ここから本文です

投稿コメント一覧 (493コメント)

  • ポイント狙いで100株申し込みましたが家族全員当選でした。
    公募割れると思うのでキャンセルですね。

  • さっきメールが来てSBIの資金枠では今年初めてIPO当選しました。
    最近は競争厳しくて3000万くらいでは、なかなか当選できませんね。

  • 流石にここまで下げると割安感が出てきますね。
    大手商社も利回りは良いですが時価総額小さいここの方が夢があります。

    掲示板見てると原油価格とナフサ価格についても書いてありますが自分の見解と違うかな。
    ここにとって原油安はマイナス要因で、ナフサ高や円安はプラス要因だね。

    まあ商社のここは値動きに連動して価格転嫁なので売上の増減に影響はあっても利益はそうでもない。
    どんな状況でも安定した利益を出し続ける事ができるのがここの特徴ですから。

    ブリッジレポートも昨日更新されたので見てみると面白いですよ。
    過去の業績も掲載されてますが凄い安定感ですから。

  • 証券会社の営業と話した感じだと万株申し込んでも全て用意してもらえそうな雰囲気。
    郵政グループの時とは反応違いすぎて怖いね。

    個人的には買いたくないけど郵政の時に用意してもらった枚数だけ付き合いで買うかなくらい。

  • 今日はここまで出来高26,000株とか過去最高レベルだね。
    2日前から6700円前後で売りが隠れてたがこんなにあったとは驚き。

    発行済株式数の2%も誰が売って誰が買ったんだろう。
    自分も少し買ってるからクロスって訳じゃなさそうだしね。

    まあ上値を抑えられてたのが無くなったなら大歓迎。

  • 今日はここにしては出来高が多かったね。
    業績好調の期末一括配なんで利回り3%超えてくる辺りでは買いも入ってくるのかな。

  • 同業他社が下方修正出すなか会社予想とほぼ同額の決算を出せるのは良いことです。
    これも不動産賃貸事業の安定した利益があるからでしょうね。

  • 予想されてた方も多いだろうけど上方修正&増配きました。

    まだまだ通期予想は保守的なので3度目の上方修正も期待してよさそうです。
    上期でEPS317円ですから通期でEPS600円超えも狙えそうですね。

  • >>No. 639

    (純資産320億+簿価と時価の差額30.3億)÷発行済投資口数345,500口=1口あたりNAV 101389円
    現株価 88200円÷1口あたりNAV 101389円=NAV倍率0.869倍

    こないだの決算資料からざっくり計算してみたけどNAV倍率なら0.87倍じゃないかな。
    計算式は書くけど細かい数字は省略してるから参考程度にしてね。

  • さらっと通期予想が上方修正されていて気づかなかった。
    中間も前回の修正から更に上振れして着地と好調そうで良かった。

    細かい所だとグーピットが単月黒字化ですかね。
    損益分岐点越えたので、これからは掲載が増えれば増えるほど利益が入ってきます。

    グーピットは有料掲載工場を期初2868から通期で3250に伸ばすのが期初の計画。
    それが上期で3164ですから上振れしそうですね。

    グーネット取引社とグー新車DataLine SalesGuide導入拠点数は通期予想をすでに超過。

    プラットフォームを提供して安定した利益が入ってくる仕組みを着々と構築していますね。

  • 知人がGMOクリックでここの貸株金利が高いって言うんで確認したら1%もあるんだね。
    CREロジとかも1%あるんで一緒に貸し出し申し込みました。

    貸株はリスクもあるけど個人的に金利1%ならリターンのが大きいかな。
    ただここの優待は権利日に自動解除してくれるか分からないから注意は必要だけどね。

    10株保有で優待も最大限活用できると利回り凄いことになるね。
    分配金が2期3300円×10株、3期3000円×10株、優待券5000円分+貸株金利1%

    利回り計算するとこんな感じかな。
    分配金利回り7.09%、分配金優待利回り7.65%、分配金優待&貸株利回り8.65%

    さすがに貸株金利1%は1年続かないだろうけどね。
    まあ利回りだけでも買える水準だからいいんだけどね。

  • 決算説明の動画と資料を確認しました。
    後で振り返りやすいので要点まとめ。

    ・分配金の上方修正は減価償却費が減った影響が大きい
    ・減価償却費が下がったのは精査した結果、耐用年数が伸びたため
    ・営業収益は2期が実勢、3期は堅めの予想をしている
    ・営業費用は3期より正常化、巡航に入る
    ・優先交渉中の物件を21物件から13物件に精査、築年数の古い物件を除外
    ・コスト削減施策による内部成長、運用会社目線では改善余地がありコスト削減に繋がりつつある

    個人的には3期を巡航として年間配当金6000円以上は問題無いという印象。
    3期は堅めの計画のようなのでこれより上方修正される可能性も高いです。

    営業収益は2期を実勢とし運用日数の違いも考慮すると3期は予想より営業収益56百万円増えます。
    分配金にすると157円の増加、つまり3期は普通に行けば配当金3000円→3157円に上方修正です。

    上記の計算を4期の期間にも当てはめて計算すると4期の配当金は3105円になります。

    3期、3157円+4期、3105円=年間配当金6262円
    このくらいが現在のここの巡航の金額じゃないかと個人的には予想しています。

    コスト削減施策で利益が増えたり修繕費を増やす可能性もあるのであくまで参考ですけどね。

  • >>No. 588

    詳しい内訳はこうでしょう。

    SMBC日興証券  5.09% →  0.05%
    三井住友アセットマネジメント 0.00% →  0.86%

    日興証券がオーバーアロットメントによる借り入れ分を返済しただけでしょう。
    シンジケートカバーで市場から買い付けてた分。

    保有目的も証券業務に係る一時保有のためって書いてあるでしょう。

  • >>No. 582

    おっしゃるように2期と3期の違いは公租公課が主ですね。

    まず2018年分の税金は費用として計上せず、物件の取得原価に算入すると公表されています。
    2019年から税金支払いが始まりますから、第2期のうち対象になるのは2ヶ月分になります。
    そして第3期からは通常通り6ヶ月分に税金が掛かるので、その分の分配金が減ります。

    ここが公表している公租公課の見込みは第2期、54百万円で第3期、162百万円。
    2ヶ月分→6ヶ月分でちょうど3倍の金額と第3期には正常化しているのが分かりやすいです。

    ここの物件はオフィスと住宅が中心で季節性はあまりありません。
    なので第3期の分配金2905円を巡航として年間5810円で利回りの計算するのが現状最適と思います。

    あくまで個人の試算ですから参考程度になりますけど。

  • 中間の権利取りしたいから少し買いました。
    配当良いし中間報告書で株主数を確認したいからね。

    ここは9月末で株主数2200人を大きく超えてくるなら最短で1部昇格もありそうだね。
    2200人以下だったなら優待新設でもしないと厳しいけど。

  • 今日はダイヤモンド・ザイの記事や配当権利取りで上がってるのかな。

    ザイでは雑誌の高配当株特集から更にネットで2銘柄を抜粋、ここも紹介されています。
    今後は2017年9月の高値を目指す展開かって予想されてるので期待したいですね。

  • >>No. 385

    物を販売する会社の場合はCMとかで一時的に売上利益が伸びやめたら反動減はあるでしょうね。
    ただここの場合は、ちょっと違うかもしれません。

    ここはプラットフォームを提供して広告費やサービス利用料で稼ぐビジネスモデルですから。
    事業を育成し利益を出すにあたり先行投資で取引社数や取引工場を積み上げていくことは必須ですから。

    例えばグーピットの広告事業は有料取引社が増えて今期で損益分岐点に到達する見込みです。
    こちらは積み上げ式であって広告をやめたからといって減ったりゼロになるものではありません。

  • >>No. 382

    会社HPの決算資料を見ていただくと分かりやすいですよ。

    2016年3月期から2017年3月期のタイミングで業績が大きく落ち込みました。
    これは広告宣伝費の増加によるものです。

    広告費は2016年が約24億、2017年が約42億と金額で17億4300万円増加して業績を押し下げました。
    これは主に認知向上のためのプロモーション活動費で今期も約45億を予定しています。

    ただプラットフォーム構築するまでの投資なので知名度が上がり人が集まるようになれば金額も減っていきます。

    そして今期の営業利益予想ですが2016年3月期の業績落ち込み前と同等に回復する見込みです。
    一見同じ数字と思われるかもしれませんが広告費を21億円も多く将来の投資に回したうえでの微増益です。

    中間上方修正でも分かりますがここの業績は現時点でもしっかりしています。
    それプラス投資した分の回収期に入ったらここは一気に業績伸びる可能性を秘めてます。

  • 中間の上方修正で業績好調が確認できて安心しました。
    通期予想を修正するなら第2四半期決算と同時にありそうですね。

    個人的には増配や自社株買いも期待しています。
    今は新事業の育成で広告費にお金掛けてますから見送りかもしれないですけど。

    広告費が落ち着いて2016年くらいになればここは営業利益15億くらい増やせますからね。
    そうしたら好業績、増配、自社株買いの良い流れがくると思います。

  • >>No. 523

    昨年だとマリモとかみらいを利回り7%前後で自分も結構買いました。

    ここも個人的には今の株価なら利回りだけで買える水準まできました。
    環境が大きく変わらなければ将来的には利回り6%前後で安定していくと思ってます。

本文はここまでです このページの先頭へ