ここから本文です

投稿コメント一覧 (114コメント)

  • >東洋大とは今から丁度一か月前の8/23に菅平で東洋A対早大C、東洋B対早大Dが対戦し54-7、47-14で東洋がABともに大勝している

    公式戦ならいざ知らずこの時期にCDなど下位チームが相手Gまで出かけて練習試合する意味が分からないが、菅平の結果に対して決着を付けておきたかったのだと理解している。

    今回は早大も1階級上げて呉れたしホームグランドの試合でもあり、東洋も相当気合が入っていたと思う。後半メンバーを総入替してから4トライも許したのは頂けないが、これで9月に入ってからABCD負けなしで来ており、怪我人も復帰してチーム全体の底上げが進んでいるのが分かる。

    3週間後の筑波A・B戦が序盤の山場であり、これに向けて更にチーム力を向上させて呉れることを期待している。

  • ハハハ。帝京の荒しがきましたか?

    5年前の菅平帝京戦で早稲田の選手が暴言を吐いたと言う記事を買いたのは早稲田OBのフリーライター木村俊太です。

    私も暴言があったと言う試合を観戦したが、サニアパークの観覧席は選手籍の向かい側の芝生席だけで、試合中の選手の話など聞こえません。木村が暴言を直接聞いたのではなく、彼が後で帝京選手から聞いた話を大袈裟に書いたものです。

    売れないライターの木村は実は帝京ラグビー部のHPの手伝いをしていて観戦記などを書いて金を貰っていた。あの記事も帝京に頼まれて金を貰って書いたとの噂でした。
    帝京さんは金に飽かして荒らしまで飼っている様ですな。アハハハ。

  • >来年の都議選では自民党は間違いなく大負けしますね。

    随分古い話ですね。小池の豊洲派・築地派の両方に色目を送って、こらから又も委員会・委員会で最終決定を先送りの小池の都民Fは公明党と併せても過半数には達しません。3年後の築地再開発など夢のまた夢ですよ。誤魔化しで7月の都議選は乗り切ったとしても小池の再選は絶対にないと断言できます。

  • >朝日新聞の調査では以下のような実績をたたき出しました

    朝日や毎日の様な左傾新聞の世論調査は全く当てになりませんよ。やや右寄りの読売・産経じゃない比較的公平な日経新聞の調査では都民Fの支持率は自民より遥かに下ですよ。新聞を読み比べなさいね。

  • Fコーチ問題。

    こう言う話が好きな人(早大ラグビーの技術論よりワイドショー的な話が好きな人)が多いですね。まあ其処等の叔母ちゃん的な話は辞めませんか?

  • >例え今回の都議選を乗り切れたとしても小池都知事の再選は絶対にないと断言できます。

    昨日の記者会見の慌て振りを見ると「知事再選」など考える余裕がない事は明らかだ。目先の都議会選に向けて双方から批判のでない玉虫色の折衷案で胡麻化せても、3年後の築地再開発計画は先ず実現不可能で大幅手直しが必要だ。

    記者団の質問を振り切って逃げる様に立ち去った小池の人相が悪くなって来た。断末魔の死顔が見られるのも遠くはないぞ。

  • テロ等準備法を含む組織犯罪防止法改正案
    天皇退位法
    性犯罪厳罰化を含む刑法改正

    全て会期内に可決成立しました。民進など野党側は法相問責を早出して「審議終了」の口実を与え、中間報告による本会議審議に持ち込まれ、慌てて問責決議・内閣不信任案を後出しするが、すべて後手後手に回り与党は余裕を持って堂々と寄り切りました。

    森友・加計など二番煎じの議題にしがみついているが、忖度とか圧力とか言っても違法性がない以上幾ら追い込んだ積りでも全く核心のない堂々巡りだけです。これで民進の支持率は又下がり都議選惨敗で蓮舫・野田は退任に追い込まれるでしょう。日に日に頬がこけて人相が悪くなるキンキン声の台湾人がTVに出無くなれば実に清々しますねえ。

    アハハハアh

  • 民進を酷評するのはマットウな新聞ですよ。なんでも批判する朝日毎日など左傾新聞の偏り方は滑稽な位だよ

  • >民進党壊滅のカウントダウン開始です。潰れ際の企業も、最期は、決まって、軽量級の人間が社長をやる。責任と破綻処理を、最後に、どうでもいい社員に押し付けるのだ。まさに、それが蓮舫。

    言いえて妙です。あのキンキン声と日に日に悪くなる顔付がTVから消える日も近そうですね。

  • >朝日は明らかに反政府で「批判の為の批判」が社是となっています。

    要するに特定の新聞だけでは公平な判断は出来ません。出来れば二紙を読み比べて自分の意見を形成する事をお勧めします。

  • >朝日新聞や沖縄の極左新聞の記者たちは、自分たちの主義主張を読者に押し付けるのでしょう。

    朝日と毎日は明らかに左傾新聞です。読売と産経はどちらかと言うと右寄り。毎日は外務省の女事務官と「情を通じて」守秘義務の情報を引き出した西山記者の不祥事で一度は倒産しており、現在も都市部では産経に抜かれて売上4位です。

    新聞社程世界の見方のアングルが偏っている業界はありません。特に朝日は明らかに反政府で「批判の為の批判」が社是となっています。政党で言うと昔の社会党、今の民進党と同じ「反対の為の反対」政党と立ち位置が同じです。

  • >自民党は早急に代表を替えないと、如何に野党が大局観が無くても分裂するであろう

    ハハハ。先に分裂するのは民進党でしょう。蓮舫は共産との連携以外に打つ手がない様ですが、それじゃ党内を纏め切れませんよ。所詮民進党は統一した政策・与党との対立軸を持たない「野合」にすぎません。

    国民はそれ程阿保じゃない。民主政権には呆れ果て今の民進党にも誰も期待はしていません。所詮不満の吐き口のない無党派層の一部を惹きつけるしかない党ですよ。

  • >現役次官の時に「政府から圧力があり行政が歪められている」と思ったら何で命を懸けて反対しなかったんだ

    大体天下りでクビになりそうな時に「地位に綿々としていた」人が政府の圧力に抵抗できる訳ないでしょう。要するに時の流れに身を任せる類の人物なんですよ。

    退官後加計問題で国会が揺れていて「好機だ」と思ったんでしょうね。自分が現役時代で出来なかった事を評論家づらして後輩の迷惑も考えずに正論を言っても誰も信用しませんよ。

  • 民進共産など野党は加計・森友なんてワイドショー受けの議題しか討議しませんね。

    北鮮・中国からの脅威にどう対応するか?とかも少し大きな議題に焦点を絞って実のある討議をして貰いたいですね。

    日本の国民もワイドショーだけ見ている訳じゃないでしょう。

  • >前川前次官守秘義務違反で逮捕

    これまで週刊誌・TVで出まくって籠池の様に喋りまくった前川を(叩くと隠ぺい工作と看做される恐れもあり見過ごしてきたが)国会の会期内にテロ等準備法が可決され性犯罪厳罰化の刑法改正も明日には可決されるメドが立ち、政府も愈々守秘義務違反が明らかな前川と民進党に垂れ込んだ文科省女性事務官にお灸をすえるらしい。

    ざまあみろだぜ。

  • 同志社戦メンバー発表

    FWを大分入れ替えて来ましたね。一列は宮里・鶴川に代わり鷲野・久保。参列は下川・沖野に代わり幸重・増原の上級生を入れてきた。今は飽く迄Trialの時期。色々選手を試したいと言う意図でしょう。

    BKは12番にフリンじゃなくて野口が入った以外は略予想通り。横山君がSOに回帰してどんなプレーを見せて呉れますか?

    同志社は昨年の大学選手権早稲田戦の先発メンバーの内松井以下主力の10名が卒業し全く新しいチームだが、5/4の創部100周年記念試合で慶応に55-40で勝っています。

    選手権のリベンジなどと肩を張らずにノンビリ結果を待っています。

  • 同志社戦のメンバーはどうなるんでしょうね?

    FWは流経戦と同じで行けばよいがU20に主力を取られたBKは大分入替せざるを得ません。11番古賀の代わりは桑山聖、12番中野の変わりはフリン勝音で良いけど、問題はHBに誰を起用するか?9番は吉岡か杉本でしょうが10番は?B戦で結構良い動きをしていた武田誠太郎か或いは古巣のSOに横山を戻すか?それと15番は?皆さんから集中砲火を浴びている横山を使い続けるかBの伊藤大貫・作田に変えるか?

    まあもう直に発表がある筈ですので、それを待ちましょう。

  • 流経戦メンバー発表

    Aは6番の柴田徹が欠場し、代わりに故障癒えた三浦駿平が4番に入り沖野が6番。14番は佐々木に代わり緒方が入った以外は東海戦と同じ。

    1年生はAの7番丸尾・8番下川・11番古賀、Bの3番久保・5番高石の5人が先週に続き先発出場。Bリザに木下隆介(本郷182/103)の名前が出た。

    流経は先週トライ数4-8で明治に完敗しており、グループAで勝てる可能性のあるのは流経だけだが、まあ春は勝負に拘る必要はないでしょう。

    先週電車道で押されたスクラムが多少でも良化の兆しを見せるかどうか?期待の1年生達が徐々に大学の当りになれて力を発揮することが出来るかなどに注目しています。

  • 東海戦メンバー発表

    大分入替わっており1年生が今週からデビューしている。

    Aでは課題のスクラム(FW1列)は鶴川が3番に回り1番井上2番宮里の布陣(大東戦後半と同じ)。FW参列は主将加藤/副将佐藤真吾が欠場で6番丸尾(早実182/89)8番下川(修猷館187/94)の1年生2人をデビューさせている。BKは大東戦でコーチから大分叱責されていた桑山聖がBに落され代わりに1年生の古賀(東福岡176/81)が11番に抜擢されている。

    Bで目につくのは3番に久保(筑紫178/116)5番に高吉(桐蔭185/100)の1年生2人が起用され,これまで欠場していた三浦駿平が6番に復帰している。

    大東は先週帝京に負けたがトライ数4-5と善戦しており、今年のリーグ戦のレベルはかなり高い。東海は春季大会初戦となるが大東戦同様にスクラム・BDのFW戦で相当苦戦すると予想される。

    まあ去年は格下のBグループで1勝5敗だったので、今年はAグループで1勝出来れば上出来くらいに考え首脳陣は余り勝負に拘らない方針だと思うので、ファンも余り力まずに期待の1年生がどれ位やるかを見れば良いと思っています。

  • >大東戦で初めてABメンバーの顔触れが判る。1年生もそろそろデビューする時期でAかBに顔を出すかも知れない。

    斎藤・岸岡・中野などは昨年4/9の法政戦でデビューしている。スポ選の下記4選手は大東戦でデビューするのじゃないかな?

    久保優(筑紫PR・スポ科1年 178/116)
    星谷俊輔(久我山LO・スポ科1年 191/102)
    下川甲嗣(修猷館FL・スポ科1年 187/94)
    古賀由教(東福岡WTB・スポ科1年 176/81)

本文はここまでです このページの先頭へ