ここから本文です

投稿コメント一覧 (8コメント)

  • 今の巨人で活躍が約束出る選手は、坂本・鈴木・村田・菅野・田口・亀井・マジソン・沢村位で後は期待できない。
     何故新任の育成をしないのか疑問です、上記メンバーではチームが出来ません。
     ベンチの首脳は何を考えて巨人の未来を作って行こうと思って居るのか、伝統の巨人を無き者にしょうとして居るのか、重大責任です。
     現状を良く分析し対策が必要です、オーナーを始め首脳部が考えて立て直しをして下さい。

  • もういい加減に、このファンのコメントを球団全体が真剣に取り入れて、巨人の姿に戻さないと明日の巨人は無い。
     ここに投稿しているファンは真剣に巨人を愛している人ばかりです、一向に耳を傾けていない。
     毎回よく観察して投稿している人ばかりです。
     私も、川上・青田・千葉・藤尾・別所・中尾の時代からのファンです。
     家内に何時も馬鹿にされています程今でも生活の嬉度哀楽に関係して居ます。
     頑張って、年寄りの気分を明るくして下さい。
     チームの改善に投稿して居ましたが、今日は辞めておきます。
     二軍の優勝おめでとうだけ申し上げコメントの投稿を終わりとします。

  • 昨日の小林のリードに変化が在ったように思うが。マイコとは相性が悪いマイコは小林を良い捕手と信頼していない、試合を壊してしまった。
    その辺がペンチの首脳は如何考えているのか疑問、これが選手全体に影響してくる。
    選手か悪いのでは無くチームの組み立てに問題がある。
    勝演出が出来ていないもっと真剣に演出をするべきではないか。
    人間は全て気持ちで演出する、打者・投手の基本はあるが守られているか。

  • 何時も提言してる様に、捕手の悪いと投手にも関係します。
     谷繁捕手・野村捕手・森捕手を振り返ると投手の特徴・調子を見抜いて・組み立て
    相手バッター弱点を突いていく、相手に読まれる組み立てではね、ツウスリーでホークは馬鹿でわ無いか速球で胸元ストライクが良いのではないか。
     バッターでも同じファーストストライクはミートして強振する。追い込まれたらジャストミート打法、打ったら全力疾走。
      これが野球の鉄則では、プロでこれが守れていない。
     これではお金を出して見せるものではない。
     ベンチ・選手鉄則を守るように一丸となって見せる野球をして下さい。

  • 最近の試合を観戦していると目につくは、阿部も気力が落ちている・小林も相変わらず、アウトコース低目のバターン、もっと胸元の速球・インコースの低目の組み立てを考えて。
     マジソンなんか自分の組み立てで投げてるように見る、前から提案しているが小林のパターンで組み立てると四球が多い、あまり投手を責めるのでなく捕手も考えるべきでは、その点ベンチのコーチが知恵を与えるべきでは。
    高橋が選手の結果に対するパホーマンスが無い素人の家内でも何時も言っている。
     チーム全体が暗いか真剣なのか、もっと乗らないと試合がいい方向に進まない。

  • ファン歴70年家族には阿呆扱いでもファンでした。
     1点しか取れない試合に8回まで続投ここで救援せづ点を取られ救援で勝てる試合をベンチのミスで負けた。
     これからならずの底で連敗続き、選手も気落ち今まで何時もの巨人だと安堵していたがこれから失望の毎日で暗い。
     オーナ何とかならんかこのままでわ歴代の巨人が崩壊する。

  • 私は、中学時代からの巨人ファンです現在84歳です。
     川上・青田・別所・千葉・藤尾の時代からです。
     今皆さんのコメントを拝見して居てこれが何故参考にしないか疑問です。
     何時も投稿して居ますが、小林の問題・打者の問題コーチは指導しているのか疑問です改善がない弱体巨人軍です残念です。
     打者はミートしてファストストライクを強振・捕手は相手に読まれない組み立てと弱点を知る、これが基本では・投手は、見方が得点すれば気を緩めない。
     ツーウアウト二・三塁の時は最善の投球をする。
     この投稿の具体的な事は毎回投稿して居ます。
     強い巨人軍に戻ってファンの気持ちを明るくして下さい。

  • 今の巨人は戦術の分析が出来て無い、小林のリードはワンパターンでアウトコース低目上手い打者は、狙い撃ち、だから投手も四球が多くランナーを貯めアウトコース狙い撃ち。
     これが判ってない。
     それから、打者は、初球を強振すべき、見逃し投手に次は変化球空振りと追い込まれ凡退このケースが多い。
     ベンチの首脳は現状をよく分析し指示を与えるべきです。
     何度提案しても改善がないこれではファンを失望させる。

本文はここまでです このページの先頭へ