ここから本文です

投稿コメント一覧 (7コメント)

  • 予報:短期勝負の人は望み薄

       中長期で幸いあり

       5~6倍と見た

  • ここを短期で利益を上げるのは名人技
    こんなに取引量が少ない銘柄でどうやって利益を上げるんだろう?
    インサイダーかタイムマシン保有者くらいかな
    それか100円単位からせいぜい万単位
    まっ人それぞれだから・・・

    此処はテンバーガーにはならない(短期ではね)

    第1目標は経常利益の黒字化
    できれば配当を出してほしい
    次は東証1部への昇格
    将来はシスメックスのようになってもらいたい。

    PSS株保有者に幸あれ!

  • 1:200の分割をした当時から売り上げは確実に伸びている。
    ただ利益の残せる体制には届いていない。

    ここはバイオという括りには入っているが、一般的にはバイオといえば創薬。
    むしろ精密機械という括りが似合う。

    リプロセルが上場して株の売却利益が出た時には配当までも頂いた経緯もある。
    本業が赤字であるにもかかわらずだ。
    株主をないがしろにしていない証拠だと考えている。

    製造販売業と考えると、やはり利益を生み出す体質が出来上がってこそ企業価値をアピールできる。
    もうしばらく田島社長を信頼して保有しよう。

    PSS株保有者に幸あれ!

  • PSSのシステム開発にご興味、ご共感をして頂ける方々との出会いをお待ち申し上げます。
    何卒宜しくお願い申し上げます。

    代表取締役社長 田島秀二 (PSS HPより)

    信じています
    応援しています
    中大魂!

  • 久々にいい値動きの幕切れだったことだし

    ここからは他人の意見を認め合う

    暖かい掲示板にしましょう

    PSS株保有者に幸あれ!

  • >>No. 181

    過度の期待は禁物

    果たしてNDAまでたどり着けるかどうかはまだまだ不透明
    これまでの治験結果からも
    インフルエンザにおけるタミフルのような特効薬的な存在にはなり得ない

    仮に今後
    フェーズⅡ⇒フェーズⅢ⇒NDAと順調に進んだとしても
    多発性硬化治療薬としてのMN-166は現在の8400億円市場の一角を担うための挑戦権を得ただけ

    この薬は決してホーリーグレイルではない
    まだ1度も上市したことのないMNOVの会社としての実力及び信頼性が試される試金石である

  • 研究試薬・培養基材
    ヒトiPSC-リプログラミング
    ダイレクトリプログラミング
    ヒトES/iPSC-培養試薬
    細胞培養液
    凍結保存液
    低分子化合物・サイトカイン
    抗体試薬
    3D培養基材
    細胞・生体試料
    ヒトiPSC
    ヒトiPSC-心筋細胞
    ヒトiPSC-神経細胞
    ヒトiPSC-
     アルツハイマー型神経細胞
    ヒトiPSC-肝細胞
    ヒト組織
    ヒト血液・血漿
    ヒトDNA・RNA
    フィーダー細胞
    ラットGLP-1/GIP分泌細胞
    サービス・受託試験
    ヒトiPS細胞研究
     各種サポートサービス
    アッセイサービス
    臨床検査サービス
    HLAタイピング
    クロスマッチ検査
    抗HLA抗体検査 (リプロセルホームページより)

    オンリーワンばかり

    今はニーズをがっつり掴めるかどうか

    売上推移をみればよし

本文はここまでです このページの先頭へ