選びたい(=^・・^=)

  • >>No. 126

    マイナス×マイナス=プラス♬

    こうなると、黒になるまで待つしかないか。完璧に、いじられキャラにされてる。

    私的には、超絶IRなんだけど、世間はそうみてない。人の行かない道をひとり、行きます。たぶん、お花畑がまっている。

  • IR出れば下がるダインかな(=^・・^=)
    HFに餌にされる垢の内
    山海氏うががうががと大笑い

  • IR出れば下がるダインかな(=^・・^=)

  • このタイミングで提携の発表というのは、、、
    株の譲渡が提携の条件だったという理解でいいのでは?
    この動きを察知していたからこその、キャピタルの買いだと思うけど。

    しばらく株価はモミモミかもしれないけど、方向感は定まった気がするなあ。
    日本人はともかく、外人は買いに来ると思うけど。どうでしょ?

  • うーん、宇賀氏は嘘は書かないな。
    FIIがらみの買い方だと思うよ。
    宇賀さんは言葉足らずだけど、ウソをつける人ではないね。
    かといって、マウンテンビューに本社がある会社というのも、まだ信じられないけど。

  • No.1149

    強く買いたい

    rbm様 確かに、目先の株価…

    2018/02/22 19:22

    rbm様
    確かに、目先の株価や来季の売上(黒字化)とかにダイレクトにつながる話かどうか?(多分、つながらない。)
    900万株も空売りしてる大人たちの都合もあるので、そう簡単に株価は上がらないだろう。
    でも、キャピタルの買いも770万株の引き合いもFDA承認+FIIからの流れだと思う。(推測ですよ♪)

    だとすれば、CDは空くじなしの宝くじ化してきたと思える。
    売り推奨組さんも1枚だけでもCD、買ってタンスにしまっとくといいかも♪
    ただし、私の経験知からすると現物+余裕資金がお勧めです。

    少なくとも、FDA承認+FIIとの話は、アメリカでのインパクトはでかいと見ました。

  • S・H☆様
    うれしすぎて、書き忘れ(^^♪
    マウンテンビューにあるのは、私希望のあの会社ですね?

    希望しておきながら、マジ?!ってなってます。

    しかーし、すごい展開だ(=^・・^=)

  • ist様・Sweet Heart☆様
    調べれば調べるほど、FII、すごいですね。
    Dr.Fogatyもすごい♪

    目先の株価も来期の黒字化も大事だけど、「男は黙って、ガチホールド」になりますね。
    キャピタルが買うわけだ。

    春の気配が近いと思ってたけど、これですね(=^・^=)

  • あら、懐かしい♪
    逆フラグの19さん。
    19さん出てきて、毒を吐くと、上がるからなあ。
    待ってました(=^・^=)

  • 1615円タッチすれば、セレモニーは終わると思うのだけれど。
    2年前と同じ動き方すれば、ここらで上がる。
    総悲観になれば買い。

    今気になってるのは、AIGと手を組んだ神奈川の脊髄損傷の子供たちへのプロジェクト。
    良い結果が出るといいね。これは、6月過ぎればAIGから何らかのリリース期待します。
    ドイツの公的保険も途中経過が欲しいけど、、、CDのIRには期待していませんw
    (IR出るたび、株価が下がるのでは疫病神だよね(=^・・^=)

  • ist様
    情報ありがとうございます。
    「年間10症例から40症例へ」というのは病院にとっても、患者にとっても大きいですよね。
    そして、「歩行機能の改善」だけでなく「まひそのものも改善」、、、これもいいですね。FDAの承認内容とリンクしています。神経回路の再生が出来ている。
    そして、山海社長が言うように、それらの改善が「メンタルまで改善」となることにつながれば、その患者の人生まで変わっていきます。

    短期の株価は米資産家の譲受価格1615円近くまで下がると思ってましたが、微妙なところで踏ん張ってますね。信用買いや短期の方には申し訳ないのですが、26週線割り込むくらいまで下げてもいいのかなと思ってました。
    方向感を出すためにも、いったん下がるのは良しとおもってるのです。

    春はほんとに近いと思います。

    春が近いと思うヒントは、例えば今回のistさん紹介の記事のように、
    自立支援用の単関節HALをリハビリに転用することで、「装着時間が短縮」され「10症例から40症例に増加」といった現場での使いこなし方が出てきたこと、、、それを開発側がヒントに下肢用HALの装着時間短縮に取り組む、、そんなプラスのループないしは螺旋がどんどん出てきそうな気配があるから。
    「雪かきにHAL介護支援用が使える」というのも、使用者サイドからのニュースでした。

    開発側が想定していない障害がある一方、開発側が想定していない良い使い方も出てくる。
    そうなると、進化は早いし、市場も広がっていく。他社が追随できない製品群が出来ていく。

    余談です。
    塩原はよく夫婦で温泉巡りに行きました。塩原温泉病院の道路を挟んだ箒川の河川敷に町営の無人の露天風呂があり、200円で入るのですが、いい景色に良いお湯。療養するには絶好のロケーション。もっとも対岸や橋の上からは丸見えですが(=^・^=)

  • 会社予想について
    2015年には2016年3月期の会社予想出てた。結果、売上10億の予想に対して12億いったはず。
    2016年は2017年3月期の会社予想はFDA承認・ドイツの公的保険等を理由に20億から30億と幅を持たせた予想が出てる。ところが、実績は17億位で、未達。
    この未達の原因はFDA承認の遅れ。で、FDA承認が下りるまで、会社予想は出さなくなった。というか、出せなくなった。

    売上自体は上がってきているが、指数関数的とはいい難い。FDA承認の遅れは事実だがそれ以外の要因もあるのではないか?
    製品力というよりは、「社会実装」していくうえで必要な様々なファクター、、人的な要素、、例えば装着に時間がかかる、、改良済みではあるが「防水仕様」が必要等、机上の想定の外への対応が課題となっているのではないか。
    このこと自体はマイナスではなくCDにとって今後の成長を担保するうえで必要なプロセスだと思う。
    既出の掃除ロボットも、羽田等での導入実験をもとに改良された(ハズ)。
    これらの改良は想定より時間のかかる作業だと思う。スパンとして年単位。2から3年で改良進化が繰り返されていくのではないか。ただし、これらの作業の全てがCDの財産となり、他社の追随を許さない製品群をかたちづくる礎となる。

    会社予想は「ドイツの公的保険・脳卒中の治験結果=保険範囲の拡大等の時期が不明」のためとして出ないかもしれない。長期ホルダーとしては、それらを考慮外とした控えめな会社予想を期待したい。

  • No.600

    強く買いたい

    春は近い。 おそうじロボ…

    2018/02/20 16:56

    春は近い。

    おそうじロボ、かなり良い出来みたいだね。
    オムロンの搬送ロボもCDみたいだし。(スタイリングがCDだよね)
    で、これをどんだけ売るかってのは、発表できないのはちょっと残念だけどw
    数字を出せないのはマーケティング・営業力不足なのかなあ?
    それとも、CDは開発会社で営業会社じゃないってこと?

    営業マンだったら、この商材もって飛び回りたいよね。イオンとかセブン&iとか、、、モールだけでどんだけ。
    病院とか役所、、、ホールに大学、、、。大手のビル管理会社や清掃業者。

    いずれにせよ、なんだか春は近い予感(=^・^=)。

  • 何となく、いい気配。
    春の予感。
    先週、新潟にスキーに行ったら、地元のスーパーでフキノトウが出ていた。
    雪の下から、萌え出でる薄緑。

    何故に場外かは大人の事情だから知らんけど、770万株買いたい人がいて株価が80円下がったとしても、CD、大和ハウスともアメリカ展開のため必要だと判断したのなら、信用しましょう。
    少なくとも10倍返しで800円は上げてくれるとうれしいね(=^・・^=)

    で、買い手の根拠はないけどシティとかバークレー・ハサウェイ(バフェット)とかも可能性大。(複数とはいえ総額124億だから)

    でも、個人的にはグーグルとかアマゾンとか希望。アルファベットやアマゾンがCDの株を買ったとなると、投資銀行が買ったというのとはまた違ったインパクトがあるよ。それなら、場外という意味も何となく、理解できる。(証券会社や投資家なら市場で買えよっていう意味で)まあ、アマゾンでHALを通販はないと思うけど。でも、なんかすごいタッグが組めそうだよね。
    〔自社の決算書作成がほぼ終わり、機嫌よく、一息ついての妄想です(=^・^=)〕

  • 大和ハウスは、HALの総代理店だけれども、どんな取り組み方してるのかな?
    情報を持ってる方、教えていただけませんか?
    仕組みとして、福祉施設の介護支援用が大和ハウスの領域?それとも、CDの全製品?
    たとえば、昨年10月のユニマットとの提携に関して、大和ハウスの立ち位置は?

  • 「火事と喧嘩はネットの華」(BY田口ランディ、、、古すぎて知らないか)
    私の方が「ひどい」こと言ってるのだけれど。ほぼ名指しで、人事にまで言及。

    宇賀さんは種類株で上場させてIPO大賞かなんかもらった立役者。
    そして、今の潤沢な財務基盤を築いた功労者。
    でも、広報には向いて無い。

    天使さんのように、「アメリカ市場のリサーチ」と読み込める人はいいけれど、がっかりしてCDを手放しちゃう人もいる。(ところで、譲渡がなぜ市場リサーチなのか、頭悪すぎてわかんないけどw)
    ちと、かわいそう。
    実際、余裕資金での長期ホルダーには、2年前と同じで「下がれば上がる」と確信もてるかも。余裕ある人ばかりじゃないからね。2200円高値掴みであと1年、待てない人もいる。

    IRはステークホルダーに対する説明責任だから、事実と意図を分かるように説明すべきだよ。

    電話での回答で「ポジティブということで」と言わなきゃ伝わらないIRは「残念賞」

本文はここまでです このページの先頭へ